パリス単語

パリス
3.5千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

パリスΠάρις / Parisとは、ギリシア神話に登場する英雄である。

概要

ホーメロスの叙事『イーリアス』にてられる「トロイ戦争」のみならず、物語の発端となった人物。
生まれた時の名はアレクサンドロス
トロイア王プリアモスヘカベー。ヘクトールとし、19人の兄弟姉妹がいる。妻にオイノーネー、ヘレネー。

その生い立ちからして数奇な運命にあった。
ヘカベーがアレクサンドロス妊娠している時、不吉なを見る。それは彼女が「燃える木」を産み、その炎が王を焼き尽くすというだった。不安になったヘカベーは占い師に尋ねると「方の子は災いの種になる。生まれたらすぐ殺してしまいなさい」と告げられる。

かくしてアレクサンドロスは生まれてすぐにプリアモス来の手に渡り、殺すよう命じられた。しかし来は赤子を殺すのがびなく、ずだ袋に入れたままイーデー山に捨てる。そこで飼いに拾われ、パリス(ずだ袋を意味する)と名づけられて育てられた。

成人となったパリスは自らの出自も知らず、ニュンペーのオイノーネーと結婚し、飼いとしてに暮らしていた。
そんなある時、パリスの元に三柱の女神が訪れる。それは々の女王ヘラ、戦と知恵の女神アテナと美の女神プロディーテーだった。
これにさきがけ、英雄ペーレウス女神テティスの婚儀が開かれていたが、争いの女神エリスが贈りつけた「林檎」が問題を起こしていた。エリス々にあって一招待されなかった事を恨み、「最も美しい女神への贈り物」として林檎を投げ入れ、女神達はそれぞれ所有権を名乗り出て争いになってしまった。
裁定を委ねられたゼウスを選んでも恨みをかう為に「イーデー山の飼いパリスに裁定をあおぎなさい」と丸投げ女神達は自分を選んだ場合の褒美」を提示して自分を選ぶよう、パリスに迫った。

ヘラは「大の王の座と富」、アテナは「戦いにおける常勝」、そしてアプロディーテーは「この世で最も美しい女」。パリスはアプロディーテーを選び、以後彼女からの加護を受けるが、ヘラアテナからは恨みを抱かれ、敵対する事となった。
プロディーテーから自分がトロイアの王子である事を教えられたパリスは、妻オイノーネーを捨てて立つ。オイノーネーはこの仕打ちを悲しみつつ、もしも傷を負ったならそれを癒せるのは自分だけなので、その時はイーデー山に戻ってくるように告げた。

プロディーテーは約束通り、「この世で最も美しい女」であるヘレネーを魅了。旅人を装って近づいたパリスに強情を抱くように仕向けて誘拐させ、ついでにスパルタの財宝も持ち去らせた。
そしてパリスはヘレネーと財宝を伴い、トロイアへと帰還。一度は彼を殺そうとしたプリアモスも、成長して立になったが子を受け入れた。
この時予言の才を持つ王女カッサンドラーは「二人を受け入れれば災いが起きる」と警告したが、「予言は的中するがからも信じられない」というアポロン呪いにより、聞き入れられなかった。

しかしヘレネーはスパルタ王メネラーオスの妻であった。ヘレネーを娶った時の約定に基づき、かつての婚者であるギリシアの王達は一致団結してトロイアとの戦争に向けて動き出す。
トロイアに危機をもたらしたパリスに対し、ヘクトール激怒。しかし結局を見捨てる事は出来ず、同盟者と連絡を取り、アカイア(ギリシア連合軍)と対決する事を選んだ。

戦争が始まるとパリスは軍の戦闘に立って「でもいいから勝負しろ」とアカイアを挑発。メネラーオスが怒気も露わに進み出ると、途端にパリスは怖気づいて逃げ出した。その醜態をヘクトールはなじり「お前などさっさと殺されれば良かった」とまで言い放つ。
気を取り直したパリスは「私と彼とで一騎打ちをし、勝った方がヘレネーと財宝を得る」と申し出て、アカイアもこれを了承。一対一の勝負が始まった。
しい打ち合いの末にパリスはメネラーオスに組みつかれ、を掴まれてアカイアのに引きずられてゆく。しかしアプロディーテーが介入、ひもを切ってパリスを助け出すとで周囲を覆い、追いすがるメネラーオスをを惑わせ、その隙に退却した。

