フィル・フォーデン単語

フィルフォーデン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フィル・フォーデン(Philip Walter Foden, 2000年5月28日 - )とは、イングランド出身のサッカー選手である。イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFC所属。

ポジションMFトップ下、インサイドハーフサイドハーフ)、FW(ウイング、偽の9番)。171cm70kg。利き足は左足。

概要

イングランドマンチスターから11kmほど離れたストックポート出身。両親が筋入りの万ちぇしたー・シティファンということもあり、8歳の頃からマンチェスター・シティの下部組織に所属。最初はU-9のカテゴリープレーし、その後順調に上のカテゴリーへとステップアップしていき、順調に育っていく。各世代のイングランド代表でエースとして活躍し、次世代のワンダーボーイとして大きな期待を集めるようになる。

2017年7月トップチームアメリカ遠征に帯同すると、そのプレーぶりをみたジョゼップ・グアルディオラ監督が才に惚れ込み、「ダイヤモンド」と評する。11月22日UEFAチャンピオンズリーグCLグループステージのフェイエノールト戦でトップチームでの公式デビューを果たす。12月17日トッテナム戦では後半38分から出場し、本拠地エティハドでプレミアリーグデビューを果たす。フォーデンを大事に育てたいというグアルディオラ監督の方針によって少しずつ出場機会を与えられ、2017-2018シーズン公式戦10試合に出場。

2018-2019シーズンからは本格的にトップチーム戦場にするようになる。2018年9月25日、EFLカップ3回戦オックスフォード戦ではトップチームでの公式戦初ゴールを決めている。ダビド・シルバケビンデ・ブライネスター選手が名を連ねるチームの攻撃ではなかなか出場機会を得られず、途中出場がほとんどであったが、それでもCLで2ゴールを記録するなど少ない出番の中で才の片鱗を見せていく。2019年4月21日トッテナム戦ではプレミアリーグゴールを記録。

2019-2020シーズンオフ期間には、他チームへのレンタル移籍で出場機会を増やす話も持ち上がったが、自身の手元に置いて育てたいグアルディオラ監督の方針もあって引き続きポジション争いの厳しいシティに身を置いている。シーズン前半戦はなかなか出場機会に恵まれなかったが、新型コロナウィルス感染拡大に伴う中断期間明けにチャンスを得ると、再開後の3試合で4ゴール1アシストと結果を残し、第32節では首位のリヴァプールを相手に1ゴール1アシストの活躍によって勝利に貢献。いよいよトップレベルでの戦いでもその才が開するようになった。

2020-2021シーズンは長年チーム徴的な選手だったダビド・シルバが退団したこともあり、これまで以上に期待を受けることとなる。相変わらずワールドクラスタレントがひしめく厳しいポジション争いが待っていたが、グアルディオラ監督の信頼を勝ち取りレギュラーを獲得すると、中盤のみならずWGや偽の9番でもプレーし、どのポジションでも期待に応え、才を発揮。これまで苦手とされていた守備面でも成長が見られるようになる。2021年2月7日プレミアリーグ第23節リヴァプール戦では、カットインからDF3人の間を抜く圧巻の弾丸シュートを決める。4月14日CL準々決勝2nd legドルトムント戦では、チームを準決勝へと導く決勝ゴールを決めている。CLの決勝トーナメントに入ってからは全ての試合で終盤までプレーしており、いかにシティにとって重要な選手になったかを物語っている。5月19日プレミアリーグ37ブライトン戦では、ドリブル突破からインサイドキックで丁寧にコントロールした圧巻のスーパーゴールを決め、世界中の度肝を抜いている。公式49試合16ゴール10アシストと大きく飛躍し、シティプレミアリーグ優勝に貢献。この活躍が評価され、PFA年間最優秀若手選手賞、プレミアリーグ最優秀若手選手賞を受賞している。

イングランド代表

アンダー世代代表

くからイングランド至宝として注され、2015年イングランドU-16代表に選出されたのを皮切りに各年代のイングランド代表のとして活躍している。

2016年イングランドU-17代表は、ジェイドン・サンチョカラムハドソン=オドイ、エミール・スミスロウといった逸材がった世代と呼ばれていたが、その中で背番号10を背負い、チームエースとしての重責を担っていた。2017年10月に開催された2017 FIFA U-17ワールドカップに出場し、高いポテンシャルを見せつける。決勝のスペイン戦では2ゴールを挙げ、5-2の大勝に貢献し、イングランドを初優勝に導く。さらに大会のMVPに該当するゴールデンボール賞も受賞し、内のみならず海外からも次世代のスター補として注を浴びる。

2018年からは飛び級としてU-21代表でプレーUEFA U-21欧州選手権には2019年大会に出場。2019年大会では、初戦のフランス戦でゴールを決めたもののグループステージで敗れている。

フル代表

2020年8月イングランド代表に初めて招集され、8月6日アイスランドとの親善試合でフル代表デビューを果たしている。ところが、試合後のコロナ対策のための厳態勢が敷かれているにも関わらず、メイソン・グリーンウッドと共にホテル女性を連れ込んだことが発覚。規違反を犯したとして代表からの追放処分を受け、所属するマンチェスター・シティからも厳しい明により非難されている。

その後、ガレス・サウスゲート監督に謝罪し、若気の至りとして許されたことで11月に代表へ復帰。11月18日UEFAネーションズリーグアイスランド戦では代表初ゴールを含む2ゴールの活躍によってイングランド勝利に貢献している。2021年6月に開催されたEURO2020では、最初の2試合にスタメンで起用されるが精を欠き、第3戦のチェコ戦以降はスタメンから外れ、準決勝のデンマーク戦に延長前半5分から出場したのみの出場となった。決勝のイタリア戦は怪のために欠場となる。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2016-17 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 0 0
2017-18 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 5 0
2018-19 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 13 1
2019-20 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 23 5
2020-21 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 28 9

プレースタイル

リオネル・メッシシャビアンドレス・イニエスタといった数多の逸材を見てきたペップ・グアルディオラが「私が選手と監督のキャリアを通じて見てきたなかで、まぎれもなく才を持った選手だ」と称賛するなど、寵を受けているほどの才の持ちである。

フィジカルはさほど高くないものの、身体が非常にしなやかであり、走り方やドリブルの姿勢が非常に美しい。そのため、細身であっても接触プレーによって簡単に倒れず、相手のをうまく利用することができる。このしなかさなドリブルによって勢いのある突破ができる。ストライドが大きく、ボールを体の中央に必ず置くためDFは次の進行方向が読みづらく、闊に飛び込むことができない。スピードいが、推進が非常に高いため、本職である中央のみならずワイドで起用されても才を発揮できる。ドリブルの姿勢が綺麗ため、常に立った状態でプレーでき、首を振りながら周りの情報を取り入れ、ドリブルをしながら次のプレー選択を準備できている。

テクニックアジリティが高いため、狭いスペースで相手に寄せられたとしても理やり前を向くことができる。これはイニエスタダビド・シルバと共通した才であり、ライン間などで相手のプレッシャーを掻い潜ることができる。体の使い方もうまいため、相手のプレッシャーを受けても懐に入らないようにさせることができ、ボールロストが非常に少ない。

視野も広く、全体の動きを時に見渡せているため、スペースに最高のタイミングで質の高いパスを送ることもできる。キックフォームも体の姿勢がっすぐを保てるためボールが綺麗に浮いて、行きたい方向へボールを送ることができる。ミートさせるときは右手を開くことで反動をつけ、インパクト間にミートを強めている。このフォームはデイヴィッド・ベッカムを逆にしたようなものである。シュートの時にもこの特徴が生きており、強シュートが得意な理由でもある。

フィジカルコタクトが要される守備は得意ではないが、前線からのプレッシング時には相手のパーソナルスペースにうまく入っていけるため、相手の次のプレーを制限でき、周りの選手がプレスに行きやすい状況を作ることができる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィル・フォーデン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • フィル・フォーデンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2021/07/26(月)04時00分 現在

過去のオススメ記事