ヒュッケバイン単語

ヒュッケバイン
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

ヒュッケバインとは、スーパーロボット大戦シリーズに登場するバンプレストオリジナルロボットパーソナルトルーパー)である。
本稿では、ヒュッケバイン及び後に開発されるヒュッケバインシリーズ一通り取り扱う。

メカニックデザインカトキハジメ氏。

概要

ゲシュペンストグルンガストに並ぶ、バンプレストオリジナルロボットシリーズの一つ。初出は第4次スーパーロボット大戦
登場当初からガレージキット等の関連商品が発売されるなど、ファンの間では高い人気を博した。これ以降、スーパーロボット大戦シリーズには多くのバリエーション、後継機が発表され、いずれも高い人気を得ている。
 『ヒュッケバイン』の名前を冠する、あるいは関連する機体が登場するシリーズは下記の通り。

各機の詳細は下記。

作中では、その名前の由来(ドイツの寓話に登場する、不幸を呼ぶ大ガラス)、さらには辿った経緯から「」と呼称される事がある。バイン」という名前が後ろに付くとはいえ、ダンバインビルバインなどとは関係ない。

初登場の「第4次」にてリアル主人公の専用機としてデビューを果たして以降、同期グルンガスト(同作のスーパー主人公専用機)とは後のシリーズでも対の関係として扱われていることが多い。

バリエーション

ヒュッケバイン

単に「ヒュッケバイン」と表記される場合、初代をす場合が多い。
シリーズで加入する機体は形式番号PTX-08R。
αシリーズでは式番号RTX-008L/R、009の3機が存在しているとされる。

008L/R

第4次及びFシリーズ完結編にてリアル主人公の後期搭乗機として初登場(初期搭乗機はゲシュペンスト)。
テスラライヒ研究所所長の主人公父親が(研究費の大半を使い込んで開発し)誕生日プレゼントとして本機が贈られてきた。
おこの時の式番号は「PTX-08R」である。

αシリーズ及びOGシリーズでは、大事故を起こした為に封印された機体の史実としてられ、OGでは封印された機体が引っり出される事になる。パイロットは第4次及びF完結編の主人公を代表して代表してリンマオ(008L)。そしてライディース・F・ブランシュタイン(008R)。

008L及び008Rにはブラックホールエンジンが搭載され、009より先にロールアウト。008Rはライディーステストパイロットとして搭乗するも、ブラックホールエンジン暴走を起こし、本機は実験基地もろとも消滅、多くの関係者が死亡、辛くも生き残ったライディース左手を失った。その事件から残った008Lも封印される事になる。この事から本機は「バニシング・トルーパー」という不名誉な渾名で呼ばれる。
Lは後に対異人用の戦として引っり出される事になる。

主人公の最終搭乗機だっただけあって性は極めて高い。運動性は自軍トップクラス必殺技ブラックホールキャノンも非常に強
OGシリーズでは既に数世代前の機体でありながら次世代機と肩を並べる性を持つ上に、でも搭乗可

009

登場する作品はスーパーロボット大戦OGのみ。当機はパイロットは設定されてはいないが、最初はイルムが乗っている。

008Rの事件から、開発が遅れていた本機はブラックホールエンジンの搭載が中断され、通常エンジン仕様変更を余儀なくされる。
実戦投入こそされたものの、その役割はむしろデータ収集にあり、そのデータは後のMk-IIシリーズに活かされることになる。

ブラックホールキャノンが使えない為、火力は大幅に劣るが、機体性そのものは高準。
とは言え何話もしない内にイルムがグルンガスト乗り換える上に、必殺武器がい為どうしてもにはなり辛く、(デフォで装備しているリープ・スラッシャーは換装武器)機体カラー緑色な事から『カッパバイン』呼ばわりされることも。

