編集  

フィギュアヘッズ単語

フィギュアヘッズ

フィギュアヘッズとは、スクウェア・エニックス運営するパソコンプレイステーション4向けオンラインシューティングゲームである。
開発はロードオブヴァーミリオンなどを手がけた株式会社ゲームスタジオ

基本プレイ無料(Free to Play)。
課金要素として、レア装備が入手できるガチャや、キャラクター衣装などがある。

2017/3/9にPS4版が開始した。

2017/5/11にアーケード版(フィギュアヘッズ エース)が2017/6/21に開始されることが表された。

概要

プレイヤーが架ロボット競技「BOT game」の選手として、他プレイヤーとの対戦などを行うオンラインゲーム

公式ページなどに記されているジャンルは「ストラテジックシューター」。
TPSRTSを組み合わせたような独特のゲームシステムが特徴。基本的に現在実装されているのはチーム戦での対人戦(PvP)と対NPC戦(PvE)。

サードパーソンシューティングTPS)とリアルタイムストラテジー(RTS)が融合したゲーム
対人戦では最大でプレイヤー5人同士の対戦となるが、実際にはそれぞれの僚機(後述)を合わせると最大で15vs15での戦闘になる。
NPC戦ではプレイヤー4人とそれぞれの僚機でNPCを相手にし設定された標の成功をすものである。

プレイヤーである「自機」によるガンシューティングが展開される最中、A.Iである僚機に適切な行動を取らせるストラテジーがノンストップかつ同時展開されるゲームとなっている。
作戦が決まった時の爽快感の高い隊長シミュレーターとして極めて高度である反面、その揮内容は多。命令を出している最中も時間は進むため、操作難度…というよりも忙しいゲーム

ゆえにハードルの高さはあるが、それゆえに毎回新たな発見のあるゲームである。

ストーリー

地球に襲来した巨大隕石の迎撃とその破片による二次被害は地上の居住可地域をして回った。

悪化した環境から逃れるべく人類は地下のシェルターへと押し込められ、乏しい資を補うべく、地上で活動できるロボットの運用が急速に進む。
そうした流れで始まった地上の資収集が盛んになるにつれ、その無人機を武装させることによる資戦争も始まることとなった。

そんな時代に、若者たちが資戦争で落ちた材で組んだ二足歩行ロボットを用いて地上で戦わせる遊戯盛し始める。
後に競技性を見出され、ロボットは「2foot」と呼ばれる規格となり、その遊戯は『BOT game』として一躍スポーツとしてその世界の人々に受け入れられることとなる。

パッケージ化されたA.I 「フィギュアヘッズ」を搭載した2footを通信で揮し、戦わせ合う者をRanks(ランクス)と人は呼ぶ。
彼らはBOT game役であり……地上の資戦争歩兵でもある。

方は、旧日本国であった土地のコロニーに住む一人。
エデン・コンプライアンスという巨大グループによって自らの居るコロニーを破壊されようとする者。
方は2footにアクセスし、対抗する御射鹿(みしゃか)グループランクスとして所属、自らの生存圏の安全を確保しなければならない……

システム・ルール

プレイヤー達は「2foot」という規格のロボットを操作し、自機に付帯した2機のA.Iロボットを引き連れた分隊として作戦標を達成を標とする。
基本的には第三者視点からのゲーム……即ちTPSという形で進行する。

PvE(対CPU戦)では御射鹿グループの所属となって独自の作戦標に従い、群がる敵機を分隊で突破してゆくこととなる。

PvP(対人戦)では、「BOT game」の選手として敵営のコア耐久度をゼロにすべく、各地点にある防衛拠点を化し、露出したコアを攻撃するべく攻防をくりひろげることとなる。
特に防衛拠点の制圧に絡んだ戦闘しくそして僚機の存在から多。 このゲーム玉である。

2foot

プレイヤー達が操作するロボット。 元は荒した地上で遠隔操作によって作業するロボット体。
高架の2/3ほどの高さ(約3~4m)と、肩幅に足を開けば間に乗用が入るぐらいのサイズロボット
コラボ作品であるボトムズパトレイバー等と近いスケールといえる。

