フォント単語

フォント

フォントとは同じ形状(デザイン様式)の文字の集まりのこと。転じて、文字の形状(デザイン様式)を表すデータのことを言うことが多い。

フォントのデータ形式

ビットマップ
それぞれのサイズに対し一対一対応で作られているフォント。ようはドット絵である。絵でいうところのペイントツール相当のソフト製作
スケーラブ
形を大きくしても変わらないように設計されたフォント。絵で言うところのドローツール相当のソフト製作

フォントの文字幅

TrueType日本語フォントでは、文字幅の扱いの違いによって、おおまかに以下の3種類に分類される。「MS ゴシック」「MSゴシック」のように、一見同じデザインのフォントであっても、文字幅の扱いの違いでそれぞれ別フォントとして扱われる。

等幅 (モノスペース) … MS ゴシック / Osaka 等幅 / IPA ゴシックなど
かな漢字などの全角文字正方形に収まるように、英数字などの半角文字は横幅が半分のに収まる。全角文字半角文字それぞれ、すべての文字が同じ文字幅である。
プロポーショナル … MSゴシック / Osaka / IPA Pゴシックなど
文字ごとに横幅が異なるフォント。たとえば“i”や“I”は狭く、“w”や“M”は幅広となる。アルファベットでは当たり前の設計だが、実は日本語だとしい。とくに漢字までプロポーショナルなものはまずい。同じデザインの場合、等幅フォントの名前にPを追加した命名が多い。
和文は等幅 + 欧文はプロポーショナル … メイリオ / ヒラギノ / IPAexゴシックなど
日本語は等幅、欧文はプロポーショナルというそれぞれの標準的な種類を組み合わせたもの。1つのフォントでかな漢字も英数字もいい感じに対応できるのが特長。

販の OpenType日本語フォント (ヒラギノゴシック、游ゴシックなど) の多くは和文・欧文ともにプロポーショナル・等幅の両方の形状が含まれており、Adobe PhotoshopIllustrator などの高いソフトCorelDraw (ただしバージョン X6 以降に限る) といった、OpenType の機フルに引き出せるごく一部のソフトではこれらを切り替えて使うことができる。逆を言えば、大半のソフトでは一方しか使うことができない。

身近にある代表的な日本語フォント

Windows の標準搭載フォント

MS ゴシック / MS 明朝
Windows の標準フォント。Windows 3.1 (1992年) から現時点で最新の Windows 8.1 に至るまで標準で搭載されている。小さいサイズでの表示向けにビットマップのデータも含まれており、Windows 環境では潰れずくっきりとした表示になる (その反面、ギザギザで古くさく不格好であるし、特定サイズ突然文字の太さが変わる)。フォント名の「MS」は全角
MSゴシック / MS明朝
MS ゴシック明朝プロポーショナル版。Windows 95 (1996年) から現在まで標準搭載されているうえ、ゴシックのほうは Windowsウェブブラウザの標準フォントのため、2chアスキーアートMSゴシック文字幅が基準となっている。日本語を含む全角文字までプロポーショナルという仕様は登場当時は非常にしく、その後に出た多くの販フォントの設計に影を与えた。
メイリオ
Windows Vista 以降の標準フォントのひとつ。画面表示での美しさと読みやすさを兼ね備えたものをして新たに設計された。MS ゴシックのビットマップにかわって、ヒンティングという表示用の情報がしっかり設定されているため、Windows 環境ではビットマップを滑らかにしたようなくっきりとした表示になる。また、Windows 標準の日本語フォントで一、太字用の形状が含まれる (これまでは太字用の形状は存在せず、ずらし文字を複数重ねることで太く見せかけていた)。表示にも印刷にも使いやすいが、等幅フォントがないのが欠点。
ゴシック / 游明朝
Windows 8.1 で新たに搭載された標準フォント。各 3 種類の太さバリエーションがあり、全体的に細め。もともとは数万円するプロデザイナー向けのフォントで、Microsoft Office の付属フォントを含めてもださいフォントexitばかりだった Windows救世主である。拡張子は .ttf で全角文字は等幅、半角文字プロポーショナルだが、実は中身は OpenType フォントなので、Adobeソフトだと本領を発揮する。
しかしメイリオのようなヒンティング情報を含まないので、画面表示には向かない[1]

