ファントム・バレット単語

ファントムバレット

当記事は

を取り扱っています


この記事はあくまで原作該当項目及びアニメ作品についての記事です。
別章、又は総合的な話題の場合、該当記事、記事「ソードアート・オンライン」への移動をお願いします。
掲示板情報の一元化にご協をお願い申し上げます。

ファントム・バレットとは、川原礫著によるライトノベル作品、「ソードアート・オンラインシリーズ5・6巻、第3章に該当する物語のこと。イラストabec

概要

電撃文庫アスキー・メディアワークス)より刊行されている「ソードアート・オンラインシリーズで作中時期は2025年11月12月(前章フェアリィ・ダンスの半年後)にあたる。

で戦う、ゲームで稼いだおで生活するプロが存在する等の特徴があるガンゲイル・オンラインGGO)舞台になっており、ゲーム死亡したプレイヤー現実世界でも亡くなった事件をきっかけに物語が動き出す。

 

あと、女性っぽく見える主人公美少年アバターキリ子さんも見どころ。

あらすじ

キリトこと和人は、知り合いの総務省「仮想課」菊からある奇妙な事件の依頼を受ける。

それは銃器体のMMOゲームGGO死銃デスガン)に殺されたプレイヤー現実世界でも死に至るというものである。キリトダイブしたGGOで出会った少女シノンゲームのレクチャーを受け、死銃と接触するためバレットオブバレッツ(BoB)への参加を決めるのだが・・・

登場人物

主要人物

※人名の付きは個別記事あり。

その他

用語など(一部反転)

アニメ

2014年7月より第2期『ソードアート・オンラインII』(アニメ2期)として放送開始。

スタッフ

太字は2期での変更

監督 伊藤智彦
キャラクターデザイン 足立慎吾
サブキャラクターデザイン 山下
総作画監督
アクション作画監督
銃器作画監督 青木
メインアニメーター 松本
モンスターデザイン 隆太
音響監督 岩浪美和
音楽 梶浦由記
アニメーション制作 A-1 Pictures
プロジェクト総括 GENCO

放送局

放送局 放送
開始日
放送日時
TOKYO MX 2014年
7月5日
土曜 23:30~24:00
とちぎテレビ
群馬テレビ
tvk 土曜 24:00~24:30
テレ玉 土曜 24:30~25:00
チバテレ
テレビ愛知 土曜 25:50~26:20
MBS 土曜 26:28~26:58 
TVQ九州放送 7月8日 火曜 26:35~27:05
テレビ北海道 7月9日 水曜 26:05~26:35
BS11 7月12日 土曜 23:30~24:00

第1期からは福岡北海道の放送局がTBS系列からテレビ東京系列に変更。

主題歌

各話リスト

→記事:ソードアート・オンライン

アニメ各話Q&A

内容を見たい人は以下スクロールでお願いします ↓

ファントム・バレット編《ガンゲイル・オンライン》(略称GGO
第1話 / 第2話/ 第3話/ 第4話/ 第5話/ 第6話/ 第7話/ 第8話/ 第9話/ 第10話/ 第11話/ 第12話/ 第13話/ 第14話
ネタバレ注意 この項は、アニメ視聴者に対するネタバレ成分を多く含んでいます。

