フィリップ・ニンジャ・モーゼズ単語

フィリップニンジャモーゼズ

フィリップ・ニンジャ・モーゼズ(Philip Ninj@ Mozez、フィリップ・N・モーゼズ)とは、Twitterで連載中のWeb小説ニンジャスレイヤー』の原作者2名のうちのひとりである。

かつては「マクドガルニンジャ」というペンネームも使っていた。

「私たちは物事をシンプルにしたかった。ネット化され監視のり続け、政府経済ではなく、大衆自身がIRCBBSで自らの首に巻きつけようとする見えない首吊り縄を、カウンターする為である。社会は悩み進歩すべきだが、個々人がセプクしてはいけない。」

2010年10月Twitterアップロードされた、「インタビューウィズニンジャ
(『コミックアーティスト』誌によるフィリップ・ニンジャ・モーゼズ(フィル・モーゼス名義)へのインタビューより抜

概要

1969年生まれ、カリフォルニア州在住。子持ち。古今東西の様々なサブカルチャーエンタインメントに精通した芸術肌の人物。ブラッドレー・ボンドとの共作においては、コンピュータ工学を学んでいたこともあってか、サイバーパンク的考を担当している。

と書けばまともそうに見えるのだが…。

--カリフォルニアたる日差しの下、定された部屋で待っていると、ジーンズにTシャツ姿の男が、割れから突然飛び込んできて礼儀正しくオジギしたのだ。ああ、これはフィリップ=サンだ、と々は直感した。彼はそのままカラテを続けながら、にこやかにインタビューに応じてくれた。


「……待てよ、もしかして君たちは、アンハルクの話をさせるために、ゲームの話題に誘導したんじゃないだろうな? ウカツ! インタビューは終わりだ! 終わり終わり! 駄だ、写真は駄だ! それを寄越せ! こうしてやる! イヤーッ! イヤーッ!! イヤーッ!!! サヨナラ!」
――こうして彼は、カメラレコーダーをカラテで破壊した後、割れガラスから逃げていったのだ。から外を見ると、彼は相当疲れていたようで、息を切らしながら網を乗り越えるところだった。

2010年11月Twitterアップロードされた
ナショナルストーリーリング』誌によるインタビュー2000年)より抜

Twitterアップロードされた本でのインタビュー記事の内、『ナショナルストーリーリング』版ではカラテトレーニングしながらインタビューに応じる姿が、『ダイハードテイルズ』誌のインタビューでは、薄暗い部屋の中、ニンジャ装束でメディテーションするモーゼズの姿が記録されている。重度のニンジャリアリティショックを発症しているのではないだろうか?

また、「いいね?」をはじめ、数々の原作名言集の生みの親。

この他にもあれこれとヤンチャな言行に事欠かない御方である為、ボンドべて「狂った方」とヘッズに言われてしまうことも多い(もっとも、ボンドも「較的まともな方」であるが)。ただし、日本での(IRCを介した)インタビュー等では非常にフレンドリーサービスに溢れる応答を行っているようだ。

彼はニンジャアトモスフィアを実際よく表しているね。きもいい。公園で会ったら私は距離を置くだろう

株式会社エンターブレインオンラインショッピングサイトebten」にて
DXパック1&2の同梱グッズを着用したモデルへのコメント

アップルパイが好きという可らしいところも。

右と左

モーゼズがメインで手掛けたエピソードとして明言されているのが『アトロティインネオサイタマティ』、『リブート、レイヴン』。前者は狂気のヒーローヤクザ天狗」を生み出し、同時になきモータル一般人)がニンジャに立ち向かおうとする姿を描き、ヘッズのSAN値と涙腺を共に崩壊させた作品である。

それはタロであり、ヤマヒロであり、ヤクザ天狗だ。中でも、この物語はタロにげられた物語だ。親がニンジャになる。そして少しずつ変わってゆく。そうした恐怖と哀しさも演出したつもりだ。人間ニンジャはあるのか……ソウルの根に迫りすぎ、自身も正気があやしくなった

