ビグ・ラング単語

ビグラング

ビグ・ラング(BIG-RANG)とは、機動戦士ガンダムMS IGLOO第6話「鳴に魂は還る」に登場するジオン公国機動兵器である。
形式番号はMA-05Ad。分類はモビルアーマー

概要

ジオン公国軍は、モビルスーツの絶対数不足を補うために駆逐ポッドオッゴ」を多数急造した。このオッゴを後方より支援するべく開発された補助兵器こそがビグ・ラングなのである。
ジオン軍地球撤退と、それを追撃する連邦軍の侵攻を受けて開発計画がスタート。本来は前線に配備して、モビルスーツ隊を支援するコンセプトだったと思われるが、戦況の劇的変化により量産計画は頓挫。結局1機のみの試作で終わり、支援オッゴのみに絞った。
全高138メートル、全長203メートル、全幅139.1メートル。機体重量は1万7900トン、推460万kg、装甲材質は硬スチール合。形式番号のAdは「Ammunition Depot」、可搬補給を意味している。

最終話に登場し、第603技術試験隊に送られた最後の試作兵器でもある。ある意味ラスボスと言えよう。

開発を急いでいたモビルアーマーの機体を流用し、制御ユニットとして上部にビグロ連結させている。このビグロ一年戦争中期に造られた後期生産の6号機で、従来のビグロの武装に加えて機関の増備や、ジェネレーター出の強化が図られている。ビグロの特徴であるクローは多マニピュレーターに換装されており、物を掴めるようになった。Adユニット接続に伴って、コクピットにも修が加えられており、2本のアームバーが増設されている。

コンテナには大量の武器・弾薬が積載されており、戦闘で消耗したオッゴをコンテナ内部に収納、複数のアームを使って補給・応急修理を行った後で外へと射出、戦線へ復帰させる。オッゴが損傷しコンテナへの進入が困難な場合は駆動アームを使い固定した上で内部へ搬入する。オッゴの補給自体は短時間で終了するものの、1機ずつしか入る事が出来ない。描写こそいが、モビルスーツへの補給も可のようだ。
オッゴを長時間戦場に活動させる設計のビグ・ラングを見て、プロホノウ艦長は「年少兵を死ぬまで戦わせる気か!」と憤怒している。

大質量のコンテナを接続したことでビグロ本来の機動は大きく損なわれてしまったが、代わりに戦艦メガ粒子砲にも耐えられる対ビーム装甲を持ち、さらにはビーム撹乱膜まで装備しているため防御面では優れている。また、ビーム撹乱膜は散布することで周辺の友軍機もビームから守ることが可
その機動の低さゆえ前線で戦うオッゴのやや後方で控え、敵の襲撃に対してはビグロの武装で反撃し自衛するという運用が想定された。

コンテナと接続しているためエネルギー供給に余裕があり、メガ粒子砲の威が通常のビグロとはべ物にならないほど上昇している他、コンテナにも対艦ミサイル2門が備え付けらていて攻撃は非常に高い。実際、凄まじい戦果を叩き出している。
しかし、モビルアーマーの悲しい性として死の多さが難点と言える。特に機体底部は武装がければ装甲もいというまさに致命的な弱点であり、さらには被弾すればコンテナ内部の弾薬に引火、大爆発を引き起こす危険性もんでいた。これをカバーするべく、底部に巨大なを持つ駆動アームを装備……する予定だったのだが、決戦に間に合わず結局装備はされていない。
機体のカラーリングを基調としたものになっており、赤い彗星ことシャア・アズナブルの搭乗機と誤認する連邦兵士がいた。赤色は暗闇では迷彩効果があるため、運用的を考えれば適切な色と言えるだろう。

オッゴが周囲に集まっているところを見た連邦兵士に「ドラム缶の親玉」と形容されたことも。

劇中では

ジオン年少兵とオッゴを守る体として配備された機体は、MA-05Adビグ・ラング!
ビグロの高速性を犠牲にした巨大な補給庫は、玉砕覚悟の若人たちに生還の機会を
与えるものだった。敗色漂う戦場の中、ビグ・ラングの操縦席に座して生命のきを
見つめる者とは……。

本格的な登場は6話からだが、5話の「光芒を越えろ」にて既に存在が示唆されている。シャハト少将に「オッゴ支援するための補助兵器も、間に合えば送る」と言われており、かろうじて決戦に間に合った形となる。既にソロモンが落ちていた事もあり、おそらくビグ・ラングはア・バオア・クーで開発されていたものと思われる。