ファントム・バレット編

第1話 銃の世界
GGOって?FPS
ゲーというとFPSと思われがちだがメインとしたMMORPGである。FPSではないモンスター狩りもするしレベル上げてステータスも振る。PKも悪ではなく盛んに行われている。
アジリティとかストレングスってなに?
Agility,Strength。古くはウルティマ(1979年)からあるRPGAGIやSTRとも。ドラクエに言うと「アジリティ=すばやさ」「ストレングス=ちから」
■菊って誰?あとキリト失礼じゃね?
簡単に言うとVR関係の案件を取り扱う役人。SAO事件の時は彼が奔走したおかげで被害者のスムーズな入院の手が整ったので大恩人だが、善意以外の意図があると感じてキリトは徐々にぞんざいな扱いをするようになった。しかし規則を破ってアスナの入院先を教えてもらったりと借りがあるため情報提供などの協をしている。
MMOストリームとは?
→毎週放送されているゲーム特化のネット番組。VRゲーム内からでも視聴可。ちなみにゼクシードと闇が出ていたコーナーは「今週の勝ち組さん」
■調資料一般人に見せていいの?
→いいかどうか不明だが、菊キリトに対しいろいろ規則破りをしているため今更でもある。少なくとも役人だからといって規則きっちりというキャラではない。
■丸2日ログインしっぱなしがしくないとか
ゲーム内で睡眠や食事をすると擬似的に睡眠欲や食欲が満たされるため、廃人プレイヤーの間ではしくなくなっている。ちなみに現実でもネトゲのやり過ぎで死亡する例はしくない。
■怪しい会社の運営するゲームが流行る訳ないだろ
→怪しい運営会社の遊技が流行らないならパチンコはとっくに衰退してるだろう。
方はネトゲをする際会社を詳しく調べますか?本社の場所を知っていますか?
第2話 氷の狙撃手
■冒頭のは何?
シノンへカートⅡレア)を手に入れた経緯。一見ハメで簡単そうだが、最高難度ダンジョンボス安地から三時間以上かけて持ち弾全てをノーミスで弱点に狙撃し続けて倒した。
■なぜベヒモスは最後ミニガンシノンに全然当てられなかったの?
ミニガンの構造上あれ以上に射を上げられない。つまり上に向けられない。
■なぜシノンはすぐにミニガンのことを伝えないの?
アニメだとずいぶんタイムラグを感じるが実際は気づいてすぐ戦闘、最初の男死亡という流れである。またシノンには狙撃後待機を命じており、皆に通信機をつけていないためシノンからの連絡にすぐに反応はできないとも思われる。
ビームみたいな線何?
弾道予測線。簡単に言うと弾丸がここを通るという予告。詳しくは次回以降。説明ければここで。
■落下ダメージで死なないの?
原作ではベヒモスを倒した時点で場面終了し、着地の描写がないため不明。確かに落下ダメがあるならどうなるか疑問ではある。
第3話 鮮血の記憶
■そこまでしてトラウマ治す必要あるの?カウンセリングは?
→まず第一に自身の気の強さがそうさせている。
また、作中にもあった子供玩具ドラマに出てくる、教科書などの資料写真ですら発作が起きるため想像以上に不便である。カウンセリング等は全て試したが効果し。
■コンバートって何?
→詳しくは次回。要するに作中世界では別ゲームにも引継ぎできると思えばおk
■話進まな過ぎじゃね?
→今回一期にべて尺に非常に余裕があるためか、かなり丁寧にじっくり作っているようである。
元々原作でもGGOへの初ログインが遅く、5巻の半分過ぎてからようやくである。逆にその後はほぼずっとGGO内での話となる。アクションが見たい方はこれから。
第4話 GGO
■結局コンバートって何?
→ザ・シードによって作られたゲーム及びALO間においてはキャラをコンバートする機が備わっている。簡単に言えばデータ引き継ぎで、例えばAのゲームで中くらいのレベル戦士ならば、Bのゲームにコンバートすれば同じようにBのゲームにおける中レベル戦士に相当するキャラができる。この機ももちろん茅場のせい。
かしこれはキャラコピーする機ではなく移動する機であり、コンバート元のキャラは消去されてしまう。また、引き継げるのはステータスのみなのでアイテム等は全てくなる。
