編集  

ヒソカ=モロウ単語

ヒソカモロウ

ヒソカ=モロウとは、漫画HUNTER×HUNTER』において、ショタや美男美女を襲うため時折出没する(つまりなんでもイケる)自称最強の変質者である。
長らくファミリーネーム苗字)が不明であったが、2016年2122号(合併号)にてフルネーム明らかになった。

ヒソカ=モロウ

ああ 今すぐ記事を壊したい…❤

プロフィール
誕生日 6月6日
年齢 不明
血液型 B型
身長 187cm
体重 91kg
出身地 不明
念の系統 変化系

変態奇術師。本作の顔芸&脱ぎ担当。

メイク(?)を落として黙ってればイケメン

性別問わず何でもイケる。内におもちゃを設置しており、○ってみたい実者(おもちゃ)をコレクションする趣味がある。

発言も非常に独特で、台詞の文末にトランプマークを付ける上、「団長と対決(デート)」「心臓を伸縮(撫)せよ」「あちらを勃てればこちらが勃たず」など、 やたらとアダルト漢字に変換したがる。良い子は真似をしてはいけない。

少年漫画だろうが何だろうがお構いなしに露出するので、吹き出しで局部を強制的に隠されたこともある。

闘争本が刺されると、ではなく股間かせる癖がある。というか勃k

性格はの髄まで「気まぐれで嘘つき」(本人談)。大事なモノがあっという間にゴミに変わるらしい。

こんな手な装いをしているが、自称人見知りであり、気になる女の子に手当てしてもらうために、格下の対戦相手にわざと両腕をもがれたこともある。

人を騙すことにかけては天才的で、たとえ身体が欠損してもポーカーフェイスを崩さない。
その上、自分の腕の切断面手品のタネを仕込むなど狂気じみたパフォーマンスを披露してくれることも。

戦闘が高く念もかなりの使い手で、奮すると弱者を手当たり次第に殺して回る危険人物。ただし将来性のある子(ヒソカはこれをい果実と呼ぶ)は成熟するまで待ってから殺すのがマイルール。

ヒソカが一人でニヤニヤしている時は、強敵に欲情していたり、少年を眺めていたり、「Aを殺ってBに憎まれて、そのBを殺ってCに憎まれて…がベストなんじゃない?」などとロクでもない事を考えていたりするので、近寄らないほうがいいだろう。

バトルマニアの一面もあり、強い者と戦うためにストーカー並々ならぬ執念を燃やすこともある。
しかし、実はフィンクスやフェイタンの方が戦闘狂である。

テロ会長団長クロロ=ルシルフル)、キメラアントなどバンジーガムガードしきれないくらい攻撃が強かったり、敵が硬かったりなど相性が最悪だった場合、玩具にできず返り討ちに遭う可性のある相手は気を抜かれてやる気がなくなったとか、調べなかったとかなど、適当な理由をつけて知的キャラを崩壊させてでも全スルーするのが「ヒソカ最強伝説」を維持するための裏ルールである。
読者から見て強敵から逃げようとするそぶりに見えてもそれは「戦略的撤退」である。

主人公ゴン達4人とは単行本1巻からの長い付き合いである。

物語初期は強大なとしてゴン達に立ち塞がったのだが、 事にヒソカい果実として認定された為、当面の間は生かして貰えることになった。

ゴン闘技場で戦った際には、「次はルールしの真剣勝負で命を賭けて闘う」ことを宣言しており、 この物語ラスボス感さえ醸し出していた。

しかし、物語が進むと敵側に立つばかりではなく味方側に回ることも立ち初め、 ヨークシン編ではクラピカメル友と化し、 GI編ではゴンキルアと手を組み、いつの間にか一緒にドッジボールをする程の仲になっていた。

続くキメラアント編は今までとはべ物にならない程の強敵が山ほど出現したのにも関わらず、 よりによってバトルマニアヒソカが全く登場せずファンをヤキモキさせた。 (決してヒソカゴンさんに勝てないからではない。多分。)

ところが、会長選挙アルカ編から何事もなかったように復帰。キメラアントの騒動を 「ニュースを見てなかったから」で片付け、人類の危機にも動じない情弱大物っぷりを見せつけた。

