フェリックス・マガト単語

フェリックスマガト

SSR[サガブルー]ヴォルフガング=フェリックス・マガト(Wolfgang-Felix Magath)は、ドイツ出身の元サッカー選手サッカー導者であり、サイゲームス史上最大のガチャ報酬である。

Qualität kommt von Qual"(高いクオリティーは苦しみから得られる)

来歴

ヨーロッパにて

選手としてはハンブルガーSVにおいて300試合以上に出場し、西ドイツ代表としても1982年1986年の2回のワールドカップに出場。いずれの大会もとして準優勝に貢献している。

現役引退後は古巣のハンブルガーを皮切りに、ドイツクラブ監督を歴任。2004年に強バイエルン・ミュンヘン監督に就任すると、2年連続でブンデスリーガドイツカップ内二冠を制覇するというかしい成績を残した。3年途中で成績不振のため解任。

その翌シーズンより、VfLヴォルフスブルク監督に就任。日本代表MF長谷部誠を獲得しで起用した。中位が定位置で、前年まで2年連続15位と低迷していたクラブをいきなり5位にまで押し上げ、翌年にはリーグ優勝を果たして多くのファンの度肝を抜いた。なお、残念ながら活躍は出来なかったものの、2年には同じく日本代表のFW大久保嘉人を獲得している。現在でこそドイツブンデスリーガには多数の日本人が所属しているが、当時1クラブに2人の日本人がいるというのは初めてのことであり、くから日本人選手のドイツとの相性の良さにをつけていた。

2009年よりシャルケ04監督に就任。今度は内田篤人導する立場になった。1年リーグ2位の好成績を挙げ、2年UEFAチャンピオンズリーグベスト4まで勝ち進むものの、リーグでの成績が伸び悩んだため解任。

シャルケ解任の直後、降格の危機していたヴォルフスブルク監督に再就任。何とか残留を果たすものの、2年には開幕から1勝2分け5敗と大苦戦し、そこで解任された。

2014年には、同じく降格の危機していたイングランドプレミアリーグフラムFC監督に就任。初めてドイツ外のクラブ導したが、全く立て直すことができず降格。翌シーズンも2部で開幕7試合を1分け6敗という大不振に陥り解任された。

近年は結果を残せていないものの、過去ブンデスリーガ優勝3回、ドイツカップ優勝2回の実績を残し、ドイツ内で350勝を積み上げている、ドイツを代表する名将であることに疑いの余地はない。そして、そんな名将マガトが……。

サガン鳥栖の監督就任?

2015年の末、Jリーグサガン鳥栖がマガトにオファーを送っているというニュース電撃的に報道。さらに12月には就任が決定的であると報じられた。年俸はまさかの3億円以上だと言う。

サッカーファンが度肝を抜かれたのは、「マガトが日本に来る」という以上に、彼を呼んだのがサガン鳥栖であることだった。鳥栖はかつて財政難による消滅危機にも直面し、それを乗り越えてJ1の中位クラブとして定着した現在でも予算規模は下から数えた方がい、地方の小クラブである。2013年2014年には2年連続で赤字を計上(財務に厳しいJリーグでは、3年連続で赤字を計上すると下位リーグへ強制降格してしまう)しており、とてもマガトを呼べるようなはないはずのクラブであった。

状況が大きく変わったのは2015年途中、『アイドルマスター シンデレラガールズ』や『グランブルーファンタジー』の大ヒット盛を極めるソーシャルゲーム開発メーカーサイゲームスクラブオフシャルスポンサーに就任してからだった。社長鳥栖所在する佐賀県出身である縁でスポンサー名乗り出たサイゲームスは、埋めるのに苦労していたホームスタジアムの広告を軒並み自社広告で埋め、『スターライ鳥栖ステージ』と銘打った『アイドルマスター シンデレラガールズ』とのコラボイベントも開催。鳥栖に惜しみなくを注ぎ込み、3年連続の赤字も見事に回避した。そしてその集大成がマガトの招聘である。報道によれば、欧州で実績のある監督の招聘自体がサイゲームスのオーダーで、マガトの獲得資の大半はサイゲームスが捻出しているという。

この状況に、サッカーファンを兼務するプロデューサーや騎士の多くが「俺ら課金したがマガトに化けた」「SSRアイドルにも程がある」と驚愕した。果たしてこの壮大なる監督ガチャがどう転ぶのか、2016年鳥栖に要注である。就任自体がポシャったら引けなかったってことで。

タイプ鬼軍曹
年齢:62歳(2015年時点)
誕生日1953年7月26日獅子座
身長174
体重:74㎏
3サイズ:?
血液型:?
趣味トレーニング
利き足:右
出身地:バイエルン州

残念ながら12月31日のマガトのフェイスブックにて正式に鳥栖へ断りの連絡を入れたと発表があり、鳥栖側もそれを認め、監督就任は流れた。どれだけ頑ろうとも引けないときはいけない、ということをガチャに挑むプレイヤーたちに教えてくれる重な教訓となった。

指導方針

マガトは「科学的なトレーニングを元に綿密な戦術を組み立てる」といったヨーロッパの現代的導者のイメージとは程遠い、フィジカル志向・根性論監督である。練習6時から始まり、素走りや筋トレ、長距離ダッシュなどの楽しくもなんともない軍隊式トレーニングを延々と課す。2部練習、3部練習は当たり前であり、それに反発した選手は対話することもなく容赦なく干す。長谷部は「高校の部活よりも練習がきつい」と漏らし、ついたあだ名は「鬼軍曹」である。

この導方針で多数の若手選手を見出しかしい実績を残してきたものの、当然ながら選手との轢や確執も絶えず、近年の監督成績が散々なこともあって「古い時代の導者」と評されることも多い。

ただ、日本揮することになる鳥栖も、底した走り込みによるフィジカルサカーチームの伝統とするチームであり、マガトの方針にはかなり合っている。やみくもに有名どころの監督を呼んだわけではないと思われる。

マガト軍曹の伝説(コピペ)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェリックス・マガト

1 ななしのよっしん
2016/01/14(木) 20:47:38 ID: 50FNO0p41/
もうマガトに引きなんてないでしょう
実績はともかく、ここまで導法が酷い監督は見たことが

急上昇ワード