ビットコイン単語

ビットコイン

ビットコイン(Bitcoin)とは、「Satoshi Nakamoto」なる存在によって投稿された論文を元に開発された暗号通貨である。

オープンソースであり、プログラム開されている。

概要

Bitcoinは、ネット上での支払いを簡単に、単純化するために生まれた。

例えば、「々にお金を送りたいけど、口座がない、銀行に行くのがめんどくさい」「そもそもお金を送りたい相手がなのかすら分からない」といった事があったとする。

これらが、Bitcoinを使うことでPC携帯などから直接、銀行を使わず「か」にお金を送ることができる。Bitcoinは口座番号に当たるアドレスがあり、その口座番号からは現実の個人情報に結びつけることができないので、もが気軽に口座番号、アドレス開してBitcoinを送ってもらえる。

ニコニコで例えれば「振り込めない詐欺」を解消し、匿名性を維持したまま振り込めるようになる。ただし、「どのアドレスからどのアドレスにいくら支払われたのか」は全に開されているため、匿名性には限界もあることには注意が必要。

冒頭でも述べたように「Satoshi Nakamoto」という名義で発表された論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System[1]を元にして2009年に初めて発行された。この最初の開発者「Satoshi Nakamoto」の素性は明らかにされていない(詳細は「Satoshi Nakamoto」の記事を参照)。既に「Satoshi Nakamoto」はBitcoinの開発からは身を引いているが、他の協者たちによってBitcoinの開発は継続されている。

単位はBTC。ただし1BTCが最小単位ではなく、小数点以下8桁の0.00000001BTC(1億分の1BTC)が最小単位。この0.00000001BTCは1satoshiとも呼ばれ、「Satoshi Nakamoto」の名に由来する。

ここではBitcoinよくわからない人に対しての解説なので、仕組みは省略します。Wikipediaでも読んでください。

地下銀行[2]

ビットコインは一種の地下銀行として機する。例えばチャイナでは個人の外貨両替の額は制限されており、企業などによる海外許可制にしているので、内の資産を容易に海外に移すことができない。

しかしチャイナ内で人民元を使ってビットコインを買い、海外に出てからドルなどの外貨で払い出しを受ける、という形で内の資産を海外に移すことができる。

入手方法

手段その1「採掘する」

採掘?は?地面掘るの?と思ったアナタ。これはBitcoinに例えて作ったために生まれた表現で、実際にはパソコン同士で計算速度を競わせて、その計算速度率に応じて新たに生まれたBitcoinが与えられます。

何故こんなことをしなければならないのかといえば、あくまでBitcoinは通貨であり、価値がよく分からなくてもタダで貰えるものは欲しいですよね?Bitcoinは最初、も持ってない事が前提ですから、タダでない手段でなるべくな方法を使って、コインを皆に配布しなければなりません。その方法が「パソコンに計算速度を競わせる」というものです。電気代をBitcoinに変換する。という考え方をする人も居ますね。

「採掘」に参加するパソコンが増えて、全体の計算量が増えていくと、一人が得られるコインは減っていきます。これは、新たに生まれるコインは一日あたりの数が決まっているからです。

人気が出て「採掘」に参加する人が増えれば価値が上がっていきます。そして、人気と価値が更に上がると高価な専門機材がいと採掘できなくなってしまいます。(参考記事:Bitcoinマイニングはまさに軍拡競争、素人お断りの現状とは?exit Gigazine, 2013.10.21

手段その2「取引所で買う」

では、専門機材を持たない人はどうするのか。

Bitcoinには取引所なるものがあり、「Bitcoinを買いたい人」と「Bitcoinを売りたい人」が毎日取引を続けています。取引所を利用すれば採掘をせずともドルやユーロBitcoinを買うことが出来ます。専門機材でBitcoinを採掘した人たちはこのような場所でBitcoinを売却し、利益を得ているのです。

