ピクル単語

ピクル

ピクルとは、

1.重さの単位

2.板垣恵助の漫画およびその登場人物。ティラノサウルス食で、漬けが名前の由来。

ページでは2の項について解説する。
ネタバレを豊富に含んでいるので注意すべしッッ

概要

スマン、出っちまった
ど~しても描きてえヤツに

アメリカ合衆国コロラド州にて、1億9000万年前に形成された亜紀の岩層から、璧な保存状態のティラノサウルスが発掘される。その横にはあのティラノサウルスに飛び蹴りをお見舞いする人間が閉じ込められていた。科学者たちは計り知れない重要文化財とし、漬け"ピクル"と名付け、生を試みる(ティラノサウルスはピクルの攻撃による損傷がしく、生は出来なかった)。実験91にしてついに生するがピクルは大暴れ。駆け付けた米軍の最新鋭の兵器を容易く撃破する。これを重く見た米軍戦車戦闘ヘリまで含めた軍隊をピクルに向けて派遣するが、揮を執っていたゲリー・ストラダムの気転によってピクルの怒りを鎮めることに成功。亜紀のチャンピオンであるピクルに対し「君に似つかわしい仲間達の所へ行こう」と言葉分からずとも口説き、ピクルを来日させる。
羽田空港に到着したピクルは、当然夥しい量のマスコミに囲まれる。そこでピクルにインタビューしようと近づいてきた新人女子アナウンサーを"雌"と認識しその場でレイプいいなあ。刃牙を含むテレビを見ていた者たちを驚愕させ、その滑稽なほどの野生っぷりを見せつけた。
その後は米軍の厳重な警備が敷かれる専用の収容施設に収容され、戦士であるピクルにとってはあまりにも退屈な日々を過ごす。しかし最強の原始人復活の報を受け、範馬勇次郎を初めとする8名の戦士が"ピクルと闘りたい"とピクルのもとに集い、勇次郎はピクルにべを挑む。その場は米軍の仲裁が入って8名は帰ってしまったが、ピクルの腕に追い込まれた勇次郎が咄嗟に繰り出した"合気"を幾度も思い起こし、亜紀にはかった未知のおもちゃとして大層喜んだ。

生態

ハルルルル…
鳴きなどは発できるが、言葉はまったく喋れない。身長は2mをえる。体重130kg強。作中でも圧倒的巨を誇る花山薫より一回りほど大きい。文明に頼り切った現代の人類とは違い、体の機に一切駄がなく、転んで起き上がるという動作ですら勇次郎が思わず見入ってしまうほどビューティフルな体格をしている。のような(もはや牙)が生えていて、も鋭い。まるで水牛と例えられるほど頸椎(首の)が尋常ではないぐらい太く、生半可な攻撃では頭部にまったくダメージを受けない。とても誇り高き戦士であり、亜紀ではティラノサウルスを初めとする数多くの恐竜たちに勝利し、捕食していた。これは生きるためだけでなく恐竜チャンピオンとしての誇りであり、捕食する際には良き好敵手との別れであると実感し、涙を流す。
生して暴れまわった際に監視していた研究員の拳銃に至近距離から撃たれるが、ピクルの筋肉には通らず、撃ち落ちた弾丸をブンッと投げ返し、拳銃以上の威で研究員の肩を撃ち抜いた。
後述の刃牙戦では最終形態として関節を組み換え、まさに恐竜の様な体形に変貌することもできる。この際、ティラノサウルス捕食されかけた際の古傷筋肉起によって浮かび上がり、サメのように白目をむく悪な顔つきに変わる。

ファイトスタイル

範馬勇次郎と同じく合気などの"技術"などはまったく使わないが、他の追随を許さないその圧倒的なでひたすらにブン殴る。烈海王戦で初めて構えるが、圧倒的なを持つが故の勇次郎の構えとまったく同じであった。他にも勇次郎しか破壊したことのないを破壊するなど、作中では勇次郎と似ているという描写が多くされている。
前述の通り"技術"は使わないが、陸上の短距離クラウチングスタートよりもっと低い前傾姿勢から、その圧倒的な脚で飛び、体当たりするというような"技"は幾つかある(当記事では以下ピクルと命名)。ピクル程の質量の物体がピクル程の筋で撃ち出されて飛んでくるその威は想像に難くない。

