ヒグマ単語

ヒグマ
5.9千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

ヒグマ、かつてはシグマとも)とは、ネコクマ科に属する大である。

概要

三毛別羆事件を起こしたことで有名なクマの一種。日本獣害事件ワースト3を制覇しているのは、このヒグマである。
漫画家いがらしみきおも、ぼのぼのの作中で間違えるくらいツキノワグマと混同されているが、胸に三日月模様があるまっい毛を持っているのはツキノワグマであり、特に模様がない褐色の毛を持つのがヒグマである。 

体長は2mから3m、体重300kgから500kgという巨体を持ち、大自然の中で鍛えられたことによって筋肉の塊となっている身体から繰り出される怪力は人の首をワンパンで吹き飛ばしかねない威を持つ。
巨体はほとんど強筋肉で出来ているため脚も速く、時速50km(100mを7程度で走り切る程度)も出る。
また、嗅覚が非常に優れており、嗅覚が鋭いことで有名な動物であるの何倍も優れている。一度匂いを覚えればどこまでも追ってこれるのはこの嗅覚があるからである。

一応だが、クマという生き物でもなんでも食べる雑食性である。本来は森林地帯に生息し、よりも手に入りやすいなどを食べて過ごしている。ただしヒグマは本州に生息するツキノワグマべると食性は強い。
よく知られているように、になると冬眠を始める。この間は巣の中で身体機を極限まで低下させて眠りに入り、がくるのをじっくりと待つ。稀に冬眠失敗した個体(もたず)が出てくると、空腹から暴性が増す。

が、近年は人間の捨てた・あるいは餌付けによって甘いものなどの味を覚えてしまう個体が出始めたこと、そして何よりも自然破壊ので食べ物がなくなるなどの理由で、クマが人里に降りてきてしまうことが増えている。
特にヒグマの生息地となっている北海道においてそれが問題になっているのは有名な話。そもそも北海道は、自然が残っていた頃から、上記の三毛別羆事件を初め様々な痛ましい人的被害が出た事件が起こりまくっている。
今でこそ人的被害が報じられることは稀になったが、住宅地への侵入など、やはり開発のによって、山が年々ヒグマにとって住みにくい場所になっていることがわかる。 

非常に賢くもあり、例えば北海道のぼりべつクマ牧場にいるヒグマは、人間に対してどういう仕をすれば餌が貰えるかということを長年の生活で理解・学習しており、あの手この手で客の気を引こうとする。
こんなかぁいい生き物が人を食い殺すなんて思えない!」というくらいくるしい姿を見せるクマ達なので、現地に足を運んで一見る価値は十分にある。

おっかないイメージが強く、実際恐ろしい生き物なのだが、基本的には他の野生動物の例に漏れず臆病な生き物である。しかし彼等との付き合い方を間違えると、人側はとんでもない被害を被ることになる。

ヒグマの恐ろしさ

執着心

ヒグマは自分の餌、もとい所有物に対する執着心がかなり強い、ヒグマが起こした事件で被害が増加した原因の一つとして、遺体を事件現場から運んでしまったなどして、ヒグマが自分の所有物と認識しているものを人が奪ってしまった、身近に置きっぱなしにしたことが原因となっていることもしばしば。

また先のように一度味を覚えるとそれが忘れられなくなり、手に入れるためなら手段を選ばなくなる。

こういったヒグマの執着心を忘れさせるには、人間怖い生き物であるということを認識させるところから初めなくてはいけない。
保護団体ではエアガンを使ってあえてヒグマを執拗に攻撃することで、人間の怖さを教えこむという方法も行われている。学習の高いヒグマなら、これによって人里に降りてくることはなくなる。

ただしそれでも人里に降りてくる癖がなくならないヒグマは、猟友会などによって射殺されることもある。残酷で身勝手な話ではあるが、これも人命を守るため、そしてこれ以上不幸なヒグマを増やさないための措置である。

好奇心

ヒグマはとかく好奇心が強い。物しいものを見たらまずは伸し掛かってそれが何かを探る。よく分からなければ牙で中身を引き裂く。

ヒグマの前で全逃げると追ってくるのは、警心と同時にこの強い好奇心が理由である。捕まったら最後、その怪力と体重で押しつぶされ、人間などひとたまりもない。
あげく、好奇心だけで終わって、人を食べずにズタズタにして放置することすらある。ヒグマは雑食なので、あまりいていなければ人間とて興味の対以上にはならない。 

