ビヨン・ボルグ単語

ビヨンボルグ

ビヨン・ボルグはスウェーデンの元テニス選手である。ウィンブルドンと全オープンという芝と土の両方で強さを発揮したため、いまだに史上最強がある選手。

概要

Bjorn Borg
基本情報
スウェーデン
出身地 スウェーデン
セーデルテリエ
生年 1956年6月6日
身長
体重
180cm
73kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 1971年
引退 1983年
テニス選手テンプレート

70年代から80年代初頭にかけて活躍した大選手。ウィンブルドン5連覇、全オープンでは4連覇含む6回優勝と、芝と土という相反する環境で圧倒的な強さを見せた。全オープンでも4回決勝に進出したが、70年代ジミー・コナーズ80年代ジョン・マッケンローアメリカコンビに阻まれ準優勝に終わっている。

ウィンブルドン決勝における2年連続のマッケンローとの対戦は非常に有名。特に5連覇を達成した1980年の決勝は伝説的な試合として知られる。翌1981年ウィンブルドン連覇が止まって燃え尽きたのか、この年を最後に本格的なツアー転戦を止めてしまう(正式な引退表明は1983年1月)。以降は散発的な大会出場にとどまり、以前のような強さを見せることもかった。後に本格的に復帰を試みたこともあったようだが失敗に終わっている。

25歳の若さで実質引退状態になったため、通算マッチ勝率は非常に高い。特に四大大会でのマッチ勝率オープン化以降では最高の.898を誇る。その一方で伝説的大選手としてはマッチ勝利数はかなり少ない。実はランキング1位コナーズに抑えられていた期間が長かったため意外にも2年程度しかない。

引退後は下着ブランドを立ち上げたが、うまくいかなかったともっぱらの噂(ただし本人は失敗を否定している模様)。2006年にはウィンブルドンの優勝トロフィー1980年の決勝で使ったラケットオークションに出したこともあった。最終的に出品は撤回されたが、翻意のきっかけは現役時代にライバルだったマッケンローからの電話だったという。ロジャー・フェデラーの5連覇がかかった2007年、15回の四大大会優勝がかかった2009年ウィンブルドン決勝では観戦に姿を見せている。また最近では新たに立ち上げられたレーバーカップの大会で、欧州選抜チーム監督を務めている。現役時代はどこのキリストかと言いたくなる貌だったが、今はいい感じに落ち着いたおっさんになっているようである。

トップスピンの第一人者

トップスピンを使ったストロークを武器に、特にクレーコートで圧倒的な強さを見せた。クレーでのマッチ勝率ラファエル・ナダルが現れるまで歴代1位だった。トップスピンが標準的に使われ始めたのはボルグ以降だと言われている。後の選手のプレイスタイルに影を与えたと言う点でコナーズと並んで非常に重要な選手。一方1980年1981年ウィンブルドン決勝でのプレイを観てみると意外にもかなりの割合でネットに出ていることが判る。サーブ&ボレーも多用しており、ラケットが悪かった当時、芝ではネットに出ることが必須だったことが伺える。サーブもそこそこ強で得意ショット以外でもが少なく、非常にオールラウンドな選手だったようだ。

主な実績

オープンの実績がいのはそもそも1973年というキャリア初期の1回だけしか出場していないためである。当時の全オープンは大会規模が他の大会にべ小さく(1973年男子シングルスドローは56名、全以外の四大大会は既に128名)、四大大会の中では最も格下の大会と捉えられていた。日程的にも77年から85年までは年末に開催されており、出場を渋ったトッププレイヤーが多かった。仮定の話をしても仕方ないとはいえ、もし出ていたら何回か優勝できたと想像されるのもボルグ最強論が未だにられる理由の一つだと思われる。78年~80年にかけては全ウィンブルドンを両方優勝しているので、全も獲っていれば年間グランドラムを狙って全にも出ていたかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%93%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビヨン・ボルグ

1 ななしのよっしん
2015/10/08(木) 00:05:10 ID: S909SkKKyM
トキラケット投げ捨てるものではない...」
2 ななしのよっしん
2015/10/08(木) 00:06:33 ID: S909SkKKyM
テニスボーイの憂

急上昇ワード