炉たる「2footコア」のついた頭部のない手足がったフレームに装甲や各種装備を盛ってゆく仕様になっている。

通信して稼働するロボットという性質から、独特の挙動の癖を持つ。
前進以外は遅かったり、振り向くほど大きくカーソルを移動すると、旋回が発生して照準が追い付くまでが若干遅れたりするため、至近距離での細かい動作は苦手。
また、背部に2footコアの排気部が露出しており、その周辺には装甲を付けられないといった構造上の弱点が存在。なので背後からの攻撃に極めて弱く、スナイパーライフルブラストライフルによるコアブレイクによる即死圏内の大ダメージ、至近距離では2footコアに対し近接武器による破壊「バックスタブ」で即死させる攻撃手段があるため、背後への警を欠かしてはならない。

自機 (隊長機)

プレイヤーが操作する2footであり、帯同する2機の僚機のでもある。
ちなみに、2footにインストールしたフィギュアヘッズからは専ら「(分)隊長」と呼ばれることとなる。
TPS視点戦闘と僚機への簡易示が可。 MAP画面に切り替えれば、詳細な座標示を用いた揮もできる。

プレイヤーが入っているだけに繊細な操縦が可であり、単純なルーチンでは使いこなせない武器を運用したり、状況に合った適切な行動を取ることができるである。

MAP画面操作中もゲームは進行し、容赦なく撃たれる。安全なところで揮するのも良いが、揮そのものに時間がかかっては一番仕事をしたい自機の操作を疎かにするため、素揮操作との兼ね合いが重要といえる。この辺がこのゲームハードルの高い所

また、僚機のスポーン地点であり、自機が破壊され、リスポーン待ちしている間でも僚機が先にスポーンしない
自機が大破すれば、後述の理由で使い潰すケースが増える僚機の復活を更に遅らせる結果になりやすいため、小隊エースとして死なないように立ち回ることが重要となる。
また、撃破されるとPvPにおいては自軍にダメージが入るため、接戦において自機のデスは致命打になりかねない。しかもペナルティタイムの長いこのゲームにおいて、デスによる戦欠損は非常に重い

僚機

A.I制御により自機に帯同する2機の2foot。
自機と同レベルカスタマイズを施すことができるため、カタログスペックでは自機と同等のを持つ。

示によって索敵範囲内の敵を攻撃し、各種武装による支援も可AIMも非常に高い。反面ルーチンが単純ゆえに、隠れていない部分を狙って攻撃したり、遮蔽から口だけ出して射撃する、危険を察知したら残弾撃ち尽くす前に隠れるなど、判断に乏しい。
判断の低さを補う装備を施すことで十全な戦となる一方、そのあたりの仕様を理解しない設計では戦が落ちてしまう。

他、索敵範囲外の敵を感知しなかったり、敵戦を考慮した退避も命令しでは行わないため、非常に破壊されやすい。
破壊された場合、30のペナルティタイムの後に、自機の傍にリスポンする。

PvPにおいてデスペナルティリスポンまでの時間しかないためリスクの大きい仕事を担わせやすい。
仕事量を自機の示に依存するため、隊長示を素く行うテクニックで弱くも強くもなる存在と言える。

カスタマイズ

2footは兵種・フィギュアヘッズ・外装+内部装甲という性に関わる10項と性に関わらないカラーリングフィギュアヘッズ衣装チェンジなどを弄ることができる。

また、企業によって個性付けされており、ブランドなどが存在しているのも特徴。

兵種

「2foot」は2017年現在各重量カテゴリに2つづつの計6つの兵科が設定されている。
それぞれが共用と専用の装備が存在し、各々の専用装備によって運用法が区別されている。
ちなみに、兵科はフレームごとに固定されているので変更は不可能。よって特定の兵科の機体を増やすためにはショップでの購入が必要となる。
また、装甲は各重量カテゴリごと固定なので、軽量級装甲を中量級フレームに搭載するなどもできない。

フィギュアヘッズ

各2footフレームごとにインストールするアバターのついたA.Iの総称。
2footのフレームに「スキル」の概念を付与し、経験値を蓄積することで、新たなスキルを獲得・搭載することができる。

インストール(最適化)することによって兵科が固定されるが、課金によって兵科を変更することができる。
フィギュアヘッズインストールの際は、特に兵種との相性を考えたうえで行いたい。
ただし、他の兵科に乗せられなくなるわけではないので兵科特有のスキルを使わない特殊なアセンの場合は運用に特に問題はない。