なお、アニメジ・インスペクター」で登場するエクスバインはこの機体をベースに開発されたとしている他、OGシリーズではその後数奇な運命を辿った末”る”事となる。

EX

スーパーロボット大戦αにて、主人公スーパー系に選択した時のみ、本機が登場。
搭乗者はイルガルド・カザハラ(第4次及びF完結編の主人公の一人)。

式番号はRTX-008LC。008Lの改造機で、ブラックホールエンジンの欠点を修し、各種の強化が施された機体。
条件次第で自軍加入する(外見、戦闘時のエフェクトMk-IIの使いまわし)。

なお先述のエクスバインとは現在のところ、ヒュッケバイン系統機という繋がりしかないので注意。

08L / 08R(V版)

VとX-Ωに登場するヒュッケバインは両者ともに「ニコラヴィルヘルム研究所」に所属するパーソナルトルーパー。ちなみに、所属先は「テスラライヒ研究所」のもじり[1]となっている。
形式番号はそれぞれRTX-08RとRTX-08L、重量は旧版の132.4tになっており、初代をリスペクトしたものとなっている。

Vに登場するタイプRはヴェルターヴ・テックスト(ヴェルト)、X-Ωに登場するタイプLはシズキ・シズカワがパイロットとなっている。また、Vで同時加入のグルンガストパイロットであるシャルロッテ・ヘイスティングはヴェルトと乗機を交換する形で搭乗可

ヒュッケバインMk-II

式番号RTX-010-01/02/03の3機が存在しているとされる。αシリーズOGシリーズでは若干設定が異なるが、共通設定としてヒュッケバイン008Rの事故から、暴走を起こすことのない堅実な機体として開発された。

01

登場する作品はスーパーロボット大戦αOG1、OG2、OGsOG外伝
パイロットα主人公OGシリーズでは彼らを代表してブルックリン・ラックフィールド

プレイヤー部隊がに運用するのはαOG共にこの01。単に「ヒュッケバインMk-II」と表記された場合、本機をす事が多い。
αではリアル主人公の初期搭乗機として初登場。開発者の一人であるカーク・ハミルが、008Rの一件でMk-IIお蔵入りされかける所、パイロットとして主人公を付け、彼に本機を輸送する様に示、その情報ティターンズに流し、緊急措置として主人公を搭乗させ、さらにはエゥーゴに保護させるというかなり強引な方法で実戦投入された。
OGシリーズではさすがにそのような事はなく、量産試作機として開発され、ブルックリンテストパイロットとして選出され、実戦投入された。

αでは中盤で大破し主人公機はMk-IIIに引き継がれる。
OGシリーズでは大破する事なく、各種データを採取され、そこから量産型ヒュッケバインMk-IIが誕生することになる。
OG2以降は現役で使い続けるにはが必要。

暴走の危険を避ける為に通常の核融合エンジンOGシリーズではプラズマジェネレーター)を動としているが、グラビコン・システムと言う重力制御装置が搭載されており、重力場の障で敵の攻撃を防ぐGウォール他、重力エネルギーを使用した武装が使用できる。
な武装はフォトンライフルライトソード(OGシリーズではビームソード)、有線式のチャクラムを絡めて切り裂くチャクラムシューター最強武器はグラビコン・システムで生み出した重力波を敵に打ち出す、廉価版ブラックホールキャノンのようなGインパクトキャノン
でも搭乗可だが、OGsであるキャラを乗せGインパクトキャノンを使わせたときの特殊台詞性的な意味で危険なものがある。

02、ていうかトロンベ

登場する作品はスーパーロボット大戦OGOGsパイロットエルザム・V・ブランシュタイン。

OGシリーズで紆余曲折を経て、エルザムの手に渡る。
そしてトロンベ仕様改造され、RTX-010-02T『ヒュッケバインMk-IIトロンベ』として生まれ変わる。エルザムと共に自軍参入する。

