フェラーリ・ラ・フェラーリ単語

フェラーリラフェラーリ

ラ・フェラーリ(La Ferrari)は、イタリアの高級メーカーフェラーリ」が開発・製造したハイブリッドカー

概要

名のLaは英語で言うTheにあたる定冠詞。すなわち、ザ・フェラーリという意味になる。
日本での表記は「ラフェラーリ」だったり「ラ・フェラーリ」だったりと、中があったりなかったり。正直表記揺れが多い。

ポジション的にはフラッグシップスーパーカーにあたり、これまで同社のフラッグシップモデルであった「フェラーリ・エンツォ」の後釜にあたる。

2013年3月スイス・ジュネーブで開催された「サロンアンテルナショナル・ド・ロト」通称:ジュネーブモーターショーでお披露された。

世界499台のみの限定生産。であったが、2016年8月イタリア中部ペルージャ県で発生した大震災がきっかけで、売上を募するチャリティーオークション出品のために急遽1台が追加生産された。

エンジンは同社のGTスポーツマシンである「フェラーリF12ベルリネッタ」に搭載されている6.2リッターV12気筒自然吸気エンジンを強化。F12ベルリネッタでは740であったが、ラ・フェラーリでは800にまでチューンナップが行われている。
これに加え、イタリアの大手自動車電装品メーカー「マニエッティ・マレリ」と共同開発した運動エネルギー回生システムを搭載。同社がF1で培った技術がフィードバックされている。分類的には、パラレルマイルドハイブリッドに該当する。
モーターは7速デュアルクラッチトランスミッション内、もうひとつはエンジン前方に搭載されている。モーターは2基で163。これで、システム総合最大出963となる。バッテリーリチウムイオンバッテリーを搭載。ブレーキング・コーナリング等で発生する減速時の運動エネルギー駄にせず電気として蓄え、加速時に電動モーターによるアシストが加わることでとてつもない加速をもたらす。
これにより、0~100km/h加速は3以下、0~200km/hは7以下、0~300km/hは15最高速度は350km/hというとてつもない性を持ちながら、エンツォとべ排出二酸化炭素量は半分以下になった。環境・走行性を両立したモンスターマシンである。
三菱・アウトランダーPHEVポルシェ918等とは違い、電動モーターのみでの走行・外部からの充電は不可能

シャーシはカーボンモノコック製で、F1マシンと同じ行程で作られる。4種類以上のカーボンファイバー素材職人がセ作業でラミネート・オートクレーブ加工をすることで、過去モデル較して2割以上も剛性アップした。

体はフェラーリとして初めて電子制御で可動するエアロパーツを搭載。前後ディフューザーフラップアンダーネルリアスポイラーが自動的に最適なエアロダイナミクスを生み出し安定した走行をもたらす。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェラーリ・ラ・フェラーリ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • フェラーリ・ラ・フェラーリについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/21(水)22時更新