ピルサドスキー単語

ピルサドスキー
3.8千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

ピルサドスキー(Pilsudski)とは、1992年まれの競走馬1997年ジャパンカップなどに優勝した名である。

お茶の間に堂々と自らのアレを映し出させた剛の者として有名。

概要

※注意 この記事には下品な表現が含まれています。苦手な人はお戻り下さい。

欧州時代

Polish Precedent、Cocotte、Troyという血統。のPolish Precedentは一流のマイラーであったが、種牡馬としてはピルサドスキーが活躍するまでは立った産駒はく、系もあまり手とは言えない血統であった。

デビューしてしばらくは下級ハンデ戦でも惨敗するなど全く立ったところがく、同厩・同年齢Singspielが中々勝てないながらもくから重賞戦線で活躍しているのとは対照的であったが、そんな僚友の活躍に刺を受けたか、3歳になってようやく初勝利を上げると、続くハンデ戦も制して2連勝を挙げる。

になると充実の時を迎え、重賞初挑戦となったゴードン・リチャーズS(GⅢ)では僚友Singspielの2着。続くプリンスオブウェールズS(GⅡ)こそ8着と惨敗してしまうが、ロイヤルウィップS(GⅢ)で重賞初制覇を飾ると、その勢いのままにドイツバーデン大賞(GⅠ)も制してGⅠホースに登り詰める。

続く凱旋門賞(GⅠ)では7番人気の低評価であったが、後のGⅠ4勝で前年の3着だったSwainや、96年英ダービーShaamit、翌年ジャパンカップにも出走する名ステイヤーOscar Schindler、キングジョージVI世&クイーンエリザベスS(GⅠ、以下「キングジョージ」)を制した*ペンタイアらを抑えて2着に入る。勝った*エリシオのパフォーマンスが凄すぎて立たなかったが。

更にSingspielと共にブリーダーズカップ・ターフ(GⅠ)に出走。凱旋門賞で2着したとは言え、この時点での評価はSingspiel>ピルサドスキーであり、戦のウォルタースウィンバーン騎手アメリカの競馬場では上手くないと思われていたこともあって人気も6番人気であったが、前走下しているSwainよりも人気が下回ったことに怒ったか走し、Singspielを2着に下して優勝する。

翌年も現役を続行するが、初戦のガネー賞(GⅠ)はまたしても*エリシオに大きく差をつけられる3着。続くハードウィックS(GⅡ)も格下相手に2着で、前年のジャパンカップを制して以降3連勝中ですっかり詰めの甘さが解消されたSingspielとは逆に、今度はピルサドスキーが詰め甘になってしまったのでは? と心配されたが、続くエクリプスS(GⅠ)を貫勝ちすると、キングジョージに駒を進めた。

この年のキングジョージは、3歳勢の出走こそ寂しかったものの、古勢は*エリシオを筆頭に、ピルサドスキー、Singspiel、Swain、噛みそうな名前定評のあるStrategic Choice等、稀に見る好メンバーっていた。ピルサドスキーはここで3度の対戦にして初めて*エリシオに先着するが、Swainに敗れて2着。続くチャンピオンS(GⅠ)は圧勝し、今度は3番人気凱旋門賞に出走するが、*パントレセレブル圧倒的なパフォーマンスの前に、前年同様5身差の2着に敗れてしまった。

凱旋門賞こそ勝てなかったものの、続く英チャンピオンS(GⅠ)はキッチリ勝利し、これでGⅠ5勝。
レーティングでも134ポンドの高評価が与えられる、一流の域に登り詰めたのである。

堂々たるジャパンカップ

そんで、彼は最後のレースジャパンカップを選んだのであった。なんとなればJRAが買って、日本種牡馬になることが決まっていたからである。この年のJC種牡馬としての彼のお披露会をかねていたと言っても良い。

で、彼はり切った。パドックで「みんな、見て見て!」とばかりに、

思い切りっ気を出したのである。ちなみにっ気とは要するに勃起のことである。

いや~、それはそれはな持ち物で。へぇ、アレって、あんなに長いのね。とか。あの状態で歩けるんだね。とかみんななんかニヤニヤしながら話していたものである。

悪いことに、この時の彼は外の一番手で、確か前日売りでは一番人気だった。なので、中継でもその姿を詳細に映さないわけにはいかなかった。つまり、そのなあれをブラブラさせた姿を全ネットで放映されてしまったのである。GⅠでっ気を出すなんてほとんどおらず、しかも人気がそんなアレになってしまうなど前代未聞の事であった。

しかし、馬券常識では「っ気を出したは消し」というのがあり(レースに集中出来ていないのだから当たり前だ)、ピルサドスキーは一気に3番人気にまで人気を落としてしまう。代わりにウホッと思った方々の支持を集めたかは定かではない。

ところがである。ピルサドスキーは直線、恐るべき切れ脚を繰り出してエアグルーヴを差し切ってしまうのである。エアグルーヴ武豊騎手は「璧なレースをしたエアグルーヴをまさか差し切るがいるとは」と愕然としていた。

まぁ、強さどころかアレの見事さまで披露してカルティエ賞最優秀古タイトルを手土産晴れ種牡馬入りしたピルサドスキー。当然、産駒に期待が集まったのであったが……。

初年度に勝ち上がったが0頭という惨憺たる有様に終わり、アイルランドに再輸出されて障用の種牡馬となった。しかしこちらでも活躍は出ずじまいで、現在は功労となっている。

パドックっ気を出していても消せるばかりではないという教訓を与えてくれたピルサドスキー。もっとも、その後GⅠのパドックっ気を出している人気を私は見た事がい。

ピウスツキ?

