ファイアブリンガー単語

ファイアブリンガー

ファイアブリンガーとは、

  1. ゲームサガ スカーレット グレイス」に登場する邪神
  2. 1.をモチーフに作られたウイスキー。→ファイヤーブリンガー

本項では1.について記述する。

概要

世界を創造した十二は、地上に住んでいる弱く惨めな人間のことを哀れに思い、火を伝えるであるファイアブリンガーを地上に遣わした。ファイアブリンガーは火で暖を取ったり、生活を豊かにすることを人間に教えたが、同時に火で争うことも教えてしまった。そこに魔が欲望という心を吹き込んでしまい、人間は自らの欲を満たすために争い始め、更にはたちに対しても向かうようになってしまう。魔、人間魔物は長い時を争うようになってしまい、そこでファイアブリンガーはそれを止めるべく、である精霊を味方に付けようと画策する。その結果、精霊側に付き、魔と魔物は勢を失い、永き戦いに終止符を打った。

が、ファイアブリンガーは、戦いを意図的に長引かせた邪神としてこの世界を追放されることになる。たちは「7000年に1度」だけこの世界に戻ることを許したが、邪神ファイアブリンガーは「1000年に7度」と書き換えてしまう。たちはまたもこの世界に争いが起きてしまうことを危惧し、「緋色の彗星ファイアブリンガーは、世界に災厄をもたらす邪神である」人間啓を授ける。1000年に7度、つまり約150年に1度ファイアブリンガーはこの世界に帰還すると、それに応えるかのように魔と魔物が活発に活動し始めた。その度に人間はファイアブリンガーを迎え撃ち、の彼方へと追い返すことに成功する。そして7度の戦いでファイアブリンガーは全に消滅し、自らの姿が数の破片となって地上に降り注ぐこととなった。
 
 
※以下ネタバレ注意※















真相

…というのはたちが自分らにとって都合のいいように書き換えた全くのデタラメであり、人間からすれば創造であるのこの伝承を何の疑いもなく信じ続けた。そして公式サイトゲーム本編相は明かされなかったので、緋の啓が発売されるまでプレイヤー達も長い間騙され続けた。

そもそも世界を造ったのは十二ではなく、元々何もない状態で世界だけが生まれ、最初は精霊、次に原初の、他の々、生物魔物人間が生まれた。この原初のというのがファイアブリンガーである。ファイアブリンガーが人間に火を授けたのは真実だが、のない人間を哀れに思ったのもファイアブリンガー自身である。そして間もなく、後に生まれた々が界の覇権争いのために人間を使役したり、精霊を奪ったりとやりたい放題し始め、それに見かねたファイアブリンガーが外界から新しい々を呼び寄せて事態を収束させ、他の々は魔に堕ちた。この外界の々というのが十二に当たる。

十二はこの世界を救ったことで文字通り格化されたが、それ故にこの世界の原初のであるファイアブリンガーを疎ましく思い、この世界を譲ってくれないかと交渉する。ファイアブリンガーは時折この世界に戻れるようにすることを条件に、十二の要望を受け入れることにした。 たちは最初「1000年に1度」を提案したが、ファイアブリンガーは「700年に1度」を希望した。そしてたちはその要望を受け入れるフリをしつつ、「7000年に1度」と書き換えてしまう。しかしの企みに気付いたファイアブリンガーは「1000年に7度」と書き換えることに成功する。その後、たちは自分たちの物となったこの世界をファイアブリンガーが取り戻そうとするのではないかと恐れ、上述の啓を人間に授ける。内容は同じだが、その啓を授けるまでに至った理由は全く別物であり、これもたちにとって都合のいいように人間を利用しているだけである。

