フィリップアイランドサーキット単語

フィリップアイランドサーキット
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フィリップアイランドサーキットexitとは、オーストラリア南東部のフィリップ島にあるサーキットである。


10月MotoGPが開催される。

オーストラリア

ダートトラックバイクレースが盛んであり、マシンコントロールに長けたライダーを多く輩出する。

ケーシー・ストーナー13歳のころのレース動画があるexit最初から独走しているのがケーシー


オーストラリア人のMotoGPライダーの出身地は以下の通りである。

ジャック・ミラーexit クイーンズランド州タウンズビルexit

アンソニー・ウェストexit クイーンズランド州メアリーバラexit
クリス・バーミューレンexit クイーンズランド州ブリスベンexit
ミック・ドゥーハンexit クイーンズランド州ブリスベンexit
ケーシー・ストーナー クイーンズランド州サウスポートexit

アンドリュー・ピットexit ニューサウスウェールズ州ケンプシーexit
トロイ・ベイリスexit ニューサウスウェールズ州タリーexit
ギャリー・マッコイexit ニューサウスウェールズ州シドニーexit
ワイン・ガードナーexit ニューサウスウェールズ州ウロンゴンexit
レミー・ガードナーexit ニューサウスウェールズ州シドニーexit


このように、結構色んなところからライダーが生まれてきている。
な舗装サーキットがあるメルボルンexitの周辺からそんなにライダーが出ていないというのも興味深い

メルボルン郊外のフィリップ島

サーキットの周りには様々な観光名所がある。

詳しくは、メルボルンの記事とフィリップ島の記事を参照してください

立地

メルボルン中心地から南へ直線距離80km離れたところにフィリップ島exitがある。
東京駅から千葉県館山市(房総半島の先端)exit距離77kmなので、それと同じぐらい。

メルボルン中のホテルに宿を取ると移動が大変になるので、
MotoGPの関係者はフィリップ島近くの民家ホームステイすることも多いらしい。
この画像exitmoto3に参戦するチームの画像である。フィリップ島近くの民家を借り切って、
スーパーに買い出しして、ライダーメカニック手料理を作り、お食事している

フィリップ島はこぢんまりとしたで、縦13km・横20kmの四角形に収まる。exit
フィリップ島北海岸はCowesという地名で住宅地が並んでいるexitが、南海岸には住宅がほとんど無い。exit


サーキットは南の海岸線近くで、南のバス峡(タスマンから吹き付ける潮の影を強く受ける。

バス峡から吹き付ける強が運ばれやすく、が変わりやすい。
こちらexitが現地の天気予報なので注したい。


このサーキットのあるフィリップ島とオーストラリア大陸をつなぐ橋exitは、たった1本しかない。
レース終了後は当然のように大渋滞となり、フィリップ島を出るだけで5時間かかる。

フィリップ島周辺にはホテルもなく、フィリップ島exitメルボルン国際空港exitも直線で100km離れている。
日本人にとっては遠征するのが辛いサーキットと言える。

MotoGPの開催が10月で定着している

MotoGPの開催は10月で定着している。これは現地においての初めといったところで、結構寒い。
メルボルンの10月の平均最高気温は19.7度、平均最低気温は9.5度。exit
東京の4月の平均最高気温は19.0度、平均最低気温は9.4度。exit

気温が低く路面温度も低くなりがちで、タイヤグリップしづらく、転倒が多くて危険な開催である。

このためヴァレンティーノ・ロッシなどが10年以上にわたってドルナMotoGP運営)に
10月開催は危ない。3月開催がいいのでそちらに変更してほしい」と要望を出し続けている。

メルボルンの3月の平均最高気温は23.9度、平均最低気温は13.2度。exit
東京の5月の平均最高気温は22.9度、平均最低気温は14.0度。exit
メルボルン3月東京5月並みでかなり暖かく、バイクレースにとって安全度が高くなる。

ところがメルボルンではアルバートパークexit3月F1を開催するのである。
3月10月ビッグイベントを分散させたほうがホテル業界などの売り上げにとって好ましいので、
メルボルンサーキット運営者がMotoGP3月開催を拒否している。

このためドルナからのヴァレンティーノ・ロッシへの回答も「3月開催は理」となっている。
ヴァレンティーノ・ロッシほどの人物がいくら要望を出しても動かないのだから、
おそらく当分は10月開催が続くものと思われる。

コース紹介(MotoGP)

概要

メインストレートから美しい海を見渡すことができるexit明媚なサーキット

攻め甲斐のある高速コーナーの数々がライダーを魅了する。本サーキットを絶賛するライダーは多い。

ブレーキに優しいコースである。
ブレンボexitイタリアブレーキメーカーMotoGPクラスのほとんどのマシンブレーキを供給する)
が選んだ「ブレーキに厳しいサーキット」の中で、フィリップアイランドサーキットは最後尾である。