トロンベ改造により、01より基本がややプラスされている他、飛行可になっている。武装などは変化なし。
αシリーズではどうなったか不明。

03

αOGシリーズ共に、軍のトライアルに提出されたらしいがその後は不明。OGシリーズではシリーズの生き残りとして名前が挙げられているが・・・。

量産型ヒュッケバインMk-II

登場する作品はスーパーロボット大戦α外伝OG2、OGsOG外伝OGMD
頭部のデザインが他のヒュッケバインと異なるためかよく出てくる。

量産型ゲシュペンストMk-に代わり、軍の量産機として採用される。「α外伝」では見たもMk-IIと同様だったが、OGシリーズでは量産機的なデザインカラーリングが新しく設定されて登場している。
機としてコスト面・整備性などを追求した仕様となっており、試作(つまり上記の01)に搭載されていた特殊システムを軒並みオミットしつつも機体性ほぼ同等、さらにはテスラドライブを装備して単独で飛行可を実現するなど、スペック上は大変優秀な機体である。

・・・しかし量産機の宿命で、ゲーム上の性はさほど高くなく、特に汎用武装の組み合わせによって装備が決まるシステム上の都合も相まって、はっきり言って強制出撃以外使う必要性は皆無である。
というかこの機体で強制出撃されるといろんな意味で難儀する。
OGMD最序盤ではジュア=ム・ダルービが搭乗してエネミーユニットとしても登場する機会があるが、「こんな機体」という台詞があったり、彼の本来の所属を考えると仕方ないが、ジュア=ムからの評価も低い。長い間戦い続けてきた当機だが、この頃には既に作中でもスペック的な限界が見えているのかもしれない。
この縁からか、別の機体に乗り換えた後のジュア=ムにも対ヒュッケバイン系PT用の専用ボイスが存在する。

ちなみに「α外伝」では、マイクロウェーブ送信施設を守護するGビットと共に、無人機として量産型グルンガストと共に登場するのだが、ここの量産型ヒュッケバインMk-グルンガスト共々、なぜか獲得資戦艦並に多いので全滅プレイ人気スポットとなった。

ベルゲルミル

スーパーロボット大戦α外伝で初登場、OG2、OGsにも登場した。パイロットウルズ、スリサズ、アンサズ他。

量産型ヒュッケバインMk-IIマシンセルにより変質した機体。元となる機体が異なるが、同種の機体にグルンガスト系を元にしたスレードゲルミルがある。
敵機専用とはいえ、元の機体は本当に量産型ヒュッケバインMk-IIなのかと色んな意味で疑いたくなる程その見たは様変わりしている。フェフ博士く「芯にしかならなかった」との事。

ヒュッケバインMk-III

式番号RTX-011L/Rの2機が存在しているとされる。作品によって扱われ方がだいぶ違う。

2011年段階でヒュッケバインシリーズの集大成的存在。MK-較的安定していたのに対し、最新のEOT技術(シリーズによってはトロニウムエンジン等の不安定な物含む)をこれでもかと盛り込んだ最新鋭機。初出のαグランゾンなどのように武装を自転送するという離れ業を見せていたが、その後のOGシリーズなどでは再現されていない。

単体ではトロニウムエンジンの有り余るパワーを引き出しきれないため、追加でオプションパーツを装着するという前提でAMガンナーとAMボクサーなどが用意され、それらを使い分けることで機体コンセプト180度変更出来る仕様となっており、それぞれヒュッケバインガンナー、ヒュッケバインボクサーと呼称される(後述)。

OGシリーズでは搭乗自体はでも可である。しかしガンナー、ボクサーに換装しての最強武器は特殊技「念動」が必要であるため、自然と念動を持っているα主人公たち+リュウセイやマイ等が乗る事になる。

011L

登場する作品はスーパーロボット大戦α、2次α、3次αOG2、OGsOG外伝
パイロットスーパーロボット大戦α主人公OGシリーズでは彼らを代表してリョウト・ヒカワ。
2次αではヴィレッタ・バディム、3次αではマイ・コバヤシ

