フェイダン地方単語

フェイダンチホウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フェイダン地方とは、グループSNE製作TRPGルールブックソード・ワールド2.0』に登場する地域の名称である。

概要

テラスティア大陸の最南部に位置する、安定した人族領域のひとつがフェイダン地方です。
全般に冷な気であり、多くの場所がに見舞われ、短いも暑くなることはありません。5つの国家、あるいはそれに類する領域が存在していおりアイヤー帝国リオス、カインガラルーフェリアエイデル――それらは相互に良好な(少なくとも敵対はしていない)関係にあり、人の行き来もあります。
そしてフェイダン地方の東には、広大蛮族領、《闇のディルフラム》という脅威が存在しています。

富士見書房公式 TRPG ONLINEより抜

フェイダン地方は現在のところ、ソード・ワールド2.0の関連書籍で最も広く扱われている地域の一つである。
ソード・ワールド2.0公式展開でも最初期のリプレイシリーズである『新米女神勇者たち』が好評を博し、長期キャンペーン化したことがきっかけとなって、当初の舞台であるルーフェリア周辺の々(“石の学舎”カインガラ、“集いのリオス、年輪国家アイヤールなど)の設定が固められた。

「安定した人族領域のひとつ」などと書かれてはいるが、それは単に人族の同士の関係が較的安定しているという意味に過ぎず、大規模な蛮族国家が複数存在している。10巻にも及ぶ長期キャンペーンレベルリプレイ舞台となることが多い地域であり、国家規模の危機とはけっして縁ではない。
特に公式リプレイ初のレベル卓である『滅びのサーペント』とその続編の影のため、わずか十年程度の間に三回もフェイダン地方で世界規模の危機が発生したことになっている。

その後、『新米女神』や『サーペント』、『蛮族英雄』といったリプレイシリーズ人気を受け、テラスティア大陸の地域ごとのシナリオソースデータめたサプリメントである『博物誌』シリーズトップバッターをフェイダン地方が切ることとなった。
博物誌シリーズリプレイ小説ネタバレを多く含むのが常であるが、フェイダン博物誌はそのこと極めつけである。

また、博物誌の発売に前後して、邪神降臨の影SAN値直葬案件の地獄絵図と化した『封鎖領ハウペリアや、名実共にラクシア最大級の規模を誇る蛮族闇のディルフラムの脅威が詳細に明かされたこともあり、現在では一部のファンから公式扱いされるに至っている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%B3%E5%9C%B0%E6%96%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェイダン地方

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • フェイダン地方についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/12/13(金)00時更新