日本では2014年Mt.Goxの破綻やその後の際的な合意を踏まえて2016年に資決済法などの法律正され、2017年4月1日からはBitcoinを含めた暗号通貨の取引所は「仮想通貨交換業者」としての申請と登録が必要になっています。登録済みの業者(取引所)は金融庁のウェブサイトexitから一覧が確認できます。

ただし2017年3月31日までに仮想通貨交換業を行っていた業者は、2017年4月1日から6か以内に申請を行えば「みなし仮想通貨交換業者」として業務を継続できることになっています。2018年1月に通貨盗難事件が起きたコインチェックも、事件発生当時はこの「みなし仮想通貨交換業者」でした。

上記の金融庁ウェブサイト一覧に載っていない取引所は、この「みなし仮想通貨交換業者」か、あるいは日本国外の取引所か、あるいはDEXDecentralized Exchange:分散仮想通貨取引所、非中央集権暗号通貨取引所)にあたります。

手段その3「何かを売る、寄付してもらう」

これは非常に単純です。Bitcoinはあくまで通貨なので、物を売り買いするのが基本なのです。また、評価されるべきことをした人は寄付してもらえるかもしれません。

他にもいくつかありますが、この3つが基本的な手段になります。

Q&A

Q: Bitcoinって円に似たものじゃないの?
A: 全然違います

はL&Gという会社が作ったもので、会社の都合で幾らでも増えます。Bitcoinは最初のプログラムに定められた2100万枚以上は増えません。

また、円を使って買えるのはL&Gが提供した商品のみで、お店のポイントに近いものであるのに対し、
Bitcoinは色んな人々が様々な品物を取引しています。ゲームパソコンや果てにはBitcoinで買うことが出来ます。

Q: ニュースになったMt.Goxコインチェックって何?
A: 取引所の一つです。

Mt.Goxコインチェックは「Bitcoinを手に入れる手段その2」で紹介した取引所の一つです。
他にも取引所は数多くあります。

Q: Mt.Goxとかいう所が発行したものじゃないの?
A: 違います

先述のように、発行するのはプログラムで、採掘をすることによって採掘をしたパソコンに与えられます
このプログラムネットを通して情報を交換して、全体の採掘を監視し、新しいBitcoinを分配しています。

Q: Mt.Goxが潰れたんだから価値がくなったんじゃないの?
A: Mt.Goxが預かっていたBitcoinは価値がなくなりました。

あくまでMt.Goxは取引所で、取引をする前に一度Mt.GoxにドルやBitcoinを預ける必要があります。そして、価値がくなったのは取引をするためにMt.Goxに預けられていたBitcoinだけ。Bitcoin自体は、価値がくなると言える程値下がりせず、取引されています。2018年2月4日現在1Bitcoin=900円から1000円の間で取引されていますが、値動きが極端なのでこの価格はすぐに古くなります。最新の価格はチャートサイトなどで確認を。

Q: 発行数が変わらないだって?プログラム書き換えればできるだろ。
A: 出来るもんならやってみろ。恐らく全世界から就職のお誘いが来るはずだ。

何故出来ないかはWikipediaを読むか、ソースコードを読んでください。そんなことが出来るのであれば、Bitcoinは価値を持ちません。

Q: Bitcoinってただのデータでしょ?なんでそんなものに価値があるの?
A: 逆に聞きましょう。何故あなたは本来ただのである日本円やドルに価値があると思うのですか?

理由は簡単です。「が価値を保しているから価値が有る」というものですよ。逆に、幣でも価値がなくなってしまう事もあります。旧ジンバブエドルや戦間期のドイツマルクなどが典的な例ですね。円と同様に発行者、つまり政府の都合で幾らでも数が増やせるのが現代で、Bitcoinは書き換えられないプログラムによって数が制限されています。

も、普通の状態にあるならば幣が価値になる事など起こりませんが。

Q: やっぱり何故価値があるのか分からない。
A: 学校で、シャー芯や牛乳瓶のフタなどをお金代わりに使った経験はありませんか?