烈海王戦

前述にもあるようにピクルは誇り高き戦士であり自らに向かってくる敵しか捕食とせず、ライオンですらがビビッて逃げ出してしまうため、やむを得ず一ピクルに襲い掛かる絶滅危惧種シベリアトラを食料として捕食させるが、これが世論で大問題となり警察が動くほどの事態に発展する。ピクルの食糧問題が深刻になった頃、烈海王が「私をエサにしてはいかがかな」と徳川光成に申し出、戦いにこぎ着ける。の前に現れたに対し、現代にってから初めて戦闘体勢となったピクル。拳法vs野生の戦いが始まった。
ピクルの攻撃を一つ受けたは「の勝負は理だ――小細工を弄するぞ」と稀代の拳法として"技"を惜しみなく次々と繰り出していくがピクルにはまったく通用せず、上半身を90度に曲げられ失。ピクルはに喰らいついて捕食し始める。は飛び起きて反撃を開始するがやはり通用しない。

4000年に及ぶ武術がまるで通じない
念だッ
アリガトウ4000年
もう技術は使わない
武が及ばぬ事をもう見ることはできない…
"烈海王"
師より授かった私の全てであったこの名を…ッッ
"烈永周"が護るッッッ

と涙を流し、の全てであった中国拳法を捨て、中国拳法を守るために一人の人間としてピクルに戦いを挑む。中々の名場面なのだが、武術を捨てたが繰り出した技はまさかの"グルグルパンチ"。号泣しながら小学生のような攻撃でピクルに突っ込んでいく様はかつての気高さの欠片く、ピクルへのダメージより読者腹筋へのダメージの方が深刻だった。ウワアアアォォォォ!
ピクルは困惑して半ば呆れ、まるで雌のようだと殴りかかるが、の身体が咄嗟に反応。ピクルの攻撃を阻止すると、その後もピクルの連撃を璧に受け止める。極めに極めた武術はそう簡単にを離してくれなかった。自問自答を繰り返した結果、武を信じ、武に身を委ねる決意をしたはついに覚醒。再び"烈海王"としてその技を存分に繰り出し、ピクルをダウンさせる。しかしピクルはすぐさま跳ね起き、強敵と認めた時にのみ発動する前述のピクルを放つ。もこれに応え、中国武術徴する中段突きをもって迎え撃つが入場口のの突き当りにまで吹っ飛ばされ、敗北。ピクルは涙を流し、捕食し始める。ペイン博士が麻酔を打ったことによってピクルは睡し、捕食は中断されるがは右足の膝から下を全に捕食され、失ってしまう。
病院が覚めたは自らの「私をエサにしては如何か」の発言を思い起こし、エサと言いつつ、食べさせたのはたったの右足だけで誓いを破った、そもそも心の底では死ぬはずはないと期待していたのではないか、ありもしない覚悟をあるかのようにってしまった、と自責の念に潰れそうになる。そこに刃牙が見舞いに訪れ、「拳法が足を失ったにも関わらず、さんは心のあり様に苦しんでいる。その苦しみどうか誇ってください。""という言葉の意味は"にはずれない"。あなたそのものだ。さんのの価値はその精性の高さにある」とりかけ、は救われる。同時に焼けるような夕日が沈んでいて、とても良いシーンである。

愚地克己戦

・愚地独歩から烈海王敗北の知らせを聞いた愚地己は「ナメやがって…」とキレる。これに独歩が「々がをナメてないのと同じく、ピクルも々のことをナメていない」と述べるが「もう一度言う、そーゆーのをナメてるって言うんだよ」と反論。激怒しつつもっ直ぐな己のと意志に、独歩も納得した。
その頃ピクルは麻酔から覚め、通行人から衣服を奪って新宿していた。風俗のキャッチに合い入店させられそうになるが、そこに花山薫が現れる。ピクルと山は押し合いになるが