こちらexitMotoGP公式サイトの使用ギア明示動画である。
1速に落とすのは4コーナーホンダヘアピン)、10コーナーの2ヶ所である。

なパッシングポイントは、メインストレートエンドの1コーナー(ドゥーハンコーナー)exit
2コーナー(SouthernLoop)exit4コーナー(ホンダヘアピン)exit10コーナーexitとなっている。

大集団のレース展開になりやすい

このサーキットは高速コーナーが多く低速コーナーが少ない。ゆえに、エンジン差が出にくい。
エンジン差が顕著になるのは低速コーナーからの立ち上がり加速のときで、
フィリップアイランドサーキットにはそれが少ない。

高速コーナーが多いのでスリップストリームが効き、前方は失速しやすく、後方は追いつきやすい。

ゆえに本サーキットでのレースは10台ほどが連なる大集団になることが多い。

「1番手集団が10台、それから5離れて11番手集団が10台」・・・・・・こういう展開が多い。

後方の大集団にみ込まれると、もうその集団のトップになるしか希望くなってしまう。
「後方の大集団から抜け出して前方の大集団に追いつく」というのは非常に難しい。

こちらexit2017年の最大排気量クラスレース。8台が1番手集団を形成している。
こちらexit2017年moto3クラスレース。9台が1番手集団を形成している。

風が強く吹き込む

このサーキットは強いが吹く。

東西南北、色んな方向からが吹くが、一番多いのは南のバス峡(タスマンから吹くである。

により海岸に白い波が押し寄せる様子exitテレビカメラに捉えられることが多い。

が強いので、速い速度が流れてきてが急変することがある。
2011年MotoGPクラス決勝でいきなりが降り出し、青山博一とカル・クラッチロー
全く同時にスリップダウンしたことがある。

が吹き込むと急に路面温度が下がり、タイヤグリップしなくなる。
走っているライダーも「あれっ タイヤグリップしないぞ」と異変に気付くレベルである。

10月開催なので気温が低い

MotoGPが開催される時期は10月だが、これは現地においての初めといったところで、結構寒い。

2016年は気温12度にまで下がり、ピットの中でニットを被る人が多かった。画像1exit画像2exit画像3exit
人間の体は気温15度を切ると暖房がほしくなり、気温12度を切るとや手が凍り付く感覚になる。
ニット帽exitイヤマフexit手袋といった防寒対策を考えなければならない。

そのうえ強でさらに冷え、ぶ厚いジャケットを着込む観客exit立つ。

日差しが差し込めば路面温度が上がるが、がやってきたり夕方になったりすると路面温度も低くなる。

平均速度が高い高速サーキットで、タイヤやブレーキディスクが冷えやすい

1周の速度MotoGP開催サーキット19ヶ所の中で上から2番に高いサーキットである。
MotoGPクラスでは均時速180kmで、moto3クラスでも均時速166kmになる。
ここまで速度が速いとなかなかが慣れてくれず、慣れるまで大変。

速度があまりに高いため、走っているだけでタイヤブレーキディスク空気をたっぷり浴びる。
特にフロントタイヤフロントブレーキディスクに多くの空気が当たる。

先述のように10月は気温が低いため、冷たい空気が熱を奪ってしまう。
フロントタイヤフロントブレーキディスクが冷えやすいコースである。

日が差し込んで路面温度が高い場合でも全く安心できず、フロントタイヤが冷えて転倒する危険が高い。

ブレーキディスクが冷えやすいので、カバーを付ける(最大排気量クラス)

ハードブレーキングポイントが少ない、気温が低く空気が冷たい、速度が高く空気を多く浴びる、
これらの要因で、ブレーキディスクが冷えやすいコースといえる。
最大排気量クラス流のカーボンディスクブレーキは冷えてしまうと効きが悪くなる。
ゆえに各チームカーボンディスクブレーキカバーを付けて10月レースを走ることになる。

2017年に各ライダーが付けていたカーボンディスクブレーキカバーマンホールのフタみたいな
黒色地味な見た円盤である。このカバーは回転しないので、見ていてすぐにわかる。
画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit

レース決勝の開始時間が遅く、夕方に近い(最大排気量クラス)

