フライフィッシング単語

フライフィッシング
4.9千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フライフィッシングとは、イギリス発祥の魚釣りの方法である。

概要

フライ(毛ばり)と呼ばれる、ハリ羽根の毛、合成繊維などを巻き付けて作られた疑似餌を用いる釣り方で、広義のルアーフィッシングのひとつとも言える。
日本にはテンカラという毛ばり釣りが古くからあり、両者にはその土地に合わせた差異がある。それぞれの違いについてはテンカラが詳しい。

は一般的にイワナヤマメニジマスなどの渓流であるが、渓流だけでなく下流域、、池、そしてでもまた違ったターゲットを狙える。
竿や糸、フライを換えれば実質的な対は非常に多く、オイカワアジといった小から、GTマグロなどのビッグゲームまで幅広い。

道具立て

フライフィッシングで必要な具はざっくり述べると、フライロッドフライリール、バッキングラインフライラインリーダーティペットフライ
リーダーティペットフライは消耗品なので多めに持っていくこと。
また、これ以外にもコネクターインケーター、シンカーフライフロータントなどの小物が必要になる場合もある。

英国紳士サーモンを狙ったハンティングスポーツ発祥ということもあり、具自体が全体的に高い。さらに日本国内ではフライフィッシャーが少ないこともあって、他の釣法に用いる具と較して流通量はきわめて少ない。そのような事情もフライフィッシングの敷居が非常に高い現状に拍をかけている。
具の調達は個人経営のフライ専門プロショップ流で、一部の大アウトドア専門店でも取り扱いがある。一応渓流釣りが盛んな地域の釣具店なら取り扱いがあることもあるが、が近い場所だと大店であってもフライ具は何一つ置かれていないことの方が多い。
しかしながら、数こそ少ないもののエントリー向けの安価セットなどもあり、昨今はネットで簡単に買えるようになっているため入手自体は難しくなくなってきている。

ロッド

フライロッドは長さや強さも多岐にわたるが、一般的な竿とはリールシートガイドの形状が異なるため、併用はできない。
片手で振るシングルハンドロッドと、両手で振るダブルハンドロッド、状況に応じて使い分けられるスイッチロッドがある。

素材釣り竿で一般的なカーボンのほか、柔らかくしなるグラスファイバー、古式ゆかしい竿がある。竿機械化と量産が出来ないため基本的に手作りの高級品で、コダワリを追求するロッドビルダーが内外で様々活躍している。

リール

片軸受けリールという古典的なリールを用いる。フライフィッシングにおいてリールはほとんどただの糸収納装置でしかなく、リールを巻いてやり取りをすることが多くないためである。そのため専用品であるにもかかわらず割と安いものも(海外ブランドの高級品も多数なのでこの限りではない)。

、特にシイラシーバスといったターゲットではリールファイトが多くなる傾向にあり、それに従ってリールのドラグ性められる。もちろん競技人口が減るため価格も高くなる。

バッキングライン

リールに巻く下巻き糸のこと。なくても釣り自体はできるが、長さを稼いだり軸の太さを稼いで巻き癖を低減したりするため、リールのキャパシティに応じて巻いておく。

フライライン

フライフィッシングの最も特徴的な具がフライラインである。PVCなどの脂でできた糸で、ラーメンくらいの太さがある。
なぜわざわざこんな太い糸になっているかというと、フライはそれそのものには大した重量がなく、例えば普通ルアータックルのように投げることができない。のべ竿の餌釣りのように竿のしなりで送り込むことはできるが、精々竿2本分しか届かない。

そこで、フライフィッシングではこのフライラインの重さを利用して仕掛けを遠くへ飛ばすのである。フライフィッシングにおけるラインは糸であると同時に長いオモリでもあるのだ。それゆえキャストは独特なものとなる(後述)。

種類は多く、に浮くフローティングと沈むシンキングがあり、さらにシンキングでも沈む速度が違う。また、フライラインにはテーパーが掛けられており1本のラインでも場所によって太さが異なる。テーパーの種類はに4つに分けられる。

ダブルテーパー(DT
中央が太く両端に向けて先細りとなる。遠投はしにくいが操作性が良く、ラインが痛んだら前後を逆にして使うことができる。
ウェイフォワード(WF)
先端側に膨らみが寄り、途中からは均一な太さになった形のテーパー。近距離ではDTと同じように扱いやすく、それ以上の距離では重心が前に寄ることから、DTでは成し得なかった遠投をしやすくしている。
シューティングヘッドST
遠投に特化したラインST自体は太く重く短く、後ろにランニングラインを結ぶことで極端に重心を前寄りにした形を成す。WFとはべ物にならない圧倒的な飛距離を誇るが、扱いには慣れが要る。
レベルライン
全て均一な太さのライン。あまり使われることはなく、細いものがSTとバッキングラインの間のランニングラインとして使われる。

重量性米国フィッシングタックル製造業協会(AFTMA)によって規格化され、“DT4F”(ダブルテーパー・4番手・フローティングラインの意味)といったように番手で管理されている。この番手はロッドにもあてがわれており、ロッドラインの番手を合わせる事がフライタックル選択の基本となる。因みに低番手のロッドに高番手の重いラインを使うと、最悪キャスティング時にロッドが折れる。

リーダー

リーダーはナイロンやフロロカボン等の素材が使われる。キャストを糸先のフライまで伝えるため、こちらもテーパーが掛かっている。対によって太さを使い分ける。

ティペット

釣りで言うハリスにあたるもの。こちらも素材はナイロンやフロロカボンで、磯用や用など普通ハリスを使うこともできる。太いと食わない、細いと切れる。

テーパードリーダーティペットもAFTMAによって規格化されており“5X”の様に数字とエックスの組み合わせで太さが管理されている。因みに6Xが日本ハリスにおける0.6号に相当する太さ。ただし数字が大きくなると重くなるラインとは逆に、リーダーティペットのX表記は数字が大きくなると細くなる。ややこしい。

