ヒュンケル単語

ヒュンケル
3.5千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

ヒュンケルとは、漫画DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」に登場するキャラクターである。
CV:堀秀行(1991)、梶裕貴(2020)

概要

HP:1魔王軍不死騎団長アバン使徒でもある魔剣戦士。21歳。

孤児になっていたところを、旧魔王軍の地獄騎士バルトスに拾われ育てられていたが、当時の勇者であったアバンが殺されたと誤解した事から彼に恨みを持つ様になる。
以後復讐の為にアバンに師事、卒業時に彼を殺しようとするが失敗しに投げ出された所を魔参謀ミストバーンに救われ、以降は彼に師事していた。

魔王軍不死騎団長となりパプニカを壊滅、支配下においていた所にバーンからダイ殺の勅命が下り、ダイ一行と戦い一度は圧倒するものの、地底魔城内の闘技場にける戦いで魔法を編み出したダイ敗北
その際にの死の相を知った事と、マァムの慈の心に触れた事で心。
以後はアバン使徒として魔王軍と戦う事となる。

物語終盤にいて発動した「大破邪呪文(ミナカトール)」に必要な「5つの」の一となり、その時の徴が「闘志」であった事から「闘志の使徒」と呼ばれる事もあり、彼のチート級とも言える不死身ぶりも闘志から来るものである。

作者によれば「ヒュンケル」という名前は「ヒュンとを振る」イメージから名付けたとのこと。

主な技

武器

 

父の死の真相

彼の養であったバルトスを倒したのはアバンではなくハドラーである。
アバンハドラーの下へ行かせるという失態を犯した為に処刑されており、その際に「失敗作」「不良品」と罵倒されていた。
地底魔城に秘匿されていた殻によりその事実を知る事になるも、直後は受け入れられなかったが、ダイに敗れた後にこの事実を受け入れる。フレイザード乱入により地底魔城運命を共にする所をクロコダインに救われ、以後贖罪のために魔王軍と戦う決意を固めるのである。

なお、バルいてハドラーと戦っており、一度は彼を倒している。

不死身の男

最大の特徴は「敵から寝返り不死身と呼ばれ、暗で戦う、主人公より強めに設定されたキャラ」という設定、おまけに「に任せてお前達は先に行け」なシーンがあったりと、どう考えても死亡フラグの塊というキャラであり、実際作中で幾度も致命傷を負ったり主人公ったり行方不明になったりするのだが、結局は最後の最後まで戦い抜いたキャラクター
原作中でHP1の状態で死なずに敵を倒したことをはじめ、死亡フラグどころかどう考えても死んでるだろこれという状況でも死ななかったそのしぶとさは最ネタレベルであり、作者自身も彼を自然な展開で死亡させるパターン全に失ったのではないかと思われるほどである。

どんな死亡フラグも効果がい正正銘の不死身キャラと言って間違いない。

そのため、これが転じて死にそうで死なないTAS動画格闘ゲームなどのタグに付けられる事がある。

関連動画

※「死にそうで死なない」ネタタグとして「ヒュンケル」が使われた動画の一例

関連項目

無関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒュンケル

536 ななしのよっしん
2022/10/03(月) 21:04:26 ID: UUAxAlfYvf
普通バーンとか較にならないレベルの作中最低極悪人だよな
バーン人間滅ぼそうとするのは現実で言えば人間駆除して環境のいい土地を奪おうとしてるようなもんだけど、ヒュンケルの大量虐殺はただの勘違いからの同族に対する嫌がらせっ当な理由なんて一切ない
ザボエラより酷いわな
537 ななしのよっしん
2022/10/06(木) 23:07:04 ID: EYE0mv3Vdt
だからか、魔王軍時代のヒュンケルの挙動はあまりにもひどい。魔王軍から見てもだ。
トップバーン様)に気に入られているのを良いことに、自分の直属の上ハドラー)を無視して仕事をもらいに行くとか、組織人としてはザボエラがかわいく見えるレベル最低な行為をしている。「オレに名誉な仕事が割り振られたことに文句があるなら社長に言うんだな」とか現実にこんないたら、イヤミでしかない。よくもまあ、自分のこと棚に上げてザボエラ軍団長の恥さらし呼ばわりできたものだ。
同格の地位に居る(ただでさえ手柄になる仕事が欲しい)フレイザードブチ切れるのも当たり前。暗殺されかけたのは敵を作る行動をしまくった自業自得の身から出たサビ。「人間だから気に入らない」というのがでかいにしても、日ごろから勤務態度も最低だったのは彼の「バカ将軍」発言でもわかる。