フィギュアヘッズ毎に異なるイラストCVが用意されており、コスチュームによって着せ替えを行ったりもできる、所謂「キャラゲー」的な側面も特徴の一つ(もっとも公式サイトキャラ説明に記載されている個性が深く掘り下げられる様子は今のところ見られないのだが・・・)

フィギュアヘッズ一覧

企業 名前 CV Illust
 NeoNeuRon  アイ 橋本 切符
レイ 嘉山未紗 山西ヅイ
ウーナ 森なな子 塚本陽子
リミエル 齋藤小浪 櫻木けい
メーヴ 髙野麻美 やしろ
テセウス 八代拓 芳住和之
 SALIO  サリー 巽悠衣子 八重樫
Lynn 八重樫
千弦 須藤沙織 村上ゆい
崇也 西田雅一 川人やすたけ
唱子 石上静香 浅葱くるみ
リリカ 高田憂希 ニノモトニノ

 GORDON 
 
IRON 
 
WORKS 

シンディ 中恵光城 レノチアメ
ハイライン 高梨謙吾 茉莉花
ブリジット 平田宏美 Aaron Beck
ロドリック 竹内良太 一徳
ソフィー 鬼頭明里 森沢晴行
ケリー 山本亜衣 ideolo
Zendel&Sons モリ 大西沙織 菊池政治
カルディナ 篠崎 マナカッコワライ
レティシア 近村望実 Mika Pikazo
パウラ 小笠原早紀 METO
エステラ 河瀬
イグナシオ 鳴海和希 前田浩孝
 PublicOrders  フリー 田澤茉純
サロメ 末柄里恵 METO
モナ 荒川美穂 イセヤスタカ
ジェファーソン 柳田 茉莉花
アイリーン 三宅麻理恵 コダマユウヤ
オリヴィア 福原綾香 菊池政治
 Cartel  ロザリア 二ノ宮愛子
ニルデ 千本木彩花 トモエ
ヨランダ 種﨑敦美 すめらぎ琥珀
ジーター 檜山修之 マナカッコワライ
ヴィオレッタ 慶長佑香 尚展
ダフネ 松田利冴 MZ-Yun
 師木重工  神楽 本渡楓 Nidy-2D-
高野麻里佳 Nidy-2D-
伊吹 田村睦心 レノチアメ

コラボイベントキャラクターは除く

装備

兵種のフレームに搭載するもの。 武器と装甲の2種類が存在する。
パーツには重量が設定されており、軽いほどスピードボーナスが、重いほど被弾時のよろけの抑制にボーナスが入る。
また、各兵種フレーム毎に重量制限が存在しており、それをえると重量ペナルティとして旋回性や速度に悪影が発生する。

JUNK

材を修復して使用したモデル。 ガレージロットハズレとして稀に入手できる。
全体的に低性でせめて量産品に変更したいところ。サリオ製品がほぼ同じ重量で性が上回る形となる。

NOMAL

作業用2footの流用の装甲や量産品の武器がこれにあたる。
ブランドの基本モデルであり、同時に各ブランドの中では個性の薄いバランスという立場にある。
それでもブランドの特色は色濃いため、どのブランドがどんな傾向にあるかが分かりやすい。
ショップで店売りしているため、ゲーム内通貨のBITがあればいつでも買い足せる。

見たに関してはいかにも作業ロボと言わんばかりの質実剛健な見たばかりであまり競技的とはいえない。てか消防庁とか書いてあるし
しかして性は十分SPORTSクラスに対抗できるレベルであり、見たを度外視にすれば採用に足るものも豊富。
特に武器種に関しては顕著。定番装備は大体店売り品だったりするので安定した強さのために優先して手を出していいだろう。

また、一部ガレージロットアンコモンとして迷彩バリエーションが存在する。
となったモデルとトレードオフ関係になるスペックをしている。 プライズポイントアイテムとかいうな。

SPORTS ・ ハイエンド

競技用2footとして設計された、各社のフラグシップモデルの装甲・武器。
通常は店売りしておらず、いわいるガチャに相当する「ガレージロット」でのみ入手可で、何が入手できるかはランダム
はNOMALよりも軽く良い傾向にあるものの、デメリットが大きくピーキーなものも少なからずあり、その装備が環境に合っているかをよく検討して採用したい。

