パンの記念日単語

1件
パンノキネンビ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

パンの記念日とは、4月12日である。「パンの日」とも呼ばれ、毎12日はパンの日ともされる。

概要

日本パン食が普及し始めるのは江戸時代の開明治時代文明開化以降である。しかし、それ以前にパンが一部で製造されていた。

1543年にポルトガル人によってとともにパン日本に伝来する。しかし当時は南蛮貿易で来日する外国人用に作っていただけで、日本人にはあまり普及していなかった。そのまま鎖国の時期に入っても、パンオランダ人向けにもっぱら作られ続けていた。

1840年、アヘン戦争で清が敗北したことを受け、諸外の脅威を感じた江戸幕府は、伊豆山代官の江川太郎左衛門江川英龍/江川)に江戸湾の警備を命じた。江川大砲を作るのに必要な山反射炉の建設や、大砲台場現在東京お台場付近)を築造するなど活躍した。

それら江戸湾の警備の一環事業として、江川パン作りも始めた。当時の長崎オランダ屋敷に料理方として勤めていた作太郎という人物に製法を学んだとされている。1842年4月12日戦争の際の食料として「兵糧パン」という現在乾パン・堅パンに近いものを製造する。兵糧がご飯の場合、べたついて持ち運びが不便であった。仮に炊いていない状態のを持って行っても、炊く手間がかかってしまう上に敵に居場所がわかってしまうという問題もあった。そのため、パンが注されたのである。

しかし開まで戦争は起きなかったため結局このパンは普及せず、開後に外国人居留地から一般的なパンが広まっていった。だが、この功績があり江川現在では「パン祖」の名でも知られている。

当時の兵糧パンの製法は2012年に判明しており、牛乳小麦粉を入れる一般的な製法のほか、甘酒発酵させてから焼きあげるものもあったという。

現在静岡県の「蔵屋鳴沢」が「パン祖のパン」として兵糧パン再現して販売している。江川邸など、伊豆の国市内の各所で販売されているほか、ネットショップにも対応exitしている。

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

夜桜さんちの大作戦 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供:
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パンの記念日

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • パンの記念日についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

ニコニコニューストピックス