余談だがSAOプレイヤーはこのシステムによりALOに引き継ぎしたのだと考えられる。
キリトネカマになったの?
女性の様な容姿というだけでキャラはきっちり男である。
また、作中では全てのVRにおいて一切のネカマは存在できない仕様。これはVRで異性の体でいることは精に悪影があるとされたため。波で検閲している。
女性に間違えられたのはレアアバターであるから。アバターは自動生成なため選べない。おそらくザシード規格の仕様。つまり茅場のせい。
弾道予測線なんて何であるの?てかんなのあったらスナイパー当たらなくね?
→このゲームFPSではなくMMORPGであるため、やや防御側有利にできている。FPSのようにあっさり死なないようにするためである。しかし発射点から近いほど、速射されるほど予測線との時間差が縮まるため、予測線を避けてればいいというわけでもない。シノンの言うとおり見えたら手遅れとなる場合がある。
スナイパーに関しては、「敵に発見されていない限り初弾に限り予測線が出ない」という仕様がある。再び予測線をくすには移動して敵から姿を隠した上で60経過する必要がある。もちろん敵に発見されれば初弾だろうと予測線は出る。
キリトは弾避けどうやってクリアできたの?
飛び道具を自分で使うのは苦手なキリトだが、SAOには飛び道具を使う敵がいたため対処は慣れている。SAO/ALOおよびザ・シード規格のゲームの共通部として、NPCモンスター飛び道具を使う際、狙う場所にきっちり線を向ける仕様となっていた。キリトはそれを知っていた為、オブジェクト線を見て回避した。ゆえに「予測線を予測」と発言している。ちなみに読みキリトだけでなく攻略組ならある程度使えると考えられる。
キリトはなぜバギーを運転できるの?というか何でできない人のが多いの?
→作中世界では電動化が非常に進んでおり、キリトが乗っているようなガソリンエンジンバイク董品として扱われている。つまり現実で乗ったことある人が少ない。ちなみに数年後にはガソリンバイクは全面禁止な噂も。キリト現実での経験に加え、SAOでも難易度の高い乗をしたりしたので乗ることができた。
第5話 銃と剣
■大会参加に個人情報入れなきゃいけないの?
アニメでもわかるように参加に際して個人情報の必要はい。大会上位の賞品の中に現実品があり、それを郵送して貰うために必要となる。入しなければゲーム内の品のみとなる。
キリトはどうやって相手の位置がわかったの?
攻略組御用達テクの一つである「聴音」を使用し、システム音(SE)とプレイヤーが発生させた音を聞き分けた。VR間で発生するの音やの音は、一つのデータに結合(コンカチネイション)される事がい為、システムデータ上は全に分離している。更にシステム音(SE)はアルゴリズムにより発生させている為にパターン性がある。キリトはそれにより敵の音を聞き分ける事に成功した。
■弾全部切っているの?
→一応自分に当たる線の内、るだけのものは視し致命となるものをなぞってを振っている。当たらないものも視。とはいえ十分イカレている。アスナ練習すればできるとかできないとか。
第6話 曠野の決闘
■ラフコフ討伐について
アジトをようやく突き止めて決行したが、情報が漏れており、奇襲を受けた。しかし攻略組もその性質上初見対応を鍛えているので立て直した。だが、ラフコフが降伏する気が一切なく捨身かつせずに殺しに来たこと、攻略組の殺人への忌避から被害拡大。結果攻略組11人、ラフコフ21死亡。捕縛したのは12人。ラフコフリーダーは逃亡(一期参照)。
ちなみにクラディールはこの頃まだラフコフではないので情報漏洩元ではない。入ったのは討伐後。また、エギル攻略組だが対人はしない義なので参加していない。
キリトいきなり手握りだして何?攻略
→見たとおり弱ってたんで人肌の温もりがしかったんです。
とかあんの?は防弾じゃないの?
フィールドランダムで配置されており、使用についてはい者勝ち。シノンヘカートは「対物」ライフル大口径なので、防弾ガラスはほぼ意味。
シノン戦について
