フョードル・パトリチェフ単語

フョードルパトリチェフ

フョードル・パトリチェフ(Fyodor Patrichev)は銀河英雄伝説の登場人物。ヤン艦隊部の次席幕僚。

CV塩屋浩三石黒監督OVA)、岩崎征実Die Neue These)。

経歴

作中時間での最初の登場は、外伝「螺旋迷宮」。
当時は惑星エコニア捕虜収容所に赴任しており、階級は大尉で参事官補の任にあった。後に参事官として赴任してきたヤン・ウェンリー少佐の部下となる。
同地で発生した騒乱事件ではヤンと行動を共にして、と人物をヤンから高く評価された。
騒乱集結後は、鎮圧に寄与したとして、地に近いエコニアから栄転されている。

事件から8年後、第13艦隊設立時に、ヤンからの招聘をうけて艦隊部に入幕する。
この時の階級は大佐。次席幕僚(副参謀長)として部の運営を行い、後に同艦隊を前身としたイゼルローン駐留艦隊設立時では准将に昇進する。

バーミリオン戦後でのヤン艦隊解体後は辺での軍務に従事した。時期は不明だが、このころまでに少将に昇進している。マル・アデッタ域会戦前には、フィッシャームライと共に宇宙艦隊から割譲された艦隊をを率い、困難の末にヤン艦隊と合流を果たす。革命予備軍部でもヤン艦隊の副参謀長の任にあたった。

回廊の戦い終結後の帝国軍との会談ではヤンに随員する。その途中で起きた、地球教徒の襲撃ではヤンの防波となり、しばしの猶予を稼いだが、ヤンに先立って射殺される事となった。

能力

軍人としては、デスクワークより前線揮に向いた人物で、ファイターとも称される。
しかし、艦隊部の運営を滞らせた事はく、任務と上官に対する実さには疑念の余地がかった。
機転も利き、説明や交渉ごとの才にも富んでいた。ヤンの心情をしばしば明晰に言化する事が出来たという。兵士達の叱励役を担い、押し出しがきいた体と、オペラ歌手級の豊かな低音で、ヤンの作戦に「なるほど」と唸る事は、兵士達の士気を上げる効果があったという。

恵体に見合った膂の所有者で、素手なら15人程度の兵士を片付ける事ができる。(エコニアジョークの可性も有り)ヤン艦隊に合流をする前の兵士の反乱では、スーン・スールと共に精鋭を率いて鎮圧しており、実戦指揮官としての面も見せている。イゼローン要塞の各部局で行われたフライングボールトーナメントではチーム監督を務め、準優勝に導いた。

人物

名前から地球時代のロシア民族の末裔と推測される。
丸顔に長いもみあげ、幅と厚みのある巨。陽気で放な人為でヤンより5才年上者。(明編≒34才~乱離編≒38才) 理性と知性をそなえ、鋭いというよりは太な見識をもつ、自身に危を加える者にも「よせよ、痛いじゃないかね」で済まして幕を示す事がなく、アンドリュー・フォークに多少同情したりと、然で温厚な人物。

三次元チェスの弱さには定評があり、ヤン、ブルーハルトと同レベルの腕前であった。

フィッシャームライとは同時期にヤンの幕僚となった経緯からか、3人組的な扱いをうけている。
後に一人生き残ったムライも、イゼルローンを去る理由として、二人がいなくなり、寂しくなった事をひとつに挙げている。

補足

作中では何故かやや不遇な扱いをうける事が多い。

さらにその背後に官席があり、通常、ヤン・ウェンリーがおもしろくもなさそうな表情でお茶を飲んでいる。このデスクからは、ホットラインを通じて、首都ハイネセンの統合作戦本部や出動中の駐留艦隊との直通会話が可である。官席の左右と後方に、合計20シートがあり、要塞の首部がどるわけだ。通常、ヤンの左隣には副官フレデリカ・グリーンヒル大尉、右隣には参謀長ムライ少将が着席し、背後には要塞防御指揮官シェーンコップ少将がすわる。客員提督メルカッツ、艦隊副フィッシャー、要塞事務監キャゼルヌらの席もあるが、キャゼルヌは事務管理本部のオフィスに、フィッシャーは出入港管制室にいることが多い。(雌伏篇)

いわゆる「ヤン艦隊」が第13艦隊と呼ばれていた当時から、ヤンはこの陽気で活にみちた大男を一貫して部に置いている。「放し飼いにしておくと心配なんだろうよ」(ポプラン・風雲篇)

パトリチェフは参謀の軍人にはとても見えず、巨体ばかりが印的なのだが~(怒濤篇)

