フィル・テイラー単語

フィルテイラー

概要

 フィリップダグラス・"フィル"・テイラー(Philip Douglas "Phil" Taylor, 1960年8月13日 - )は、イギリスプロダーツプレイヤーである。200をえるプロトーナメントで優勝し、80ものメジャータイトルを獲得し、ワールドチャンピオンシップでの16回もの優勝歴を持つことから、史上最強ダーツプレイヤーとして知られている。現在、この記録を上回るプレイヤーは存在しない。

 ニックネームは、”THE POWER”。これは彼の入場曲であるSnap!の「The Power」に由来している。

 長らくUnicorn契約し同社のダーツシャフトフライトを使用していたが、2014年Targetと契約し使用ダーツを変更した。

略歴

 16歳の時に高校中退しすぐに就職。ダーツを始めたのは26歳の時で、失業期間中にダーツに熱中し、プロになったのは28歳。80年代を代表する選手であるエリックブリストゥに師事する。彼の才を見込んだブリストゥからの資提供によりダーツに専念し、そこから才を開させ師をも上回る最強ダーツプレイヤーへと成長していくこととなる。

 1988年から1993年までBritish Darts Organisation(BDC)に所属していたが、ダーツが衰退の一途を辿る状況に不満を抱いた他のトッププレイヤーたちとともにWorld Darts Council(WDC)を結成する。WDCは後にProfessional Darts Corporation(PDC)と名を変え、それ以降テイラーPDCの第一人者として現在に至るまで活躍を続けている。

THE POWER

 その名の通り彼はダーツ界にて最強の存在である。年齢を重ねたことにより以前ほど成績が安定しなくなったと言われることもあるが、それでも50歳をえて今なお世界トップクラスプレイヤーとして活躍している。PDCオーダー・オブメリット2014年6月現在2位であり、彼の上に立つのはマイケルヴァン・ガーヴェンのみである。

 ダーツの中でも最も難易度の高いものの1つである9ダート・フィニッシュ、すなわち501のパーフェクト・ゲーム理論上最少の9投で終えたゲーム)をテレビ中継された試合中に9回達成している(インターネット中継のみのチャンピオンシップリーグダーツを含めると11回)。

 また、2010年プレミアリーグダーツ決勝では1ゲームで2回の9ダーツを達成する快挙を達成した。

 彼が喜ぶ姿は非常にかわいい

その他

 2012年PDCワールドチャンピオンシップにて、ニコニコ生放送に出演したこともある日本人プロプレイヤー村松治樹と対戦している。同舞台テイラー日本人と対戦するのは初めて。

 結果はテイラーが危なげなく勝利するも、村松も数レッグを取るなどその実の高さを見せた。その後別の大会の会場で再会したようだが、村松く「きっとまだ顔を覚えられていない」。

関連動画

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィル・テイラー

1 ななしのよっしん
2010/11/21(日) 06:10:43 ID: PfvNdt9FSm
>>sm12809609exit_nicovideo

大百科入りしてたので久しぶりに投稿してみました
2 ななしのよっしん
2011/03/07(月) 23:34:25 ID: 41MBNPqYC4
ギャグかと思った
もうちょっと記事書いてやろうぜ?
どういった功績を残しているのかとか
3 ななしのよっしん
2013/08/21(水) 11:57:05 ID: fdvLxV1F2d
今だとスカパー(Jスポーツ)で、各種チャンピオンシップの放送があるんで欠かさず見てる、
テイラーの成績についてはWikiからになるけどダーツの最高峰クラスの大会のワールドダーツチャンピオンシップ優勝回数14回(次点の選手は2回)、
ワールドマッチプレイ優勝回数も14回(次点は2回)、ワールドグランプリも10回(次点は2回)と正に独占状態。

大百科の中でわかりやすく言うなら、テニスフェデラーの成績とナダルの成績を合わせたぐらいというべきかな?
1回優勝するだけでもとても名誉な大会3つでそれぞれ2桁の優勝回数、これが史上最強と言われる所以。

急上昇ワード