スーパーロボット大戦αにて、主人公後期搭乗機として初登場。
バルマー戦役を最後まで戦い抜くも、いろいろ危険な為、戦後に封印される事になる。

2次αでは封印された物をヴィレッタが引っり出して来て自軍参入と言う形になるが、サブキャラ機体となったため悲しいくらいデチューンされており、設定上エンジンも交換されているため後述のガンナー、ボクサーへの換装も不可能になっている。

3次αではサブシナリオでマイ・コバヤシが搭乗。サブシナリオのみの機体であるため、自軍参入すらしない他、αシリーズ内ではいわゆるリアル主人公の設定もされずに終わるなど、意外と不遇な位置に置かれている。

OGシリーズでは本機の開発にも携わったリョウト・ヒカワが搭乗。

011R、そしてトロンベ

登場する作品は第2次スーパーロボット大戦α、3次αOG2、OGsOG外伝
パイロットアラド・バランガレーツェル・ファインシュメッカー

第2次スーパーロボット大戦αリアル系男主人公アラド・バランガの初期搭乗機体として初登場。
こちらも換装できず、パイロットの低さも相まって、泣きたくなる程弱い。
後にアラドが後期搭乗機体に乗り換える際、レーツェルが本機を引き取りトロンベ仕様改造RTX-011RT『ヒュッケバインMk-IIIトロンベ』に生まれ変わる。しかし毛の生えた程度の強化しかされず、やっぱり弱い。

第3次スーパーロボット大戦αでも、引き続きヒュッケバインMK-トロンベとしてレーツェルが搭乗。
しかしレーツェルは自軍参入の際にはアウセンザイターに乗り換えているため、本機はスポット参戦扱い。
またサブシナリオでライディースも搭乗する。

OGシリーズでは逆に、通常エンジンを搭載されLに先駆けロールアウト、レーツェルの元に送られテスト運用されていた。
当然のごとくトロンベ仕様であり、最初から『ヒュッケバインMk-IIIトロンベ』である。エンジンが別物であるため、トロンベ状態ではガンナー、ボクサーへの換装はできないが、本体のみの運用には通常エンジンでも十分なようで性能面では011Lと同等の高性を誇っている。
しかし、条件を満たす事でトロンベを本来の011Rに戻す事ができる為、その場合ガンナーとボクサーを同時に運用する事も可になった。

ヒュッケバインガンナー

ヒュッケバインMk-IIIAMガンナーがドッキングした形態。
αではインターミッションでの換装(一人乗り)で、OGシリーズではAMガンナーにもパイロットを搭乗させ戦闘中合体させる(二人乗り)。

高機動、射撃戦を眼においた機体で遠距離戦用…のはずなのだが、α時代ではさらに近距離戦対応可MAP兵器備、挙句パイロットは(普通に育てていれば)2回行動チート機体として君臨していた。
OGシリーズではバランス調整が入り、コンセプト通りのクセのある機体に変貌する。
乗りこなすにはAMガンナーのパイロットも含め、パイロットと機体の相性をしっかり考える必要がある。

必殺技フルインパクトキャノンAMガンナーに装備されているGインパクトキャノン4門を同時に発射する。α時代ではカンストダメージ99999)を出せる可性のある機体だったが、これもOGシリーズでは弱体化している。

なお、設定上ではパーツ交換をすればヒュッケバインMk-IIやR-1、R-GUNともドッキングである。
ジ・インスペクター」ではエクスバイン、R-GUN、ガーバインとのドッキングを披露している。

ヒュッケバインボクサー

ヒュッケバインMk-IIIAMボクサーをドッキングした形態。αOG共にインターミッションでの換装しての一人乗りである。
シルエット的にMk-IIIの本来のコンセプトである『小・高性化したSRX』の設計思想を最も色濃く反映している。

ガンナーとは逆に格闘戦を眼においた近距離戦用の機体で、α時代ではガンナーの影に隠れて陽のを見なかったが、OGシリーズで一気にパワーアップ。射程こそ短いものの、高運動性、高装甲、高攻撃、高継戦を兼ね備えた優秀な機体に変貌する。