原始だ恐竜だと大層な騒ぎだが、
それっぱかしじゃあんちゃん
"新宿(ここ)"じゃあ通らねェ

と、暴力団組長である山に社会を教えられる。
己はピクル戦に備え、烈海王皇らと修行を開始し、関節を限に増やすイメージによって音速をえる打撃"マッハ突き"を習得する(室内で繰り出すと音速をえる衝撃によって部屋のガラスが全て消え去るので良い子はマネしないように)。
マッハ突きを手に、心会空手導者の一人であるの敵を取るため、ピクルに戦いを申し出た己に徳が課せた条件は二つ。一つは試合開始時刻が6時であること、もう一つは試合会場がいつもの地下闘技場ではなくその地上のドーム球場であること。己はこれを快諾し、試合当日を迎える。
試合当日、球場を訪れた己の前に現れたのは義理の母親、愚地恵。「大きな試合だと聞いてあなたにとって一番大切な人を呼びました」と言う恵を「にとってのイチバンはあなた以外にいるはずがない」とそっと抱きしめる。次に現れた人物に己は驚愕する恵が呼んだ人物とは己の実の母親であった。「私を憎みなさい」と叫ぶ母親「あなたはたった一人の母親だ」と抱きしめる。これも良いシーンである。

母親が二人という特殊―
"最"が二人という特殊―
なんという幸運だ

球場に足を踏み入れた己はまたもや驚愕する球場を囲む5万5千の座席は全て中段突きを繰り出している心会門下生によって埋め尽くされていた(烈海王皇もいた)。らが若大将を奮い立たせんと、5万5千の中段突きの覇気が己をいた。様々な者からの励を受け、己はついにピクルと対峙する。
マッハ突きの構えをとった己にピクルの表情が変わり、己は"遊び相手"から"エサ"へと昇格する。ピクルは本気のパンチを繰り出すも、それより速く己のマッハ突きがピクルに炸裂する。"ティラノサウルスの鋼の尻尾"が裏に過ったピクルはえ、ダウン。音速をえた打撃を放った己の拳も事ではなく、は折れ、自らの血でられていた。それでも己はついに得たマッハの感覚に歓喜し、残された手足にもマッハの感覚は当てはまり、諸の追撃を食らわせる。
己の両手と左足が音速のによって破壊されるも、ダウンして得た数でピクルは回復して立ち上がり、を一撃で倒したあのピクルを発射する。焦る刃牙らをよそに「はまだ使っちゃいない、だけが掴んだマッハを」とマッハ突きのさらに上の段階、"当てない打撃"をピクルに繰り出す。音速をかにえた打撃によって己の腕のは飛び散りがむき出しになっていた。が振り下ろされる間ではなく、振り戻される間こそ最高速度になるということをヒントに得た己の文字通り"最終兵器"であった。
皇をして拳法50年進歩させおった」と言わしめる最高の技であったが、これを喰らって吹っ飛んだピクルに歩み寄ると、なんとピクルは寝ていた。しかし野生の世界で生きてきたピクルにとっては当然の行動であった。己の右手が飛び出し、出血も深刻。左手左足も使用不可能満身創痍の獲物を前にしてとる行動は"相手が息絶えるまで寝て待つ"というのが当然であった。己は全てを理解して「この命ごともっていけ」とピクルに差し出し、ついに倒れる。ピクルも涙し、己の右腕を食いちぎる。ここで徳は「ここは恐竜時代ではない、許せピクル」と隊でピクルを狙撃しようとするが、独歩が「己とピクルが交わした約束だ」と阻止。しかしピクルは右腕を噛みちぎっただけでそれすら捕食しようとせず、言葉分からずとも己がどれほど努して武器を手に入れたかを理解し、それほど重な武器(右腕)を差し出されたことに感謝して右腕を己に返却した。
過去数多くの場面で失望されてきたお調子者のなんちゃってリーダー、その愚地己がついに開した名試合である。ベストバウトに挙げるファンも少なくない。