武装

4つの装備があり銃器などを装備する。特定兵科でしか使えない武装(スナイパーライフルロケットランチャーガトリングなど)と全兵科で装備可な武装(ハンドガンなど)があり、その選択によってとれる戦法も変わってくる。

  • メイン武器: その兵種の最も重武装な武器が乗る。 ライフルガトリングなどの長物はこちらのみに搭載できる。
  • サブ武器: 使わなくても装備必須。戦法により重要度が違い、重量を気にする場合軽量なハンドガンが採用される。
  • 特殊装備: グレネード地雷・レーダー・修理キット・追加弾倉など。特にレーダーやキットは兵科の要要素でもある。
  • 近接装備: 近接格闘用の武器。クラブブレードナックルがあり、装備しないことも選べる。装甲に付随する場合あり。

装甲

頭部・胴体・腕部・脚部の装甲を付与する。

対実・対熱・対の3つの属性があり、その装甲強度を増すことができる。
軽量級は実弾攻撃に弱く、中量級は学攻撃に弱く、重量級は爆熱攻撃に弱いという特徴がある。
ブランドごとに得意な属性がみられ、どのように配分するかがポイントとなる。

防御を担う他、各パーツには「装甲特性」が付与されており、その特性に従って機体の性若干向上。同じ特性を重ねることで効果が増す。

このゲームの特色として『装甲強度』が存在しており、装甲が付いている方向からの攻撃には適切な防御を発揮するが、装甲に覆われていない部位のダメージは大きくなる
逆に言えばカスタイマイズの際、性が良くても内部の露出の多いモデルは実戦での性ムラが出ると言える。

内部装甲

装甲パーツ追加効果を及ぼすパーツ
増加量は僅かだが重量調整や防御の底上げを可とする。

パーツ アップグレード

自身のガレージで、各パーツを強化することができる。
必要な素材と通貨を使うことで、武器ならば攻撃が、装甲なら防御が強化される。

重要なのが、LV5になるまでそのほかの性の効果があること。
Lv5までの強化で大きくステータスが上昇し、それ以降は一部ステータスのみの僅かな上昇量しか見込めない。
武器は全性強化。 攻撃以外にも総弾数・リロード速度・射程・重量などが向上する。
装甲は防御性とともに大きく軽量化される。
とにかく、新品のパーツはLV5にしてから使うように心がければ間違いない。 素材も手に入りやすい。

課金要素

課金し、「GOLD」なるゲーム内通貨を得たならば様々な特典を得ることができる。
Pay to Win(札束で殴る)ゲームとは言い難い部分があり、カスタマイズの幅は確かに課金するほどく充実するが、入手できるパーツに関してはJankを除いて一長一短。

幾つかの要素ではBITGOLDのどちらかを消費することを選ぶことができる

無課金プレイのコツ

店売り品が一部を除いて極めて高性なので、BITゲーム内通貨)で購入できる範囲のパーツを組み合わせるだけで充分ランクマッチなどで通用する機体を構築することができる。

ミッションや、シングルプレイPvEで入手できる「傭兵ポイント」などによって兵種一式、NOMAL品一式からSPORTS装甲などを取得することができるため、時間はかかるが1小隊程度ならJankパーツ抜きで組むぐらいのことは可となる。
僚機の揮という操作に慣れる上でも、シングルモードの1章をコンプリートするぐらいはやりこんでみるといいだろう。

また、ログインミッションによる報酬で手に入る「STAMP」で単発のガレージロットに挑むことができるため、全にガレージロットに縁がないわけではない。
また、一部のパーツ売却やミッションで入手できる「プライズポイント」でSPORTSクラスパーツを購入できるので長期の見通しを立てるべし。

論、ゲームが気に入ったならば課金しても良いだろう。ゲームで楽しませてくれた製作者への感謝を。

コラボ

フィギュアヘッズキャラクター面)と、2Foot(メカニック面)の両方で、フロントミッションゼノギアス等、過去スクウェア・エニックスゲームなどともコラボを行っている。コラボ特設サイトがあるので詳しくはそちらへ。

