ファイアーエムブレム エンゲージ単語

ファイアーエムブレムエンゲージ
6.6千文字の記事
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

ファイアーエムブレム エンゲージとは、2023年1月20日発売のNintendo Switch向けシミュレーションRPGである。

未来を繋ぐ、指輪物語

千年前、人々と邪との間で戦争が起きました。人々は異界英雄「紋章士」の助けを借りながら各戦士とともに一丸となって戦い、長きにわたる戦いの末邪を封印しました。しかし、時が経つにつれ封印のが弱まり、邪復活の兆しが見え始めたのでした…。

概要

ファイアーエムブレム エンゲージ
ジャンル シミュレーションRPG
開発元 インテリジェントシステムズ
販売元 任天堂
機種 Nintendo Switch
発売日 2023年1月20日
価格 パッケージ版:
7,678円(税込)
DL:
7,600(税込)
限定版:
10,978円(税込)
限定版(特典のみ):
4,400円(税込)
CERO B(12歳以上対)

ファイアーエムブレムシリーズ最新作の舞台は、4つの王と1つの聖地からなる世界「エレオ大陸」。

本作の主人公神竜リュール男女の姿を選択可)」。邪との戦いの後、千年の間眠っていたためか、自分が何者であるか思い出せない主人公で、邪復活阻止するため、各で出会う仲間たちと共に戦うロールプレイングシミュレーション

主人公指輪に宿る、異界英雄である紋章士を呼び覚ますことができる。主人公仲間たちは指輪を付け、紋章士のを借りることでステータスが上昇し、より強などが使えるようになる。さらに、紋章士とキャラクターが「エンゲージ」(合体)すると、強必殺技を放つことができる。初報PVではマルスシグルドといった歴代シリーズ主人公キャラクターとのエンゲージ開されている。

キャラクターデザインイラストレーターMika Pikazoが担当。

の人々や指輪に宿る紋章士と出会い、縁(えにし)を深めながら、世界を守るために戦う、壮大な冒険が始まる。

ストーリー

人間生きる地「エレオ大陸」。

千年前、世界を滅ぼさんとする「邪」との戦争が勃発。

人々は異界英雄「紋章士(エムブレム)」のを借り、長きにわたる戦いの末、邪の封印に成功。

世界は安寧を取り戻していた。

しかし、時が経つにつれ封印のは弱まり、ついに邪復活の兆しが現れたとき、
主人公は千年の眠りからを覚ます。

神竜の王であるの願いを受け継いだ主人公は、
かつて共に戦った紋章士たちが宿る12個の指輪を集めるに出るのだった。

(公式サイト出典)

紋章士と12の指輪

本作の玉要素。
紋章士と呼ばれる異界英雄たち(過去主人公たち)の意志とを宿した指輪が登場。
装備する事で顕現し
(見た的にはジョジョスタンドに近い状態)、装備者のアップし、指輪に宿るスキル(シンクロスキル)も効果を発揮する。
尚、DLCでも紋章士を入手できるが指輪ではなく「紋章士の腕輪」となり、システム上は指輪と同一の存在だがストーリー上は指輪とは区別される、ということになる。

そしてカウントを溜めて『エンゲージ』を発動する事で3ターンだけ英雄合体、一時的にさらなる強化が発生し、「エンゲージスキル」「エンゲージ武器」「エンゲージ技」が使用可となる。

英雄たちと味方ユニットとの間にはレベルがある。
レベル上昇で新スキル、新エンゲージ武器などが解禁されていく。また、一部のスキルを引き継げるようになったり、クラスチェンジに必要な「素質」を手に入れることも可

シンクロスキル・エンゲージスキル

紋章士の指輪を装備することでその紋章士の持つスキルシンクロスキル」が付与される。
複数のスキルがまとめて付与され、特定の戦法に向いているスキルっているもの、その紋章士の出演作品独自のシステムが限定的に使えるものなど、ユニットの使用感が大きく変化する。
一部のスキルはSPを消費して継承でき指輪なしでも使用可になるが、強スキルはSPがかなり高い。

さらに、エンゲージすると「エンゲージスキル」という特殊な強化効果が追加で得られ、追撃が発生して最大3回攻撃できる、移動が+5されるなど、紋章士ごとに異なるとんでもない強化効果が発生する。