一方でファイアブリンガーも世界を自らの手に取り戻そうと画策するのだが、十二を相手にできるほどのはなく、魔となってしまった他の々と協するのは難しい。そこでこの世界に最後に生まれた人間にこの世界のことを託そうと考え、帰還の度に見極めることにした。そして7度の帰還の後、裁定の最終段階としての自身を数の破片──「緋の欠片」へと姿を変え、地上に降り注いだ。人間側からすれば邪神であるファイアブリンガーが消滅したこととなり、邪神を打ち倒すための帝国は崩壊し、たちも界の覇権争いを始め、魔は自身らを封印したを打倒すべく暗躍し始め、世界は再び混乱の世となった。ファイアブリンガーは、このような戦乱の世になったからこそ、この世界を託せる人間が出てくるのではないかと期待し、遂には緋の欠片の本当のに気づく者が現れ始めた。緋の破片がもたらす様々な出来事も全て試練であるとファイアブリンガーは考え、それらを乗り越え、自らの領域──アイ・ハヌムにたどり着いたものに自身と戦うことを最後の試練(今作のラストバトル)として課すのであった。

プレイヤー達からの評価

ファイアブリンガーはタイトルロゴを飾っており、公式サイトにも堂々と登場しているので、どのプレイヤーストーリーに関わってくると予想はできるのだが、最後に戦うことになる経緯が全くわからない、いわゆるぽっと出のラスボス感が拭えなかった。同じく邪神であるロマサガ1サルーインのように手下たちが暗躍していたりすることもない。ゲーム本編に登場するキャラクター達もファイアブリンガーは「邪神」、緋の破片は「不吉な物」とだけしか言わないため、プレイヤー側からすれば事の相にたどり着けるはずがなかった。ところが緋の啓が発売されると一変、ファイアブリンガーこそが世界の原点に近い存在であり、人間を見守るであると判明し、プレイヤー達からのは大きく上がった。それと同時に十二こそが諸悪の根源であり、人間を自分たちの都合のいいように扱う非常にゲスい存在であることも判明した。というか大体マリガンのせい。

最後の試練

前述の通り、ファイアブリンガーは今作のラスボスとして立ちはだかることになる。ファイアブリンガーは3つの形態を持っているが、1回の戦闘で3形態を相手にするのではなく、1形態毎に一旦戦闘が終了する。また進行ルートによって各形態の強さが変化し、黒幕との戦闘が発生したりする。

ちなみにサガフロンティアのオルロワージュのように人の状態であるラスボスはいたが、ファイアブリンガーは全ての形態で人の状態を保っており、これはサガシリーズでは初である。また、RPGラストバトルと言えば、破壊や殺戮などの非人的な的を持った敵を倒して食い止めるというのが一般的であるが、ファイアブリンガーにはそのような背景は一切く、あくまで乗り越えるべき試練であるという今までのRPGでは類を見ない戦いとなっている。

ファイアブリンガー戦の戦闘曲は「ファイアブリンガー組曲」というものであり、各形態毎にサブタイトルが付けられている。第一形態時は「火を与える者」、第二形態時は「火で惑わす者」、第三形態時は「火を産みし者」、いずれのサブタイトルもファイアブリンガー自身のことである。

第一形態

の恩寵を技として使用する。この形態は素さがかなり高いせいで先手を取るのが難しく、使ってくる技も非常にたちが悪いので、対策なしだと問答用でハメ殺される。今までのような戦い方では勝つのは困難であり、第一形態が一番強かったと言うプレイヤーも少なくない。HPを削りきると1回だけHP全快状態で復活する。ちなみに行動前にHPを削りきった場合はそのターンの行動はスキップされる。

アシュテールの陰影、カダの陰影

味方全体のHP回復+ステータス異常回復

ウズメの陰影

味方のBP+2

強さのレベルが低いと1ターンに高い確率で使ってくる。いわゆるボーナスターンなのでこのターンのうちにファイアブリンガーの素さを下げておきたい。

シャムスの陰影

敵全体に電属性ダメージ+スタン効果

第一形態では最も警すべき攻撃。攻撃は並だが、スタンの発生確率が非常に高く、高い素さから繰り出されるこの技は非常に脅威。対策しないと文字通り手も足も出ないまま全滅することに。プロテクト技で守るなどの工夫は必須。

