フィリピン単語

フィリピン
2.3千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ
基礎データ
正式名称 フィリピン共和国
Republika ng Pilipinas
Republic of the Philippines 
国旗
国歌 Lupang Hinirang (最愛の地)exit_nicovideo
公用語 フィリピノ語(タガロ国語)・英語
首都 ニラ(マニラ首都圏, Metro Manila)
面積 299,404k世界第70位)
人口 100,617,630人(世界第12位
通貨 フィリピン・ペソPHP

フィリピンとは、東南アジアに位置する共和である。

概要

大小あわせて7000以上のからなるで、面積、人口はともに日本の8割ほど。漢字表記では比律賓で、と略される。

これまで計3回独立した経緯があり、最初の独立フィリピン第一共和』は、植民地支配していたスペインアメリカが争った西戦争において、独立を認める条件として協めたアメリカの側について勝利した際で、結局アメリカ約束を破り支配を強要、米比戦争になだれ込み敗れたことでアメリカの支配下となる。

2度独立フィリピン第二共和』は、大東亜戦争において日本がフィリピンからアメリカ駆逐した際のことで、米比戦争後に外へ追放され日本に亡命していた独立運動たちの尽と、彼らに協していた日本からの助により、正式に認められた独立が成された。

3度日本の敗戦により再びアメリカ植民地下におかれた後、親米の暫定政府であるフィリピン・コモンウェルスが、戦前からアメリカ側と行っていた交渉の成果によるもので、現在の共和はその経緯を経て独立した『第三共和』である。

スペイン植民地時代のプランテーションを発端とする格差が今もなお存在する。また、を支えられるようなだった産業が長く確立せず、海外への出稼ぎ労働に頼っている状態が続いている。

インフラが十分に整備されていないこともあり、工業化も遅れている。但し近年は海外からの投資も増えつつあり、サービス業や電子部品生産を中心にこれからの発展が見込まれている。

国語フィリピノ語(タガロ)。公用語フィリピノ語英語アジア最大のキリスト教国家であり、民の8割近くがカトリック信者である。

地理

フィリピンは大小合わせて7107からなる群国家である。そのうち人が住む1000程度である。は、首都ニラがあるルソンや、南部のミンダナ、第2の都市セブがあるビサヤ諸などである。

日本と同じく、火山噴火地震が多い。スプラトリー諸島南沙諸島)で中国などとの領土問題を抱えている。

経済・産業

フィリピンのな産業は農産業である。砂糖ココナッツバナナの生産として有名である。また、電子製品や半導体などの生産も盛んである。

公用語英語であることからコールセンター業務やソフトウェアプログラミングなどのアウトソーシング産業も成長している。

また、出稼ぎ大としても有名である。海外労働者からの送はフィリピンの重要な外貨獲得手段となっている。

第二次世界大戦後のフィリピンは東南アジアで最も裕福なであった。しかし1960年代以降、フェルディナンド・マルコス政権の独裁により海外からの投資が伸びず経済成長は他のASEANべ停滞し、現在は後発のタイマレーシアなどの後を拝している。

近年のフィリピン経済は好調であり、2013年GDP成長率は7.2%東南アジアの中でも高い成長率となっている。

文化

フィリピンはアジア文化ヨーロッパ文化の両方のを受けているが、特に植民地時代のスペイン宗教名前などにを与えている。祝日イースターなどカトリック教会に関するものが多く存在する。

フィリピン人は食事の回数が多く、1度に少ない量の食事を1日に4~5回食べるといわれる。フィリピンの伝統料理として有名なものに、お祝い事の際に食べられるレチョン(子の丸焼き)や料理の代表であるアドボ(煮込み料理)、ルンピア(フィリピン春巻き)などがある。

スポーツ

旧宗であるアメリカ合衆国からバスケットボール人気が高く民的スポーツとして好されている。

同じぐらいにボクシング人気が高くマニー・パッキャオをはじめとして中軽量級を中心に名チャンピオンを数多く輩出している。

また、ビリヤードバドミントンサッカーバレーボール人気も高い。

日本との関係

日本とフィリピンは地理的にも近いことから昔から人の交流も盛んであった。首都ニラには中世から小規模な日本人町があったといわれている。キリシタン大名として有名な高山右近などのキリスト教徒は、日本キリスト教が禁じられるとフィリピンに移住した。

