フォーマルハウト単語

フォーマルハウト
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フォーマルハウトFomalhaut)とは、銀河系恒星の一つである。本項で解説。

曖昧さ回避

概要

恒星(連
フォーマルハウト Fomalhaut
符号 みなみのうお座α
距離 24.8光年
22h 57m 39.0s
−29° 37′ 20″
スペクトル型 A4 V
表面温度 8590K
視等級 1.16
絶対等級 1.72
半径 太陽の1.84倍
質量 太陽の1.92
太陽の16.6倍
備考 周囲に円盤あり。
惑星が少なくとも1つ。
系の他の2つの恒星
この表では省略した。
参照:Wikipedia英語版exit

みなみのうお座の口に位置するい一等。名前もアラビア語で「の口」を意味する「ファム・アル=フート(فم الحوت)」に由来する。

日本では「の一つ」と呼ばれ、長らく孤独というイメージがあった。日本から見える一等のうち、に見ごろを迎えるものは3つ、は4つ、は7つか8つもあるのに、星座に分類される星座の一等はフォーマルハウトただ一つしかないのだ。

一応、になってもいわゆる「の大三角形」の一等たちが西のに残り続けているし、晩になると東から星座が昇ってくるが、南ではフォーマルハウトがひとりぼっちいている。周りには一等はおろか二等星以下の明るいもほとんど見当たらないので、実にさみしそうである。

そんな訳で、地球から見るとぼっちなフォーマルハウトだが、クローズアップするとちょっとした家族を形成しているらしいことが分かってきた。

まず、フォーマルハウトは近くにいる恒星みなみのうお座TW」および「LP 876-10」と三連を成している。さらにフォーマルハウト自身は円盤に囲まれており、2008年ハッブル宇宙望遠鏡の観測によって円盤の中に惑星が潜んでいることが判明した。可視系外惑星が撮影できたのは初めてのケースだったりする(それまでの系外惑星は全て間接的な拠から検出されていた)。

そのハッブルが撮影したフォーマルハウトとその円盤の姿は「巨大な玉」に見えて不気味との評判。そしてそれとは微も関係ないが、フォーマルハウトはなぜかクトゥルフ神話に登場するクトゥグアアフーム=ザーの住処とされている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フォーマルハウト

1 ななしのよっしん
2020/11/18(水) 21:15:56 ID: X2w32HqbqZ
クトゥグアがいる場所だっけ?
2 ななしのよっしん
2020/11/18(水) 22:49:01 ID: 0HlCmThE4G
貴族っぽい

急上昇ワード改