ディーマージュの陰影

敵全体に冷属性ダメージ混乱効果

シャムスの陰影と同様に高確率混乱にさせてくる。複数人が混乱してしまうとほとんどBPを食われてしまい、最悪次のターンは何もできなくなってしまうため要注意。

マリガンの陰影

敵全体に突属性ダメージ

攻撃は高いが、ただのダメージ攻撃なので、シャムスの陰影やディーマージュの陰影とべたら大した脅威はない。

第二形態

自らの分身を召喚し、自身は技をメインに攻撃してくる。セオリー通り戦えばそれほど難しくない戦いだが、火力が非常に高いので、一手誤ると途端に厳しい戦いになる。第一形態同様、HPを削りきると1回だけHP全快状態で復活する。

ファイアサーバント、ライトサーバント、シャドウサーバント

自身の分身を3体呼び出す(同時に出現できるのは4体まで)

1ターンに高確率で使用する。強さによって技名が違うが、基本的にはどれも同じ。これで呼び出された分身はファイアブリンガーをプロテク ト技でったり、ファイアブリンガーやプレイヤーキャラの技をコピーして使ってくる。厄介と言えば厄介だが、分身は連撃の起点にも利用できる。

サクション

サーバントを1体消滅させ、自身のHP回復+防御アップ効果

使用頻度は高くないが、せっかく削ったHPを回復させられてしまうため、なんとしても使われるのを食い止めるべき。サーバントはそれほどHPが高くないので、全体術で一掃してしまうのが一番手っ取りい。

音速剣

敵単体に突属性間接攻撃ダメージ

第二形態一の良心。ただし強さのレベルが低くないと使ってこない。

二刀烈風剣

不定の4連続属性ダメージ

こちらが使ってても強いのだから、敵に使われたら弱いはずがない。安易にプロテクト技で守るとほぼ全部当たる可性もあるので注意。

デスブリンガー

敵単体に属性ダメージ+LPブレイク

攻撃が高い上にLPを削ってくるため、非常に危険。第三形態のことを考えると、LPが低いキャラはこの戦闘には出さないほうが難。

不動剣

敵単体に属性ダメージ+使用ターンに受けたダメージ量に応じて威上昇

リザーブ技を除けば第二形態最高火力。構えたターンサーバントの駆逐に専念する、被弾率が高い位置にいるキャラプロテクト技で守るなど、とにかくこの攻撃で受ける被害は最小限に留めたい。

喪神無想

カウンター技/属性ダメージ

まともに受ければ半壊するので、リザーブ技を構えているターンに接触攻撃は厳禁。間接攻撃を使えば解除できるが…

剣風閃

インタラプト技/敵全体に属性ダメージ+スタン効果

音速等でリザーブ状態を解除しようとするとこの攻撃にハメられてしまう。喪神無想とこの技を判別する術はいので、立ち回りは慎重に。

二刀荒時雨

インタラプト技/敵単体に突属性ダメージ

第二形態では規格外の威を誇る。しかしBPコストが高いので序盤は使ってこず、と反応する属性が違うので、構えられても判別は可。意外にも強さのレベルが上がると使ってこない。

第三形態

両手に携えていたを地面に突き刺し、呼び出した隕石に乗った形態。スケールは大きくなったが、隕石はただのオプションであり、ファイアブリンガー自身は別に大きくなったり、姿が変わったりはしておらず、相変わらず人を保っている。2本のレーヴァテインという名のお供として登場。レーヴァテインはファイアブリンガーをったり、カウンター技を構えたりするので、連撃を狙いつつ、めに撃破しておきたい。ファイアブリンガーは最終形態らしく強な全体攻撃を頻繁に仕掛けてくる。この形態のみHPを削りきると2回復活する。

サイコキネシス

敵単体に突属性間接攻撃ダメージバンプ効果

は大したことないが、バンプ地味厄介

クリムゾンフレア

敵単体に熱属性間接攻撃ダメージ+攻撃ダウン効果

破格の威だが、ヴァッハ神と違って通常通り3ターン詠唱が必要になるので、正直ただの隙でしかない。この詠唱中にHPを削りきれば詠唱リセットされる。当然といえば当然だが、強さのレベルが高くなると使ってこない。