最大排気量クラスの決勝を現地時間16時00分に開始することが2008年から定着している。

これはなぜかというと、MotoGP視聴者が多い中央ヨーロッパスペインイタリアフランス
ドイツなど)でのテレビ中継のためである。

10月において本サーキット中央ヨーロッパの時差は9時間なので、
サーキット日曜16時中央ヨーロッパ日曜7時になり、視聴率を維持できる時間帯になる。

2007年以前は決勝開始時刻が15時で、中央ヨーロッパ日曜6時になり、視聴率が低かった。


そういう事情があってレース開始時刻が遅い時間帯になったが、ライダーにとっては厳しい。

16時00分という夕方の時刻なので、かなり日が傾いており、日照量が少ない。
日照量が少ないため、路面温度が上がりにくく、転倒者が増えてしまう。

軽排気量クラス重が軽いマシンならタイヤも細く、タイヤグリップが走行に与える影は少ないが
最大排気量クラス重が重いマシンタイヤが太く、タイヤグリップが走行に与える影が大きい。

路面温度が低くてタイヤグリップしないというのが最大排気量クラスでは大問題になりやすい。

リアタイヤに厳しい

リアタイヤに厳しいコースとして定評があり、各タイヤメーカーを戦々恐々とさせる。

最終コーナーマシンを傾けてアクセルを全開にしてリアタイヤパワーを掛け続けるコーナーであり、
ここでリアタイヤ左側が強く発熱する。

電子制御が未熟だった2003年頃はリアタイヤから煙を上げて最終コーナーを立ち上がっていた。
それだけスピンしやすくリアタイヤが発熱しやすく、リアタイヤに厳しいコーナーなのである。

この最終コーナーに、千切れたゴムの塊が死屍累々と転がっている。まさにタイヤ殺しのコーナー

2012年11月に路面をり替える修を行った結果、グリップが大幅に向上したのはいいが、
グリップが向上しすぎてタイヤへの攻撃性が非常に強くなった。
2013年MotoGPクラスちょっと走っただけでリアタイヤ左側がこうなった。画像1exit画像2exit
通常の形式でレースをするとタイヤが持たないとレース運営が判断し、強制乗り換えレースになった。
いつもなら1台のマシンで27周してレースを行うが、19周に減らす。
それでもって9周か10周ピットインしてマシン乗り換えることを義務づける。
1台のマシンで9~10周だけしか走らない、そうでないとタイヤが持たず危険である、と判断された。

2014年2015年ブリジストンは、構造そのものをガチガチに頑丈にしたリアタイヤを持ち込み、
事にレースを終えた。ここで投入された頑丈な構造のリアタイヤフィリップアイランド専用だった。

カモメのバードストライク

フィリップ島にはカモメexitが生息していて、走行中のバイクに衝突することがある。
当たるとものすごく怖いとのこと。

2009年のメランドリexit2010年のロレンソexit2012年のカイルディンexit2013年予選のオリヴェイラexit
2013年予選のロレンソexit2015年のイアンノーネexitバードストライク被害に遭った。

メインストレート~1コーナー

メインストレートの上には歩道橋exitがあり、観客たちがコース外とコース内を行き来することができる。

歩道橋の隣にが通れる大きさの地下道exitがある。転倒してコース外側に放り出されたライダーは、
地下道を通ってコース内側にあるピットへ戻る。

メインストレートの横にピット施設があり、20本ほどの旗が間隔を開けつつずらっと並んでいる。exit
この旗を見ると向きが分かる。は南の海岸線から吹いてくることが多いが、北から吹くこともある。
ちなみにこのサーキット北の海岸線exitから6km程度しか離れていない。
この状態exitだと西からが吹いていることが分かる。

メインストレートワインガードナーストレートという名が付いていて、
最終コーナー脱出からスターティンググリッド最後尾あたりexitまで下り勾配、
スターティンググリッド最後尾あたりexitから上り勾配、
1コーナー進入exitは下り勾配になる。
動画をみると勾配のしさが分かる。
動画1exit動画2exit動画3exit動画4exit動画5exit動画6exit動画7exit動画8exit

 
1コーナーミック・ドゥーハンコーナーという名が付いていて、下り勾配である。
 

メインストレートから1コーナーに向かって突っ込む形であり、
からの強い向かい風を浴びることが多い。
2輪ではしいほどのダウンフォースとなり、前輪が強く地面に押しつけられる。

向かい風を浴びると予想よりも強いブレーキングになり、予想よりも遅いコーナリング進入速度になり、
ライダーはすこし調子が狂う感覚になる。また、走行タイムも損してしまう。

1コーナーで高速コーナリングしているところにピットレーンの出口がつながっている。exit
マシン乗り換えレースの時、走行中のライダーとピットを出るライダーが接近してexit危ないことがある。

2コーナー~3コーナー

2コーナーSouthernLoop(南の湾曲)という名が付いていて、前半が上り勾配である。

2コーナー前半は海岸線に対して行に走るので、から横殴りのが吹き込んでくることが多い。
イン側にマシンを寝かし込むことができなくなり、上手く曲がれず、
そのままグラベル(砂)に突っ込むことがある。
ここの横殴りのには悩まされるものであり、フロントカウルに多数のをあけて、
通しを良くする工夫をするチームもある。画像1exit画像2exit

