パペッティア単語

パペッティア

パペッティアとは、2013年9月5日ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアより発売されたアクションゲームである。開発はSCEワールドワイスタジオ(JAPANスタジオ)

2013年12月12日には「PlayStation 3 パペッティア パック」が発売。PS3本体と「パペッティア」がセットになっている。

リードライティングアーティスト小宮

クリエティブ・ディレクターギャビン・ムーア

リードゲームデザイナー佐藤一信

シナリオライター岩片

主人公は劇場に見立てられた舞台で冒険を繰り広げるが、画面は基本的にスクロールすることはなく、舞台セットがつぎつぎと変わることでステージを進んでいることを表現している。そのため、演出によってはスクロールのように感じる場面も多い。ゲーム中、常に左右にあるカーテンや、キャラクターをて照らすスポットライト、観客のガヤ、ナレーションなど舞台イメージする演出が多い。プレイヤー舞台の客席からゲームをしている感覚で、ときにはキャラクターが客席にまでアクションをしてくることも。

概要

独特の世界観でファンタジーな冒険をくりひろげる劇場アクションゲーム

シングルプレイももちろん充実しているが、マルチプレイはさらに盛り上がることまちがいなし!!

これまでは2人用のアクションゲームメインサブに分かれがちだったが、今作では2人が、1人を「敵を倒したり」「を解除したり」することで手伝うだけでなく、「ステージ中に隠された仕掛けを探す」という重要な役割もある。子供たちの魂がステージ中にたくさん隠れているので、彼らを探しながら冒険の協をしよう!ちなみに1人で遊ぶ時は左アナログスティックでクウタロウ、右アナログスティックでピカリナ(またはインヤン)を操作できる。

キャラクター

クウタロウ(CV:---)

元々は地球に住む子供だったが、ムーンベアキングに魂を盗まれ邪悪な魔法によって木の人形に閉じ込められてしまう。しかも不幸なことにムーンベアキングがクウタロウの頭を食べてしまったのだ!!なるを持つハサミ「カリバス」を使い、を救う英雄になるために大冒険をする。

ピカリナ(CV:松岡由貴

クウタロウ太陽君と間違えて救出したのは関西弁をしゃべる元気な妖精さん。とっても好奇心が旺盛で、とにかくいろいろなものにツッコミを入れる。クウタロウの冒険を盛り上げてくれるだろう!!しかし実はこの妖精彼女く、太陽女らしい。何かを知っていそうだがこう見えて口が堅い。2モードでは2人プレイヤーになる。

インヤン(CV:多田野曜平)

クウタロウパートナー。冒険をサポートしながら、クウタロウの知らないこの世界ルールをいろいろ舞台演出を交えながら教えてくれる。2モードでは第一章でのみ、2人プレイヤーになる。

ムーンベアキング(CV:乃村健次)

魔法の王であるムーンベアキング子供たちの魂を連れ去り人形にしてしまう。さらにこの世界でも暴君としてみんなに恐れられている悪いヤツ。クウタロウムーンベアキングを倒し、世界を救うことは出来るのだろうか!!

月の魔女(CV:片岡富枝)

優しく話しかけたり、突然キレだしたり、とっても変りな魔女。ムーンベアキング厨房を切り盛りする手下だが、ひょんなことからクウタロウに味方することに。クウタロウにこの世界を救うためのいろいろなことを教えてくれたり、時にはクウタロウアクション練習相手になってくれる。

太陽の姫君(CV:---)

ムーンベアキングによってさらわれたお様。クウタロウ彼女を救うためにがんばるが…。
そしてピカリナは彼女のお付きの女だそうだが…。

タイガー将軍(CV:白熊寛嗣)

ムーンベアキングの手下のトラの警備をまかされている。かつては臆病で弱だったが、ムーンベアキングムーンストーンを与えられてから、強くなった。

所持しているムーンストーン欠片の形は「牙」。

のムーンベアキングには媚びへつらっているが、部下など下の者には非常に傲慢な態度を取っている。

マウス将軍

メガネとずる賢い顔が印的なマウス将軍。巧みな話術を使い、を闇にしてしまおうと計画する。さらにそれをムーンベアキングに献上し、出世しようと企む。

夫婦杉

深くに暮らすの木。しかしその正体は。これまでながいあいだこのを守ってきたが、女神がいなくなりの住人たちには不安が広がっている。

スネーク将軍

を持っているため、これまで長い間、の地下に閉されていたが、クウタロウを捕えるためにムーンベアキングによって解き放たれてしまう。とてもおおきな体が特徴で、とにかく頭をさがさないと!!!!

