ファインモーション単語

41件
ファインモーション
3.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

遅れてきた乗客

少し急ぎ足で来たんですよ
あふれるほどの才
詰め込んだバッグ抱えて

すぐに追いついたのだから
許してくださるでしょう
では先頭車両へと続く通路を
あけていただけるかしら

だってあの特等席は
このヒロインのために
予約されたシートだもの

JRA「名馬の肖像」 ファインモーションexit

ファインモーションとは、

  1. R-typeシリーズに登場する敵。初出はR-type FINAL
  2. 1999年生まれのアイルランド生産、日本調教の元競走馬、元繁殖牝馬本項で記述
曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
ファインモーション(ウマ娘)を参照してください。

な勝ち
2002年:秋華賞(GI)、エリザベス女王杯(GI)、ローズステークス(GII)
2003年:阪神牝馬ステークス(GII)
2004年:札幌記念(GII)

概要

*デインヒルCocotte、Troyという血統であり、半にはもういろんな意味でやらかしまくっていた*ピルサドスキーがいる。上記の血統を見ればだいたいの方はおわかりだろうが、良血だったためにもともとはクールモアグループが購入する予定だったとか。ところが日本木田牧場繁殖牝馬として購入、日本に輸入された。さらに競走馬となる予定がなかったにもかかわらず、伊藤雄二調教師第六感によって急きょ競走馬デビューが決まった。シックスセンス恐るべし。

ファインモーションはデビュー戦、スタートから先頭に立ってもったまま4身差で勝利。しかも上がり最速。おいおい、それどこのチートだよ?と普通なら思うだろう。さらにこの新馬戦、有がよく出てくる阪神2000mの舞台相手に大楽勝、というおまけつきであった。この後は調教師の判断と骨折に見舞われ、長期放牧へ。ディアヌ賞(フランスオークス)に出るという話もあったようだが、結局立ち消えになった。

3歳のに復帰したファインモーションは、500万以下、阿寒湖特別の二つのレースをいずれも5身差で圧勝した。いやー、やはり者ではなかった。

これだけで驚くことなかれ、重賞初挑戦となったローズSでは上の松永幹夫が手綱をほとんど動かすことなく3身差で重賞初制覇。そして敗で秋華賞へとコマを進めた。そしてこれがまたすごかった。武豊上が戻っても人気は1.1倍と「お前が勝て」と言っているようなものだった。レースでは好位置から抜け出すと秋華賞最大着差となる3身1/2の差で快勝。敗でGI仲間入りを果たした。さらにそのあとその年の秋華賞にとってはきつい関門のエリザベス女王杯に出走。しかしファインモーションにはそんなことは関係ないよと言わんばかりに2、3番手から上がり3F33.2の強な末脚を繰りだして優勝敗で古混合GIを制覇した。ちなみに2021年現在秋華賞勝ち3歳エリザベス女王杯を制したのはファインモーションとダイワスカーレットメイショウマンボのみであり、敗で芝の古混合GIを制したのは彼女以外には2021年大阪杯レイパパレしかいない。(ダートでは2019年チャンピオンズカップクリソベリルが達成している)

本来ならここで次の年に備えて休養に入ってもいいところなのだが、営はなんと有馬記念への出走を決断。ファン投票2位、1番人気とかなりの高い支持を受けたが、逃げの形をとったファインモーションにタップダンスシチーの1週まくりでペースを乱され、シンボリクリスエスの5着に敗れた。伝説はここで途切れてしまったものの、これまでの走りが評価され、最優秀3歳タイトルを獲得した。

2003年クイーンSから始動。圧倒的な一番人気に支持されるが、これまでの先行策ではなく差しの形となり、逃げオースミハルカにクビ差及ばず2着に敗れる。馬場とか、斤量差とかいろいろ言われたが、負けは負けである。続く毎日王冠でも圧倒的一番人気に推されるが、折り合いを欠いて7着。外国産馬の出走にもれたこと&獲得賞不足もあり、エリザベス女王杯天皇賞秋への出走を断念。「ならばここは!」という思いで臨んだマイルチャンピオンシップでは有利にレースを進めるが、ゴール前でその名前にふさわしい切れ味を発揮して強襲してきたデュランダルに敗れ2着。年末の阪神牝馬Sで圧倒的な一番人気にこたえてクビ差ながらようやく勝利を得た。

2004年も現役を続行し、安田記念に出走するが、上の武豊がずっと立ちっぱなしのような格好になるほどでレースにならず13着と惨敗。続く函館記念では、トップ斤量と終始大外を回らされたつけもいてかクビ差で2着。ああ、あの頃の威が消えていく・・・。

ところがぎっちょん、次の札幌記念バランスオブゲームローエングリンといった強たちを相手に

最後方からの追い込み→まくり気味に先行集団へ→末脚繰り出して快勝

という競馬を披露した。

にはエリザベス女王杯参戦も計画にあったが、武豊アドマイヤグルーヴに乗ることもあり、マイルチャンピオンシップに2番人気で出走し9着。このレースを最後に現役を引退木田牧場繁殖牝馬となった。