必殺技はG(グラビティ)ソード・ダイバーAMボクサーパーツを一時分離、状に変形させ、それに乗って突撃する。どの様に変形しているかとか形状に理があるんじゃないかとかは気にしてはいけない。ちなみにSEGAの某ロボットアクションゲーム必殺技に似ている。

AMサーバント

設定上のみ存在する、ガンナー、ボクサーに次ぐ、第三のドッキングパーツ。開発が中止されたが、第3次スーパーロボット大戦αに登場するリアル女主人公セレーナ・レシタールの後期搭乗機体、ASアレリアスにそのシステム設定が流用されている。
その名称やASアレリアスの設定から察するに、ファンネルやGビットのような遠隔操作系の武装と思われる。
後の第2次OGに登場するエグゼクスバインのT-LINKスライダーにも、その思想が反映されている模様。

テーマソング

ヒュッケバイン問題

本機シリーズデザインを一度見てもらえれば分かると思うが、ツインアイカメラアイが二つ)にV字アンテナ等、リアルロボット大御所機動戦士ガンダム』の機体に、デザインの類似性が見られる。それがロボットアニメファンの間で高い人気を得てしまったが為に、いろんな波紋を生んだ。詳しくは『ヒュッケバイン問題』を参照。

派生機?

ヒュッケバイン問題により、アニメスーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』に登場する、アニメには出ることのできないヒュッケバインに変わる、新しくデザインされた機体たち。
でもこれ絶対にネタにしてるよね、特にガーバイン。

エクスバイン

アニメスーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』第8話、『属』にて初登場。正式名称は『PTX-EX エクスバイン』。パイロットリョウト・ヒカワ。ゲームでのヒュッケバインMk-IIIの代替機として登場し、ほぼ同じ立ち位置となる。

シルエットカラーリングはほぼヒュッケバインシリーズの物だが、上記で言われていたガンダムに酷似していた頭部からV字アンテナが除かれ、ツインアイSRXの物と同じバンプマークゴーグルに変更されている。
元は前述通りヒュッケバイン009修したデータ収集用の為の機体で、『RTX-009EX ヒュッケバインEX』と言う機体名でカラーリングかったのだが、EOT技術を危険視する上層部の圧を受けた影で、SRX計画凍結のとばっちりでヒュッケバイン系の機体の開発も凍結されてしまった。
しかし、形式番号と名称、外見と仕様を一部変更し、建前上は別の機体として調整が続けられて現在の形となり、密かにMK-コアトルーパーシステムテストAMガンナー、AMボクサーの調整用に用いられていた。

データ収集用の機体ながらT-LINKシステムテスラドライブを搭載し、各AMとのドッキングも可の為高い戦闘を持つ。
しかし、トロニウムエンジンを搭載していない為に一部の武器が使用出来ず、重力兵器含む各種兵装の威も大幅にダウンしている。

劇中、ボクサーパーツを装備したままAMガンナーとドッキングしてフルインパクトキャノンを放つ一幕があったが、本来のヒュッケバインガンナーのフルインパクトキャノンの威には遠く及ばず、グレイターキンを使用不能にするのがやっとと言う状態だった。
しかも、ボクサーパーツいエクスバインガンナー状態では2門同時発射が限界で、終盤はこのエクスバインボクサーに後述のガーバインガンナーを連結させて、やっと本来の威に近いフルインパクトキャノンを発射している。

ゲームではOG外伝時点で既に存在がめかされ、劇中にて実際はパーツ状態で保管されており、修羅の乱の際に戦増強の一環として組み上げる案が持ち上がったが、パーツの回収と組み上げの時間と手間を惜しまれて結局断念された事が明らかになった。

その後は後述通り、第2次OGにてめて組み上げられ、ヒュッケバインシリーズと共にオーバーホールを受けていたが、コード"エビル"ことガリルナガン襲撃の余波を受けて大破、損傷し、ヒュッケバインの残存パーツと共に修され、エクスバイン・アッシュ、通称『アッシュ』と言う名で登場している。

