ピエロ・スラッファ単語

ピエロスラッファ

ピエロ・スラッファ(Piero Sraffa、1898〜1983)とは、イタリア経済学者である。

概要

ケインズサーカスピエロとはこの人のこと。

リノ大学法学部経済学を学んだスラッファロンドンのLSEに留学、そこでケインズと出会う。スラッファの才を見抜いたケインズはスラッファに二本の論文を依頼。その後、懇意の仲になる。因みにその二本の論文のうちの「イタリアの諸銀行のゆくえ」という論文はムッソリーニ激怒させたことでも有名である。

その後、スラッファペルージア大学の講師として働きながらイタリア語で論文を発表しつづける。特に「生産費用と生産量の関係」においてはマーシャルの部分均衡の組みと両立するのは「費用一定」の仮定のみであることを論し、カリアーリ大学経済学教授に昇進するとともに世界経済学専門誌「エコノミックジャーナル」からも、当時のエコノミックジャーナルの編集責任者であったケインズから、マーシャルの費用分析に関する論文を依頼されるようになる。そのときに提出されたのが有名な「競争的条件のもとでの収益の法則」だが、これは「収益逓増」の現を競争分析ではなく独占分析によって説明する方針を示していたので、その後のケンブリッジにおける不全競争における展開に大きな影を与えた。

マーシャルに関する論文でスラッファの名は高まったが、彼はその故に学生への講義を負担ととらえてしまい、ついには講義することを止めてしまった。しかしケインズの引き止めで閑職を続けることに同意する。

その後もスラッファリカード全集の編纂をM・ドップの協で成し遂げたり、「価格決定における生産の客観的条件」の研究を達成したりと、後のケイジアンに大きな影を与える業績を残した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピエロ・スラッファ

1 ななしのよっしん
2016/07/17(日) 19:51:28 ID: ESy6+5nF7P
記事あったのかww

急上昇ワード