フライ

フライの種類は非常に多く、世界中で日々新たなフライ自作されている。大きさや色、形、素材もさまざまだが、概ね以下の4種に大別される。

ドライ
に浮くフライ水中から羽化した墜落した陸生昆虫を模すものが多い。
・ウェット
水中を漂うフライ。羽化直前のイメージしたものが一般的。
ニンフ
底を転がすフライ。クロカピンチョロのような幼イメージ
・ストリーマー
や小エビを模したフライ較的大で、渓流よりも沼やで活躍する。

著名なフライとして、エルクアカディス、シルバーマーチブラウンアダムス、ロイヤルコーチマンゴールドリブドヘアーズイヤーニンフ、フェザントイルニンフなどがある。

また、フライ自作タイイングという)が盛んであり、新しい創作フライが日々生み出されている。そういった事もありフライショップにはタイイング用の羽根糸など、一般的な釣具屋ではなか見ることのい商品が多数置かれている。代表的な素材の首筋の細い羽根が取れるハックルケープ。タイイング専用に育てられる米国産ジェネティックハックルは、ケープ1枚で1万円ほどする。高い。雉(フェザント)やウズラパートリッジ)などのまるごと1羽というコンプリートキンもある。

フィールド事前に想定し、が食べるを想像しながらそれに似せたフライを巻く文化は、フライのエサに合わせるマッチザハッチの重要な要素であり、フライフィッシャーの間でタイイングが発展した所以でもある。フライでの釣りに慣れたらタイイングにもチャレンジしてみると、楽しみの幅が広がる。あと、ロストしてもいちいち買いに行かなくて済む。

その他

フライフィッシングの結びは5カ所あり結び方は色々ある。
・ネイルノット(ネイルレスイルノット)
・サージャンズノット
・ユニノット
・オルブライノット
ブラッドノット

水中釣りをする場合は、ウェーダー(胴長)を履く必要がある。しかし闇に水中に立ち入ると、に警されやすくなるだけでなく危険なので十分に注意すること。ウェーディンスタッフというもあるので必要に応じて用意したい。

他、ベスト帽子、偏サングラスなど通常の釣りと同じように役立つ。

釣り方

フライフィッシングのキャスティングは、フライラインの重さを利用して少しずつ糸を出しながらフライを運ぶ。
そのためフォルスキャストと呼ばれる、前後に何度も竿を振るフライ独特のキャストを習得しなければならない。このキャストで綺麗なループを描くことが、フライ上達の要である。
練習には実際にフィールドに赴いたり、本やサイトを見たりする他、50年の歴史を持つ日本最大手のフライフィッシングメーカーティムコのYouTubeチャンネルがあるので、参照すると良いだろう。
ティムコ フライフィッシング YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWuCxWB_KcDzjTjPHHxr4kQexit

キャストしたら、渓流ではそのまま流れに任せて流していくナチュラルドリフトという釣り方がになる。そのままだと糸の方が先に流されフライが引っられる(ドラグがかかると言う)格好になることが多いので、上流側へラインを移動させるメンディングという技術などがめられる。ヤマメフライに食いついてから離すまでが速く、合わせが基本。
一方では自分でリトリーブするのが基本で、止めると逆に見切られる。どちらにしても知識と経験がめられる釣りになるだろう。

主な対象魚

フライフィッシングで釣れる https://hermit-jp.com/zatugaku/chouki.htmlexit

タックルが軽いフライフィッシングは沈める釣りがあまり得意ではないので、狙いは必然的に表層が多くなる。日本では大半がイワナヤマメアマゴ、ニジマス狙い。他にブラックバスブルーギルコイが淡でのターゲットとなる。オイカワカワムツなど、身近な小川人気上昇中。
ではメバルシーバスといったところがメイン……だが、そもそもソルトウォーターフライをやっている人がほとんどいない。もし見かけたら、競技人口の少なさにめげず竿を振り続けているサムライか、よくわからないまま手を出したこの記事の2版編集者かである。

フライフィッシングが日本に入ってきたのは……

長崎の洋館で有名な英国人商人のトーマス・グラバーが、栃木県日光市にある中禅寺湖の別荘で晩年を過ごした際に、フライフィッシングに没頭したのが始まりと言われている。

華厳の滝で下流と遮られた中禅寺湖は元々が生息していなかったが、明治期に地元の釣りキチの星野五郎イワナなどを放流し、密かに釣りを楽しんだ。この環境に魅せられたグラバーは1902年に、米国から取り寄せたブルックトラウト(カワマス)のを、戦場ヶ原を縫ってへと注ぐ湯川に放流。以降この一帯は族や外国人賓客などのレジャースポットとなったという。

中禅寺湖1966年に移入されたレイクトラウトが生息する本邦一の沼であり、今日トラウトフィッシング聖地として釣り人に知られている。が残る4月の釣行解禁日以降はフライルアートラウトを狙う釣り人で賑わう。また湯川ブルックトラウトが内で自然繁殖する数少ない河川という特徴があるため、憧れのフィールドとして多くのフライフィッシャーが訪れる。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フライフィッシング

1 ななしのよっしん
2021/06/02(水) 16:08:15 ID: F+8ROpFa/9
テンカラページも含め、ちょくちょく内容を増補・稿しております。
来年1月アニメ「スロウループスタートまでに、フライを全く知らない人でも何をやっているかがやんわり解るように。その時にこのページが手助けになれば嬉しいです。

解説追加の要望など、可な範囲で応えます。

急上昇ワード改