その後はOGシリーズの外部作であるOGIBで新規の機体として(エクスバイン→アッシュ→エグゼクスバインとは別物として)エクスバイン・タイプLとRが登場。
OGDPダーク・プリズン)のシナリオ内で開発が示唆されるのみだったが、OGMDムーン・デュエラーズ)にてようやくスパロボOG本編へ正式参戦。ボクサーパーツとの合体形態であるエクスバインボクサー・タイプRとAMガンナーパーツとの合体形態であるエクスバインガンナー・タイプLが登場している。ジ・インスペクター同様タイプRにリョウト・ヒカワが搭乗、タイプLにはAMガンナーの運用経験があるリオメイロンパイロットを務める。

エクスバイン・ボクサー

ジ・インスペクターで初披露されたAMボクサー搭載のエクスバイン(初期時はタイプRだが、タイプLでも論運用できる)ムーン・デュエラーズでも基本的な仕様ジ・インスペクター時と変わらないものの、念動が必要な一部装備(ガイストナックル、カタパルトキック、Gソード・ダイバー)をT-LINKシステムから新機構である「APT-LINKシステムに変更されたため非者でも使用できるようになった。

特に違いが顕著なのがGソード・ダイバーシーケンスで
ヒュッケバインボクサー時にはカタパルトキックガイストナックル→AMボクサーをGソードに変形、突撃→Gソードから離脱後、飛んで来たG・ソードをキャッチする
だったのが、
エクスバインボクサーはガイストナックル→AMボクサーをGソードに変形、Gソードに搭乗して接近してのバルカン攻撃→突撃後ボクサーパーツと再合体して着地という流れになっている。

エクスバイン・ガンナー

こちらは後述のガーバインに装着された形でジ・インスペクターで披露されたが、いボディのタイプLはムーン・デュエラーズにて初映像化している。ボクサーと違い、必殺技であるフルインパクトキャノンは現状では運用出来ず、Mk-に装備されていたGインパクトキャノンの強化形「Gインパクトザッパー」が装備されている。

ガーバイン

アニメスーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』第9話、『インスペクター』にて初登場。
パイロットエルザレーツェル・ファインシュメッカー、後にヴィレッタ・バディム

正式名称『PTX-GT ガーバインMk-IIIトロンベ』。ゲームけるヒュッケバインMk-IIIトロンベとほぼ同じ立ち位置。
エクスバインの前身であるヒュッケバインEXを用いて開発が進められていたヒュッケバインMk-IIIの上半身を、創通連邦上層部のを欺く為にエルザムが使用していたガーリオントロンベと同パーツを用いて偽装したもの。
しかし偽装パーツがコンソールに表示されるなど、どう見てもネタにされている。

エクスバインと同じくトロニウムエンジンは搭載されていないが、グラビトンライフル過去にガーリオントロンベで使用していたシュツルムアンリフブレイクフィールドの代わりに、Gテリトリーって突撃する)等の重力兵器は使用可
後にレーツェルがアウセンザイターに乗り換えた後ヒュッケバインカラーに塗り替えられ、R-GUNをマイに譲ったヴィレッタが搭乗する。
元がヒュッケバインMk-IIIなので当然AMとのドッキングも可で、劇中でガーバインガンナーになっている。

リン「連中に教えてやる……、その何たるかを!
   らのヒュッケバインは、決して消えやしないという事を!」

アッシュ

第2次スーパーロボット大戦OG』第26話に登場する。正式名称は『PTX-EX-A エクスバイン・アッシュ』。パイロットイーグレット・イング

21話にて、オーバーホール中のヒュッケバインシリーズコード"エビル"ガリルナガンの襲撃によって根こそぎ破壊された(行方不明のヒュッケバインMk-II試作3号機を除く)余波を受けて大破したエクスバインを、ヒュッケバインの残存パーツ含む予備パーツで修復した機体。
修復と言いつつも全身に施された橙色の追加装甲の「パッチ・アーマー」は仮留め同然であり、それを伸縮性に優れた「CAUTION」と書かれた特殊なテープを巻きつけて補強。それでも足りない装甲をビームコートを施した深紅マント「コーティング・クローク」を羽織って補っているその外見は、宛ら「傷だらけの仮面士」を思わせる貌になっている。
な武装はグラビトンライフルに、左腕に装備したストライクシールドとしたT-LINKセイバー