Mac の標準搭載フォント

Osaka
MacOS 9 以前の標準フォント。日本語部分は「平成ゴシック」、英字部分は「Geneva」の組み合わせである。欧文のみプロポーショナル。MacOS X にも標準で入っているが、より品質の高いヒラギノフォントがあるので現在ではそんなに使われない。
Osaka 等幅
MacOS 9 以前の標準フォント。Osaka 同様に最新の MacOS X にも残されているが、欧文も等幅な一の日本語フォントなので、現在テキスト編集用などの用途に使われる。
ヒラギノゴシック / ヒラギノ明朝
Mac OS XiOS端末(iPhone / iPad / iPod touch) における標準フォント。本来はプロデザイナー向けに作られたフォントのため品質が非常に高いうえ、クセも少なく読みやすいというまさに「標準」フォント。販版では太さのバリエーションがW1~W9と9段階あり、iOS にはW3とW6が、Mac OS X にはさらに太いW8 (ヒラギノゴシックのみ) も付属する。
ゴシック体 / 游明朝
OS X 10.9 Mavericksで新たに搭載された標準フォント。Windows 8.1 の「游ゴシック」とだいたい同じ仕様だが、フォント名が異なり、付属する太さのバリエーションも異なる。また、拡張子も .otf の純な OpenType フォントである。iOS でも、対応アプリはまだ少ないものの利用可[2]

フリーフォント

IPA ゴシック / IPA 明朝
IPA (独立行政法人 情報処理推進機構) が配布している、恐らく最も有名な日本語フリーフォント。MS ゴシックMS 明朝の代替を想定したフォントなので非常に地味だが、タイプバンクという中堅フォント制作会社の創業者が過去デザインした書体をベースとしているため、フリー日本語フォントとしてはとても品質が高い。そのうえ変した亜種開可ライセンスのため、多様な亜種が存在する。Linux の標準フォントとしても普及している。
IPA Pゴシック / IPA P明朝
IPA ゴシックプロポーショナル版。かななどの全角プロポーショナルで、Windows の標準フォントがない環境での代替を想定したフォントだが、文字幅に互換性はないのでアスキーアートには向かない。
IPAexゴシック / IPAex明朝
全角文字は等幅 (IPA ゴシック or 明朝相当)、半角文字プロポーショナル (IPA Pゴシック or 明朝相当) にしたもの。一般的な文書向けとされている。
IPA モナー Pゴシック
IPA Pゴシック文字幅を MSゴシック相当に調整したもの。Windows 以外の環境アスキーアートを正確に表示するのにとても重宝される。
M+ OUTLINE FONTS
個人で制作されているフリーゴシック体、とは一見思えないぐらい高品質なフリーフォント。日本語は等幅で、欧文などはプロポーショナルと等幅の両方が提供される。太さのバリエーションが極細から極太まで7種類もあるのが最大の特徴。さらに、画面表示用としても考慮されているため、濁点が大きめにデザインされており、小さめ文字でも較的読みやすい。
10 年以上にわたって個人制作が続いている壮大なプロジェクトであり、2015年現在制作中のため、漢字はJIS第1準すべてと第2準のおよそ半分までとなる。
ライセンス自由度が非常に高く、変や再配布を含め、あらゆる用途において制約なく使用できるので、不足した漢字IPA フォントなどと合成して補ったもの (MigMixMgen+など) や、加工して丸ゴシック化したもの (Rounded M+) など、多数の亜種が存在する。
ネックだった漢字の収録数は今となってはすでに充分実用的なレベルに達しており、今や大企業に使われることも多くなったフリーフォント界の出世頭である。たとえば、大手レンタル店のTSUTAYAでは、各店の店頭にある「新作情報」の垂れ幕や、店内POPなどの標準フォントとして採用されている。
Source Han Sans CJK / Noto Sans CJK (ゴシック)
AdobeGoogle が 3 年がかりで共同開発したフォント。Adobe 版と Google 版とがあり、名前のほか若干仕様が異なる。日本語環境では「ゴシック」と表示される。
Adobeデザイナー導のもと、中国語(C)日本語(J)・韓国語(K) の3ヵ国語に含まれる大な文字を包括的にサポートしている。言をまたいで共通したデザインコンセプトを持っているので混ぜても違和感がないうえ、太さバリエーションは7種もある。
普通日本語フォントとして見ても、後述する小塚ゴシックのクセを抜いた上位互換のような感じで、品質が高く使い勝手が良い。それでいて償であるうえ、これまた変可ライセンスであり、細部の仕様善した「ゴシック」、丸ゴシック化した「ゴシック」など多様な亜種が存在する。

