パンナコッタ・フーゴ単語

パンナコッタフーゴ


フーゴ

パンナコッタ・フーゴとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物である。

CV三浦祥朗黄金の旋風)、小田久史ASBEoH)、榎木淳弥アニメ

? 何って、僕の概要ですよ。僕の事を知りたけりゃ読めば。

フーゴ

ジョジョの奇妙な冒険・第5部「黄金の風」の登場人物。
ギャング組織「パッショーネ」の構成員で、ブチャラティの部下。16歳

とあるイタリア貴族の生まれで、IQ152という明晰な頭を持ち、13歳で大学へ入るほどの才を持つ。「」という一人称に始まり、普段は落ち着きのある紳士的な性格をしている反面、とても短気でキレやすく、ある時大学教師百科事典で暴行、かけつけた警備員を叩きのめし逮捕された事でフーゴの上流階級としての人生は終わってしまう。
その後留置場に収容され、家族が訪れる事く時間だけが過ぎていく中、ブチャラティから組織への勧誘を受けた事でフーゴブチャラティ仲間に加わる。

ギャングの世界へ堕ちたフーゴはその後、ブチャラティチームの頭として活動し、同じような遇に立っていたアバッキオナランチャブチャラティチームへ引き入れる手助けをしたりもしていた。特にナランチャが加入した後は、彼の教育係も担当。ブチャラティが赴いていた涙目のルカの後調も、「あなたの手を煩わせるまでもない」と最初はフーゴ名乗りを上げており、ブチャラティには絶大な信頼を寄せていた事が伺える。
やがてジョルノが加わり、ボスからの任務を受けるストーリー中盤、組織を裏切ったブチャラティ達に付いて行けず、ただ1人ブチャラティ達と袂を別つ事になる。この事情についてはスタンドの項でも後述するが、離別した以降はエピローグを除いてストーリーに一切登場しなくなる。

 

第5部のスピンオフはいずれもフーゴのその後を補しており、小説版『ゴールデンハート/ゴールデンリング』では組織側の人間として再び登場。チームを離反したあともブチャラティ達とのまで捨てたわけではなく、影でブチャラティ達を手助けするために暗躍している。『恥知らずのパープルヘイズ』ではディアボロジョルノ達の最終決戦の末にジョルノが組織の新たなボスとなってからのフーゴを描いている。

恥知らずのパープルヘイズ

第5部完結から半年後を描いた外伝小説2011年9月に発売。上遠野浩平著。
ブチャラティチームをただ1人離反したフーゴ主人公に据えた、スピンオフ作品である。

ジョルノが新たに組織のボスとして台頭し半年が経過、裏社会の清浄化が進められる過程でフーゴは単身ジュゼッペメアッツァまで呼び出される。そこで待っていた元チーム仲間である組織のNo.2(自称はNo.3)のミスタから、ディアボロのかつての配下であり麻薬が巷に蔓延する元でもある麻薬チームの壊滅を命じられるのだった。ブチャラティチームを離反した事で組織からの信頼を失ったフーゴは、任務を遂して組織の信頼を取り戻す事ができるのか?

登場人物達のその後や、原作で触れられていなかった部分(前述のフーゴの生い立ちの詳細など)の補、そしてフーゴ過去に倒したイルーゾォとしていた新たなチーム仲間シーラE」や、大学のかつての同期でもあった麻薬チームの中核「マッシモ・ヴォルペ」を取り巻くストーリーなどがな特徴。

本作では教師を暴行した経緯が『大好きだった祖を悪く言われた』事が発端であったと設定されている。

プロローグにてブチャラティアバッキオナランチャ共々死亡した事を聞いた時の絶望に始まり、信頼していたブチャラティに「ついていけなかった」フーゴの苦悩が精緻に描かれる。

もっと詳細な内容は、「恥知らずのパープルヘイズ」を参照。

違うね・・・ 死ぬのは、僕の能力を見るお前の方だな

パープル・ヘイズ
【破壊:A / スピード:B / 射程距離:C / 持続:E / 精密動作性:E / 成長性:B
フーゴスタンド。両手の拳部分にカプセルが付いており、カプセル割れると中から感染者を数十すら残さず喰らい尽くす殺人ウイルスをばら撒く。
作者荒木飛呂彦く「が強かつ悪で使いどころが難しかった」ほどのスタンド
詳細な内容は、パープル・ヘイズを参照。
前述の小説作品「恥知らずのパープルヘイズ」では、パープルへイズ・ディストーション』へと進化を遂げた。