パプア輸送艦からヨーツンヘイムに引き渡された本機は、乗り込んできたオリヴァー・マイ技術中尉によって調整が施された。しかし調整が終わる前にア・バオア・クー攻防戦が始まり、なし崩し的にEフィールド防衛戦へと参加する。

パイロットモニク・キャディラック特務大尉に決まっていたが、彼女エルヴィン・キャディラック曹長を失ったショック戦闘神経症に陥ってしまい、代わりにオリヴァー・マイ技術中尉パイロットを務める事になった。これは若手士官であるマイを調整が終わってないビグ・ラングに据える事で、戦死させないようにするプロホノウ艦長の配慮であった。
母艦に置いてかれたマイだったが、遂に調整を了させる。そして一足先に戦闘宙域に赴いたヨーツンヘイムを追って前進。サラミス級3隻に襲撃されるヨーツンヘイムを助けるべく、メガ粒子砲門を開く。

実戦経験が皆無であるマイ中尉だが、初弾のメガ粒子砲では連邦軍のサラミス級3隻を撃墜している。
その後は先行したオッゴ部隊を支援すべく、合流した母艦ヨーツンヘイムと別れ前線へと向かう。本来は後方に控えてオッゴの補給を行うはずだが、そのパイロットである学徒兵たちを守るためオッゴとともに戦闘を行った。ビームスプレーガンの先制攻撃を受けるも、ビグ・ラングの重装甲には通用しない。
戦闘ではその巨体に多数の命中弾を受けながらも強大な火力と強固な装甲を駆使して反撃。包み込むように攻撃してくるジムボールには機関で、背後から撃ちかけてくるサラミス級には三連装大対艦ミサイルを、正面から突撃してきたマゼラン級にはメガ粒子砲で反撃。その悉くを撃墜し、劣勢の中で善戦する。
確認できる分だけでサラミス級5隻、マゼラン級1隻、ボール6機、ジム2機を撃破するという、状況が違うとはいえシャアな戦果を叩き出す。同時にビーム撹乱幕も有効に使い、ジムビームから機体やオッゴを守っている。ビグ・ラングの猛攻に驚いた連邦軍は、体勢を立て直すために一時後退。その隙にオッゴ部隊への補給も成功させた。モニターには補給中のオッゴと搭乗者の学徒兵が映し出されており、オッゴとのデータ共有がなされている。

この大健闘もあってか、Eフィールド防衛線は連邦軍のチート物量を抑えて持ちこたえていた。マイとビグ・ラングには束の間の休息が与えられる。

だが、部ではギレンがキシリアによって殺され、そのキシリアもまた戦死したことで、
 既ニ ナシ。 作戦参加ノ全艦艇ハ 戦闘ヲ中止シ 各個ノ 判断ニテ 行動セヨ」
という、事実上の停戦命ジオン全軍に通達される。
これを受けてNフィールドの友軍部隊はEフィールドを通って本サイド3への撤退を開始するが、連邦軍は仲間や親のを討ち取るため停戦命視し、ここぞとばかりにジオン軍へと襲いかかる。
友軍の退路を守るためカスペン戦闘大隊は決死の覚悟で連邦軍と交戦。ヘルベルト・フォン・カスペン大佐ゲルググや快復したモニクのヅダも参加し戦となる。

しい戦いの中、戦果を重ねるビグ・ラングだったが、死からボール撃を受け遂に撃墜されてしまう。どうやら弾薬に引火したものと思われ、しい爆発を起こしている。爆発は、遠く離れたヨーツンヘイムからも視認でき、プロホノウ艦長は彼らの最期を悟って慟した。
さらにカスペンも戦死するが、結果として25分もの時間を稼ぎ、友軍艦隊は脱出に成功。的は達せられた。しかし戦場からはも帰ってこず、脱出路を塞がれる危険性がある事からヨーツンヘイムは出航。彼らが守り通した退路を使ってサイド3へと向かった。

パイロットのマイ中尉は戦死したかと思われたが、爆発の際に衝撃でコクピット部分のビグロが分離したことで間一生還している。急造品ゆえの強度不足に助けられるとは。
モニクのヅダに救助されたマイは、一足先に退却を始めたヨーツンヘイムの下へと帰還するのだった。