代表的な市販フォント

販フォントを動画サイトで使う場合は年契約を利用することである(追加料は発生しない)。

モリサワ
文字がまだアナログだった「写植」の明期からの長い歴史を誇る大阪メーカー。かつて社運を賭けたデジタルへの移行に大成功したため、現在はフォント業界を牽引するトップメーカーとなった。プロの分野で圧倒的なシェアを誇る。特に出版や広告の分野ではまずくては仕事にならない存在。
基本的に年間契約 (5万円/年。学生は非商用利用限定を条件に1.2万円/4年)。個性を抑えた較的まじめな書体が多い。「新ゴexit」のように、一度もにしないで日常生活を送ることが非常に困難な書体もここのもの。
また、Adobe Creative CloudのTypekitサービスを使うことで無料で利用できるようになった。
フォントワークス
福岡に本社を持つ、その名の通りフォント専業のメーカー。設立に台湾企業が関わっていた関係で、外資系企業のように社名に「ジャパン」がついていたが、現在はそれも取れ、面影は残っていない。
プロ向けのフォントにおいて、モリサワと二強を形成している。基本的に年間契約 (2.4~3.6万円/年、学生は非商用限定で5千円/4年)。この年間契約システムをいちはやく取り入れ、同時に利用規約をゆるめて面倒な条件をしたこと、さらにデザイン性と品質を兼ね備えた書体が充実していることから、ゲームや放送テロップなどの映像分野でシェアが高い。例えば、これexitこれexitこれexitあたりは見覚えのある人も多いはず。最近はかっこよくてクオリティも高い筆文字で有名だが、買うとなるとすごく高い「舟書体」もこれの年間契約内で使えるようになったため、舞台戦国時代だったり、ヤンキーがたくさん出たりするようなゲーム文字いちいちかっこよくなった。
モリサワより安く換算で2千円からと、個人レベルでも手が届きそうだが、初年度に入会の3万円が必要となることが最大のネックである。
ダイナフォント (ダイナムウェア)
台湾メーカー。人件費の安さを武器にした安売り攻勢で価格破壊を起こし、個人向けフォントの市場を切り拓いた。今でも日本語260書体+おまけ多数の買い切りパッケージが1万円前後で買え、一部が年賀状ソフトなどのおまけとしてよく付属しているので、個人レベルでも非常に身近。品質はまちまちで「普通の書体」にはめっぽう弱いが、個性的な書体には良いデザインが多く、特にゲームの分野においてはフォントワークスと肩を並べる。これexitこれexitこれexitとか特に有名。
ただし安い分なのか、前の二社にべてさまざまな用途において追加料金がかかるexitので注意。「個人がニコニコ動画うpする動画に使用する」だけでも、問い合わせると「5万円です」と言われるらしい。しかし、多くの個人がそれを知らぬまま動画内に活用しているのが実情であるが、それに対する申し立てなどは (少なくとも個人に対しては) 特に行われていないもよう。
イワタ
東京に本社を持つ、岩田製造所を流とするメーカー。新聞用書体の開発など、新聞社や官庁・自治体向けの書体に強い。パナソニックやカゴメなどの製品でよく見られる「イワタUDフォントexit」が有名。フォントワークスの年間契約システムを取り入れているが、フォントワークスのそれとは違い学割は用意されていない。
小塚フォント (Adobe)
Adobe PhotoshopIllustrator などに付属するフォント。「小塚ゴシック」と「小塚明朝」があり、それぞれ6種類の太さがある。しかし、特に小塚ゴシックは「き」や「な」など文字の形に妙なクセがあり、「ださい」と感じて嫌う人も多いらしい。それでも Adobeソフトさえあれば Windows / Mac および内外を問わずほぼ 100% 入っているフォントなうえに「用途によっては追加料がかかる」縛りもなく、MS ゴシックを使うよりも断然良いので、さまさまな場所でよくにする。
AXIS フォント (タイププロジェクト)
もともと『AXIS』というデザイン雑誌のためだけに作られたらしい。7種類の太さがあるシンプル読みやすい現代的なゴシック体で、1種類2万円もするべらぼうに高いフォントだが、Apple任天堂マクドナルドが会社ぐるみで採用するなど、特に広告あたりの分野でアツいらしい。「この色は、あなたです。exit」など、現在Appleサイトにあるキャッチフレーズは全部このフォント。
FONT×FAN (フォントアライアンス)
較的最近できた個人向けの廉価なフォント集。「たくさんフォントが入った個人が買える安パッケージ」は、現在では実質的にダイナフォントとこれの二択となっている。他社と違い、さまざまな会社やクリエイターのフォントをかき集めているのでダイナフォント以上に玉石混交だが、ダイナフォントよりある程度規約が緩く、個人が動画投稿に使うのは非商用であればOKらしいので、ニコニコ大百科的には注しておきたいところ。