→概ね台詞の通りではあるがおさらい。シノンさん良い感じの相手であるキリトに勝ちたいと強く思う。しかしキリト的達成のためやる気し。キリトを悪いではないと認めていたシノンさん裏切られた感もありぶち切れ。弾丸をわざと外す(アニメだと動揺の結果素で外したとも思える)。言いたいことがあったため接近砂じゃないよ!)シノンさん自分でも支離滅裂と思いながら言葉をぶちまける。(このシーンは感情・衝動の部分が大きいため理屈が付きにくい。またシノン視点なためキリトの考えが不明)
キリト納得して勝負提案。決闘キリト有利に思えるが、シノンさんはシステム的に必中距離ヘカートの性によりどこに当てても必殺、という理由で自分有利と考える。シノンさん念を入れてセオリーである体の中心線ではなく脚を狙う(キリトはこれまでの試合でに致命となる中心線を守ってっている)。しかしキリト線を読んでタイミング読みの正確さを考えると人外
シノンさん落ちたの?
まだ落ちてないよ。たぶん。
第7話 紅の記憶
■話が進ま(ry
→今回は大体原作6巻冒頭に当たる。冒頭には続き物であっても初見用に導入・説明部分が存在することが多い。進んだ内容としては各キャラの心情、特にキリトの心情安定か。
原作通りなら次回からは大会なので待とう。
第8話 バレット・オブ・バレッツ
キリトデス・ガンと接触できたけど今何しようとしてるの?
キリトデスガンの的を「を誇示し伝説を作ること」と推測し、そのためにBoB(バレットオブ・バレッツ)に出場してくるのではないかと考えていた。更に、デスガンの伝説性を高めるためにも、キャラにも名前が知られていないものを使用してくると考えた。そのためシノンに、初出場かつ初めて見たプレイヤー名をくに至った。
以上からキリトGGO及びBoBにおける行動方針は下記二点となる。
 ・デスガンの本当の名前を割出し再び接触する事。
 ・ゲーム内での犯行を阻止し、SAOプレイ時のキャラクター名を思い出す・き出すこと
デスガンがSAOプレイしていた時のキャラクター名が判明すれば、SAO事件の記録から本名住所が判明する。
運営に聞けば?
→一話で説明されたように運営海外に拠点を置いており、セキュアな環境にある。万一にも個人情報を漏らすとは考えにくい。現状ではデスガン事件は都市伝説な扱いとなっている為、強権を振りかざすこともできない。
■リッチーみたいな待ち伏せが最強じゃね?
→位置情報全にバレるため、スナイパーに射程外から撃たれるか、死に入られて接近される可性が高い。璧に都合のいい待ち伏せポイントシステム的に存在しない。ちなみに前回のBOBでもリッチーは同様の戦術を使ったが弾切れで敗北した。あだ名は立てこもリッチー
■「どんな時もチェックシックスよ」ってどういうこと?
チェックシックス」=「6時の方向(=後ろ)に注意」という航空軍事
■スタンバレットって何?
→その名の通り麻痺させる弾。一見便利に見える弾丸だが、大口ライフルでないと使用できず、一発あたりの値段も高価となっている。ダメージも軽くなり、大口ライフルを使用する対人であるならば通常弾の方が効果的である為、通常はモブ狩り用に使用される事が多い。
サイレントアサシンて何あれ?ダッサい名前
厨二病とか言わないで上げて欲しい。実際に存在するの(メーカー認!)称である。イギリス銃器メーカーアキュラシーインターナショナル」が生産しているボルトアクション狙撃銃アークティック・ウォーフェア」シリーズの内、「.338ラプア・マグナム」弾を用い、身と一体化したサイレンサーを持つ「AWSM」がこう称される。原作川原礫氏の実況Twitterで用いられた「L115A3」は、このAWSMがイギリス陸軍制式採用の際に与えられた、軍固有の番。
機関銃弾を使う対物ヘカートべて、射程とパワーは落ちるが本体が軽量で、発射音が静かで命中精度も優秀とされている。2009年11月に、イギリス軍王室騎兵隊の狙撃手クレイグ・ハリソンexit軍曹が当時の長距離(8120フィート長、おおよそ2400m)狙撃に成功した際、用いたのが本でした。(なお、この記録は2012年11月くも更新されてしまいました。オーストラリア陸軍の精鋭スナイパーチームが、空気の薄いアフガニスタン戦場9000フィート長(約2800m)の距離から狙撃に成功したとのこと)。