エンゲージ武器

英雄が持っている武器を拝借して使用できる、ユニット側の兵種や武器レベルに関わらず使用可
原作での主人公用の器ばかりではなく、例えば「ゆうしゃのやり」「ハンマー」「リカバー」など的確に使えば劇的な効果を発揮するもの、見た仕様旧作準拠で懐かしさを感じるモノなど、その幅は広い。

エンゲージ技

エンゲージ中1回だけ使用可超必殺技、単に高威なだけでなく、複数の敵に攻撃したり、他の特殊な効果を伴ったりと色々なものがある

な状態だが、発売前の時点で敵側も指輪を用いてエンゲージしている場面も確認。
プレイヤーにだけ有利な要素にはならないようだ。

ルキナって覚醒主人公だっけ。

バトルと育成

ゲームの要となるシステム要素を紹介
基本システムシリーズ恒例のターン制SRPGだが、前作風花雪月から様変わりした要素も多数。
風花雪月がかなり異色だったのもあって旧来の仕様に戻った要素も多い。
システム傾向の両面においてユニット同士の相性が極めて強く出るバランスのため、強いユニット適当に放り込んで無双というわけにはいかない、ファミコンウォーズのように相性的に有利なユニットを適切にぶつけていく必要がある。

三すくみの復活とブレイクシステム

一時期止されていた「3すくみ」が復活・強化されて帰ってきた。
従来と同じくジャンケン状態となっている他に、魔法、短(投擲武器)などの遠隔武器に体術は弱いという性質も追加された。

そして、相性有利の武器自分から攻撃を当てると新システムブレイクが発生。
なんと武器を取りこぼしてこの戦闘とその次の戦闘が終了するまで反撃不可となる。つまり敵の弱点を突いてブレイクすれば、その次に同じ敵に攻撃を仕掛ける味方は反撃を受けず一方的に攻撃可
論これは敵味方共通のシステムなので相手も容赦なく狙ってくる。

有利な武器で攻撃すれば反撃を受けることはほぼない不利な武器の敵が混ざれば反撃が頓挫する言えば戦闘バランスにどれほど強が出るかは解るであろう。
第1作からずっと続いている反撃側有利(つり出しや地雷戦法の有利)を緩和する攻撃側有利のシステムであり、相性を見て適切な武器と兵種をぶつけていく必要性が生じている。
尚、ユニットが今持っている武器の種類はヒーローズとほぼ同様の形式で常時表示されており、画面を見れば即座に確認できる。

武器と武器レベルについて

今作の武器は、ifと同様使用回数の制限はなく何度でも使用できる
そうでありなあがら高レベル武器に特殊なデメリットがつけられているわけでもないため、原則的には武器レベルが高ければ強い武器や特殊な効果のある武器を使用できるようになっていく。

その一方で、今作の武器レベルは兵種毎に固定されているため、複数武器持ちの上級職より単武器の上級職のほうが、騎兵より歩兵のほうがより強い武器を使用できる、といったような形式になっている。

スマッシュ

今まで「てつの大剣」などとなっていた大武器についた特殊効果。
これらの武器は追撃できない上攻撃時にも後攻になってしまうが、攻撃時に敵を1マス後ろに吹き飛ばすことが可となった。後ろに他のユニットがあり動かせない場合はかわりにブレイクする。
アーマー系が反撃をする際に持たせるなどすると有効に働く。

竜の時水晶

エコーズ以来お染みとなった時を巻き戻せる効果のある具。1回の消費で限に巻き戻せるが、乱数は変わらない(一緒に巻き戻る)ため、戦闘結果を変えるには別の手を打つ必要がある。

ノーマル制限、ハードルナは10回/1マップと前2作よりかに多く設定されているが、今作は登場以来もっとも戦略性が高く、敵に殺到されて捌ききれない、対応できる味方がその場にいないなど、1戦闘の可否程度ではどうにもならず大きく戻す必要がある場合も多々ある。

余った回数の成長吟味への使用は、ハードではそのステージが終わるまで結果が保持されるので、そのマップレベルを上げるか見送るかで吟味が可(他難易度は要加筆)

地形効果

久々MAPが入り組んだ構造に回帰しており、SFC時代のようにマップチップを並べて作ったような構造のため風花雪月マスや地形が視認しやすい作りになっている。
茂みや砦などは高い回避率を得ることができ、特に戦闘スタイル「隠密」は回避として機する。

