ビロクシ(アズールレーン)単語

ビロクシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

「戦支援感謝する 艦隊の一員として仲間たちと共同して、勝利を勝ち取ることを願おう」

ビロクシ(アズールレーン)とは、クリーブランド級軽巡洋艦12番艦『ビロクシ』をモチーフとしたアズールレーンKAN-SENである。

イラストは未表。CV小松郁。

タスクステータスオールグリーン、指揮官、確認よろしく

KAN-SEN
ロクシ
USS Biloxi, CL-80
基本情報
所属 ユニオン
艦種 軽巡洋艦
レアリティ SR
CV 小松
イラスト -
艦歴
アメリカ
出身地 ヴァージニア
ニューポートニュー
造船所 ニューポート・ニューズ造船所
艦級 クリーブランド級軽巡洋艦12番艦
19432月23日
就役 1943年-1946年アメリカ軍
最期 1962年3月29日(解体)
備考
  • 沖縄戦で特攻機の突入を受けたが、爆弾は不発だった。その爆弾は、爆発しないよう処理された後艦上に展示された。

 

ユニオン所属の軽巡洋艦レアリティSR

クリーブランド級…の後期微バージョンの一隻。 かの姉妹艦同様、熱き心を有するクリーブランド級の一人。 姉御気質が強く、共に戦った仲間たちを守る決意は決して揺るがない。

ーーーー公式Twitter・艦船紹介より

みんな大好き兄貴姉貴ことクリーブランドの一人。

2020年春節とそれに伴って復刻されたメイドイベントに合わせて、小艦建造に期間限定で先行実装

クリーブランド姉貴に並ぶかそれ以上の姉御肌の持ち私はハッキリと分けるタイプ戦場、というより職場に生き甲斐を感じているが指揮官との交流により徐々に考えをめている様子。また、前述の理由により恋愛にはやや疎いらしい。

なお、突然クモ男の叔父さんみたいなことを言い出すことがある。

クリーブランド姉貴は尊敬の対。また、艦種を越えた姉妹と言えるインディペンデンスバターンとも仲が良いらしい。

実装と同時に、春節の着せ替え『麗人ギャング』が実装されている。

バターンたちのように空母にはならなかったし、改修の度合いからすればサブクラスと呼ばれるほどでもない。まあ、そこは外見と人格に強く出ていると思ってくれ

クリーブランド級においてはしい青髪眼の持ちすごい毛量を一本の三編みにしている。もふもふ

活動的な装はクリーブランド級というよりはオマハ姉妹艦と言った方が自然に見えるが、その一方でクリーブランド級が好んで着用しているサーコートも身に付けている(なお姉妹艦はいものを好んでいたがビロクシのものはネイビーブルーである)

なお、何故か彼女の通常立ち絵は地面が割れい電流が走っている。よくわからんがカッコいいからヨシ

春節着せ替え『麗人ギャング』は読んで字の如くチャイーズマフィアの麗人といった装。中華の上からギャンスーツを羽織り、ワイン片手に人力に座る姿は大変様になっている。なお人力を引くのは饅頭らしい。

私の兵装を見てくれ。対空性能なら誰にも負けない。そうさ、ターキーシュートのように敵を落としてくれる

127mm連装両用MK12を装備している場合、自身の対が最大15.0%アップし、火力が最大5.0%ダウン。装備していない場合、自身の火力が最大15.0%アップし、対が最大5.0%ダウンするスキル両用兵装-127mm連装両用MK12

戦闘中に一度だけ、味方艦がダメージを受けて耐久が最大値の50%を下回った場合、12間その艦が受けるダメージを最大15.0%軽減し、自身の対が最大15.0%アップする『守りの炎

という守りに特化した二つの防御スキルを持つ防御巡洋艦

前者は副の装備によって対と対艦隊バフをを切り替えるというもの。127mm連装両用MK12、いわゆるコンセントを装備するかしないかで切り替わる。出撃先によって適切に選択しよう。

後者耐久が下がった艦のダメージを軽減し自身を強化するもの。回復持ちの艦と組み合わせることでり強い戦いが可になる。

もちろん、基本が副クリーブランド級という強みは変わらないため、深く考えずに艦隊に組み込んでも、大いに活躍が期待できるだろう。

大いなる力には大いなる責任が伴う――まさにその通りだ

クリーブランド級軽巡洋艦の12番艦。

艦名はミシシッピ州ビロクシに因む。

1941年7月9日クリーブランド級18番艦として起工。19432月23日19438月31日クリーブランド級12番艦として就役。起工後、多くの艦がインディペンデンス級として空母改造されたため、艦の順番にズレが生じている。

就役後は、機動部隊の防で活躍し、特に1944年6月マリアナ沖海戦では日本軍航空部隊を迎え撃つことになった。

1944年10月レイテ沖海戦では、僚艦2隻とともに駆逐艦野分と触接、これを撃沈している。11月には僚艦モービルを狙った人間魚雷回天を発見。味方護衛駆逐艦がこれを撃沈した。

1945年3月7日沖縄戦に参加していたビロクシは特攻機の突入を受けた。だが幸いにも爆弾は不発に終わり、特攻機の突入箇所から発見された500Kg爆弾は信管を抜かれた上で後部甲に展示されたという。

4月にはオーバーホールのため本西海に戻り、7月に前線復帰。7月18日ウェーク島攻撃の後、レイテ湾で終戦を迎えた。

戦後長崎から連合軍の捕虜を沖縄へ輸送。まで占領任務に従事した後、珠湾経由で本へ帰還した。

1946年8月29日退役。1961年9月除籍。

1962年スクラップとして売却されたが、ゆかりの地であるビロクシにはマストなどの上部構造物の一部が保存され、かつての勇姿をぶことができる。

戦時中の戦功により、従軍章9個を授章した。

礼儀を知らない関連項目は軽蔑される。指揮官はそんな人間にでもなるつもりか?

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%93%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%B7%28%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビロクシ(アズールレーン)

1 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 02:10:27 ID: 4GY5J8Du7s
ボルシチに続いてピロシキとは…
なんでアメリカなのにロシア料理みたいな名前の船がいるんでしょうね…

急上昇ワード

2020/02/29(土)04時更新