この一騎打ちはメネラーオスの勝ちとされ、両軍の間で交渉が始まる。しかしゼウスの持つ運命秤は既にトロイアの滅亡へと傾いており、パリスに遺恨を抱くアテナによってこの和議は決裂させられた。
アテナ兵士の姿になると、トロイアの武将パンダロスに甘言をささやく。これに惑わされたパンダロスは功名心をくすぐられ、防備な姿をさらすメネラーオスに矢を射た。矢は急所を外れたものの、これにより再び戦いが始まってしまう。

アカイアの名だたる諸将が負傷して押し込まれていく中、ヘクトールアキレウスパトロクロスを討ちとった。それまで総大将アガメムノンとの遺恨ゆえに参戦しなかったアキレウスは怒りと悲しみを覚え、遂に戦場に立つ。
アキレウスヘクトール一騎打ちをし、彼を殺。この時ヘクトールアキレウスに「いずれアポロン加護を受けたパリスがを討つ」と告げており、後にその予言は的中する。パリスが放った矢は無敵体を誇るアキレウス急所である踵を貫き、英雄は呆気なく最期を迎えた。

そのパリスも、戦争の終盤で遂にその命を落とす。
アカイアが勝利する条件の一つとして「ヘラクレスを持つピロクテーテースが参戦する事」という予言があった。諸事情あって遅れて参戦したピロクテーテースは、パリスとで勝負する。
パリスの矢が外れた一方、ピロクテーテースが放った矢はパリスに致命傷を与えた。瀕死となった彼はかつての妻オイノーネーの言葉を思い出し、イーデー山へと向かう。
しかしオイノーネーはかつての恨みを忘れられず、パリスの傷を癒す事を拒否。トロイアへと戻るとパリスは尽き、翻意して後から追いかけてきたオイノーネーは、自ら首をって死んだ。

その後「トロイの木馬」の計によりトロイア王は陥落。一部を除いて男は皆殺しとなり、女達は戦利品とされた。
かつてヘカベーが見た災厄のは、あやまたず的中したのである。

異説

パリスによるヘレネーの誘拐については、ヘロドトスの著書『歴史』で「エジプトで得た話」という別伝が伝わっている。
それによると、パリスとヘレネーが乗ったトロイアへ向かう途中、を避けてエジプトに立ち寄ったという。この時パリスの従者が殿に駆け込み、自分の人がヘレネーを誘拐したと密告。パリスは外追放となり、ヘレネーとスパルタの財宝はエジプトの法に基づいて丁重に保護された。
一方メネラーオスはそんな事情も知らず、アカイアはトロイア側の弁明も聞かずに戦争を始めてしまう。トロイア落後、メネラーオスは生き残った捕虜からかくかくしかじかと説明されてようやくエジプトに向かい、妻と財宝を取り戻したという。
これについてヘロドトスは「戦争による多大な犠牲を考えれば、王であるプリアモスがヘレネーを返還しない理由がない」と自らの考えを示している。

また別の伝承として「ヘレネーは半神ゼウスレーダーの子)であり、人の子であるパリスが誘拐するのは不敬である」として、彼女をかたどったの像を持ち去ったという説がある。

補遺

三柱の女神が美青年を前にその美を競い合う「パリスの審判」は芸術題として古くから好まれ、多くの絵画が制作された。
著名な所ではルーベンス、ルノワールミュシャなどが「パリスの審判」と題した作品を残している。

2004年映画トロイ」では、々の存在は描かれず、人間を中心とした群像劇となっている。
パリスがヘレネーを誘拐したのはお互いが禁断のに落ちたからという理由となっており、一騎打ちに介入したヘクトールによってメネラーオスは殺され、落後にアキレウスがパリスに射殺されるなど大幅な変が入っている。こうした事から一部の批評家からはクソミソに酷評されたものの、ブラッド・ピットはじめ俳優をそろえた事で商業的には成功している。
ちなみにパリスを演じたのはオーランド・ブルームで、エリック・バナ演じるヘクトールの足にすがりついて助けをめるなど、イケメンだが割と情けない描写がなされている。

ソーシャルゲームFate/Grand Order』では、アーチャーサーヴァントとして実装。詳細はパリス(Fate)を参照。
くるしい男の娘として描かれており、に姿を変えたアポロンマスコットのようにくっついている。この姿になったのはアポロンく「この時期のパリスちゃんが一番いていた」から。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パリス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • パリスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!