その他

リセット・やりなおす

戦闘中は「やりなおす」、戦闘以外は「リセット」でこれまでのソフトリセットと同じことが可
「やりなおす」は乱数も再設定されるので、開幕の乱数が悪い場合もハードリセットする必要はない。

オプション

マス表示の可否、ユニットの移動操作を従来通りに戻すなど、色々な設定が可
操作に慣れない場合は一度確認すると結構細かく設定できる箇所がある。

兵種と戦闘スタイル

多種多様な兵種(クラス)は今作にもあり、ユニットの強さを決定づける重要な要素となる。

兵種は使用可武器武器レベル上限、成長率、戦闘スタイル(後述)が異なっており、先述のブレイクシステムの関係上重要な要素となる。そもそも武器相性を投げ捨てていた風花雪月が異例だった。

戦闘スタイル

全ての兵種は8種類の戦闘スタイルのいずれかを持っており、なんらかの特殊な性質を持っている。
特定戦闘スタイルユニットに大ダメージを与える特効武器があったり、特定戦闘スタイルユニットが使う場合に効果が強化される紋章士がいたり、敵味方含め様々な要素にする。

クラスチェンジ

クラスチェンジは従来と同様の下級→上級の2段階となり簡単に変更することは出来ないが、下級職から上級職へは「マスタープルフ」、それ以外は「チェンジプルフ」で違うクラスになることができる。

クラスチェンジのためには、そのクラスが使用する全ての武器の「素質」が必要で、例えばの素質があれば使用武器だけである全ての一般クラス(ソードナイト、ソードアーマー等)になることができる
しかし、持っていない素質であってもその素質を持つ紋章士の指輪から較的簡単に継承する事が可で、これによって元々の素質がないクラスにもクラスチェンジが可となっている。

マスタープルフ

下級職がLv10以上になったら、マスタープルフを使えば上級職になることが可
一般下級職の大半は異なる2種類のクラスチェンジ先か選択可で、王族は強な専用クラスを1つづつ持っている。
初期職が下級職であるユニット最低限そのどちらかの上級職にはなれるような素質を持っているが、違うほうにチェンジしたい場合は必要な素質を追加で継承する必要がある。

尚、今作仕様(後述)上、期にクラスチェンジしてもデメリットは少なく、メリットもある。

チェンジプルフ

チェンジプルフ」を用いると、『上級職→他の上級職』『下級職→他の下級職』『上級職→任意の下級職』のクラスチェンジが可。このときレベルは1に戻るため、言い換えればまた成長できるようになる。

旧来のFE覚醒とは異なり取得経験値は「そのキャラクターレベルアップした総計回数(内部レベル?)」に依存しているらしく、『上級職→他の上級職』とクラスを変更しても悪はないようである(要確認)。
逆に、下手に下級職にクラスチェンジするとレベルが上がりにくい状態で再びLv10まで上げなければならないため、非常にリスクが高い(下級Lv10以下のキャラを即別の下級職にして育てるという場合は除く)。

尚、キャラクターが初期から持っている素質の中で青色で表示されているのは「性素質」と言われるもので、これを活かせる兵種に就くと、一部の兵種では武器レベルが本来よりも一段階上になる。
大半のユニット仲間入り時に持ってる武器性素質であるが、実は全然違う素質がある、全く違う兵種のほうが性素質を活かせる、という場合もあるため要確認。

宙に浮かぶ離宮、拠点『ソラネル』

リトス上に浮かぶ拠点で、戦闘戦闘の合間に準備をしたり鍛錬をしたり、あるいは気分転換をしたりする。最初は建物以外何もないが『神竜が認めれば世界中のどこからでも出入りできる』と言う特徴があり、軍のメンバーや出入り業者が入った総合施設となる。
前作のように行動制限はないが、一部の施設は1戦闘毎の使用回数の制限がある。
(※まだ不全)

武器屋・道具屋

何の変哲もない武器屋と道具屋、章が進むごとに品ぞろえが増えていく。
ライブなど基本的なものは制限に買えるが、手などの特殊な武器マスタープルフ等は在庫制限がある。

錬成屋

武器を強化してくれる店、今作の武器は消耗しない上較的安価で強化してくれるので重要な要素となる。

錬成

一定のお金ステージクリア後に拾える『てつの晶石』などを材料武器改造できる、+がついて単純性が強化される錬成と、全く別の武器になる進化が可

紋章付与

のかけらを少し消費して武器に紋章士の紋章を付与し、性を強化できる。各紋章はそれぞれ1つの武器にのみ付与でき違う武器に付与すると前の武器の紋章は消える。
紋章は単純に強くなるものと大幅に性を偏らせるものがあり、後者はよく考えて付与する必要がある。

