ヒシマサル単語

ヒシマサル

ヒシマサルとは、以下の競走馬どちらかをす。

1.1955年日本で生まれた日本の元競走馬・元種阿部信氏。

2.1989年アメリカで生まれた日本の元競走馬・元種阿部信氏の息子ヒシアマゾンヒシアケボノヒシミラクルでもある阿部一郎氏。1のヒシマサルと区別するために「ヒシマサル」「Hishi MasaruⅡ」「Hishi Masaru(USA)」と表記されることがある。

※双方ともに活躍当時の慣習に合わせて旧齢で表記しています

1の概要

戦後の名種・ライジングフレーム、戦前の大種友を持つ良血
3歳時は勝ちきれなかったが、4歳になると覚醒クラシックこそ勝てなかったものの豊かなスピードを生かして札幌記念毎日王冠セントライト記念を制するなど大活躍し、啓衆賞最良スプリンター現在JRA賞最優秀短距離)を受賞した。
5歳になってからも安田記念日経賞を制して距離が不向きだった天皇賞(春)でも3着するなど、継続して活躍。

6歳時にオープン戦を2戦して引退すると種入りし、2世代しか産駒を残せなかったものの内産種不遇の時代にありながら安田記念親子制覇のヒシマサヒデを輩出し、その子供マルゼンスキーライバル()であったヒシスピードまで血をつなぐことに成功している。

二度に渡る大きなアクシデント

『旧ヒシマサル』として有名な本だが、現役時代に一度、引退後に一度大きなアクシデントに見舞われている。

最初のアクシデントは4歳時に出走した千葉ハンディキャップで、レース前に何者かに硫をかけられるという妨を受けたのだ。幸い大きな被害がなかったためヒシマサルレースに出走し、同レース勝利した。

二度引退後、放牧中に有刺線に絡まったことである。この際にヒシマサルは極度の錯乱状態に陥り線を振り払おうとしたために却って致命傷を負ってしまい、息子であるヒシマサヒデの活躍を見ることなく出血多量で他界してしまった。

2の概要

ビッグレッドセクレタリアトを持つ外
フランスで重賞を2勝したキルマジを持つ良血で、阿部氏が所有の代表的活躍だった旧ヒシマサルの名をつけた(本来なら禁止されている重複名がつけられた理由については後述)

デビュー2戦で8身差の圧勝を見せるも3歳時は3戦1勝で終える。
先代と同じく4歳になってから覚醒し、きさらぎ賞毎日杯と連勝し、当時は外クラシックレースが開放されていなかったため、京都4歳特別へ向かってここも勝利してGⅢ3連勝を飾る。
毎日杯と京都4歳特別は共に追込による勝利であり、この年に"表"街道で大暴れしていた"逃げ"のミホノブルボンとの対決が期待されるまでになった。

だが、続いて出走した"外ダービー"ことニュージーランドトロフィー4歳ステークスで1番人気に推されながらも2着に敗れたことがケチのつき始め。
の休養明けの京都大賞典ドンカスターステークスまで3戦連続2着と勝ちきれないレースが続いてしまった。

いやまあ、ニュージーランドトロフィーは後にマイルチャンピオンシップを制する女傑・シンコウラブリイ、ドンカスターステークスは後にジャパンカップを制するタマレガシーワールドが相手だったんだから勝てないのも仕方ないねと思わないでもないですけど。え?京都大賞典のオースミロッチぐらいには勝てって?京都のオースミロッチはガチだよ?
どちらにせよ、この3連敗によってヒシマサルは"外エース"の座すらもシンコウラブリイ(ちょうどこの頃重賞3連勝中)に明け渡してしまう。

続くジャパンカップでは"2度の復活"を果たしたトウカイテイオーの後方でなんとか掲示板に載る5着を死守するも、一度狂った歯車は戻せず、有馬記念では馬鹿コンビメジロパーマーダイタクヘリオスの作ったハイペースに脚を乱されて9着と惨敗したうえに脚部不安で1年の長期休養に入る。
約1年ぶりに出走したトパーズステークスでかつてのきを見せることなく13着と惨敗すると、そのまま引退して種入りした。

としては名古屋競馬場で活躍したカンイグローバルを輩出したものの、ボールドルーラー系の血統が不安視されて人気が出ず、旧ヒシマサルのような成功をすることが出来なかった。GⅢ勝ち止まりなのにヒシアマゾンに種付けさせてもらって贅沢言ってんじゃねーぞとか言ってはいけない。

"ヒシマサルの継承"が出来た理由

日本における競走馬の名前には色々と規則(卑な名前は禁止とか、商品名そのままは禁止とか)があり、その中に「GⅠ優勝と同じ名前をつけてはいけない」というものがある。
ヒシマサル現在のGⅠ競走である安田記念を勝っているため同じ名をつけようとするとこれに引っかかるのだが、 新ヒシマサル名登録を出生地であるアメリカで行って日本に輸入したため、規定に引っかからなかったのだ。

ちなみに現在でも際保護名に定されているでなければ同じ手法が仕えるため、実際に認められるかどうかはともかく、ヒシマサル(英)とヒシマサル()とヒシマサル(独)とヒシマサル()とヒシマサル(香港)が一同に介するジャパンカップというのも理論上は実現可である。

関連動画(旧の方はさすがに動画が無かったので新の方のみ)

京都に負けたレース

オマケで浮気シーン動画

関連商品

ヒシマサルに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒシマサル

1 ななしのよっしん
2012/11/02(金) 23:18:49 ID: 2aKKT1uQUB
レース前に硫ぶっかけられたのってダテハクタカだけじゃなかったのね。

あと2代目ヒシアマゾン処女を奪ったんだぞ!
2 ななしのよっしん
2012/12/30(日) 06:09:41 ID: 4/uSGOmdRI
の記事まだいのか…
ヒシスピードは(マルゼンスキー関連動画内で)人気上昇中w
3 ななしのよっしん
2016/04/17(日) 02:56:32 ID: F9+fJd0aSs
まさかの3代
http://db.netkeiba.com/horse/2014105934/exit
4 ななしのよっしん
2016/06/01(水) 22:53:10 ID: 2aKKT1uQUB
三代目ヒシマサルまで出てきてもう何が何だか分からなくなってきたよ。ルーラーシップサンデーサイレンス