長きにわたり、レアな念をもつ幻影旅団団長と戦うためにいろいろと画策していたが、単独になったところを尾行するも団長にまかれて失敗したり、パクノダや当時がわからなかったコルトピ団長の護衛をしていることで失敗に終わったり、クラピカに出し抜かれて団長に念の鎖を打たれ化され決闘が失敗に終わったり、グリードアイランドでプレイヤー狩りもせずに除念師を見つけ出し団長の除念に成功するもまたしても団長に逃走されたりと、ことごとく失敗に終わる可哀想な子でもある。

幻影旅団の一員で医療系美人マチ謀にも言い寄っているが、冷たくあしらわれるのが常である。団長と自分どちらに生き残ってほしいか尋ねた際には「ありえないが団長を殺したらどこまでも追いかけてあたしアンタを殺す」とばっさり言われてしまっている。

さらには、(連載期間で言うと10年以上も)団長鬼ごっこしている間に、数多の強者との戦闘の機会を逃すという踏んだり蹴ったりな扱いをうけていたが、2016年ついに大願成就し団長と戦う運びとなった。以下単行本未収録分ネタバレ伏せ字答えは惨敗。片腕片足を失くしてから窒息死するが、死後の念で心臓マッサージすることにより生に成功した。今度は団長のみならず幻影旅団全員を相手に宣戦布告を出し、手始めにトイレコルトピを襲い、続いてシャルナークをコルトピ生首で動揺させた隙に殺した。他の団員も既にヒソカに殺されている可性があるが、休載期間に入ってしまったため詳細は不明である。冨樫仕事しろ

CV高橋広樹(旧)/浪川大輔(新)

念能力❤☠

読み 説明
伸縮自在の バンジーガム

ゴムガム両方の性質を持つオーラを人や物にくっつけて引き寄せる。

ただし本人から離した状態だと10m伸びると切れてしまう。

薄っぺらな ドッキリテクスチャー

オーラシール状態に変化させ、いろいろな材質の質感を再現する。

ヒソカの隠しもった切り札であり、読者マチヒソカ裏切発覚後は団の仲間に隠しを知らせた可性がある)以外には知られていない。戦闘応用に期待したい。

ヒソヒソのオーラ別性格分析♦(コミックス7巻)

血液型性格分析と同じで根拠はない。全てヒソカの独断と偏見であるが、これが結構当たっていたりする。

ヒソカと一時的に行動を共にした愉快な仲間達♥

ヒソカと相手の的・動機が一致した時のみ一時的に手を組む事がある。採点95点のイルミと組む事が最も多いが、の意味での仲間は存在しない。

美しい「ヒソカ最強伝説」の戦闘記録♠

  1. 幻影旅団入団試験時に初代4番を戦闘で勝利して殺し、入れ替わりで入団する。(下記は劇場版ネタバレ
    しかし、この時に戦ったのは4番のつくった自身の人形であったことがヒソカの口からられる。
    そして、正正銘4番と対峙するもゴンたち4人に戦闘を任せ、団長等の人形3人と戦闘。
    結局4番とは不戦勝のまま4番は息絶える。
  2. クロロ団長と決闘しようとするが、パクノダとコルトピガードしていたので断念する。
  3. 1次試験でハズレハンター100人切りを行う。
  4. 3次試験で限4流の元試験官プロハンター(念取得していたかは不明)を殺
  5. 4次試験でゴズ、アゴン、ゲレタを殺
  6. 会長面接でネテロ会長を隙だらけで気を抜かれたので戦う価値しと判断し、ヒソカ不戦勝。
  7. 最終試験でボドロを倒す。
  8. ゴンを殺そうとするイルミに邪魔をすれば殺すといわれてゴンを助けるか考え込む(小説版)。
  9. 闘技場でカストロを殺ゴンを倒す。10勝してフロアマスターになる。
  10. キルアゴンを助けようとしたが、ヒソカキルアの首にカードをあてることで脅して静止させた。
    ヒソカ勝利。
  11. マフィアコミュニティの雇った暗殺者の一人を殺フジ版ハンター)。
  12. 団長占いヒソカ敗北を予言されるが、薄っぺらなで「敗北をなかった事にした」。
  13. ドッキリテクスチャーでクロロ団長を騙し、ヒソカ勝利。
  14. パクノダがいるにもかかわらず、ヒソカはクロロ団長と決闘しようとするが、団長の念が使えない事が判明し戦う価値しと戦意喪失
    ヒソカ不戦勝。
  15. グリードアイランドでキルア団のと接触を疑われるが、ドッキリテクスチャーで全に騙す。
    ヒソカまたしても勝利。
  16. グリードアイランドのイベントゴンたちとともにレイザーを倒す。
  17. 除念師を連れてクロロ団長の除念を行うが、その後逃亡されまたしても不戦勝(逃亡はイルミの情報)。
  18. 編でクロロ団長探しのたため、ネテロキメラアントの王・メルエムとの戦闘の機会を逃しまたしても不戦勝。
    ヒソカ蟻編ネタ
  19. 選挙編でゴトーを殺。ブシドラを殺
    テラデインと清ハズレプロハンター8名、アマハンター98名一掃。
    募のプロハンターも15名殺(内2名副会長の部下)。
    ヒソカVSブシドラネタ
  20. 闘技場で団長と命を賭けて闘う。以下ネタバレ死んだふりをしてやりすごしたので試合では負けるも実質はヒソカの作戦勝ち。