2コーナー後半からアクセルを開け、exitすこし直線を走った後に急な下り勾配になり、exit
3コーナーケーシー・ストーナーコーナー)に勢い良く進入していく。
かつてケーシーはこのコーナーリアタイヤをスライドさせながらのごとき走りを披露していた。

4コーナー(ホンダヘアピン)

4コーナーホンダヘアピン)は久しぶりの右コーナーで、温まりきっていないタイヤ右側を使い、
転倒が多発する。
ここはカント(傾斜)もあまり付いていないフラットコーナーだから、なおさら転倒しやすい。
転倒多発地帯であると同時に、パッシングポイントでもある。


この4コーナーホンダヘアピン)はからの強いが追いとして吹き込んでくることが多い。

ライダーにとっては「向かい風」「横殴りの」「追い」の3種類だが、
この中で最も危険なのが追いである。

追いを受けると後ろから押され、ブレーキをかけても思ったより止まらなくなる。
慌ててブレーキバーを強く握るとフロントタイヤロックし、フロントタイヤからステンと転ぶ
スリップダウンとなる。
こういうのを「握りゴケ」というが、4コーナーはその握りゴケが多発する場所である。

追いライダーにとって感知しづらく、大変に危険で厄介な現といえる。


4コーナーオーバーランしてもいいように、4コーナーから真っ直ぐにアスファルトが舗装されている。exit
転倒したライダーマシンこのアスファルトの上を滑走することがありexit、危ないことがある。

6コーナー~ルーキーハイツ

6コーナーシベリアSiberia)という名前が付いている。名付けたのはバリー・シーンexitで、
から吹き込む強シベリアのように冷え切っているexitからそう名付けたとのこと。

6コーナー立ち上がりはしっかりカント(傾斜)がついていて、exit高速コーナリングが可である。

6コーナー立ち上がりから再び高速区間に入り、7~8コーナーは左・右の高速S字となる。
さらにそのあとはルーキーハイツ(LukeyHeights ルーキーの高台)の麓で左に切り返す。

7~8コーナールーキーハイの麓は時速220km程度で切り返すのでハンドルがずっしり重く感じられ、体を消費し、難しい。

6コーナーから左の7コーナー右の8コーナーを過ぎてルーキーハイツの麓の左切り返しexitまでは坦で、
ルーキーハイの麓で左に切り返してから徐々に上り勾配になっていき、ぐいぐい駆け上っていく。exit

ルーキーハイは先が見えないブラインドコーナーになっていて難しい。
また頂点ではリアタイヤが滑りやすい。


ちなみにルーキーは、luckyラッキー、幸運)ではなく、Lukeyルーキー、おそらく地名)である。
サーキットの外にルーキー・ドライブ(Lukey Drive)exitというがある。

10コーナー~最終コーナー

ルーキーハイツを豪快に駆け下りながらexit10コーナーに入っていき、しくブレーキングする。
この10コーナーでは盛んにパッシングが行われる。

10コーナー久々の右コーナーで、温まりきっていないタイヤ右側を使わざるをえず転倒が多発する。
10コーナーの外には芝生が広がっているだけexitでグラベル(砂)がく、滑りやすくて危ない。exit

10コーナーで一気に駆け下り、そしてまた上り勾配の11コーナーを回り、最終コーナーに入っていく。

最終コーナーカント(傾斜)もバッチリ付いており、各ライダーが懸命にアクセルを開ける。
ここでの加速がメインストレートの伸びに直結するので、渾身のアタックをする。
かなり長い時間マシンを左に傾けながらexitアクセルを開けていく。

最終コーナーではしいことに縦Gがかかり、ライダーは上から頭を押さえつけられる感覚になる。

最終コーナーの最中にピットレーン入り口があり、exitスローダウンしているライダーがいたりして、
危ないことがある。

フィリップアイランドサーキットの最終コーナードリフト走行のポイントの1つである。
マシンが左に傾いているのにフロントタイヤが右を向く。exit
逆ハン(逆ハンドル)を切るexit」「カウンターを当てるexit」と言われる状態になる。

最終コーナーの走行ラインの外にタイヤカスが多く転がっていることが多い。画像1exit画像2exit画像3exit
走行ラインを外してタイヤカスを踏んづけてしまうと大変で、タイヤカスタイヤにめり込んでしまう。
すぐに取れれば良いが、しばらくの間タイヤに付着したままになって乗り心地が最悪になることが多い。
もちろん走行速度も落ちてしまう。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィリップアイランドサーキット

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • フィリップアイランドサーキットについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!