テレビアニメ版

2018年に放映された『黄金の風テレビアニメでも登場。

こちらではアニメオリジナル過去回想エピソードが追加されていて、前述の『恥知らずのパープルヘイズ』とは異なるものになっている。

ブチャラティ達にただ一人ついていけずチームを離反するのも原作と同様だが、エピローグの「眠れる奴隷」以外にもあと一回、ある場所で出番が用意され、直前の展開と合わせて多くの視聴者を驚かせた。

余談

関連動画ッ!お前の命懸けの投稿ッ!僕は敬意を表するッ!

このニコ厨が、オレをナメてんのかッ!何回言えば理解できんだコラァ!
関連商品と書いておきながら、何で買わないんだ・・・この、ド低脳がァーーッ

こいつをコミュニティに入れてやりたいんですが、かまいませんね!!

僕はあなたのものです、我等が『関連項目』・・・!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パンナコッタ・フーゴ

619 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 06:22:08 ID: 4a3gXeGPXS
>>618
そうかすまんかった
気軽に敬語キャラってくくりで色眼鏡で見てしまっていたのかもしれない

頭いい設定が発揮できるとなるとジョジョだとやっぱりスタンドだと思うから戦闘シーンがもう一つでもあればと思ったがそれも今更か

ミスタの話を聞いておかしなことを言うこいつの話を理解できないってなるのもフーゴらしい常識人よりの反応なのかもなあ
620 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 19:39:33 ID: qcgiDl8+/g
当時のナランチャに「こいつにスパゲティを食わしてやりたいんですがかまいませんね!!」と言えるくらいだから性根は清らかなんだろうと信じたい
不機嫌なときだったら「汚ねーから店から離れろ」とか言い放ってもおかしくはなかったし

アニオリも含めて考えると、ブチャラティから受けた恩をナランチャにも与えたとも解釈できるかもしれんけど
621 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 23:58:32 ID: o5jCQaZ76R
>>613
>敬語ジョルノキャラ被り過ぎたのが問題

自分もこれが最大の原因なんだろうなと思ったわ
フーゴにそんな描写ないだろって意見あるけど、「敬語キャラ」として思いついた描写は全部ジョルノにまわさざるを得なかったんじゃないかなあと

ボススパイにしようかと思ったが、少年漫画としては展開が暗くなりすぎる
スタンドを強な設定にしすぎて使いどころがなかった

↑これらの理由も決してじゃないだろうし、3つのうちどれかひとつだけなら強引に路線変更してフェイドアウトさせなかったような気もするが(その場合シボウ組に入れられてただろうけど)
622 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 00:01:54 ID: KWT8Fo3FLN
一人ぐらい常識的な理由で抜けるがいてもいいわ
条件に全員ついてこられてもありがたみがないしね
623 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 08:11:23 ID: BwRKLRCPSH
最終話カウントダウン絵がカッコ良すぎる
624 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 20:16:22 ID: c7LFpd/QYe
>>621
因果関係が逆なのでは

フーゴを裏切る展開を書けなかったからこそ、頭的な活躍を書けなかった
ジョルノライバルになってしまうからこそ、キャラかぶりさせられなかった
フーゴが魅的になればなるほどに、裏切りが映えるからね
625 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 12:05:26 ID: S+SneHQClB
ブチャラティが命していれば付いて来てたんじゃないかなぁ
626 ななしのよっしん
2019/08/05(月) 15:35:47 ID: ZvJtXH/KPI
ひとつ気になるんだけどフーゴの外でスタンドを出してぶち壊した岩の破片がイルーゾォに当たりそうになったけどあれってフーゴが故意にイルーゾォを狙ってやったの?それともパープルヘイズが暴走して勝手にやっただけ?
個人的にはフーゴが機転を利かせてなんとか反撃しようとしたんだと考えたい
627 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 22:54:59 ID: GaEv+QxuU9
暴走気味のヘイズがそれでも本体の危機に何とか呼応した第三の理由を推してみる
628 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 16:26:54 ID: ZvJtXH/KPI
意外とお利口さんだったのか

急上昇ワード