ジャック・ハンマー戦

己の見舞いにきた刃牙己が想いを託し、いよいよ明日刃牙がピクルと戦うという時に地下闘技場に乱入。そのままピクルとの対決が始まる。
ピクルのその明らかとは言えないレベルの牙に見惚れたジャックは「ヤシの実を切り裂くまでに鍛えたの咬筋と勝負だ」と噛みっこ対決を持ち掛ける。腕とかに噛み付き合うのかと思いきや、もうそのままお互いの口に噛み付き合った。他に表現しようのない全なディープキスである。結果噛みつき対決はピクルの勝利ジャックは口の周りの皮膚をまるごとピクルに喰いちぎられた。ジャックは笑みを浮かべ、全身をフル稼働させた全のアッパーを食らわせるがピクルはノーダメージ。これに火が着いたピクルは必殺のピクルを発射するが、ジャックは観客席までピクルをはじき飛ばす。
人生も女も地位も全て捨て、たった一つ、"強くある"ことだけをしてきたジャック"強さをめて生きた最新"として"強さをめて生きた最古"であるピクルに殴りかかる。ジャックを噛みちぎられたピクルは初めて自らの身体が奪われたことに昂。尋常ではない素さでジャックの攻撃を悉く躱し"ピクルに勝利するということは恐竜に全勝するということ"ジャックに実感させジャックへ連撃を叩き込む。自分の以外何も信用せずに生きてきたジャック勝利を祈る程の強な打撃を見舞ってジャックを木っ端微にし、ノックアウト。失したジャック捕食しようと歩み寄るが、ピクルは"何か"を察知し、捕食をせずに去る。ピクルの裏に過ったのは、幼少期にを仕留めて捕食した際に口の中で発生した痛。"殺しても何かしらの反撃をするがいる"という記憶を思い出していたのであった。捕食しなかったことを疑問に思った徳ジャックに歩み寄ったその刹那、中を突き立てたジャックの両手が猛な勢いで徳に向かってクワガタムシの様に閉じた。辛うじて徳には当たらなかったが、これを見た刃牙は「仮にピクルがあのまま捕食しようとしていたらジャックの中はピクルの両を突き破って延髄を分断させた」も「そうなったら結果は逆だった」と述べた。失しつつもこんなことを繰り出すあたり、さすがジャックである。

意識失えどなおジャック
地上最強ファックユー

しかしジャックの戦いはまだ終わらない。鎬紅葉による治療を受けるが病院を脱走。そのままピクルのもとへ行き、戦いを続行。しかしピクルは"倒したはずの者が生き返った"と認識して怯え、逃走。地上まで逃げ走るが恐竜敗の誇りがそれ以上逃がさなかった。ジャックに向き直り、ジャックに強パンチを見舞う。ジャックはこの一発で失。生涯二度の"日に二度の敗北"を喫する。
再びジャック病院覚める。なおもピクルの所へ向かおうとするが刃牙が現れ「あんたはもうファイターとして終わりなんだよッッ」と痛な言葉を浴びせられる。続いて刃牙から「ピクルは兄さんを失させた後、注意深く大切に運んでビルの屋上に括りつけた。つまり保存食にされた」と敵ではなく御馳走として扱われたという屈辱的な事実を伝えられ、刃牙を前にして思わず泣き叫んでしまった。

