ヒカルイマイ単語

ヒカルイマイ

ヒカルイマイとは、1968年まれの競走馬1971年の二冠である。

物凄い成り上がり物語の持ちとして有名。

概要

シプリアニ セイシュン ヴィーノピューロという血統。

この血統がまず酷い。いや、のシプリアニはヒカルイマイ生時点では名だったが、その後トウメイともなり現在では名種として評価されているからまぁ、良いとしよう。問題はセイシュンである。この地方競馬で未勝利である上、五代ミラ(競走馬)を持つ、いわゆるサラ系だったのだ。つまり、ヒカルイマイサラブレッドと認められないサラ系として誕生したのである。

生まれたところも酷い。なんか貧乏農家が片手間にサラブレッドも育てていますみたいなところだったそうな。生まれてからもほったらかし。放し飼い。致なんて知らんという状態。

見栄えも悪く、気性も荒く、セリに出したものの当然取り。つまり売れん。仕方なく屋に売られる寸前に、なぜか買いたいという人が現れてぎりぎりヒカルイマイ競走馬になる事が出来た。しかもその時、がくぼんでいるからと50万円も値切られたんだそうな。150万円という破格の安値であった。

事、東の八郎厩舎に入ったものの、さえ付けた事がかったらしいヒカルイマイ調教は困難を極めた。なにせ、人を乗せたがらない。コーナーは曲がらない。いやいや、よくも関係者はを投げなかったなと。

どうにかこうにか形を付けて、ヒカルイマイは二歳10月デビュー。期待?い。という5番人気だったのだが、凄まじい末脚を披露して5身差圧勝。え~?びっくりしたは「分」50万円を生産者に支払ったという。

続けざまに三連勝。翌年のきさらぎ賞で重賞初勝利してクラシックの有名乗りを上げる。しかし、気性が悪く、ごみに入るとやる気くなる難儀なであったらしく上の田島良保騎手は試行錯誤の末、きさらぎ賞から後方待機策をヒカルイマイの「」とすることを決める。

そして皐月賞ムラのあるレース振りが嫌われたかヒカルイマイは4番人気。しかしレースは鮮やかだった。3コーナーから捲り気味に行ったヒカルイマイは直線、大外から先行をまとめて交わして優勝。150万円のがついにクラシックホースに上り詰めたのだった。なんという下克上

現在なら当然ダービー直行なのだが、ヒカルイマイNHK杯に出走。ここではやはりダービーを意識してか、直線めに抜け出す作戦を取るが、辛勝。田島騎手はこのレースダービーを決めたに違いない。

そしてダービー皐月賞であり、前走にもきっちり勝っているのにヒカルイマイは二番人気だった。血統や見栄えのしない体が嫌われたのか、はたまたダービー初騎乗の田島騎手が不安視されたのか。それにしてもNHKで負かしたダコタを一番人気に推した連中は何を考えていたのか・・・。

フルゲートダービー。18頭じゃないよ、28頭だからね!馬場一杯に並んだ各が一斉にスタート。どーっと第一コーナーに殺到する。

この頭数では、中で前のをさばくのは大変に難しい。つまり、第一コーナーでの位置取りでそのまま直線に向かう事になり易い。そのため、第一コーナーでの位置取りを10番手以内にすることがダービーに勝つには絶対に必要だと言われそれが「ダービーポジション」と名づけられていた。「ダービーは運の良いが勝つ」と言われたのは、順やスタートの失敗でダービーポジションを確保出来ず、人気が勝てい例がままあったからである。

ところが、われらがヒカルイマイはまったく急がず、第一コーナー2223くらいで通過していった。おいおい。この当時の常識ではもうヒカルイマイ絶望。やっぱり買わないで良かったと胸をなでおろしたファンが大勢いたらしい。

案の定、ヒカルイマイの前には20頭以上のになっていて前には行けない状態。ペースも速くなく、追い込みに有利とは言えない。しかし田島騎手は慌てる様子もく、4コーナーではを大外に持ち出した。流石にこんなところまで来れば前にはいませんよというくらいの大外も大大外であった。そこで密かに末脚に着火していたヒカルイマイ

だが、大観衆はそんなことは知らなかった。前ではハーバーロイヤルが逃げを競り落として堂々先頭。ダコタはどこだ?もう。ハーバーロイヤルでこれは決まったろう。ファンは新しいダービーに拍手を送り大歓で讃えた・・・。

と思ったら、なんか大外から飛んでくる黄色帽子。は?誰だよ?