あれをイメージすれば分かりやすいはずで、「偽造できない子供銀行券」とよく言われます。逆を言うと、価値の保が曖昧な為、Bitcoinでのトラブルなどの法的機関が解決する事はできないというデメリットもあります。

Q: なんでここまで値上がりしたの?
A: 要素は多いですが、キプロス経済危機ユーロ危機中国人投資の元への不信感などが挙げられます。自分が持ってる通貨が旧ジンバブエドルみたいになるのは嫌ですからね。


その他の質問は掲示板に書いておくとかが答えてくれると思います。

Bitcoinの派生通貨たち

Bitcoinは確かに新たな通貨の時代を切り開きましたが、数多くの欠点があります。

「送が遅い」「価値が上がりすぎて手数料が高い」「敷居が高い」「採掘に専門機材が必要」などの欠点があり、Bitcoinベースに、それを善したコインも出てきました。

メリットである「匿名性」「支払いの手軽さ」「手数料の安さ」はどのコインでも引き継いでいます。

Litecoin
Bitcoinに次ぐ市場規模を持つ通貨で、「送が遅い」「採掘に専門機材が必要」といった欠点を解消しました。
Monacoin
日本発の暗号通貨で、利用可サービスは全て日本語提供され、利用者もほぼ全員日本人という日本用通貨。Litecoin生のため、専門機材が不要等の善点も同一。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

脚注

  1. *Bitcoin公式サイト内で英語原文がPDFファイルで読めるexit。また、和訳版を公開しているブログexitもある。
  2. *「決裂する世界で始まる融制裁戦争渡邉哲也 1997

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビットコイン

309 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 07:54:25 ID: V6vEs8qHI0
投資も投機も全く興味ないしどうでもいいけど
仮想通貨のマイニングだけはPCパーツの値上がりって形で関わってくるから
はよ終われって思う
310 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 10:53:29 ID: dR0kEx3dmg
いやむしろPC利用者が減・市場縮小し値上がり必至なのが今後の流れじゃろ
311 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 11:16:31 ID: fPRfsNRxOL
識者も数年間の長いで見ろと言っている。仮想通貨は否が応でも時間をかけてじわじわと市場侵略する。
312 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 20:38:36 ID: eUnGmcyTlM
そりゃ数名のハッカー不正アクセスして数億の大が一で消えるような電子通貨なんぞ、も怖くて買えねえわ
日本企業が意図的にやらかしてくれたネモ騒動で、世界中のが覚めただろ
そういや、コインチェック社長どうしたんだろうね?記者会見でも笑いながら対応してたけどさ
ほんと日本人は、でいい民族なのに上に立つ人間はそのすべてを破壊しつくす悪魔のような天才しかいないのやら
313 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 20:40:41 ID: 8dO5jQBOYk
電子通貨自体がそもそも日本と合わない
どんだけ災害インフラぶっ壊れると思ってんだ
314 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 23:55:19 ID: GIeaCQvLyZ
40万前半で少しバウントして現在約46万8千円。さらに底が抜けるかあるいは復活するか。
315 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 00:01:21 ID: uq5YxmqeXi
この手の投資に余のあるだけの資を投資するならともかく全額や老後の資や退職をブッパして大損した話を聞くと間抜けすぎて泣けてくる
316 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 08:28:37 ID: XVmQq0jbmf
>>313
むしろ分散だから災害に対しては強くないか?
まあ、地球規模や全PCが使えなくなる非常事態には向いてないだろうけど
317 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 08:35:23 ID: 8WLTTZWgtQ
もう仮想通貨じゃなくて仮想資産扱いされかかってるのがなんとも
売りされる通貨ってなんだよ(困惑)
318 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 07:18:41 ID: fPRfsNRxOL
ビットコインの論文が各国語で読めるようになった。

https://bitcoin.org/ja/bitcoin-paperexit