範馬刃牙戦

刃牙は勇次郎との親子喧の準備に夢中で今はピクルに興味いと意地をっていたが、ひとたびピクルと接触するとの血が爆発。しかし地下闘技場にてピクルと戦う直前に、暴とはいえ自然で暮らしていただけの動物に特訓と銘打って戦いを挑み、最期には勇次郎の手によって死なせってしまったのことを思い出し、動物を戦いに巻き込むのはもうやめようと戦いの手を下げるが、当のピクルは戦う気満々(ピクルも動物というより戦士なので当然)であり、刃牙に強な蹴りをお見舞いし、客席まで吹っ飛ばせて一発ノックアウトする。
後日、その傷も癒えぬうちに「もうはつけない」とピクルと戦うことを決意した刃牙は再びピクルの元へとむかい、闘技場で一緒にを食べるなどして半日ほど仲良く過ごす。重要文化財であるティラノサウルスを泣く泣くピクルに与えることによってピクルの食糧問題が解決してしまったため、満になったピクルはもう戦わないのではないかと危惧した徳川光成花山薫のもとを訪れるが山は「心配せんでもピクルは"こっち側"ですよ。場所は闘技場、サイコーの女とサイコーの男がサイコーの部屋にいるようなもの」と述べた。
食後、刃牙はピクルのをものすんごく軽~くビンタするという攻撃をピクルに仕掛け、侮辱されたピクルは大激怒。満になったピクルが生まれて初めて"誇りを護るために戦う"ように仕向けた刃牙の挑発だったのだ。ピクルの"狩り"ではなく"文化"としての戦いが始まった。
刃牙の上段回し蹴りでピクルをダウンさせると、間入れずにピクルの顔をメッタメタに踏みつけ、さらには本気で首を絞めにかかる。首を絞められたピクルは刃牙を背負ったまま闘技場のてっぺんまで駆け上り、そのまま飛び降りて30mの高さ(およそビル8階分)から落下。ピクルはピンピンしていたが砂地とはいえ30mの高さからまともに落ちた刃牙は立ってはいるものの、横隔膜がせりにせり上がって呼吸するのも困難な状態だった。イヤ生きてる方がおかしいって。これをピクルは見抜き「壊れやすい玩具を乱暴に扱ってしまった。どうか壊れないでくれ」と合唱して祈りそうになるが、既の所で「のために祈ってんじゃねェ!」と刃牙が血反吐を吐きながらなんとか阻止。しかしピクルは壊れそうな玩具にまだ本気を出せず、拳をゆ~っくり刃牙叩きつけ「これ(拳)は安全なものなんだよ」と自らの器を安全物と偽る、桁外れの手加減を刃牙にする。刃牙ブチ切れると思いきや「が弱いからピクルに気を遣わせた」と自ら闘技場のてっぺんに上って再び飛び降り、自らの耐久性をピクルに見せつけた。そのままピクルのへ打撃を叩き込んで震盪を起こさせ、ピクルからダウンを奪う。しっかりと立っているはずなのに地面がせり上がってくる(ように見える)という、生まれて初めての経験したピクルのには刃牙が地面を自在に操る妖術師に映り、しく混乱するが恐竜の牙やなど、いかなる攻撃にも耐えてきた絶対の自信がピクルの足を辛うじて踏み留まらせる。しかし刃牙は二度の落下から全に回復できておらずっ向勝負はまだ不可能と判断し、"打(べんだ)"をピクルに見舞う。どんなに過酷なトレーニングをしようが絶対に鍛えることができない皮膚をターゲットにした強な攻撃にピクルはしくえて転がり回り、遂にはその人生初の防御の体勢を取った。続けて刃牙は自身オリジナル中国武術形拳(動物の動きを取り入れた拳法)、トリケラトプスを披露。烈海王をして「ウッソ…」と言わしめる出来だった。驚きを隠せないピクルを他所に刃牙はさらにプテラノドン拳、ティラノサウルス拳を披露。それを見たピクルのには刃牙がそれら三匹の特長を全て取り入れた最強の混合生物のように映り、しく混乱し戦慄した。しかしここで刃牙の体が回復したのか、刃牙はもう小細工をやめ、っ向勝負でピクルに挑む。バカでしょ…?」
"地面に叩きつけられる"ような打撃ではなく"地面を叩きつけられる"ような規格外のパワーに最初は圧倒されるが、範馬勇次郎を想定して日々トレーニングをしてきた刃牙はピクルの攻撃を次々に躱す。もはや相手の体を"通り抜ける"地に達していたその身のこなしはピクルをもってしても捕らえることができず、ピクルの背後に回り込んだ刃牙は全的攻撃をお見舞いする。一体何回玉々潰されるの…。ピクルは転がり回って絶し、これにて勝負アリかと思われるが逆にピクルを本気の本気にさせてしまい、筋肉しく起、更に全身の関節を組み換え、戦闘に特化した最終形態へと変貌した。これをにしたは「有史以来進化し続けて来た人類は石器から核まで様々な武器を手にしてきた。手にする武器が強になるにつれ、今では通り魔から身を守ることすら出来なくなってしまった。結果何を手にし、何を失ったのか――」と考え込んでしまうが、刃牙はピクルの本気の攻撃を"格闘技"をもって効化し