ただし、基本的に一部を除いたコラボ2Footや武装・フィギュアヘッズなどに関しては課金による購入やガチャによる排出限定なので、どちらかといえば課金ユーザー向け要素考えていいだろう。

またニコニコ静画ともコラボしており、イラストコンテストが行われている。
フィギュアヘッズ部門と2foot部門があり、それぞれの優秀な作品には賞品とともにゲーム内で実装もされる。

関連動画

関連チャンネル

関連項目

コラボレーションしているコンテンツ

関連サイト


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%BA
ページ番号: 5418633 リビジョン番号: 2542858
読み:フィギュアヘッズ
初版作成日: 16/05/05 00:55 ◆ 最終更新日: 17/11/25 09:35
編集内容についての説明/コメント: コラボ対象にフレームアームズの追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィギュアヘッズについて語るスレ

149 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 21:28:37 ID: XUO91+7tRY
むしろプレイヤーの腕が浮き彫りになりやすくて好きだったんだけどなぁ
この際AI強化してオフラインシングルゲーとしてめて出してほしいわ
150 : ななしのよっしん :2018/07/02(月) 20:12:24 ID: GKk7M2b+2h
同じくスクエニバトルオブブレイドとかいうのも終了するらしいな、1年持たずに
人気声優集合()とか言ってる暇あんなら作ってる広告にもっと使えばいいのに

老害ガー民度ガーって言った所で、結局は内容悪いのが元であって
151 : ななしのよっしん :2018/07/03(火) 22:42:06 ID: 0PtGQiddsc
細かいプレイアビリティとか根幹部分のバランスはよくできてたんだけど、操作難易度の高さと広告戦略の失敗とアップデート時の調整不足が最初から最後までずっと尾を引いてた。着眼点とシステムそのもののゲーム性は他に類を見ないゲームだった。
今まで多くのゲームを遊んだが、これほどクラン戦が盛り上がったゲームは他になかった。

野良はどうあがいてもクソゲーだったが。
152 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 01:17:56 ID: sjXCiyM3MN
小倉あ〇すくん静かだねぇ
あれだけ入れ込んでたのに弔いの言葉もしか…w
153 : ななしのよっくん :2018/07/07(土) 11:32:40 ID: qsMY5lhpkp
初動で新規を確保できなかった点がまず戦略ミス。あの頃は民度も悪くなかったが、代わりに広告を一切見つけられなかった。
ゲームの煩雑さとチュートリアルの不親切も問題だったが、全ての根幹は初動の人口不足のせいで対等な相手が常に不足だった点だと思う。
どれだけ下手でも同じ下手同士なら楽しめるが、上位ランカーやらスポーツ装甲ガチガチジャンク装備で当てられたら辞めるに決まってる。
途中アルムASSPSP一強に近い状態でめにテコ入れしなかったのもまずかったし、その後はHV下になって結局兵種を複数使えず飽きがまったのも問題。
対戦ゲー故民度は悪いが、そもそも人口プールが少なすぎて上級者と昨日始めたばかりの人が対戦する事になっていたのが一番の問題だと思う。
154 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 14:33:04 ID: IivoC6Q9r8
>>144
ゆうてロビーで試合の愚痴垂れ流しまくって初心者が対人行きにくくしたのも新規参入を拒んだ原因の一つじゃろ
ゲームを作ったのは開発運営だけどプレイヤーも問題だったと思うぞ
155 : ななしのよっしん :2018/09/16(日) 04:12:06 ID: sjXCiyM3MN
もうロボゲーってジャンル自体がオワコンだな
ボダブレもドブガチャクソ民度でフィギュヘの二の舞
156 : ななしのよっしん :2018/09/16(日) 20:14:43 ID: XUO91+7tRY
だから暗にマルチ対戦ゲーにするんじゃなくてソロプレイに特化してくれればいいんだよロボゲー
157 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 14:07:46 ID: g9c93db2Yb
久々にやりてぇなぁフィギュアヘッズ
心でガトとか撃ちたい
158 : 滅型 :2018/11/07(水) 23:12:18 ID: RrOi4Q0JLj
護衛戦でキャノン撃ってくるやつに連続バクスタ食らわせた頃がとても懐かしい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス