フィールズ賞単語

フィールズショウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

フィールズ賞とは、世界的な数学の賞である。

概要

数学の分野で業績を上げた研究者に贈られる賞。数学会議によって定められ、数学ノーベル賞ともいわれるが、肝心の会議自体が4年に一度、また対40歳以下の若手研究者に限られるなど、ノーベル賞べてもさらに狭き門である。

提唱者は1924年に会議の議長を務めたトロン大学数学科教授ジョンチャールズフィールズであり、彼は会議運営の余剰を基にしようとしたものの、のちにフィールズの遺産が寄贈されたことからこの名になった。

1936年に始まり、1966年からそれまでの2人から4人までに受賞者数が増やされた。

なお、1982年から始まった理論計算機科学の分野におけるネバンリンナ賞、2006年から始まった社会的影の強い数学者を表するガウス賞、に関しても同じく数学会議が選定している。

受賞者一覧

受賞年 名前 授賞理由 備考
1936 ラース・ヴァレリアン・アールフォルス 被覆間の観点から逆関数リーマン面を解析する方法を発展させたため
ジェス・ダグラス プラトー問題の解決
1950 ローラン・シュヴァルツ 関数一般化
アトル・セルバー 高度な定理を用いない初等的方法で素数定理
1954 小平 調和積分
ジャン=ピエール・セール 代数位相幾何学
1958 ルネ・トム トポロジーの研究で微分多様体の分類にコボルディズムの概念を導入
クラウス・フリードリッヒ・ロス 整数
1962 ラースヘルマンダー 微分方程式
ジョンウィラード・ミルナー 微分位相幾何学
1966 マイケルフランシス・アティ 位相幾何学と解析学
アレクサンドル・グロタンディーク 代数幾何学
ポールコーエン 集合論において連続体仮説がほかの公理から独立していることを
スティーヴン・スメイル 位相幾何学
1970 ジョン・グリッグス・トンプソン 群論
セルゲイ・ノヴィコフ 位相幾何学
広中 「特異点解消の問題」の解決
アラン・ベイカ 整数
1974 エンリコボンビエリ 整数
デヴィッドブライアント・マンフォード 代数幾何学
1978 ダニエル・キレン 代数的K理論
ピエール・ルネ・ドリーニュ 代数幾何学
チャールズルイス・フェファーマン 古典解析
グレゴリ・アレキサンドロヴィッチ・マルグリス リー群論
1983 アラン・コンヌ 作用素理論
ウィリアム・サーストン 位相幾何学
丘成 大域的微分幾何学および楕円微分方程式
1986 サイモンドナルドソン 位相幾何学
ゲルトファルティングス 数論的代数幾何学
マイケルフリードマン 4次元ポアンカレ予想の解決
1990 エドワード・ウィッテン 超弦理論
ヴォーン・ジョーンズ 作用素環論と結び理論
ウラジーミル・ドリンフェルト 代数幾何学および数理物理学
重文 「極少モデル間の存在解明
1994 エフィム・ゼルマノフ リー代数理論を用いて制限バーンサイド問題を解決
ジャン・ブルガン バナッハ間の部分間に関する研究の発展、ルイスアントニオ・サンタローの不等式照明エルゴード理論におけるいくつかの問題への新しいアプローチ、調和解析と古典的な作用素や非線形偏微分方程式における業績
ジャン=クリストフ・ヨッコス 力学系の研究
ピエール=ルイ・リオン 微分方程式
1998 ウィリアムティシー・ゴワーズ バナッハ間論
マキシム・コンツェビッチ 代数幾何学および代数的位相幾何学
リチャード・ボーチャーズ 数学
カーティス・マクマレン 力学
アンドリューワイルズ(特別賞) フェルマーの最終定理
2002 ウラジーミル・ヴォエヴォドスキー 代数幾何学
ローラン・ラフォルグ 整数論と解析学を結び付ける
2006 ウェンデリン・ウェルナ 確率過程、ブラウン運動
アンドレイ・オコンコフ 確率論、表現論、代数幾何学を結び付ける
陶哲軒 微分方程式、組み合わせ論、調和解析、加法的整数
グリゴリー・ペレルマン(辞退) ポアンカレ予想
2010 ゴ・バオ・チャウ ラングランズ・プログラムにおける基本補題の新しい代数幾何的手法による
タニスラフ・スミルノフ パーコレーション統計物理学のイジン模型における共形不変性の
セドリック・ヴィラニ ボルツマン方程式とランダウ減衰に関する研究
エロン・リンデンシュトラウス エルゴード理論とその整数論への応用
2014 アルトゥル・アビラ 力学理論
マルティン・ハイラー 確率微分方程式理論
マンジュル・バルガヴァ 数的幾何学
マリアム・ミルザハニ リーマン面とそのモジュライ間の力学幾何学 初の女性受賞者
2018 アクシェイ・ヴェンカテシュ 解析的数論、等質力学系、トポロジー、表現論の統合
ピーター・ショルツ パーフェクトイド間の導入、ガロア表現への応用、新しいコホモロジー理論の発展
コーチェル・ビルカ ファ多様体の有界性の明、および極少モデルプログラム
アレッシオ・フィガリ 最適輸送の理論貢献、その偏微分方程式距離間の幾何学確率論への応用

関連動画

後日追加予定

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィールズ賞

1 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 19:27:14 ID: 5o4/9/tzu5
作成乙です
98年にアンドリューワイルズが選考基準を満たさなかったものの、フェルマー予想の功績で特別賞を受賞していますね