そんな動画で見つめるなよ♠興奮しちゃうじゃないか…❤

関連商品ごっこ❤

関連項目ってのはどうしてああも美味しそうなんだろうねェ…❤


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%82%BD%E3%82%AB%3D%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%82%A6
ページ番号: 4741019 リビジョン番号: 2381499
読み:ヒソカモロウ
初版作成日: 11/10/11 21:44 ◆ 最終更新日: 16/07/09 12:28
編集内容についての説明/コメント: ヒソカの戦歴追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ヒソカ

kl

奇術師ヒソカ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒソカ=モロウについて語るスレ

689 : ななしのよっしん :2018/11/06(火) 19:19:58 ID: NjluwztuTh
>>686688
なるほど、確かに時期的に色々溜まってそうだしヒソカは気まぐれだからな

>>685
別にヒソカ雑魚専とか言う気はないが隠れて雑魚狩りとかはちょっとやめてほしいな・・
690 : ななしのよっしん :2018/11/12(月) 02:50:40 ID: y6E1ws9Kfe
ハンター試験を受験したのも人殺しが免責になるからだし一周回ってまともに入ってきた感あるな
691 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 19:36:29 ID: ebuGlbOGdK
は本人の性格に反して単純なガムシールというギャップ

本人もカストロ戦でメモリー無駄遣いと言ってたし使いやすくそれでいてメモリーの容量を喰わない2つを習得したほうが良いと判断したと思うが団長の念とは正反対なのが面
692 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 19:59:05 ID: xHp4cXfWA8
最近ふと気付いたんだけど、ヒソカオーラ別性格分析って例えばゴンみたいな放出系よりの強化系だと、単純で一途(強化系)だけど短気で大雑把(放出系)な一面も併せ持ってるのかね?

ゴンはわりと短期な所が有るし、キルアが変化系にしては一途なのも強化系よりの変化系だからで説明がつくようになるし。
693 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 20:02:52 ID: b/bOwPIPoM
その占いあまり当てにならんなあと思うのがフランクリン
快で大雑把だが性格はむしろ思慮深い方に見える
694 : ななしのよっしん :2018/11/21(水) 12:36:43 ID: cTX87W+WbO
ゴンって単純一途なのはそうだけど短気でもあるし明らかマイペースだし気まぐれといえば気まぐれだし変なとこで経質だし人に好かれるカリスマ性もある

つまるところバーナム効果では?
695 : ななしのよっしん :2018/11/25(日) 12:31:35 ID: /ZQtHDeVk+
>>693
フランクリンは短期で大雑把な本性を理性で押さえつけてそう
696 : ななしのよっしん :2018/11/30(金) 17:36:45 ID: xHp4cXfWA8
>>693
>>695
フランクリンが実は操作系寄りの放出系なら、理屈屋・マイペースの側面も有るから別に問題ないと思う。
697 : ななしのよっしん :2018/12/04(火) 20:36:25 ID: SBufPE30nJ
>>639
初期のフランクリンはつまらない事でノブナガと喧するような粗暴キャラだったからな

>>694
本人も言ってたけど血液型占いみたいなもので明確な根拠はないから
698 : ななしのよっしん :2018/12/07(金) 04:17:44 ID: +gCwAzrUK/
>>680
ゴンと腕相撲してたノブナガも言ってたけどちゃんと頭も回るぞ制約かけまくったクラピカ想定外なだけで団もそれだけ強いのは分かってたしクラピカも頭が回るとも思っても見なかったから防御しなかったらしっかりと捕縛する前に死んでたかも
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス