パラソルをさして単語

パラソルヲサシテ

パラソルをさしてとは、ライトノベルマリア様がみてる」の第11巻、及びそのエピソードである。2002年7月1日に発売。

概要

前回の「レイニーブルー」で、絶望のどん底にたたき落とされた福沢祐巳は、昨年度の白薔さま(ロサ・ギガンティア)の佐藤聖に救われる。とその知り合いである加東景の温かい励ましで立ち直ったに対して、小笠原祥子してしまった辛い仕打ちを悔やむ一方、ある悲しい別れが原因で再起不能なまでに打ちひしがれていた。そんな中、祥子のグランスール)だった前の薔薇さま(ロサ・キネンシス)の水野蓉子が、の元を訪れる・・・

と祥子の仲直りを中心に描いたこのエピソードは、マリみての中でも最も人気の高い神回との呼び名が高い。前作でになった読者の心も、重いの上には澄み切ったが広がっているように、晴れやかな気持ちにさせてくれる。第一作の出会いから、様々なすれ違いを乗り越えてを深めていったと祥子の物語は、実質上この話で完結したと言っても良い(なぜなら、本作以降のと祥子の関係は盤石で不動のものとなっているからである)。

キャラ加東景や、久々の登場となった子や柏木優、初めてデレ松平瞳子、そして「つぼみ(ブゥトン)じゃなくても、さんの友達だからね」ととの友情を深めた島津由乃など、脇役たちの活躍も見逃せない。なお、直接られるのはずっと後になるが、細川可南子に一惚れしたのも、本編で見られたと瞳子のやり取りがあった時らしい。

アニメでは、第二期第12話「」と最終話(第13話)「パラソルをさして」に相当する。残念ながら、わずか2話しかないので話の大部分が省略されてしまい、原作を読んだ人にとっては物足りないという意見が多く聞かれた(その分、ドラマCDではしっかり補されている)。物語ラスト、祥子がに「あなたが好きなの」と告白するシーンでは、背景薔薇が咲き乱れるというシュールな演出が話題になった。ただ、重なシャワーシーンはしっかり収められている他、っぱらから気まずくなるような百合シーンがいつも通り多めである。

そんな中、小さな悲劇も見られた。が山百合会の一員になる前から親しかった桂さんが、この話でを職員室に呼んだのを最後に、第22巻「薔薇ミルフィーユ」まで出番はおろか名前すら登場しない。原作の発売期間に直すと、実に丸3年も出てこなかったわけである。おまけに、アニメ版ではこの数少ない出番を、山口真美に取って代わられてしまった。やっぱり桂さん不憫である。

ちなみに、この最終回でも上様自重することなく、マツケンサンバを陽気に踊っていた

関連動画

<

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%92%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パラソルをさして

1 ななしのよっしん
2012/12/04(火) 21:05:56 ID: Bq4q94GKVC
リアルタイム原作を読んでいた人にとっては、
この巻が実質本編の最終巻じゃないかな。
以降はアニメの影少女小説っぽくなくなってくる。
2 ななしのよっしん
2017/05/14(日) 03:31:19 ID: VOdqNOUygz
エロマンガ先生で取り扱われてたな。

確かにこの巻だけ抜かれて、全巻貸されたら発狂しそう。
3 ななしのよっしん
2017/05/30(火) 08:39:19 ID: AL0+xPB4I9
ベルセルクの13巻みたいなもんだな!
4 ななしのよっしん
2017/08/12(土) 18:30:02 ID: PKgE3EJ29E
なぜ最後の方上様に言及した!言え!

急上昇ワード