パートナーシップ方式単語

パートナーシップホウシキ

パートナーシップ方式とは、アニメーション作品等の製作体制の一つである。

概要

何かとお染みの「製作委員会方式」と一社で権利を運用する「ワンオーナー方式」の中間とも言える形態で、提唱者はヤオヨロズ福原慶匡プロデューサー
これらような既存の方式に取って代わる物と言う訳ではなく、選択肢の一つとして選べるようになる事や、「製作委員会方式」で経験を重ねたスタジオが「ワンオーナー方式」へ移行する過程の段階として機する事を期待している。

特徴

製作委員会方式はリスクの分散や回避に優れ多くの作品を世に送り出して来た一方で、出資者の数だけ権利が分散する事から意思決定に支障をきたすと言った問題が起きる場合があった。その他、製作委員会に出資する元手を持たない下請けのアニメ制作会社や現場は、二次利用による収益の分配を受ける権利を持つ事が出来ずに制作費のみを頼りに制作を受注し続ける事になり、結果自転車操業に陥りがちと言う面も持つ。
また、ワンオーナー方式は一元的に権限を運用出来る一方、中小スタジオでは宣伝の規模が限られるなど作品展開の制約もあった。

パートナーシップ方式ではアニメスタジオクリエティブとビジネスの両方を導し、配信やグッズ音楽の展開ような二次利用を行う会社は、基本的に出資をするのではなく使用料を支払い許諾を受けたり権利を購入する。パートナーとして使用料を払ったそれぞれの会社がそれぞれ宣伝をして製品を売り、組織としては製作委員会に似た形となる。
製作委員会方式とリスクは大きくなり、実績や実められる。一方、スタジオ原作を持つ事ができ、また、売り切っていない権利もスタジオに残る事になる。

権利を先に販売して調達した資製作を開始するプリセールの形式であり、AmazonNetflixと言った海外の配信事業者を有な資としている。そうした配信プラットフォー企業との契約では「資は出しても一定期間の独占配信権以外の権利をしない」「一社制作費用の全てを払ってくれる場合がある(最低赤字にはならない)」と言うようなメリットがある一方で、作品が完成し納品してからの支払いが基本となる為に当面の制作費用の確保が必要となる。
配信権の販売のみを行いその他のリスクを自社で背負う事も出来るが、そこでグッズ販売やイベント、出版等のライセンス窓口の権利を先に販売してからプロジェクトを開始する事が可な方式となっている。また、そうして権利を譲渡した企業パートナーとして協し、製作委員会のような組織を持つ事で宣伝の規模を広げる事が出来る。

テレビアニメケムリクサ」はパートナーシップ方式のプロトタイプとなるように準備していたとの事。

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E6%96%B9%E5%BC%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パートナーシップ方式

3 ななしのよっくん
2019/04/07(日) 19:03:33 ID: yFRvRStGrQ
むしろ今まで製作委員会方式しかなかった事の方が問題だからな。
リスクヘッジが最大のメリットなら、有名マンガや成功した1期後の2期とかを製作委員会でやる意味が薄い。
パートナーシップアニメ会社にが戻るならそれなりにかけてやるだろうから、その方が質が向上しやすい。
4 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 00:12:16 ID: sXw6Pmyzir
本文の製作委員会批判の「>アニメ制作会社や現場が自転車操業に陥りがちと言った面も持つ。」この部分よくわからないわ。
アニメ制作会社って基本的に受注して映像作って委員会に納品するだけだし影なくない?
5 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 00:50:11 ID: ZXj6//G6Bi
これの肝は「選択肢が増える」ことで製作委員会方式そのものを全否定するものじゃないことだな

とはいえ自分でアニメ原作から作れる会社ならともかく、有名どころじゃない多くのアニメ会社は原画や動画や仕上げとかの下請けだし、漫画原作小説原作アニメで「スタジオ原作を持つ」というのがどういう形になるのかイマイチわからない

irodoriみたいに自分達で普段からアニメビデオコンテをアップしたりしてオリジナルを作る下地があったり、監督の名前が周知されてブランド化できるとこならともかく、他のアニメ会社でこの方式を利用したケースが出てこないと何とも言えないかな…
6 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 00:26:17 ID: sXw6Pmyzir
>>5
たぶん制作会社視点でやると
「出版社にアニメ制作の独占権を貰う → 制作費を集める → アニメを作る → 映像売る」
って感じだと思う。

アニメ ナルトは、集英社アニメ制作する権利をテレ東にあげちゃったらしいから、たぶん製作委員会方式ないんだよね。
だからクレジット製作には「テレ東とぴえろ」しか表示されてないんだよね。

そう考えるとケムリクサ製作って、企業名単体じゃないからもしかしたら、製作委員会方式を採ってるかもしれない。けど、映像としての権利はヤオヨロズに帰属するって契約なのかも。
7 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 13:24:08 ID: MwBCcjySiW
言うは易く行うは難し
提言を実現したのは素直に凄いわ
8 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 21:45:39 ID: DE0p/P5yIV
>>2
>妙に反対している人もいるようだけど何が問題なのかわからん

これが広まることを嫌がる連中がかなんて考えるまでもない
9 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 15:43:43 ID: SGZQfMhbBB
細谷伸之・・あ、違う違う(棒)
ふぁねるいてたらしいね(察し)
10 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 16:32:04 ID: ZXj6//G6Bi
あの界の人たちは単にヤオヨロズのやること言う事に、何も考えず脊椎反射で反対や嫌味言ってるだけだから「広まったら困る」とすら考えてない気がする
11 ななしのよっくん
2019/04/16(火) 19:04:36 ID: yFRvRStGrQ
記事に追記できる人が居たら追記して欲しいのだが

福原氏のパートナーシップ方式ではアマゾンNetflixとの契約を前提にしている事
アマゾンNetflix)は制作されたアニメの独占配信権を制作費に相当する価格で『買う』事
アマゾン方式ではアニメを納品するまで全く収入がい事

・その間の資確保の手段としてグッズなどのライセンス窓口権を売る事を提案したのがPS方式である事
グッズDVD制作費に出資してもらう製作委員会のようなやり方も出来る事

これは新たな方式と言うか、アマゾンを組み合わせた製作委員会方式のように感じる。発想の転換と言うのだろうか。
12 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 16:25:09 ID: UWslexGeTv
この手法は知名度のある個人、団体以外理だよなあ…
製作費が3000万でゲーム製作の初期費用と同じことからソフ論なんかがやってる流通貸し出し方式のかよくないかな?

急上昇ワード