初起動時に念動覚醒させたイングがT-LINKシステムを通じて機体制御系を乗っ取ってしまった事で、以後イング専用機となる。
アッシュ』には英語の『』とフランス語の『H』の二つの意味が存在し、『ヒュッケバイン()が不死鳥の如く再びの中からる』と言う意味を込められている。

ガリルナガン

同じく『第2次スーパーロボット大戦OG』で登場した、ヒュッケバインとどこか似た貌を持つ、コード"エビル"。
ヒュッケバインシリーズデータを元に製作されたとされる事もあり、ヒュッケバインシリーズとして認識されている場合が多い。

詳細な内容は「ガリルナガン」を参照。

エグゼクスバイン

第2次スーパーロボット大戦OG』第45話に登場する。正式名称は『PTX-EX-X EXエクスバイン』。パイロットアッシュ同様イング

ダブルEX」などのコードネームを持ち、名前の頭文字EXが二つ付いている事と、ヒュッケバイン系列6(ゼクス)番の機体であることからエグゼクスバインと呼ばれている。

公式でそう呼ばれているわけではないが、誕生の経緯などからファンの間での末裔』と言う通称を与えられた。
本来エクスバインに施す予定だった修計画『MK-X』に基づき、アッシュ修した機体。
実際はガリルナガンアキシオン・アッシャーで大破したアッシュに、MK-X用の換装パーツイングの念動で呼び寄せ、その場で組み上げ・各部パーツ最適化・諸々全てを念動で以て行うと言う離れ業を経てこの世に生まれている。

トロニウムエンジンブラックホールエンジンを搭載しており、アッシュとは較にならない出を誇る。
どちらも色々と物騒なエピソードに事欠かない(ライディースなどには特に)エンジンなのだが、イングの並外れた念動によって理やり安定させていると言う凄まじい設定がある。
武装はグラビトンライフルとT-LINKセイバーアッシュから据え置きで、初代のリープ・スラッシャーやMk-IIIファング・スラッシャー、果てはの亜種であるベルゲルミルシックススレイブを発展させ、設定のみだったAMサーバントの思想も反映させたと思しき遠隔操作兵器『T-LINKスライダー』を全身に装備している。
このT-LINKスライダーはそのまま刺突に使うのは論、展開すればファング・スラッシャーのような撃も可な上に、番の部分に内蔵されたビームで射撃にも対応している他、展開したスライダーで敵を包囲し、球フィールドに敵を閉じ込める『サターンフォーメーション』のような使い方も出来る万兵器
これだけでも十分強いのだが、第57話で初代ヒュッケバインのブラックホールキャノンを受け継ぎ、更に火力が強化される。

必殺技はサターンフォーメーションで敵の動きを封じ、ブラックホールキャノンを用いてトロニウムエンジンブラックホールエンジンを以て生み出したマイクロブラックホールを撃ち込み、重力で圧壊させる『ブラックホールバスターキャノン』。
ブラックホールキャノン自体の発射シークエンスは初代とど変わっていないが、初代がブラックホールエンジン単体でマイクロブラックホールを発生させていたのに対し、エグゼクスバインは更にトロニウムエンジンの出も上乗せされているので、実質的な威は初代のそれを上回っているだろう事は容易に推測される。