キャプテン・ギャフ(CV:松田健一郎)

伝説海賊ほしいものはこれまですべてを手に入れてきたギャフだが、近頃消息が不明だ。

ピッグ将軍

を荒らすブタ海賊。ムーンベアキングの手下の将軍のひとりだが、ムーンベアキングに従うそぶりはみせない。

所持しているムーンストーン欠片の形は「付き」。

シープ将軍

ピッグ将軍相棒海賊。二丁拳銃をいつも持ち歩いている。

カッパガエル

もともととても子供思いのやさしい親ガエルだったが、「あの頃のように美しくなれる」というマウス将軍の言葉に騙されたことによって恐ろしい姿になってしまう。

ホース将軍

の姿をしている。ブル将軍とは夫婦の関係。かつてはお互いに優しい性格で、仲まじい夫婦だったが、ムーンストーン欠片を持つようになってから二人とも気性がしくなり、の荒野でどっちが速いかレース勝負しており、夫婦喧嘩が絶えない。

所持しているムーンストーン欠片の形は「ニンジン」。

ブル将軍

の姿をしている。ホース将軍の夫で、喧ばかりしている。

コロシアムの格闘チャンピオンでもある。

所持しているムーンストーン欠片の形は「チャンピオンベルト」。

ドッグ将軍

喋ることができないが、モンキー将軍の発明品である翻訳機が首輪として取り付けられており、それによって意思を伝えることができる。

所持しているムーンストーン欠片の形は「ホネ」。

ラビット将軍

ウサギの姿をしている12人の将軍のうちのひとり。シルクハットが特徴。

ムーンストーンのかけらの形は「シルクハット」。

チキン将軍

の姿をしている12人の将軍のうちのひとり。オネエ言葉が特徴。

ドラゴン将軍

の姿をしている。12人の将軍のうちで最強と言われている。

将軍の中でも最もムーンベアキングに忠実で、「オヤジ」と呼び慕っている。

モンキー将軍

の姿をしている。12人の将軍のうちのひとり。

ボロ

さまざまな「古い物」が悪いによって姿を変えられ敵になってしまった、彼らはクウタロウを見るとおそってくるが…。ゲームには中ボスのような存在として登場する。

デク

ムーンベアキングの手下の闇の兵士。いわゆる雑魚キャラ。体には捕らえられた子供たちの魂が封じ込められている。デクを倒すことで魂を解放させられる。

イチロー三兄弟

イチロージローサブローはクウタロウと同じく人形にされてしまった子供。彼らはストーリーに直接関わらないが、ステージ背景などで不幸にあっている子供人形があれば、きっと彼らだ。あるステージで2Pキャラで調べると頭が取れてしまうことがあり、「一郎ヘッド」「次郎ヘッド」「三郎ヘッド」としてクウタロウヘッドにもなる。

ミスターG(CV:藤原啓治

劇場のナレーション担当。本名は「プロフェッサーグレゴリウス・T・オズワルド」。イギリス人。

姿は見えないが、独特なしゃべりでクウタロウ物語を演出してくれる。タイトル画面ではしばらく操作しないと劇場のマナーの放送がきける。これは複数のパターンがある。

 

 

アクション

 

カリバス

ムーンベアキングの根「グリズルシュタイ」のに封印されている『魔法のハサミ』。

第一章第一幕の途中で手に入り、切れるものをカットしながら進むのがこのゲームの基本となる。

ヘッドアクション

ムーンベアキングに頭を食べられてしまったクウタロウは、その代わりになるヘッドを装着しなければ死んでしまう。

物語では様々なヘッドを手に入れることになるが、ヘッドには魔法がかけられており、特定の場所で対応したヘッドを付けた状態で「ヘッドアクション」を起こすと、さまざまなイベントが発生する。

パッケージや説明書などのイラストで描かれている「クウタロウヘッド」はある条件を満たすことで入手できる。

ヒーローヘッド

かつて女神に仕えていた4人の勇者が宿っている特別なヘッド

他のヘッドと違い、一度入手すればいつでも使用可で、ダメージを受けてもなくならない。

ナイト

騎士を使えるヘッド。あらゆる攻撃を跳ね返す。

使い続けるとが壊れてしまうので、解除して時間を経過させれば再び使用できる。

忍者

忍者花火爆弾を使えるヘッドを消したり、明かりをつけるなど、様々な効果がある。

海賊

海賊フックを使えるヘッドワイヤーを飛ばして、フックがついたものを引き寄せたり、敵を引き寄せられる。

レスラー

レスラー怪力を発揮できるヘッド重い物を押したり、上からの「ドッスン」攻撃で仕掛けを動かせる。

 