ところでこの名前はピルサドスキーとされているが、正確にはPilsudskiという名前である。これは名前であるPolish Precedent(ポーランドの先例)からイメージしたユゼフ・ピウスツキ(ポーランドの初代元首)から取られたものであるとされている。このことはちょっとした騒動を引き起こした。

ジャパンカップにPilsudskiが出走する際、JRA馬主側に「これなんて読むの?」と聞いた結果、「ピルサドスキー」として登録してしまった。モデル名前からすると「ピウスツキ(あるいはピルスツキ)」と発音するのが正確であるが、単純に英語読みしてしまったせいでピルサドスキーとしてしまったのである。

例えるならこれはアメリカレースに「イトウヒロブミ」というを出走させたら、名が「Itto Hiraubumi」になっていたというレベルのことであり、下手したら国際問題になるんじゃね? という議論が巻き起こった。

でも初代元首の名前を付けたっ気出して話題になる方が国際問題になってた気もするんできっとこれでよかったんだよ。

血統表

Polish Precedent
1986 鹿毛
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admirals Voyage
Peririoner
Past Example
1976 栗毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Bold Example *ボールドラッド
Bold Lad
Lady Be Good
Cocotte
1983 鹿毛
FNo.11
Troy
1976 鹿毛
Petingo Petition
Alcazar
La Millo Horn Beam
Pin Prick
Gay Milly
1977 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Gaily Sir Gaylord
Spearfish

クロス:Petition 5×4(9.38%)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピルサドスキー

82 ななしのよっしん
2021/12/14(火) 21:08:30 ID: h7HariJrOW
正しくはピウスツキだったのか

球場によってジョージ・マッケンジーって呼ばれたり
ハイデック・マツゥイって呼ばれたりするようなもんだな
83 ななしのよっしん
2021/12/14(火) 22:35:24 ID: BdADnBjTxz
>>79
サムライハートゴリラ
ジャスタウェイと一緒に走ってそうな名前だなあ
84 ななしのよっしん
2021/12/15(水) 03:39:09 ID: LjPTN6hYDl
>>74 >>75
一般的な競馬関係者および、お前虐待者呼ばわりしたわけじゃない。
ここでは「失敗種牡馬」の烙印を押したがる、おもしろおかしい情報だけを追いかけてるネットでかいだけの連中を区別して言った。
85 ななしのよっしん
2021/12/15(水) 03:44:22 ID: LjPTN6hYDl
動物愛護思い出したけどレッテルとしての用法ならば、それは動物番組で動物映像アフレコしてるようなのと変わらない擬人化コンテンツのほうじゃないのかな。
86 ななしのよっしん
2021/12/15(水) 03:47:30 ID: RG4LMPEc7U
種牡馬として失敗したのは事実だからそれを否定するのはのためにならない
一代限りであったとしても強いということは良いを多く産み出すことに劣らないとするべきだよ
87 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 22:58:09 ID: tsdMpIdGnp
失敗種牡馬なんてあのオグリキャップもその一頭だからな
自身の強さと産駒の強さは必ずしも例するわけではないんや
かと思った三冠馬を出したステゴなんてのもいるから本当にが深い世界だよ
88 ななしのよっしん
2021/12/17(金) 00:00:47 ID: NZZZTcx26q
>>85が何をして言っているのかよく分からないんだが。
擬人化コンテンツ動物虐待だと言いたいのか?
それとも擬人化コンテンツ動物愛護キチだと言いたいのか?
まあどっちだろうとピルサドスキーとは関係ないから、ぶっちゃけどうでもいいことなんだが。

>>87
ステゴぶっちゃけ、わけわからんだからな。
オペラオーとかはもうちょっと良いにつけられていれば、というもあり、ピルサドスキーは詳しく知らんけど「ポストサンデーサイレンス補」とまで言われてたんだから良いも付けられていただろうに失敗。
ステゴの質関係なくGI馬連発……。
89 ななしのよっしん
2021/12/17(金) 02:34:32 ID: qjtea0ZGah
ステゴステゴ良血だからまあ
90 ななしのよっしん
2021/12/18(土) 21:27:19 ID: D1jYIZFNkb
ヒシアケボノよりでかくて、ふらふらよれまくりしながら勝利したり、G1取った時も、共にパドックっ気だしてたサトノティターンってもいたな・・・
91 ななしのよっしん
2022/01/05(水) 22:24:53 ID: aYZoWxr9tx
今更ながら、5本足と化したのって他のレースでもそうだとか、
よくエアグルーヴで昂ったとされてるが闘争心?一種のルーティーン?でそうなってたとか聞いたりしたけどどうなの?