第9話 デス・ガン
デスガンはどうやってシノン狙撃を避けたの?
→どうやってかシノンシステム的に発見した。発見された状態では狙撃にもきっちり予測線が出ることは先述した。当然予測線があれば回避は容易。
システム的に発見となるにはただ頭の中で気づいたでは駄。対視する必要がある。
デスガンがを向けてる円盤?は何?
→中継カメラ。全てはデータ上なのでわざわざオブジェクト化せずとも中継は可だろうが、参加者にもカメラの位置がわかるようにするためか。
■ラフコフのリーダープーさんっていうの?
→表記は<PoH>。どこぞのバッターとは関係ない。彼を徴する武器が包丁の形をした短だったため包丁使いと呼ばれる。
キリトシノンは手を組んでるけどいいの?
ルール上特に問題はない。他が手を組まない理由はメタ的には話が飛びすぎてややこしくなるから、作中的には手を組んでの優勝は周りから見て名誉が得られない、賞分配もややこしい等考えられる。ちなみに優勝賞現実通貨に総額換しても3万円である。意外とショボイ。
シノンは何?
シノン狙撃手なので視に補正がかかるスキル構成をしている。スキル名<視強化>
第10話 死の追撃者
■大会中はログアウトできないって駄なんじゃないの?
→あくまで一般的なシステム上の操作によるログアウトができないだけで、体調不良や外部からの刺など安全装置として設けられているログアウトはいくらでもできる。大会中の選手情報のやり取りをさせないためである。
ステルス衛星スキャン回避できるの?
衛星スキャンは基本的に「姿を隠す」で防げる。水中に潜る、洞窟へ行くなど。ビルなどはおそらくから見えるためか不可。洞窟も一見待ち伏せに最適に見えるが、キリト水中デスガンがステルスを発見するまでは数少ない衛星回避手段だったため、スキャンにいない=洞窟という図式で爆弾類を投げ込まれて即死してしまう。ちなみに水中継続ダメージ入る。
第11話 強さの意味
キリトさんずっと浮気してんの?
キリトアスナ以外に一切恋感情の類を意識しないため、どうみても口説いてるとしか思えない言動を何とも思わず気で取る。意識であれだよは。
■盗み見るのにマナー違反とか別に気にしなくてもよくね?
アメリカ製のゲームのためか、ハラスメントに対し非常に厳しい。マナー違反は通報垢BAN
ちなみに遠くから視では視界に補正がかかり見えない。マナーを犯す双眼鏡などが必要。
の鍵は電子ロックなの?
→作中世界ではアパートすら電子ロック流。だが初期の物は開錠記録が残らないなどセキュリティが甘い。ちなみにシノンは用心として通常の金属の鍵と併用している。
解剖はしてないの?
→1話の菊台詞より解剖はしている。しかし解剖は事件性のある場合に行われるため事件性が薄いと判断され詳しくやらなかったと続くなら厳密には解剖ではなく、ただの解剖であると思われる。
事件性が薄いと判断された理由はVRやり過ぎで死亡する例が作中ではしくないこと、ゼクシードに関して言えば部屋が荒らされた様子もなく、二日間飲まず食わずゲームしてたことがわかったため。
ちなみに平成25年警察の関わる遺体発見数は約17万件、その内変死体とされたものは2万件、そこから事件性を疑われ解剖されたものは約8千件。
解剖されたらごまかせるの?
→筆者は専門ではないので実際どうかなどはっきりしたことは言えない。
例えば注射物反応などは通常の遺体解剖でも調べるためごまかせないと思える。
しかし解剖医の人手不足もあるし、現代とはまた違った注射技術があるかもしれない。
トリック雑じゃね?
これはあくまで筆者の意見だが、確かに少し粗く、一期圏内事件同様、作者はあまりこういった分野を得意としていないと思われる。
また、どうやって殺したかは作中あまり重要ではない所謂マクガフィンである。
デスガンはなんらかの方法で殺し、それをVR内でのだと思わせたかった」が重要。
■自動切断なんてあるの?
