ピレリ単語

ピレリ

ピレリとは、イタリアミラに本社があるタイヤメーカーである。

概要

1872年に、電線や通信ケーブルなどの企業として創業(ケーブル事業は2005年に売却)、1890年に自動車タイヤを製造、発売した。

モータースポーツへのタイヤ供給に積極的で、F1世界選手権にも過去4度参入している。
現在2008年よりWRC2010年よりGP32011年よりF1およびGP2タイヤを単独供給している。 

F1での活動

第1期(1950~1958年)

初年度より、アルファロメオフェラーリマセラティタイヤを供給、当初は圧倒的な勝率を誇っていた。
1954年メルセデス・ベンツが台頭すると勝利を得られなくなるが、翌年途中に撤退すると再び勝ちを重ねるようになった。
しかし1958年に有コンストラクターダンロップ、コンチネンタルを使うようになり、ぴれりは勝利することができず、その年を以て撤退した。

第2期(1981~1986年)

 1981年に活動を再開、ライバルはグッドイヤー、ミシュランだった。当初はアロウズ、フィッティパルディ(コパスカー)、トールマンに供給した(ただし複数メーカーの利用が可だったため、必ずしも使われるとは限らなかった)。
復帰初年度の開幕戦で、アロウズのパトレーゼポールポジションをピレリタイヤで獲得するが、表台に二回上るまでにとどまった。

1983年ロータスに供給し、ポールポジションと表台を1回獲得するが、翌年にはグッドイヤーに乗り換えられてしまう。

1985年途中を以てミシュランが撤退したことで、多くのチームがピレリを選んだことで、大きく飛躍することとなった。第7戦ではブラバムネルソン・ピケによって28年ぶりの優勝を手にした。

1986年にはトールマンを買収したベネトンが使用。ポールポジションを2回、優勝を1回経験する。
しかしグッドイヤーとの性に差があったため、性良のために2年間の休止を決断した。 

第3期(1989~1991年)

活動を再開したピレリは、グッドイヤーよりも安い価格で供給したことで、資難のチームを中心に使われるようになった。路面の摩擦が少ないストリートコースなどでは圧倒的な性を誇るも、パーマネントコースでは苦戦する特徴を持っていた。
また、当時使用が認められていた予選専用タイヤ(Qタイヤ)では、一度使用したタイヤの表面を削る(皮むき)ことで再利用ができるものを投入した。

初年度は3位表台を2回獲得(ブラバムスクーデリアイタリア)するが、翌年にティレルに供給されると、ジャンアレジよって二度の2位台を手にした。

1991年にはベネトンにも供給した。開幕戦はストリートコースで会ったため、ベネトンのピケが3位、ティレルステファノ・モデナ、中嶋悟が4,5位を獲得した。
モナコGPではモデナが予選で2判グリッドを獲得、カナダGPではピケが5年ぶりに勝利をもたらし、モデナが2位に入って1-2独占となった。
しかし、パーマネントコースでの性の悪さが足を引っり、それ以上の活躍はできなかった。
この年を以てしばらく撤退することとなった。ちょうど参戦から200戦だった。 

第4期(2011年~

2007年ワンメイク規定になった後、2010年まで単独供給してきたブリヂストンが撤退を決めたことで供給に名乗りを挙げ、2011年より20年ぶりに供給することとなった。

FIAからはショーとしての盛り上げのためにタイヤ交換を頻繁に行わせるよう摩耗しやすいものをめられ、ブリヂストンべて特性が違うことは想定されていたものの、タイヤグリップがある時点で急に失われる特性は、ドライバーの安全にも関わるため、開幕時よりも批判が集中した。

また、左右へのたわみが大きいことでコーナリング性が劣り、キャンバーを付けて補おうとするとブリスターが発生してさらにグリップが減る問題が明らかとなった。

2013年にはトレッド部分の接着方法を変えたが、それが大きくはがれる問題が多発した。イギリスGPでは、4台のマシンタイヤバーストに見舞われた。
これら問題に対して、ドライバーからは十分な良が認められなければ出走しないというボイコットを起こされるに至った。

FIAとの契約は3年間であるため、ここで十分な良が認められなければ延長される可性も低いだろう。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%94%E3%83%AC%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピレリ

1 ななしのよっしん
2014/10/21(火) 21:26:18 ID: eJidABA/fF
高いのは高性だが安物はすぐヒビるクソタイヤと品質が安定しないメーカー
どうも廉価品は中国南アフリカなどで生産してるっぽい

2 ななしのよっしん
2018/01/30(火) 20:09:20 ID: OvRvXppKEV
中国に買収されてしまったか・・・。
ドラゴンみたいなインチアップ用の安いやつはダメダメだけど、チントゥラートシリーズ素晴らしい
Bセグメント用普及モデルP1を使ってるけど、100km/hをえたあたりの安定性、の日のグリップハンドルを切るときの感覚のつかみすさは産の同じ価格帯のエコタイヤとはべ物にならないぐらい良い。空気圧が下がったのが分かりやすいのも個人的に有り難い(大抵その前に空気入れるけど0.2キロ下がっただけでもなんかザラザラした乗り心地に感じる)。
3 ななしのよっしん
2018/02/03(土) 17:33:06 ID: BOYhPQwkFq
WRCでもあまりいいイメージないなぁ。ローブ全盛期の頃、スバルが使ってて
に強いがそれ以外ダメダメみたいに言われてた記憶がある

急上昇ワード