その後、鎖国政策により一時は交流が途絶えるが、開後は日本人移民によって再び交流が盛んとなった。 第二次世界大戦ではそれまで統治していたアメリカに代わってフィリピンを占領した。第二次世界大戦後しばらくはフィリピンでも対日感情が良くなかったが、戦後の賠償や経済により、1980年代以降は記憶が薄れるに連れて対日感情も善し、現在では友好の一つである。

フィリピンは出稼ぎ大であり、日本にも多くのフィリピン人(特に女性)が働きに訪れている。さらに1990年代2000年代にかけて日本人とフィリピン人の結婚の増加により、フィリピン人のを持つ子が多く誕生している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィリピン

291 ななしのよっしん
2022/04/29(金) 00:03:40 ID: MmN+eJRv8R
ここって多民族で統一された事いみたいだけど
南部に至ってはインドネシアの方が文化的に近いって摘があるんだよね・・・
実際フィリピン南部インドネシアの統一案はあった
ちなみに東京五輪フィリピン史上初の金メダル獲得したディアス南部のミンダナ出身だったりする
292 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 18:27:46 ID: OlGmDTjHsf
民が英語を話せて出生率も高いのに何故かフィリピンを見習おうとは言われない

シンガポール韓国マレーシアに学ぼうと言う論者は多いのに
293 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 09:21:42 ID: G/MzFGNn/2
ネットとはいえ、過な事言えるカッケー!したいんなら素直にフィリピンへ移住したほうがいいんじゃないの?日本でドゥテルテ路線が支持されるとは思えないし、あちらでは独裁者息子が政策継承を掲げて当選しちゃったし
と子は別人格って意見はあるけど、流石独裁者系は信用できないかなぁ…
294 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 13:37:40 ID: slZoIZ4PRT
>>289
米軍式統治が成功したのなんて日本だけ
ブッシュの「日本モデル」で自由を強制されたイラク人たちは、すぐに「こんなクソ自由はいらない」と各地で暴れ始めてアメリカ軍を慌てさせた
295 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 17:00:53 ID: OlGmDTjHsf
中高年中心に、好んでフィリピンに移住する日本人わりと居るというイメージ
困窮邦人も多いというが....
296 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 17:48:02 ID: LuaoGcrwjX
新しい政権はかーなーり覚えやすいよね。

マルコ大統領息子)とドゥテルテ副大統領
297 ななしのよっしん
2022/07/18(月) 04:34:03 ID: Z04IYH5plw
>>289>>294
なんで領土の話に自由で答えてるんだ?日本語大丈夫か?

まあ>>291が良い摘してくれてるでしょ
々は地図で「フィリピン共和国」と書かれてる範囲の人をフィリピン人と認識してるけど、現地の人はおそらく違う
自分が住んでるとか、下手すりゃもっと狭い範囲に住む人だけを同族だと思ってる
だったら縁もゆかりもない辺小島の持ちなどどうでもいいこと。逆に考えるんだ、あげちゃってもいいさと真顔で言い出す人が出ても何らおかしくない
琉球日本のものなのか、中国のものなのか、独立なのかをいちいち気にしてる人が、江戸時代の本土にどれだけいたのかと考えるのに近い話なのでは
298 ななしのよっしん
2022/07/31(日) 22:30:51 ID: wydg+QKUWm
日帝フィリピン独立を踏みったって教わったけど、過去に似たような事してたんやな。(スペイン植民地の次はアメリカ植民地へ、反発したフィリピン人を、軍人は、文民が少なくとも20万人は亡くなってるやな...)
299 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 00:16:41 ID: /hgjMfxfaD
アメリカ人の45口径信仰が生まれた経緯とかマッカーサー親父のこととか知ってたらその辺は常識だと思ってた
300 ななしのよっしん
2022/08/16(火) 00:20:15 ID: JjLtZvIYg3
フィリピン米国ヘリ購入へ ロシアとの契約破棄=駐大使
https://jp.reuters.com/article/philippines-defence-usa-idJPKBN2PL0H3exit

ロシアヘリコプターの購入を取りやめたフィリピンは、米国と輸送ヘリ「チヌーク」の導入に向けて交渉している。ロムアルデス大使が15日明らかにした。

フィリピンロシアから軍用輸送ヘリMi─17」16機を購入する計画だったが、ロシアウクライナ侵攻を巡る米国の制裁を懸念して、127ペソ(2億2735万ドル)相当の契約6月白紙に戻した。

ロムアルデス氏はオンラインフォーラム記者団に「契約の取り消しはウクライナ戦争が原因だ。米国など西側諸国の制裁が予想され、契約継続することは明らかにわれわれの利益にならない」と説明した。