これが技術
これが進化だッッ
たちは格闘技を手に入れたッ
何も捨てちゃいないッッ

と観戦していた徳山の三名が拍手してしまうほどの格闘漫画として素晴らしい名言を放った。そのまま格闘技を駆使してピクルを確実に追い詰めて行くが、ここで刃牙の悪い癖"正面からのブン殴り合い"をピクルに持ち掛けてしまう。結果、く間に体の差は現れ、刃牙がもうダウンするというその間、僅かながら感じた敗北への恐れによってピクルは"合気"刃牙にむかって繰り出した。刃牙はそのままダウンし気絶、ピクルは戦意喪失で座り込んでしまい、ゲームセット
勝敗については作中でもファンの間でも議論がされているが観戦者の「ピクルに戦う意思が見られないとはいえ生殺与奪がピクルにあるのは明らかとピクルの勝利とし、これに対して山は「ピクルには体格がある。筋がある。その上さらに技術を使うってのは…」と合気を使ったことについて触れ、刃牙勝利に一票を投じた。

ピクルの生きる道

刃牙戦後、"ピクル"というものの有り様に地球規模の底的な議論がされ、世界の意見はピクルを元の岩層に戻すか、共に現代で暮らすかのっ二つに別れる。全世界の10億人を対にした多数決投票の結果、僅か1000票の差で"元の岩層へ戻す"という結果が出された。この結果に対してピクル研究の第一人者にしてノーベル賞受賞者であるペイン博士は「愚かな結論。結局未来責任丸投げしているだけだ」と述べたが、当のピクルは収容されていた施設を脱走。ストラダムとペイン博士の前に現れ、ストラダムにお礼としてティラノサウルスの頭を丸ごとプレゼントし、そのまま世界の出した結論を笑うかのように東京へと消えていった。

刃牙道編

加筆中。。。

関連動画

ピクルに関連する動画を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピクル

49 削除しました
削除しました ID: VDW2Bpf4QB
削除しました
50 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 19:14:05 ID: SHJhSliN1O
が減ると何かを食わないと苦しくなる、つまりピクルは何かを食わないとわないと死んでしまう。
よっては存在するだけでピクルを襲っている!なので問題ないな!
51 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 19:29:58 ID: SHJhSliN1O
が減ると何かを食いたくなる、つまりピクルも例外ではない
よっては存在するだけでピクル食欲を刺しているので、襲っているということになる!なので問題ないな!
52 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 10:42:46 ID: JAnWhrI6tg
宿のかませになりそう
53 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 21:06:46 ID: 3BiCwBAnUZ
親友が父親ボコられてるから様子見に行ったらいきなりそいつに蹴られるのはちょっと不憫だったよ。、折れるし。野生動物にとってがないって死活問題だぞ。

っていうか割り込み厳禁は別に野生の原則じゃないだろ

54 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 17:49:39 ID: leR23lcAMQ
コイツがいたであろう亜紀末期ウサギネズミサル・ツパイが分岐した頃だからレプティリアンなんかもな
55 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 02:37:49 ID: SHJhSliN1O
ピクルに犯された女子アナが着床していたら面いよな
全日だとしてもそこから精液を採取できるはず
56 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 09:58:38 ID: FCAQ+Iljep
ピクルはかっぱらった現代人のを着こなせるぐらいの知はあるぞ
時代の変化に気づいて襲ってくる猛々にいないと理解してその環境に適応した、襲われなくても食べられるというのを学んだ

これでいいんじゃね?
57 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 02:12:49 ID: vG0j63yIPU
ピクルちゃん結構かわいいよね
58 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 21:35:55 ID: tCJ5N8mfAP
クローン武蔵なんてもん造れるならクローンピクルも可じゃね?魂入ってない体だけのでも重なサンプルにできる。

急上昇ワード