ファフロツキーズ単語

ファフロツキーズ

ファフロツキーズ(Fafrotskies)とは、一定の範囲内にから有り得ない物体が落ちてくる現である。

概要

名前の由来はオーパーツの命名者であるアイヴァンサンダーソン(Ivan Terence Sanderson)氏が「FALLs FROm The SKIES」(和訳:からの落下物)を略した造から[1]カタカナでは「ファフロッキーズ」との表記ゆれもある。また複数形にしない「ファフロツキー」「ファロッキー」と表記されることもある。

から降って来る物と言えば隕石などがあるが、ファフロツキーズの場合は「その場にあるはずのない物が降って来る」現す(ただし、原因が特定されている場合はファフロツキーズとは言わない)。例えばなどの生物カエルなどの生き物が降って来る場合が多く、過去には毛やが降ったという記録がある。ファフロツキーズは世界各地で起きており、日本でも昔からファフロツキーズに相当する現が記録されていて、「怪(あやしのあめ)」と呼ばれていた。

原因として竜巻に持ち上げられて落下した説、が上で獲物を取りこぼした説などがある。

言葉としての普及度

英語圏では「Raining Animals」や「Creature Falls」と呼ばれることの方が多く、「Fafrotskies」という呼称はマイナーなものであるようだ。

普及度合いを測るためGoogleを使用して英語サイト定のもとで「fafrotskies」を検索ワードとしてウェブ検索を行ってみたところ、その結果から明らかに本来の意味とは直接の関連がいものを除くと、100件に満たない程度のページしか残らなかった(2018年7月27日の試行)。

また、英語版Wikipedia記事「Rain of animals」exitにおいても「fafrotskies」という呼称について全く触れられていない。さらにこの記事は「他言版」として21種類の他言ウィキペディア内記事にリンクされているが、「fafrotskies」という言葉に言及しているのは日本語版記事「ファフロツキーズ」exitのみである(2018年7月27日現在)。

「fafrotskies」の命名者であるアイヴァンサンダーソンはUFOオーパーツなど超常現象の研究であった。そのためこの言葉は「説明困難な超常現象」という意味合いを帯びており、オカルト的な観点からられるときに使用されることが多い。しかし上記のように竜巻などの常識的な説明がついてしまう例が多いため、「fafrotskies」という言葉も使用される機会に乏しいのかもしれない。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *1972年の同氏の著作内でこの用が使用されているのが確認できる。Investigating the unexplained: a compendium of disquieting mysteries of the natural world - Ivan Terence Sanderson - Google ブックスexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファフロツキーズ

1 ななしのよっしん
2018/07/26(木) 20:36:18 ID: 4vPf6dvpzQ
ラピュタのあれやシャークネードファフロツキーズとは言わないか。