フォードvsフェラーリ単語

フォードバーサスフェラーリ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

フォードvsフェラーリとは、2019年アメリカ開された、ル・マン24時間レースを描くカーレース映画である。(原題Ford v Ferrariヨーロッパ版はLe Mans 66)翌年2020年日本でも開されている。

概要

レーサーカーデザイナーキャロルシェルビーのもとに、巨大企業フォードから信じがたいオファーが届く。それはル・マン24時間レースで6連覇中の王者、フェラーリに対抗できる新たなレースカーを開発してほしいとの依頼だった。心臓の病でレース界から身を退いた苦い過去を持つシェルビーは、そのあまりに困難な任務に挑むため、破りなドライバーケンマイルズをチームに招き入れる。しかし彼らの行く手には、開発におけるメカニックトラブルにとどまらない幾多の難題が待ち受けていた。それでもレースへの純な情熱を共有する男たちは、いつしか固い友情で結ばれ、フェラーリとの決戦の地、ル・マンに乗り込んでいくのだった……。

「フォードvsフェラーリ」公式サイトexitイントロダクション」より抜

1960年代に繰り広げられたフォードフェラーリル・マン24時自動車レースを巡る覇権争いと、フェラーリに勝てるマシンを作るべく奮闘するデザイナードライバーである二人の男のドラマを、史実に基づいて描くフィクション

配給は20世紀FOX監督は、ジェームズマンゴールド。演はマット・デイモンクリスチャン・ベールCGは使わず、実のレーシングカーを使って撮影されている。アカデミー賞では5部門にノミネートされ、編集賞と音響編集賞を受賞。臨場感あふれるレースシーンBlu-Rayなどで視聴する際は、是非5.1chサラウンドなどの立体音響を用意したいところ。

ストーリーは、資本めるイタリアフェラーリと、若者向けにスポーツカーを販売するための訴効果としてのレースでの勝利めるフォードとの間で、合併話が持ち上がるが、結局破談してしまうことからはじまる。

袖にされた形のフォードしく反発し、自らの手でフェラーリを打ち破るレーシングカーを開発することを決定する。そのフォード白羽の矢を立てたのが、元レーサーカーデザイナーキャロルシェルビーであった。

そのシェルビーが3年にわたる苦闘の末に1966年ル・マン24時間でのフェラーリとの決戦を迎え、いかなる結果を迎えるのか…。そして、共にマシンを作り上げてきた破天荒ドライバーマイルズは栄をつかめるのか…。

登場人物

キャロルシェルビー 演:マット・デイモン
レーサーで、F1ル・マン24時間などの豊富な経験を持つアメリカ人。フォードからレースカーGT40」の開発を依頼される。勝利のために、敢えてマイルズと組んで開発をすすめることになる。
ケンマイルズ 演:クリスチャン・ベール
破りなイギリスドライバー。すでに40代半ばだが、レーサーとしてはうだつの上がらない男。ひょんなことから知り合ったシェルビーに、フォードレースカー開発の仕事を頼まれることになる。
モリー・マイルズ 演:カトリーナ・バル
マイルズの妻。決して裕福ではない彼の暮らしをバランス良く保ち、夢を追う夫を支える。
ピーターマイルズ 演:ノア・ジュプ
ケンモリーの一人息子レーサーとしてのを見つめ、応援する。
リー・アイアコッカ 演:ジョンバーンサル
フォードのマーケティング責任者。シェルビーにフェラーリに勝てるレーシングカー製作を依頼する。
ヘンリーフォード2世 演:トレイシー・レッツ
フォード会長。祖は創業者であるヘンリーフォード。孫ながら名前を受け継ぎ、2世と呼ばれている。父親は会社を全に継ぐ前に亡くなったため、そういう意味でも二代である。
レオ・ビープ 演:ジョシュルーカス
フォード社長モータースポーツ部門責任者。大企業論理に従って行動するため、シェルビーやマイルズとは対立することになる。
エンツォ・フェラーリ 演:レモ・ジロー
フェラーリ会長レースに深い思い入れを持ち、「会社の方針次第ではレースをやめるかも」という態度のフォードに反発。フォードフェラーリの合併話を破談させる。

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89vs%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フォードvsフェラーリ

1 ななしのよっしん
2020/01/31(金) 19:09:09 ID: 3xZPniFnAx
これ結構予告がかかってたけど
いのかな?
マット・デイモンクリスチャン・ベイルだから
ハズレではなさそうだけど
2 ななしのよっしん
2020/01/31(金) 19:33:25 ID: 6sNQIIdXvF
>>1
個人的には大当たりだったよ
全然わかんないと序盤は厳しいかもしれないけど、雰囲気に慣れれば何とでもなる
レースシーンは本当に熱いのでかなりお勧め
爆音映画館で聞いた方が絶対にいい
3 ななしのよっしん
2020/02/13(木) 22:22:10 ID: earkta+P9v
世してしまったため、孫ながら2世と呼ばれている。
別に親父死したから2世なわけじゃないぞ。これ自体はエリザベス2世とかと同じで名前を継いだだけ。息子の名前は父親から取ってエドセル2世だし、さらにその息子ヘンリー3世で一族の名前を繰り返してる。
ただ作中で「二代」と呼ばれることがあるのは、のエドセル社長になってからも最終決定権は初代が持ってて、全なエドセル体制になる前に亡くなったからだね。フォード史知らなきゃ分かんねーよって部分だがw
4 ななしのよっしん
2020/02/13(木) 22:28:45 ID: XfDSKzZ1bP
シェルビー対フォードフェラーリだったわ、副社長ほんまセコい。キャロルシェルビーの事は作ったしか知らなかったから、官僚体質のスポンサーとプッツンドラバーに挟まれる中間管理職キャラなのは意外だけど面かった

マイルズがル・マン初年度で留守番してるシーンラジオ実況に合わせて格納庫列が映し出される演出が印的、フェラーリチームドライバーも一言もしゃべってないのに存在感あったな
5 ななしのよっしん
2020/02/25(火) 14:19:16 ID: cyvBMk3dtx
マイルズの気高い生き様に惚れてその分泣いてしまうわ、これは……
は、ついていけるだろうか 君のいない世界スピードに」ってこのためにあるようなポエムよね。

>>4
史実のビーブ副社長マイルズと対立こそしてたけど、あそこまで神経ではなかったみたいね。
最後の示もしたはしたけど、あんな結果になるなら示しなかったって後悔したくらいにはレーサーにも寄り添える人だったみたいだし、対立軸作る上で貧乏くじ引かされちゃった感。

急上昇ワード

おすすめトレンド