余談

ビグ・ラングは宇宙世紀最大の大きさを誇るモビルアーマーである。
その巨体っぷりは大貨客船ヨーツンヘイムと並んでも見劣りしないほど。というか、ムサイとほぼ変わらないサイズなのである。(全長では30メートルほどムサイの方が大きいが、全幅では36メートルほどビグ・ラングの方が大きい)
そんな巨体を一人で操縦できるようにしたビグ・ラングは、ある意味オーバースペックと言える。
物語冒頭で、603はパプア補給艦から本機を受領しているが、どう見てもパプアに収まり切らない。おそらくア・バオア・クーで開発され、パプアに牽引されてきたものと思われる。

ゲーム作品では

そのあまりの大きさからギレンの野望ではモビルアーマーではなく艦船扱いとなっている。開発プランには支援モビルアーマーの開発と書いてあったのに…。
一応補足しておくと、オッゴに限らず味方機への補給・回復が出来るようになっているため、補給艦と見なされたのが原因と思われる。サイコガンダムにも補給が出来るというチートっぷり。にもかかわらず何故か散布と拠点の制圧は出来ない。どういうことなの…
他のガンダムゲームでも回復を持っている場合が多く、機動は低く設定されている。

また、作中ではボールクローで掴んで投げ飛ばしているし、Gジェネ魂等ではクローで敵機を殴打する攻撃があったりと格闘攻撃も不可能ではないと思われるのだが、ギレンの野望では格闘攻撃が一切出来なくなっている。アームクローはどこぞの脚と同じく飾りですか?
偶然わしづかみにされた挙句、味方を連れにしてしまった哀れなボールの為にも、是非クロー攻撃を採用してもらいたいものである。
一方、ビーム撹乱膜は再現されておりGジェネ魂では類の対ビーム防御を誇る。しかし次回作からはクリティカルで撹乱膜を貫通されるようになったため防御が低下した。

逆にPSPアクションゲームガンダムアサルトサヴァイヴの近接戦においてはクローどころか作中ダントツの巨体そのものを惜しげもなく利用して戦う。下部コンテナをフルスイングして敵に叩き付ける、ダウンした相手をスカート前部の大ラスターで踏みにじるなどまるで自重しないビグ・ラングの雄姿を堪することができる

ソーシャルゲームスーパーガンダムワイヤル」では、最高レアの高待遇を受けている。当然他のIGLOO機体よりもレア度が高い。性も高く、スキル「最終局面での心強い援軍」は全体攻撃+確率でスタン効果という狂性本編での無双っぷりを表現した強な機体に仕上がっている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%93%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビグ・ラング

66 ななしのよっしん
2018/01/05(金) 23:47:32 ID: lj/cDQXd/u
作りかけの大和戦艦に、工作設備と飛行甲をブッ込んだ、って考えるとイカれてるw
67 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 20:43:00 ID: 7PKBJi236c
あり合わせの部品同士を組み合わせると、意外なくらい戦果をあげた点では五式戦闘機って感じかな
68 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 03:44:35 ID: 67iobmvMOA
>>31
サイコサラマンダーやんけ
69 ななしのよっしん
2018/05/23(水) 12:52:04 ID: IIJPFEpihh
>>64-65
なんか根本的に勘違いしてるな
高機動戦闘が可デンドロビウムのほうが圧倒的にパイロット
かかる負担は上だぞ
70 ななしのよっしん
2018/05/23(水) 13:17:27 ID: fuPqO007KR
でもアムロさんに見つかったらに潜り込まれて一発貰って即沈みそう
71 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 06:33:28 ID: yefkYF+EE9
Sフィールドに配備されていたら大変でしたね・・・。
72 ななしのよっしん
2018/07/08(日) 08:02:50 ID: BH4JjasrHF
ダリフラビグ・ラングがいるぞ!
73 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 16:58:55 ID: eDeeRPRyV0
>>69
ビグ・ラングは補給時も自分は休まずに細かい作業しなきゃいけないので結局身体的負担はどっちもどっち
74 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 00:29:38 ID: yefkYF+EE9
仮に一年戦争を生き残ったとしても、戦後棄処分なんだろうなあ……。
機動の低さと艦内に収容出来ないデカさからアクシズ行きは拒否されそうだし、
せいぜい地球圏に留まってデラーズ・フリートに所属するくらいか。
75 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 20:24:12 ID: 7f3oroPHuE
下の部分が度によってはなんかセクシーに見えるからか、オッゴお母さんみたいな印を覚えた記憶ががが