逆にそれを利用して逃げる手段もあり、あえてヒグマが興味を持つものを落として去ると、ヒグマは意外とそれに興味を示してくれることがある。

子連れは非常に危険

ヒグマに限らないが、子を連れている子供を守ろうとする本を持つ為に非常に気性が荒く、遭遇したらほぼ確実に襲ってくる。
また、子だけ見かけても近くには必ずがいるなので、絶対に近づいてはならない。そういう状況に遭遇した時点で、自分の首筋に物が突き立てられているようなものだということを理解しよう。

ヒグマの仲間達

ヒグマ(brown bear, Ursus actros)の仲間日本や北大陸の他、北アジア中央アジア、小アジア近辺やヨーロッパの一部に広く分布しているが、絶滅危機しているものや、北アフリカなどでは既に絶滅しているものも多い。

ヒグマによる獣害事件一覧

その他いろいろなこと

  • 餌付けをしてはいけない
    これは大前提の禁止事項である。山においてポイ捨てをするなどの行為も厳禁。食べ物の残りカスの味であってもヒグマが気に入ってしまったが最後なのだ。
  • 一度ヒグマが手をつけたものを取り戻そうとしてはいけない
    人間法律的には所持者のものであっても、ヒグマにとってそんなのは関係ない話だ。ヒグマに襲われかけて逃げてきたはいいが、荷物を置いてきてしまった!なんてことがあっても取りに戻ってはいけない。
  • を鳴らせ(ただし人の味を覚えていない個体に限る)
    を鳴らすのは、おっかない人間がいるということをヒグマに知らせるためである。しかし人の味を覚えているとむしろ人間がいるんだ、とやってきてしまうこともある。基本的に対策としては有効。
  • 火を怖がる、は迷信
    ヒグマどころか、ツキノワグマですらも火を怖がらない。むしろ以上に人がいることをただ知らせてしまうだけの場合が多い。
  • 死んだふりは通用する?しない?
    ヒグマは死も食べるので別に際立った効果はないのだが、怒り狂っていなければヒグマの興味を削ぐ場合もなきにしもあらず。基本的には急所必死ガードしてヒグマが去るのを待つのがベターだが、そもそもヒグマさんを怒らせないように注意しよう。
  • 人の味を覚えたは殺さなければならない
    再三記したように、一度味を覚えたヒグマは多くの人を襲いかねない危険な存在となる。よって必ず仕留めなくてはさらなる大惨事になりかねないのである。ヒグマがそういった悲しい運命を辿らないためにも、ヒグマと人間距離はしっかり保たなくてはならない。
  • で殺せ!
    相手の動きを、で殺すんだ!(某ゴリく)昔の猟師さんはこれでヒグマは逃げると話す。これは100%正しいとは言えないが、背中を見せるよりはマシである。でしっかりと睨み、「お前よりもおっかねぇんだぞ!」ということを示せば臆病なヒグマは普通襲ってこない。ただし何度も言うが、人を食べたことがあるは、人間がそんなに怖くないことを知っているので、これだけでは不十分である。
  • 撃退スプレーを使え!
    最近注されているのがこのスプレーである。唐辛子から抽出したカプサイシンをヒグマに吹きかけることでヒグマを戦闘不能にさせるという手段で、命中させればほぼ間違いなくヒグマの戦意を削ぐことが出来る。ただし所詮はスプレーであり、まず命中させる練習をしないと緊急時に当てるのは難しく、人にも大きな効果があるので諸刃の剣である。
  • 実は臆病過ぎるもいる
    一時期ニュース話題になったことだが、によって撃退されたり、の上に追い詰められた個体がいたりする。後者ニュースサイトでも話題となり、が座って見上げた上でヒグマがおっかなびっくりで下をチラチラ確認している姿は正に笑いの神様が降りてきた間だった。ヒグマはただおっかないだけの動物ではないのである。
  • 何故か年配の人によく投げられる
    度々ニュースで取り上げられることだが、柔道の心得がある年配の人が、襲いかかるクマを投げ飛ばして撃退するという話がよく見られる。ただしこれらは運が良かっただけに過ぎない側面もあるので、わざとヒグマと格闘しにいこうなどとは考えてはいけない。ちなみに投げられる率はツキノワグマのほうが多め。

怖いだけじゃないよヒグマかわいいよヒグマ

上記であげたビビリのヒグマだけではなく、ヒグマは嬌を振りまいてくれる生き物でもある。

特に小さい頃から人間に手懐けられたヒクマは、人間嬌を見せていれば安定した生活が送れると学習しているのか、ジャレたり甘えたポーズを見せて人間を悩殺する。

野生のヒグマではまずそんなことはない。人工飼育されたクマがその悪知恵の働く賢さによって、いかに人間がいいように扱われているかがよくわかる。

でも、ダメ…………キュンキュンせずにはいられない!