→アミュスフィアの安全装置の一つである。使用者が体調不良で発動。シノンは極度の恐慌によりなりかけた。
第12話 幻の銃弾
キリトはなぜ闇の方向がわかったの?
→5話同様足音を聞いた。とてつもない速さで走っていることからAGIの闇と断定。
キリトはどうやってデスガンの狙撃を察知したの?
キリトモノローグしたように殺気ぶっちゃければ勘。
デスガンの狙撃の威おかしくね?
アニメオリジナルの少々手過ぎな演出。
■闇さんGGO最強の割に弱くね?
サブキャラなためあまりを入れなかったのかペイルライダーを使い果たしたのか、原作より弱い感じがする。原作ではAGIは走っている時が一番安全という観点から常に最高速度で遮蔽物に身を隠してランダムに走るというスタイルで、キリトが避けた狙撃がそのまま自分に接近したため、遮蔽物へ方向転換の制動をかけて減速した間をシノンに撃たれた。OPでシノンに砂煙を上げて迫る姿の方が強そうである。
キリトさんヴォーパルストライクってスタバといい技名全体的にださくね?
キリト技はSAOシステム上規定されたスキルをそのまま使用しているため技名は全てゲーム的な名前である。「ゲームに出てくる技名」だから基本あんな感じ。別にキリトが名付けているわけではない。ヴォーパルストライクはキリトお気に入りの片手剣突撃技スキル
デスガンはソードスキル使ってるの?
GGOソードスキルというシステムいためキリト同様自分の技術で再現している。エストック(刺突)はアスナの細と似た武器種であるためアスナの技に似ている。
ちなみに一期第6話にデスガンのSAO時代の姿が登場している。
ヴォーパルストライクってアクセルワールドでも出なかった?
黒雪姫ブラックロータス)の使う技の一部にはキリトと同じものがいくつかある。このことから黒雪姫キリト血縁であるという説を囁く人がいるが、作者が作品間のダイレクトな繋がりを否定している上、作中ではそれらの技を別のバーストリンカーから教わったとある。また、黒雪姫環境キリトの人物像が一致しないなど、妄想の域を出ない説であり、安易に吹聴するものではない。
第13話 ファントム・バレット
シノンはなぜ援護しないの?
→スコープがいため遠距離では正確な狙撃ができない。接近戦をしているためキリトに命中する危険がある。(設定では距離700mほどの位置にいる)
逆にこれを利用し、シノンは予測線による牽制を行った。キリト誤射の可性がある中でシノンが撃つはずないとわかったため一切動きに戸惑いはなく、デスガンは反射的に回避行動を取り、キリト勝利につながった。
■脱なら点滴すれば?
→患者でもないのに看護師の判断で処方はできないと思われる。傍から見ればゲーム止めろよだしね。
キリトは結局デスガンの名前を知っていたの?
→討伐作戦会議において注意すべき幹部の一人としてい眼が特徴と紹介された。そしてデスガンのる眼を見てその記憶と結びつけた。眼の《XaXa》(ザザ)である。そこザムディンとか言わない。眼は二つ名みたいなもんで名前ではない。
キリトはどうやって勝ったの?
アスナ正妻パワー左手に伝わりキリト二刀流再現を敢行した。
…いやマジでそんな感じだ。  そしてシノンの援護もあり逆転勝利
デスガンをった時の爆発何?
原作ではデスガンが徴としていたハンドガン)を一緒にったため爆発が起きたとされているが、手にするためか想像以上に規模が大きい。
第14話 小さな一歩
■なぜあんなところにちょうどよくバケツ空き缶が?
原作では「焼却炉の傍らにバケツが並び、内一つに空き缶が乗っている」とある。アニメではかなりおもむろにぽつんとある。文章が短く作者がどんな情を想像して書いたかは不明だが、あのように一つきりぽつんとあったわけではなさそうだ。強いて考えるなら男子高校生が遊びであんな感じに放置したか。
デスガンの標的条件について
→移動距離の問題から首都圏在住、一人暮らしでドアの鍵が履歴の残らない旧式電子ロックドア付近に合い鍵を隠すようなセキュリティ意識の甘い者。ちなみに調には結構時間をかけている。
エギルさん紹介しないの?
原作では紹介している。声優さんの都合か。