初代からフレームの原ブラックホールエンジンキャノンを、Mk-IIからグラビコン・システムを、Mk-IIIからはトロニウムエンジンを受け継ぎ、ベルゲルミルAMサーバントの要素をも交えた歴代シリーズの誘導兵器の流れを遠隔操作兵器を装備し、最強武器は初代のブラックホールキャノンの強化と、歴代ヒュッケバインの要素を全て集約された、正にヒュッケバインの最終到達点と呼ぶに相応しい機体。
また、これらの要素を受け継いだことによって、エグゼクスバインは、ヒュッケバインMk-IIIではオプションパーツを必要としていた本来のコンセプト『小、高性化したSRX』を単機で体現、完成させるに至った。

かくして、全てのの血を受け継ぎ三度アッシュ)の中からり、不死鳥へと新生したの末裔は、再び戦場へと舞い降りた。
諸般の事情でヒュッケバインが出せなくなっても尚、その存在を残し、ヒュッケバインの血を意地でも遺そうとしたスタッフの執念には尊敬の念を禁じえない。
未だに賛否両論あるが、現時点では否定的なファンにも何時かは受け入れて貰えることを、筆者は切に希望するばかりである。

OGMDにも続いて参戦。デフォルトパイロットは『イング・ウィッシュ』と名をめたイングが務めており、性も据え置き。ただし、一部の武装は一定の念動が必要なので、パイロットの念動レベルが上がるまでは使えない。序盤はT-LINKセイバーやグラビトンライフル、換装武器などを駆使して戦うことになる。

今作ではT-LINKシステムの再調整(イングの念動理やり安定させていたシステムイング以外でも安定するようにした)により乗り換えになっているのでプレイヤーの思い思いのキャラを乗せ(といっても換装装備以外は念動必須なので、実質乗り換えは念動者に限られる)、エクスバインタイプL、Rと共に戦場を駆け巡れるようになった。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *テスラライヒ研究所の元ネタは発明ニコラテスラ」と精学者「ヴィルヘルム・ライヒ」。元ネタのうち使われていない方の名前を組み合わせたものが「ニコラヴィルヘルム研究所」である。

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒュッケバイン

513 ななしのよっしん
2017/12/14(木) 09:14:35 ID: 1qHas0bLDp
エグゼクスが動作するときの「ガキョン」ってSEすごい好き
514 ななしのよっしん
2018/03/01(木) 21:08:12 ID: aH+mIJ00ht
名前とデザインからしガンダムダンバイン
融合させたロボットだと勘違いしていたら
ダンバイン要素全くかったでござる
515 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 16:32:29 ID: 9Ayg1E02JE
>> 514 当たり前だダンバインなんて関係がないんだから
516 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 16:40:31 ID: JsoxG7JOgj
ヒュッケバインガンダム
グルンガストダイターン3マジンガーZ
サイバスターダンバイン
イメージとしてはこういう感じだっけか
517 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 04:42:17 ID: Tix1XaPU2+
ゴーグル付きがダサ過ぎるがバンダイに許される範囲で他に良いデザインかったのかね
518 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 19:33:13 ID: yC16u95lvW
>>517
ヒュッケバインMk-の開発コンセプトが小・高性化したSRXなんだから、バンプレストゴーグル付けるデザインの方向性自体は良いんですよ
量産型ヒュッケバインゴーグル顔ですし
仮に今後ゴーグル顔から変更するとして、他の頭部デザイン補で大元のガンダム顔に近いのはART-1、デュラクシール(修正後)、ガリルナガン辺りですかね
ベルゲルミルレベルはヒュッケとは言い難いですし…
519 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 10:28:19 ID: htGpCs/+qp
やっぱヒュッケバインカッコいいなぁ!
で、このガンダムどこ製?アナハイム?サナリィ?
520 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 05:50:28 ID: 9Ayg1E02JE
>>516 全然違うよ
521 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 11:53:53 ID: R7nIVRbojZ
ニコニコニュースの横にブラックホールキャノン構えたヒュッケのホビーの写真があったからクリックしてみたらシスクードティターンズカラーだった
ええのか…
522 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 11:57:17 ID: EsVXKj3Mmu
どういう事なのと思って画像検索したら思った以上にそのまんまで
まあ意趣返しって事で・・・

急上昇ワード