メテオブリング

敵単体に打熱属性間接攻撃ダメージ

特に厄介な効果もいので、他の攻撃とべると大したことはない。

ゾディアックフォール

敵全体に冷電属性ダメージ+BP-2

ロマサガ3以来の顔見せ。こちらのBPを下げてくるので、連発されると非常に危険。

ぶちかまし

インタラプト技/敵全体に打熱属性ダメージ+スタン効果

第三形態一のリザーブ技。それ故に構えていれば簡単に見切れるので、実質的にボーナスターンになる。

ファイアブラスター

敵単体に突熱属性の間接攻撃ダメージ+怒り効果

お供が生存している状態で使われると攻撃ターゲット定がぶらされるので、なかなかに面倒な攻撃。攻撃も高い。

ギャラクシィ

敵全体に打属性ダメージ+BP-3

第三形態では最も危険な攻撃。威が高い上に低下するBP量も多く、終盤に連発されるとこちらはまともに行動できなくなる。ターン経過でBPが増えない形はこの戦いには不向き。

ヴァーミリオンサンズ

敵全体に熱属性ダメージ

特殊な追加効果いので、ギャラクシィにべたらかにマシ。とは言え攻撃は非常に高い。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファイアブリンガー

3 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 13:48:08 ID: ER6oT+7IeN
太陽と月がなくていている世界観だけど
ファイアブリンガーが本来太陽となるべきだったのかな?
4 ななしのよっしん
2018/08/07(火) 12:55:44 ID: 5T15P0+htS
緋色まだ始めたばかりだけど、詩人の正体はファイアブリンガーってことでいいのかな
5 ななしのよっしん
2018/08/08(水) 22:23:53 ID: H3rKugYq1d
第一突破できれば余裕やろって思ったけど第二がインタラプト技とか全くせずに二刀流の技しかして来なくて積んだ
もしかして進め方で使う技も変わるのか?
6 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 08:43:04 ID: /150XU2fyg
ウズメの劇みたいな感じで人間広めて行ったんだろうな
ってほんとだわ
7 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 21:13:03 ID: KTW2UMQccm
というか第三シナリオが何かでラスボス戦前の経緯が若干変わってくるので
(戦う前の会話台詞も全部違うし)
ぽっと出で戦う時もあれば因縁固まって戦うこともあったりするし
マリガンのせいも???というプレイヤーも居ると思う。
8 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 22:46:51 ID: 4EpxX9oxqN
第一形態が一番めんどくさい
つまりクソ
9 ななしのよっしん
2018/09/15(土) 09:22:28 ID: 0KIcKxCJ5d
ゲーム内の詩人りとかはとにかく悪戯っぽい性格に描かれて北欧神話ロキってぽい感じだね
相の姿は七英雄的な印
10 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 20:46:09 ID: ER6oT+7IeN
第1形態…スタン混乱祭りでなすすべもなく全滅
第2形態…サガスカの万武器である二刀流とお供のエコーのせいで下手な技を打つと倍返しにされる
第3形態…ギャラクシーを始めとした強な全体攻撃でゴリ押しされる
そして、全形態を通じて殺されても復活してくる
ファイアブリンガーってプレイヤーが敵にやって来た事をプレイヤーにやってくるイメージがある
11 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 18:17:48 ID: dgyEo0WPbA
シグフレイファイヤーブリンガーってのはバルマンテ編で分かったが、マリガンが悪いってのは進め方が悪いのか分からない
何周もやり込まないと分からないことが多いのかね
寝して平野ませたから号泣したエピソードの後にシグフレイしたり顔みると笑える
12 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 02:04:01 ID: wYnMDVTHJK
>>11
タリア編でマリガンガッツリ絡んでくるシナリオがあるからそこじゃないかな

みんな、ラスボスだし苦しんでるんだろうけど、ラスボス戦ってないのかな?