ファイヤージャグリング単語

ファイヤージャグリング
1.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ファイヤージャグリング(Fire Juggling)とは、火を使用したジャグリングの一種である。

概要

一部に火を使ったジャグリング
るだけでなく、危険なものを扱うスリルと、揺れる炎による幻想的な雰囲気をも醸し出す。

ジャグリング用具に、燃料を吸収できるような素材でできた部位を仕込み、そこに燃料をしみこませて火をつける。行う技などは通常のジャグリングと同じである。

通常、手でつかむ部分には火がつかないようにするが、耐火手袋水浸しにした手袋などを用いて直接つかむこともある。

火災の危険性があるため、素人が安易に行ってはならない
通常のジャグリングをほぼノーミスで行える技術があることは当然として、具・装・会場や観客への配慮、各種消火設備の準備などをしたうえで、十分な安全対策をしたうえで行うべきである。

不特定多数の前で行う場合、下記の法令により、消防署への届け出がほぼ必須である。

道具

ファイヤージャグリング専用の具が売られている。

これらは十分な安全対策がされているものであるが、それでも危険がある。
素人が自作改造して作るのは極めて危険なため、推奨されない。

スイングジャグリング

トスジャグリング

その他

燃える部分の材質

「ウィック」と呼ばれる。
グラスファイバーロックウールなど、耐火性物質で、布状またはスポンジ状のもの。

燃えるものを使うと、燃えカスが飛び散って非常に危険である。

燃料

基本的に灯油を用いる。
入手しやすく安価で、揮発しないため較的安全である。
あくまで「較的」であり、危険なことに変わりはない。

ガソリン・ナフサなど揮発性の燃料は間違っても使ってはいけない。
揮発したガソリンが周囲に充満し、ちょっとした火などで大事故につながるからである。
ガソリンの危険性については、それに伴う事件・事故を扱った記事が詳しい。

名古屋立てこもり放火事件京都アニメーション放火事件

服装

着衣着火の危険性があるため、特に袖口などに注意する必要がある。

毛羽のあるは(構造として毛羽がなくとも、着古して毛玉だらけになっていたりするものも同様)、表面フラッシュなどが起こって危険である。

耐火性の衣服を身に着けることが推奨されている。それでも、燃料が飛び散ったりすると燃え移る可性がある。髪の毛ももちろん可燃物のため、短くまとめたうえで耐火性の帽子などを被ることが推奨される。

法令など

消防法および都道府県火災予防条例などによる規制が存在する。
また、会場によっては独自の防火規定が存在する。

ほとんどの場所で、断での火気使用は禁止と考えて間違いない。
火気使用の際は、所轄の消防署に届出を行う必要がある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファイヤージャグリング

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ファイヤージャグリングについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!