ニコニコ動画に記事のあるフォント

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Windows文字表示のシステム進化XP 以来 10 年以上止まっていて、8.1 においてもヒンティング情報がないと小さな文字をまともに表示できない。つぶれてガタガタになる。
  2. *アプリ上から追加でダウンロードする形になる。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フォント

47 ななしのよっしん
2016/02/27(土) 18:20:53 ID: LmMdWUqJOU
>>46
たしかWindowsバンドルのフォントOSライセンスがくっついてる機械の上でなら大丈夫と解釈できる内容だったはず
同じ機械に正規ライセンスWindowsが入ってるか
使う機械の上でOEM/DSPライセンスが有効でなければダメ
48 ななしのよっしん
2016/02/27(土) 20:23:08 ID: m2eaalymqd
>>47
なるほどありがとうございます
49 ななしのよっしん
2016/11/30(水) 18:25:59 ID: fpMQtKnUbN
海外だと有料フォントエロゲーじゃない位に違法配布されてたりする
パッと見では分からない事もありバイラルメディアとかで無料フォントとして紹介されてることもしくなかったり…
特に外国語フォントダウンロードするときは注意
50 歴史的仮名遣常用者
2017/03/14(火) 19:48:09 ID: C7r8w35J3z
デジタルフォントについては,コンピュータープログラムとして著作権保護の対になるさうだ.が,タイプフェイスそのものに関して著作権・意権はいとするのが通説なので,摸造を防ぐため,各社とも利用規約には大変拘ってゐる.
同じベンダーフォント製品でも,利用規約まで同じとは限らない.追加料しでの用途が著しく限定されることもあるので,フォント製品の導入にあたっては,価格や質以前に,利用規約をよく確認しておくことを肝に銘じておきたい.
51 ななしのよっしん
2017/03/14(火) 19:51:39 ID: 03KMiB3kLd
歴史的仮名遣い々よりも文章が片言で
52 ななしのよっしん
2017/04/05(水) 14:52:15 ID: 5D0ObiIV8c
ゴシック(Source Han Sans)/Noto Sans CJKに続くAdobe×Googleプロジェクトの成果として明朝(Source Han Serif )/Noto Serif CJKが登場しましたね、これもSIL Open Font Licenseなので、ゲームなんかに積極的に使われていってほしいです。

https://developers-jp.googleblog.com/2017/04/noto-serif-cjk-is-here.htmlexit
https://source.typekit.com/source-han-serif/jp/exit
53 ななしのよっしん
2017/04/19(水) 21:28:47 ID: iCKoZOgn9R
は今、フォントを作成しているんだけどけっこう大変だわw
とりあえず漢字はここまで書けました(画像
http://i.imgur.com/kez9OLz.pngexit
もちろん、かなや英数字もあります
54 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 11:56:46 ID: fdsW61batm
>>53
開発環境(つーかソフトウェア)ってFontForge?
あと bmf? ttf? otf?
bmf だったら嬉しいのだが。
55 ななしのよっしん
2018/07/05(木) 11:23:45 ID: DHrxTRAdrw
55種類の日本語フリーフォントをまとめて試せるWebサービスためしがき”がリリース
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1131173.htmlexit

ためしがき
https://tameshigaki.jp/exit

いいね〜これ
56 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 23:57:14 ID: 5qo4bBskUX
フォントデータに含まれるタイプフェイス(文字単体)そのものには著作権はない。
これ豆な

急上昇ワード