バーンも言っていたが「やり場のない怒りをたぎらせた」、彼の嫌がらせは、もはや人間だけには収まっておらず、あたり周辺に八つ当たりをしまくっている状態だったんだろう。そういうのを面がって見ている者以外には好かれる要素は
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
538 ななしのよっしん
2022/10/06(木) 23:24:59 ID: EYE0mv3Vdt
もっとも、ヒュンケルが出しゃばり行動しなかったら、ハドラーダイを迎え撃つべく、パプニカに魔王軍総攻撃で仕掛けて、フレイザードも帯同することからオーザムみたいな人間跡すら残らない惨状になってた可性もあるので、結果論、ヒュンケル軍だけでパプニカを攻め滅ぼしたのは、レオナ逃げられたし、生き残りも結構居たので復の余地が残っただけ人間にとっては助かったかもしれん。
539 ななしのよっしん
2022/10/29(土) 11:44:21 ID: UUAxAlfYvf
別にここにはいないみたいだけどヒュンケル贔屓のオバさんってアレなのが多いよな
公式クレーム入れたり思い込みが凄かったり・・・
540 ななしのよっしん
2022/11/15(火) 19:52:15 ID: DbJjIY0O3u
>>532
激しく同意
「かつて敵だった(悪事を働いた)が、心して味方になった」キャラクターの処遇は、ヒュンケルに限らず意見が分かれるよね、普通
【いくら世界を救ったとは言え、罪は永遠に消えない。一生償え。幸せになるのも許さん!】
世界を救うという、過去の罪を償って余りある貢献をしたのだから、報われて欲しい】
どちらの意見も正しいと言えるし、実現できる状態になっているのが巧い
541 ななしのよっしん
2022/11/16(水) 22:54:35 ID: EYE0mv3Vdt
個人的には「そこまで自分に厳しくせんでも」と思う方だな。
でもあそこまで自分に厳しいからヒュンケルなんだとも言える。
バランヒュンケルも犯した罪は罪だが、人としては根っこの部分はすごく良いなんで。どちらも「極端から極端に走るクソは始末が悪い」という事例になってしまった。
542 ななしのよっしん
2022/11/24(木) 21:23:44 ID: CNFOKP+eF+
勘違いからではない相手を長年恨み続けるとは、ジャイアントロボに通じる物がある気がする。
情報伝達の不備に原因があるあたり。
543 ななしのよっしん
2022/11/24(木) 21:25:57 ID: Z2H46ewAQE
なんやかんや、一番最初にバルトスが拾ってくれて本当によかったと思う…

アバン外伝を見て確信した
544 ななしのよっしん
2022/11/24(木) 21:55:28 ID: CNFOKP+eF+
例の殻のを聞いた直後の彼は
「今更それはないじゃないですか!! 父さん!!
 なぜ一言でいい、ちゃんと言い遺しておいてくれなかったのですか!!」
という心情だったろうよ
545 ななしのよっしん
2022/11/26(土) 15:26:08 ID: cy9O71ZIUb
ていうか関係な人間を殺戮するようになったのは、どう考えてもミストバーンでしょ
ミストバーンに師事する前はアバン個人に対する復讐心はあっても、関係ない人間を傷つけるほどの非ではなかったと思う