フェリックス・ベアト単語

フェリックスベアト

フェリックス・ベアト(Felix Beato)とは19世紀のイギリス写真である。

概要

1832年イタリアベネチアに生まれる。

イギリス帰化し、報道カメラマンとしてクリミア戦争、セポイの反乱、アヘン戦争などに従軍。

文久年間(1861~1864年)頃に来日。横浜の居留地で画チャールズ・ワーグマンと共に写真館を開く。ベアトが撮影した写真をワーグマンが模写し、『Illustrated London News』に寄稿している。

横浜鎌倉江戸長崎などで多くの写真を収める。現存する幕末期の古写真ベアトによって撮影されたものが多い。

1886年頃にはイギリスに戻っており、その後は東南アジアで活動していたことが確認されている。

ベアトの死亡日は長らく不明だったが、2009年ベアトの死亡明書が発見され、それによると1909年1月29日にフィレンツェで死去している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A2%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェリックス・ベアト

1 ななしのよっしん
2011/06/10(金) 19:27:05 ID: B8Cd7hEWf7
なんでベアトの項があるのwwww
こりゃワーグマンとか高橋由一とか五姓田義(Wikipediaにさえない)の項建てるしかないでしょうwwwww