ビューネイ単語

ビューネイ
1.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

あわれなムシけらども

ビューネイとは、ゲームロマンシング サ・ガ3」の登場人物である。

  

あわれな概要ども

ロアーヌ南東にあるタフターン山のアビスゲートを守護する四魔貴族の1人。

「実体」はアビス側にあるので実際にアビスゲートを守護しているのは「幻」である。天空が物顔で暴れていたが、巨ドーラと協した王に敗北し実体はアビスに追い返され、幻のみを不全なアビスゲートから投影している。

実体は和装の女性、幻は半裸の女性モンスターがまとわりついたような姿をしている。

貴族らしく爵位があり「魔」とも呼ばれるが、これは自称しているのか人類側の呼称なのかは不明。

ビューネイとの戦いのみ2パターンあり、地上からタフターン山を通り戦いを挑むパターンと、ドーラの子グゥエインと協して挑むパターンがある。

グゥエインとの共闘ルート伝説再現であり、作中屈の見せ場と言える。

  

血の気が多い?

作中で「ロアーヌ侵攻」という明確に人類と敵対する行動を取っている人物でもある。

海賊ブラックの生気を奪った」、部下が「バンガード殺人事件」を起こしたくらいしか描写のない他の四魔貴族べると一線を画す血の気の多さである。

  

使用技

  

リマスター版の変化

ボスクラスの敵が動くようになったため、ビューネイにも動きが追加された。

  

ロマサガRSでの活躍

チュートリアル時のボスとしてのみ登場し続けていたが、2020年2月末開催2000ダウンロード記念フェス第1弾ガチャにてなんとプレイアブル参戦。
ドット制作の観点などから実装されるなら実体の方と思われていたが、やってきたのは半裸の熟女お姉さん赤子モンスターがまとわりついた「幻バージョン」の方だったためユーザーの度肝を抜いた。四魔貴族では一番手である。

戦闘面では術(原作における蒼龍術)をるという部分がより強調されていて、低消費・素デバフ付きの「切り」、先制全体攻撃の「アースライザー」など強術を持つ。

それからおよそ半年後のGBSa・Gaフェスにて突然2つの期間限定スタイルが登場。次に来るのは実体だろうという予想を覆し幻体のままであった。こちらはこれ単体で抜きんでた強さをもつわけではないが前のスタイルと組み合わせる拡版としての意味合いが強い。

そして初実装からおよそ1年後の2021年2月末開催「暗の巨祭」にて、待望の実体バージョンスタイル実装。新たな低コストデバフ術やもう一つの代名詞「トリニティブラスター」など今回も強な術を習得している。

イベントの1番手かつセンターを2度も飾ったことを始め、初回の実質専用装備実装や練りこまれた性などゲーム内性・待遇の両面で優遇された強キャラクターであり、「四魔貴族」の名に恥じない扱いを受けていると言えるだろう。

私は関連商品を貼る定めなのか…

  

私はコミュニティに入る定めなのか…

  

関連項目も見る定めなのか…

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビューネイ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ビューネイについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改