紋章士の間

紋章士の指輪(と腕輪)を管理する部屋で、紋章士からのスキルの継承、紋章士の指輪ほどではないが装備したユニットステータスが少しアップする「指輪」の精製、指輪磨きなどが可

鍛錬の間

仲間と戦うことができる鍛錬用の異間で、任意の仲間一人がランダムに選ばれた仲間と戦って経験値支援値が得られる「通常鍛錬」と、名した紋章士と戦ってレベルを任意に上げる「特別名鍛錬」が実行できる

料理

ユニットメンバーかが料理を担当し次の出撃時の自軍全体のを強化できる
料理を注文する際は、主人公と2名のユニットが相席でき、3人の間の支援効果が向上する

ワールドマップ

拠点から外へ出てワールドマップを移動し、ランダム出現するフリーバトルを行える。
過去作で言えば「if白夜」や「覚醒」、「聖魔の光石」のフリーバトルに近い要素。
ここでも行動や回数制限はいので気の済むまで戦闘での育成を行える。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

ファイアーエムブレムシリーズ
暗黒竜 - 外伝 - 紋章 - 聖戦 - トラキア - 封印 - 烈火 - 聖魔 - 蒼炎 - -
新・暗黒竜 - 新・紋章 - 覚醒 - if - Echoes - 風花雪月 - エンゲージ
♯FE - ヒーローズ - 無双 - 風花雪月無双

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファイアーエムブレム エンゲージ

1823 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 07:38:13 ID: Qwicz/iMUN
通常武器としてのエンジェルとかランスバスターもあって欲しかった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1824 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 08:04:43 ID: u2949O941I
ダイレクトDLC第2弾発表、即日配信とか来てほしいなー。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1825 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 10:16:21 ID: qsB3MW13ef
大剣・大・大のSランク武器があるから、DLCでSランクの長、Sランクの近接魔法(≒レクスサージ)、Sランクの特殊体術、あたりが来てくれるといいのだが、特に長は以前からスナイパー差別化要素になってるものだし

>>1823
システム的に異形特攻バスターが通常武器にあるとバランス的に危ないと思う(Sランク武器ならアリか)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1826 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 11:01:41 ID: EtsfUKvZcP
>>1822
そこら辺かやっぱり。
キンシップは安いからとりあえずこっちつけとくかね

ハード終盤まで来たが、大剣・大・大系は全然つかっとらんなぁ
地形に居座っているボスってのがあんまいないから、イマイチ使いどころがわからんかった
火力当てにキャラに持たせようとかとも思ったけど、トマホークやスピア投げているほうが便利だったし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1827 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 11:54:00 ID: HmWeerwesY
キンシップと引き戻しは全キャラに付けたくなる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1828 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 12:17:11 ID: uyvFm/gML1
>>1826

範囲エンゲージ技やブレスに巻き込めるように位置調整したり、通路からちょっとはみ出したを押し返して隙間にアーマーナイト捻じ込んだり(なんならアーマーで吹っ飛ばして再移動で詰める)がな使いだったかな自分は
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1829 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 13:18:39 ID: V9EVMUD43p
大剣とかは元威の高さだけ見てエンゲージ技の素体として使ってばっかりだったな
スマッシュを活かした記憶は全く
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1830 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 14:06:20 ID: F0KbaoykwV
ルナクラクリア
ストーリーは下の下だけど戦闘は面かった
>>1829
スマッシュ武器は強いよ
相手が固くなって攻撃が通らなくなるルナ終盤には使わざるを得なくなります
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1831 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 14:08:44 ID: BunWTyN8tc
スマッシュは後退先に障物があればブレイクが発生するメリットがかなりでかいけど、そのシステムがあることに気がつけていない人が多い気がする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1832 ななしのよっしん
2023/02/08(水) 14:24:01 ID: xXjyxk01Pu
スマッシュ武器はアーマー系が抱えてたな
どうせ追撃されるし物理ダメージは通らないからデメリットが打ち消せる
一応位置調整用で他のキャラにも持たせてたけどズラすより殺した方がい場面のが圧倒的に多かった
👍
高評価
0
👎
低評価
0