第二回エピソード人気投票結果
第5位『アトロティインネオサイタマティ』へのコメント

モーゼズが手掛けたといわれるエピソードには「右(シリアス)と左(コミカル)の振れ幅が大きい」という大きな特徴がある。登場人物達は真剣に、時に命懸けでの前の危機に立ち向かっているにもかかわらず、傍から見ると笑えるヘンテコな行動をとっていたり、おかしなコトダマを口にしていたりする。それでいて、最後にはしんみりとさせるラストを迎えるのだ。
ツイッターでの放送当時はボンドメインの『スワンソング・サングド・バイ・フェイデッド・クロウ』との同時進行で、ヘッズのを右往左往させることとなった。

その『スワンソング~』に影を受けたモーゼズが第2部で執筆したのが『リブート、レイヴン』。『ニンジャスレイヤー』でも人気のあるサイドキックタカギガンドーを中心とした物語である。こちらは前者とは打って変わったシリアスな「ひとりの男の再生の物語」であり、モーゼズエピソードであることが判明した時にはヘッズに衝撃が走った。

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィリップ・ニンジャ・モーゼズ

8 ななしのよっしん
2013/03/23(土) 03:28:41 ID: ttZP7HXEVM
かつては「マクゴナガルニンジャ」というペンネームも使っていて、ウェブアーカイブに残るプロトタイプなどでこの名前をにすることもあるだろう。
9 ななしのよっしん
2013/06/19(水) 11:09:48 ID: 54jWD0QluX
トロティは実際泣いていいのか笑えばいいのか発狂すべきなのか混乱させられる出来前
10 ななしのよっしん
2013/09/01(日) 23:23:08 ID: yI+Dad2XSM
HITMAN1巻の解説、原併記でビビった
11 ななしのよっしん
2013/09/23(月) 16:34:03 ID: pEYpuJMi3I
HITMANの解説はたった一ページの文章なのにいい感じにイカレてたな
12 ななしのよっしん
2013/10/14(月) 23:48:10 ID: bwhqmcPcpN
実は実際パワーパフガールズが大好きという一面もある。アメリカグラフィックノベル版ではたびたびこっそりキャラを書き込まれていたりする。
13 ななしのよっしん
2014/05/28(水) 11:09:11 ID: m/u5Lvc2a4
いいね?
14 ななしのよっしん
2015/01/07(水) 10:34:54 ID: 9Znz7RZaFT
マグロお前の仕業だったのか!

憎悪の旗#8もそうだったのか!
15 ななしのよっしん
2015/05/17(日) 21:59:11 ID: 0xkrrw2a96
最近本ボンドと一緒にラジオ出演し、インタビューに応じた
内容はNRS不可避という感じであった
16 ななしのよっしん
2015/11/03(火) 11:44:28 ID: h6/3/22ffZ
>かつては「マクゴナガルニンジャ」というペンネームも使っていた。
マクドガルニンジャ」な。
http://web.archive.org/web/20020717195957/http://www.nnc.or.jp/~snah/forge/ninja/ninjaintertop.htmexit
ちなみにこのサイトトップからリンクされた管理人二人のメインサイト過去に書かれていた小説クトゥルフ・イナ・アパートメント」に同名のキャラが登場している
http://web.archive.org/web/20010422105334/http://www.nnc.or.jp/~snah/forge/novel/pulpcthulhu.htmexit
http://web.archive.org/web/20030408000424/http://www.s1.inets.jp/~fireforge/die/novel/ctapa1.htmexit
17 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 03:52:04 ID: 9Znz7RZaFT
ブッダ逮捕とかカンゼンタイとか、狂ってるのに泣けるエピソード多いイメジ。ジェット・ヤマガタとかかなり好き。
マグロ・サンダーボルトはあ

急上昇ワード