関連チャンネル

関連静画

関連商品

原作

コミカライズ

アニメ

CD

その他

関連項目

外部リンク

ソードアート・オンライン
原作章別
アインクラッド - フェアリィ・ダンス - ファントム・バレット
アリシゼーション - ユナイタル・リング
外伝 マザーズ・ロザリオ - アーリー・アンド・レイト - ムーン・クレイド
ソードアート・オンライン プログレッシブ(SAOP)
オリジナルアニメ ソードアート・オンライン Extra Edition総集編
ゲーム インフィニティ・モーメントホロウ・フラグメント
電撃文庫 - FIGHTING CLIMAX

楽曲
1期 crossing field - ユメセカイ - INNOCENCE - Overfly
2期

IGNITE - Startear - courage - シルシ

その他 Swordland - の音
アーティスト 梶浦由記 - LiSA - 藍井エイル - 戸松遥 - 春奈るな

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファントム・バレット

8 ななしのよっしん
2014/09/28(日) 00:01:06 ID: 4KVxW6hfAr
時雨スピンオフは将来的にこっちに統合したほうがいいのかな?
9 ななしのよっしん
2014/10/28(火) 01:49:55 ID: Cga6Vf3mBD
ソードアート・オンラインIIの記事を編集したほうがいいと思うのですが・・・
現在、一期のソードアート・オンラインリダイレクトする設定になっていますが、それだと現在の二期と混同する形になりませんか?
理にリダイレクトさせてまで一まとめにしようとすることはいと思います。
原作を知ってて当然のような流れになるとアニメ原作駄に対立しかねませんし。
10 削除しました
削除しました ID: 6GN+DyQJ4b
削除しました
11 削除しました
削除しました ID: 6GN+DyQJ4b
削除しました
12 ななしのよっしん
2015/07/16(木) 18:05:31 ID: nz16kDaFgF
BoBの予選トーナメント形式なんかは伏せなくていいんじゃないかな? 

弾道予測線←何そのスナイパー殺しのクソシステムwww
と思っていた自分だが、某イカゲーをプレイして分かった。
この予測線、実はスナイパーのためにこそあるシステムだと。
スナイパーが「撃つぜー撃つぜー」と予測線チラチラさせてるだけで怖くて怖くて遮蔽物から出られなくなっちまう。

ボルトアクションSRMG並みに制圧発揮できるこのシステムスナイパーの価値を格段に高めるのではなかろうか。
13 ななしのよっしん
2016/06/03(金) 02:38:51 ID: 4KVxW6hfAr
そりゃそうよ
砂ってのは自分の存在を知らせて敵の行動を制限するのも仕事の内だからね
初弾必殺が一番に越したことはないんだけど

後、時雨沢の外伝の方で、ライン狙撃って高等テクが出てる
弾道予測線はトリガーをかけると着弾予測円とセットで発生するから
予測円に頼らずに射撃ができるなら、トリガーをかけないことで次弾以降もラインしで撃てるという仕組み

後付だから描写ないのは仕方ないけど、シノンさんガブやん級ならやろうと思えばできるはず
まぁ表に出たのが死銃事件の後の上、
BoBに出るような連中が中堅プレイヤー考案のテクを使うかプライド的な意味で怪しいが
14 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 22:54:29 ID: 0uEn/YFr5D
Q&Aについて、今はゲームでの描写も合わせると「もしザスカーの協が得られたとしても、必ずしもそれが事態の進展につながる保はない」とか「っ二つの爆発せずに転がっても十分に絵になるとか言わないで」とか補足できる気がする。
あと、これはアニメ放映当時からだけど「注射器ってこんな形だっけ?」というのも個人的には突っ込みどころとしてあると思う。
後者について――原作では現実のそれの「パッと見水鉄砲みたいな形」が作劇上で大きな役を持っているとみられる一方で、アニメはわかりやすさ重視で「メカニカルながら、いかにも注射器というデザイン」にしたのではと見たがどうだろうか?)
15 ななしのよっしん
2018/04/17(火) 19:32:18 ID: 0uEn/YFr5D
昨日>>14を書いてから今日になって気付いたけれど、【ソードアート・オンライン フェイタル・バレット】を関連項目関連商品に入れるなり記事内で触れるなりしてはどうか。
これもGGO舞台としたゲームというだけでなく、一部背景設定は違えど「《死銃》事件やそれに付随して起きたもう1つの事件を描いた物語」でもあったから。
16 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 17:19:45 ID: ZyjNmSflyQ
>>13
厳密に言うと、ラインは出るんだけどね
トリガーに触れて弾丸が発射されてから何かに当たるまでの時間、弾道予測線は出る。
で、しかしその時間はあまりにも短いので(の弾速は捉えるのが困難なので)、この技術は強な武器になりうるってこと。
だから(相手が視認済み状態で)遠ければ普通に避けられる。(バレットラインが見えるため)
だから、「ラインし射撃(狙撃)」というのは正確ではない。正しくは「実際に弾丸を発射するまでの間ラインを出さない射撃(狙撃)」や「ほぼラインし射撃(狙撃)」である。
(原作に忠実に考察すればこうなる。ラインが本当に全く出ない、などと書いてあるとかのように違っていれば、まぁスピンオフだし、と思って許容する他ない)
17 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 18:21:27 ID: d+KtfGvZrX
言うても見てから回避できるような時間じゃないでしょ