作戦図に見入って身じろぎもしないヤンの額に浮かぶ汗を、フレデリカがふいている。 キャゼルヌが数字と格闘している。シェーンコップ試合にのぞむ騎士のように装甲を手入れしている。ポプランが、あらたに編成されたスパルタニアンの各中隊につけるの名を選んでいる。ムライがしかつめらしく書類を整理し、フィッシャーは黙々と艦隊を点検し、シュナイダーをしたがえたメルカッツは、そこにいるだけで将兵の気分をおちつかせる。アッテンボローは艦隊運動パターンを編成しながら、「革命戦争回想」とタイトルをつけたノートを手ばなさない。そして、初陣をひかえたカリンことカーテローゼ・クロイツェルの上気した顔……。(怒濤篇)

ブルーハルトは護衛役、スールはビュコック爺さんの代理人としてえらばれたのさ。パトリチェフ少将?あれは引きたて役、それ以外に何があるというんだ」(ポプラン・乱離篇)

「おまかせください、と申しあげたいところですけど、ぼくはお伴できないのが残念です。ぼくではお役にたてませんか?パトリチェフ少将より……」(ユリアン・乱離篇)

「パトリチェフのおっさん無能じゃないが、参謀の才が一番欠けているんじゃないか」(ポプラン・外伝2巻)

「所長のざわりなふたりを態よく人質にしちまったぜ。ヤン少佐は精的にざわりだし、パトリチェフ大尉体的にざわりなのさ」(収容所員・外伝4巻)

しかし外伝4巻「螺旋迷宮」ではヤンの相棒を務め、ファーストネーム明らかにされたりと、最後期で優遇されることとなった。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フョードル・パトリチェフ

33 ななしのよっしん
2017/08/13(日) 22:55:09 ID: bax1qWrnlM
よせよwwwwwww痛いじゃないかねwwwwwwww
34 ななしのよっしん
2017/09/05(火) 12:16:51 ID: 00JYy+skO+
どこかで元力士高見山大五郎モデルって聞いた事あるな
35 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 13:55:11 ID: VB9xM+Z5gk
外伝4でヤンと出会って一日たってないうちから
漫才を繰り広げてて、「なんだこいつww」とか思ってたけど
もしかすると、惑星エコニアには他に話の合う人がいなかったのかもしれんな
36 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 21:47:41 ID: SwvI4TvVjA
>>35
ヤンが赴任する前のエコニア収容所って、コステア大佐の支配下で相当腐敗してたんだろうし、善良で人を見るがあるパトリチェフにとっては楽しい環境じゃなかったと思う。
だからヤン少佐みたいな人柄の持ちと、まっさらな状態から人間関係をスタートできるってのは楽しかったんじゃないかな。
37 ななしのよっしん
2017/11/22(水) 16:03:17 ID: FXG3zbZQFO
偏屈で人の好き嫌いがしいヤンが一日経たずに信用した、って考えるとこの人の凄さがわかる
この安心感を覚えていたから幕僚にしたんだろう
38 ななしのよっしん
2018/01/29(月) 00:54:05 ID: Jd+lIQ8RpL
原作でも事務を滞らせたことはないとあったから普通にものすごく優秀だったんだろう、部の事務なんて標準レベルをものすごくえた務なはずなんだから。

人間的にも温厚・善良で人格者、かつ標準以上に優秀って、組織の人材としては最良じゃないかな。
39 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 16:18:36 ID: 7OsdPs+NWV
螺旋迷宮を時々見返す(本伝にべて尺が適度で休日とかのだらだら一気見にちょうどいい)んだけど、その度にふと、この当時のパトリチェフは、もしかして本当に秘密監察官だったんじゃないかという疑問が裏をよぎる
40
2018/07/29(日) 11:05:01 ID: 6bu1nzVbuf
>>39
BGMドヴォルザークイギリス」が良い雰囲気出してますね。
41 ななしのよっしん
2018/10/05(金) 20:03:49 ID: SwvI4TvVjA
エコニア騒乱コステア大佐にプレスブルク中尉が掴みかかった件で頭に浮かんだことがひとつ。

ヤンがを構える様子を見て「あ、この人、近接戦闘ダメな人だわ」と見切ったパトリチェフが、コステアにとって不意打ちになるようにプレスブルクをさりげなく、位置取りか心理的にかで誘導したってことないかな。
42 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 20:52:38 ID: zvEwQEXWRY
螺旋迷宮貴族捕虜にを殴られたとき「よせよ痛いじゃないか」にはしんみりしたな。物事を過不足なく簡潔に説明する才って社会人になってすごく羨望するようになった。これだけでも有能だよ。