あと下記の動画にもあるように、人と一緒に育ってきたヒグマは、ジャレついても加減というものを覚えてくれている。安全とは口が裂けても言えないが、人と生身で接する姿は、まるでのようである。

関連動画

可愛いヒグマ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%9E
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒグマ

116 ななしのよっしん
2021/12/20(月) 17:16:41 ID: +SQ8L/lcL1
>>115
口だけ。皆無って点では良心的なのかもしれないが。
117 ななしのよっしん
2021/12/20(月) 17:35:14 ID: 8B3ynLFfVy
ちゃんは可愛いから動物の中でも特に好きだけど、に限らず生活圏が被ってる動物同士は共存関係を築けないなら縄り争いで殺し合うほうが自然

だから自分が運悪く一人で遭遇したらの生態からし玩具にされてから食い殺されても仕方ないと思うべきだし、逆に「活動するのに邪魔だから駆除する」必要がでたなら人間という動物特性に基づき集団と知恵によって殺す権利がある。

自分は野生動物全般に対してこう思ってるなぁ。
118 ななしのよっしん
2022/01/05(水) 05:26:49 ID: IKwLX0U2Bf
少なくとも、北海道人間生活圏に一切姿を見せなくなるくらい駆除しても、何の問題もないだろうと思うけどなぁ
その程度じゃ絶滅なんてしないでしょ
119 ななしのよっしん
2022/02/09(水) 09:11:52 ID: IdIoOOa0K0
人にされるがまま・・・どころか一部それを助したり隠蔽したりしている日本人(殊更人)への、
ヤマノカミというかカミの怒りの具現なのかも知れないねOSO18
120 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 14:45:40 ID: Q9Fs7fshQd
>>118
そんな保はどこにもないのでなー
そもそも生態系の頂点に位置する動物ってのは基本的に絶対数自体は多くないし
ついでに言えば何の拍子に駆除以外でも大きく数減らすかなんて分からんのが野生動物
そしていざ絶滅した時に何が起こるかわからないのが生態系の怖さ
例えスパコン使おうとをシミュレートしきるなんて入される変数となる要素が膨大すぎて理だし
文化・学術・道徳的価値に限らず、闇な駆除が行われないのはちゃーんと理由があんのよ
外来種の放流・放出が問題だとされるのも、直接的な損を被る人がいるのもあるが、一番の本質はそれ
特に時間が立つほどにどんな出るかのかが予測不能
121 ななしのよっしん
2022/04/04(月) 13:01:04 ID: ytzHYgwff9
ゴールデンカムイの描写を過剰だと思うかもしれないけど、実際に起きたヒグマの事件検索するとあの描写ですらまだ、緩い方だってのが分かる
122 ななしのよっしん
2022/04/12(火) 22:21:24 ID: x0siBpJUQ0
害獣
123 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 17:22:12 ID: i9g//w8E0u
今でこそ銃火器類で倒せるようになったけど、
そんなもの一切ない精々しかかった時代はどう対処してたんだろうな。
出会ったら死ゾ
矢で倒すてのはアイヌ住民がやってたらしいが、
そんな即効性のあるなんてないだろうし、が効いてくるまで命を懸けた鬼ごっこしてたんだろうか?
それすらもないもっと大昔は?
ほぼ恐竜みたいなもんだったろうな。
124 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 22:52:13 ID: UPNB8GhSnW
集団で取り囲んでで突き刺すとかは聞いたことがある
あと矢で撃って出血したら延々と追いかけるとか
125 ななしのよっしん
2022/05/24(火) 11:40:09 ID: F45iHf5r81
電車タバコ注意して高校生殴ったチンピラもヒグマの前ではただの切れチャカありでも無理ゲー