やりこみ要素

単純にクリアするだけのゲームではなく、やりこみ要素も充実している。

子供の魂

闇の兵士デク」や布の魔物ボロ」を倒すことで飛び出す「子供たちの魂」はステージごとに数が決められている。

狭い足場やクウタロウが届きにくい場所にいるデクは、攻撃した反動で落ちてしまうと画面をフェードアウトさせても復活しないので、全ての魂を出現させるには、工夫が必要になる。

 

ヘッドのコレクション

 前述の通り、ステージごとに新しいヘッドが登場し、対応したヘッドを付けた状態でヘッドアクションを起こすことができる場所がある。

ヘッドを手に入れる条件は様々で、多くは背景オブジェクトキャラクターを2Pキャラ(ピカリナorインヤン)で調べることで入手できるが、意識していないと非常に気づきにくいものもある。

ステージ選択画面の「ヘッドコレクション」では、今までに入手したヘッドの見たや、ヘッドアクションヘッドにまつわるエピソード(このゲーム人形劇であることを意識したような、いわゆる『楽屋ネタ』が多い)を閲覧できる。
まだ入手していないヘッドについては、入手するためのヒントを確認できる。

 

ボーナスステージ

 ステージでは、ヘッドアクションを起こすことで様々なイベントが発生するが、その中で、大量のムンピーを取って、残機を稼げる『ボーナスチャレンジ』に挑戦することができる。一幕(1ステージ)ごとに1つ存在する。

一度発見できれば、時間切れになったり途中で落ちて失敗しても、ステージ選択画面で『ボーナスチャレンジ』だけ挑戦することが可

 

絵本

 1章をクリアするごとに、絵本が1つ追加される。内容はクリアした章に関するもので、その章で登場したキャラクターの「ステージられなかった『裏の物語』」を知ることができる。

絵本をナレーション朗読する形式になっている。

小ネタ

CEROこそAの全年齢だが、わかるひとにはわかる小ネタが多いのも今作の特徴である。

リハーサル版

PSストアでは「体験版」の他に「リハーサル版」も配信されている。これは、「本番」(製品版)に向けてがんばって準備しているキャラクターたちや、準備中ステージを見ることが出来る。各キャラクターセリフステージや演出などはいずれもこの「リハーサル版」でしか楽しめないものがほとんどだ。

関連商品

初回特典は数量限定のクウタロウトラップ! 発売数ヶ前から作り始めている傑作だとか!

関連動画

 

 

 

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パペッティア

22 ななしのよっしん
2014/08/30(土) 02:24:05 ID: ttwGqr7MkW
魔女が盛大にネタバレだけどいいんか
23 ななしのよっしん
2014/09/01(月) 21:53:22 ID: Tdl/QVrZXw
ps+でやってみたが一般層や海外で受けそうなのにもったいないなーテコ入れ次第でまだいけるはずなのに
24 ななしのよっしん
2014/09/16(火) 21:26:38 ID: kpkxEOVyfw
>>18
あれ本編でやろうとした没ネタ集じゃね?
25 ななしのよっしん
2015/01/17(土) 15:02:30 ID: 5R4ZuYIg9L
>>15
マリオもそうだけど1人プレイと複数プレイでは面さが違うよな
26 ななしのよっしん
2015/06/01(月) 23:01:59 ID: h5vXEE6AWy
サントラこねーのかな
まだ待ってるんだけど
27 ななしのよっしん
2016/04/21(木) 22:21:38 ID: H4gxl5W1pV
キャラクターが可らしくて個性的だから、マリオシリーズみたいにスピンオフ作品を作って欲しい。
この一作で終わらせるのはすごくもったいない。
28 ななしのよっしん
2017/10/27(金) 09:48:34 ID: tWwCGUqttm
今の時代にしてはアクション単調やったからな
飛んだりできるマリオと違って一つのステージに一つの攻略法しかないようなものだから飽きる
29 ななしのよっしん
2018/09/06(木) 01:00:34 ID: +CasGiX/s0
3年前によるのないくにPS3本体と一緒に買ったのがこれだった。
一度は両方売ってしまったが、懐かしくなってまた両方買い直して遊びまくってる。
メタ発言豊富でやっぱり面いわ。
30 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 01:22:17 ID: +CasGiX/s0
つべで色々観てきたけど、どの言でもクウタロウを始めとするキャラの名称はほぼ変わりなかった。
3-2の寿司関連も日本語の表記のまま。
31 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 22:49:33 ID: k1QfX/BMqK
クッソ面いのに知名度低すぎん
劇場とアクション組み合わせたのが自分の好みと合致してすごい良かった
1ステージの長さは気になるけどナレーションキャラの掛け合いやメタ発言とかいろいろしてくれるから全く飽きないしギミックの量も半端じゃない
作りこみだけで見てもトップクラスなんじゃないか