他にがいるものか。ヒカルイマイである。ヒカルイマイは他のが歩いているように見える末脚を繰り出し、その勢いのままハーバーロイヤルを並ぶ間もなくぶっこ抜いてしまったのである。府中はあまりの脚に言葉を失い、ヒカルイマイの切れ味はその伝説となった。

直線だけで20頭以上もぶち抜いたダービーは前代未聞であった。上の田島騎手は23歳初騎乗でのダービー制覇。「ダービーに乗ったんじゃない。ヒカルイマイに乗ったんだ」(脚色あり)の名台詞ダービー史に然といている。

二冠を制したヒカルイマイ。これは三冠馬間違いし!と盛り上がったのだが、は体調を崩して走。挙句に屈腱炎を発症。三冠はならなかった。一説では削蹄ミスという残念な理由での体調不良であった。復帰をして色々調整が続けられたが結局引退。ダービ後に一度も勝てなかった二冠の一頭になってしまった。

追い込みで有名な三冠馬ミスターシービーダービーでは最後方追走のダービーポジション視を行っているが、頭数がやや少なかった上、3コーナーから捲り直線入り口では好位につけている。それに対してヒカルイマイは純然たる直線「だけ」の追い込みである。鮮やかさはヒカルイマイの方が勝るだろう。強さを感じさせるダービーは他にも色々いるが「物凄いレース」という意味ではヒカルイマイダービーが一番衝撃的なのではないかと思う。

引退後、種入りしたヒカルイマイであったが、サラ系の烙印が災いして成功出来ず、北海道から鹿児島に流れてくる。ここで出会ったのがニルキング牧場を営む服部文男氏であった。実はこの時、服部氏が食も扱っている事で「ヒカルイマイにされる!」と驚いたファンが「ヒカルイマイの会」を結成して服部氏に意を質しに行くという騒動が起きている。だが、服部氏はヒカルイマイにすることなど考えてもおらず、種として成功させるために手立てを尽くした。

ヒカルイマイの会もただを出すだけではなく、積立貯をして支援をしたという。服部氏はそのお金を買うなどしてヒカルイマイに細々と種生活を続けさせた。の質が低すぎて大物は出なかったが中央で三勝したが出たというのだから、種付け機会が多ければもっと大きな成功を収めたかもしれない。

1992年25歳で死亡ヒカルイマイの会は積立の残りを服部氏に送り、服部氏はそのお金で牧場内に立なお墓を建立した。

からダービーに、そして種失格から情に包まれた晩年へ。波乱万丈を絵に描いたような、規格外の生涯であった。

関連動画

関連商品

ヒカルイマイに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ヒカルイマイに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒカルイマイ

1 ななしのよっしん
2012/04/28(土) 21:29:07 ID: Tl0Up574yM
ハーバーローヤルの藤本JKは「勝ったと思ったら横からのように…」
藤本はその後八百長に関わって競馬界から追放された。

関係ないが現在でもサラ系競走馬は結構存在する。
2 ななしのよっしん
2012/05/24(木) 20:13:41 ID: 6huR3eh0qb
いや、確かに追い込みだけなら最強かもしれんが「物凄いレース」ではさすがにカブラヤオーには勝てんと思うw
3 ななしのよっしん
2014/02/22(土) 21:49:27 ID: vqp3/LqTPX
ヒカルイマイの記事があるなら、ヒカリデユールの記事も作って欲しいな。サラ系一?の年度代表にして、になってしまった野武士
4 ななしのよっしん
2016/01/19(火) 23:03:15 ID: dtPpqRx5Sz
150万でさらにあとで競走馬になったら払うってんで75万円というさらに半額に値切られたらしい
5 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 01:00:55 ID: Iv7lUHZYoz
まー、でも買ってもらえただけで万々歳だったろうよ
だったらそんな額にすらならんわけだし