・・・のだが、初年度にキングカメハメハをつけたが不受胎、その後検によって医学的に受胎できないことが判明し、繁殖牝馬引退現在は功労として繁養されている。結局当初の的を果たすことはできずに終わってしまった。念。

健康面に異常がないのに長期休養をさせられる、短距離が向かないと明言されてレースも回避させられたのにそのあとに短距離を使われる、上の都合でレースを変更せざるを得なくなる、などといった要素も重なって、かなり人間に振り回された感が否めない。

血統表

*デインヒル
1986 鹿毛
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
Razyana
1981 鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Spring Adieu Buckpasser
Natalma
Cocotte
1983 鹿毛
FNo.11
Troy
1976 鹿毛
Petingo Petition
Alcazar
La Milo Hornbeam
Pin Prick
Gay Milly
1977 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Gaily Sir Gaylord
Spearfish
競走馬の4代血統表

クロスNatalma 4×4(12.50%)、Petition 4×5(9.38)

デインヒル競走馬時代はG1勝利は6ハロン戦のヘイドックスプリントCのみだったが、種牡馬時代はシャトル種牡馬としてアイルランドオーストラリアで繋養され、世界中で産駒が活躍した。日本にも1996年の1年だけリースされているが、このときの産駒からはG1は出なかった。
Cocotteは11戦1勝でGIIIで2着になった程度。
トロイ英国ダービーで、種牡馬としては4世代しか残せずに死亡したが、その中からとしてピルサドスキー・ファインモーションきょうだい以外にもドバイWCStreet Cry(ストリートクライ)、英国ダービーOath(オース)などに名前を残している。

関連動画

うおっ、これは強い

には勝てなかったよ・・・

関連コミュニティ

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: ディーヴァ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファインモーション

49 ななしのよっしん
2022/11/28(月) 16:05:07 ID: 6AgFQvVQwK
>>48
「今なら」って、今と昔でセン馬定義が違ったのか?
人為的に去勢したしかセン馬とは呼ばないんじゃないの?
👍
高評価
6
👎
低評価
0
50 ななしのよっしん
2023/02/15(水) 18:48:49 ID: 5W45s8yTGR
敗での古G1制覇や、上に振り回された競走生活。色んな意味で10〜20年先を行ってたんだな、と思う。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
51 ななしのよっしん
2023/05/01(月) 22:30:45 ID: tK7ffSAM6b
連勝中走ってたのは2000m以上だったのに有馬後はラスト直前まで1800m以下走ってたのは気性が荒くなって持たなくなっただけ?アドマイヤグルーヴレースかぶってたわけでもないし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
52 ななしのよっしん
2023/05/01(月) 22:40:12 ID: u2aEqIGc1o
そもそも初年度にキングカメハメハと交配したけど不受胎になったから精密検してようやく遺伝子異常が分かったという経緯まで表されているので、
外見上で明らか異常があれば交配前に検してるだろうから見たはまちがいなくだし、
現役中に扱いがでなくなるという事は現代でもあり得ないよ(デビュー前の全頭遺伝子が義務付けられたりでもしない限りね)

Wikipediaに載ってるソースくらいはきちんと考察して欲しい
👍
高評価
3
👎
低評価
0
53 ななしのよっしん
2023/05/05(金) 11:57:24 ID: 9jRyzGpGgz
子供を産めなかったのは悲劇なんだけど、同年の桜花賞アローキャリーと、オークススマイルトゥモローはお子供共々急逝というのはもっとお辛い
同期牝馬三冠ファインだけが存命なのに対して、クラシック三冠ノーリーズンギム爺ヒシミラクル)は皆今も元気だから尚更…
👍
高評価
1
👎
低評価
0
54 ななしのよっしん
2023/08/17(木) 22:54:09 ID: 0U7f1a7ncj
最近の功労関係の記事で読んだのだが、古になってから気性に問題がでてきて、マイルでも掛かるようになったらしい。

適性は短距離じゃないがそれでもマイルを使ってたのはこの辺も理由かと。武豊に拘ったのも彼以外が乗っても制御できないからだと考えれば説明がつく。
👍
高評価
3
👎
低評価
0
55 ななしのよっしん
2023/09/01(金) 21:21:03 ID: c4Bv/4S5tL
👍
高評価
2
👎
低評価
0
56 ななしのよっしん
2023/11/12(日) 17:20:44 ID: aLBPFMkglf
ついに6戦エリ女勝利の最短記録更新されたか…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
57 ななしのよっしん
2023/11/27(月) 20:35:48 ID: ZH4AbBSGqj
>>52
人間スポーツみたいに血中テストステロン値でも測ることがあれば「これとしてはおかしくね?」って話にもなるだろうけど、雄と雌の差が小さい競馬でそれをやる意味はあんまりないだろうしなあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
58 ななしのよっしん
2023/11/27(月) 20:48:29 ID: JUdEK1sVgq
仮にと判定された場合、オークスなどの限定レースには出れなくなる
👍
高評価
0
👎
低評価
2