フラグクラッシャー単語

フラグクラッシャー

 フラグクラッシャーとは、フラグ該当項目参照)を視する行動を取る、もしくは取らされる事が多い存在である。

概要

 様々なフラグ視する、あるいは視し続ける存在に与えられる称号のひとつである。に、死亡フラグ恋愛フラグをへし折る者達につけられることが多い。

死亡フラグクラッシャー

 死亡フラグクラッシュするパターンとして、まず挙げられるのがギャグ系作品の登場人物、もしくはネタキャラである場合。ありがちなフラグ発生→回収(死亡)したと思ったらまた似たようなパターンフラグが成立…といった流れが一連の漫才と化してしまい、結果として死亡フラグクラッシャーと化している場合が多い。

 シリアス系作品の場合は、項生存フラグ』にもあるが「話の流れ上、その場で退場(死亡)させられない」場合や、「作者キャラクターを気に入ってしまっている」場合に適用される事が多め。最近では「運命を自ら切り開く」というメタな部分ギリギリでの演出によりフラグクラッシャーとなるキャラもいるようである。

 ただし、これらはリタイヤさせるとまずい主人公には適用されない。主人公死亡フラグを立てた場合、確実に死ぬケースが多いからである。

恋愛フラグクラッシャー

 キャラクターが自分に向けられた恋愛フラグクラッシュする場合、大まかに見て以下の五通りのパターンになる。

1.自らに向けられる好意に関して単に鈍感ケース恋愛展開あり)

腐れ縁の幼馴染みや周囲の異性からの好意を、日常的、細な事とみなし、恋愛感情が向けられている事に気付かずにスルーしてしまうパターンギャグストーリーであればフラグクラッシュされた異性から強な逆襲を食らう事もしばしば。 しかし、シリアスストーリーになると事態は一変。自分、もしくは自らに好意を向ける異性の死亡フラグNTR等、永遠の別れに直結する場合も…。

2.異性への関心に欲過ぎるケース恋愛展開なし)

趣味標、使命等に没頭している、達観したキャラクターが陥りやすい。また、ファンタジー系の物語等で(外見は似通っていても)周囲の異性と余りに年齢が違う場合にも発生する事があり、逆に幼過ぎる場合には恋愛感情そのものを知らないというケースも。更には色恋沙汰に興味も関心もなさ過ぎて頓着、もしくは標等の邪魔になると言い寄ってくる異性を振り払うというなんとも羨ま…いや、けしからん猛者も存在する。

3.異性への関心に貪欲過ぎるケース

あまりにも異性に言い寄り過ぎて、相手に引かれてしまうパターン。場の空気を読めずにクラッシュするケースが多い。例え相手が自らに好意を抱いていたとしても、冷める時は一である。また、高嶺のめる余りに身近な異性からの好意に気が付かないケースもある為、パターン1と密接に関係している場合もある。

4.自己評価が過小気味なケース

自分が異性に好かれる可性を最初からゼロと信じ込んでおり、どんな露アプローチも「自分の勘違い」または「何か裏がある」と解釈してしまうパターン。内向的なキャラクターが陥りやすい。2との複合として、自分は結ばれた相手を必ず不幸にしてしまうと信じ込んで拒絶するパターンもある。

5.実は同性愛者でした

そもそも異性に興味がなく、フラグ以前の問題。論、自らに好意を向ける相手が同性の場合は別である。亜種としてロリコンや異種族好き等も。

フラグ未満の場合

 ここで勘違いしてはならないのが“フラグ未満”の場合である。

 ギャルゲーエロゲーのように登場異性キャラどを攻略出来る(=恋愛関係に至る事が可な)状態ならまだしもラノベ小説アニメ等でも最『異性に囲まれている環境』がありふれている為、仲良く会話を交わした、(モノローグで)異性キャラクターの魅った、たまたま二人きりになった…等のシチュエーションを即フラグだと勘違いしやすいきらいがある。

 冷静に見れば単に仲の良い異性と会話、行動しただけなのだが、恋愛フラグばかりを期待しがちな視聴者が勝手に原作像をめてしまっているケースもある。注意しよう。

二次創作における恋愛フラグクラッシャー

 恋愛フラグクラッシャーは一級フラグ建築士を兼ねる場合も多い。

 恋愛ADVゲーム主人公がその最たる例であろう。それゆえ二次創作において、そのキャラに対して異性のファンや様々なカプ厨が多く、特定の異性キャラフラグを立ててしまうと荒らしや論争といった揉め事が起こりそうな場合、いはストーリーに支障が生じる場合等、トラブルを避ける為に大人の事情恋愛フラグクラッシャーにされる事がある。

 同時に、朴念仁キワミである恋愛フラグクラッシャーに対して、なんとかしてライバルよりも先に自分とのフラグを立てようと躍起になるキャラクター達の醜い争い健気な奮闘ぶりを描きたい場合にも多く用いられる。恋愛ADVシリーズ作品の登場キャラクターを一堂に会させたり、夢の対決をさせたりと効用は様々。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フラグクラッシャー

114 ななしのよっしん
2013/11/22(金) 16:46:01 ID: xGrOlLrdrW
コーラは上でいうところの死亡フラグ恋愛フラグクラッシュを高度に織り交ぜるフラグクラッシャーの鑑
115 ななしのよっしん
2014/05/01(木) 19:12:29 ID: uW2w7mC4ho
死亡フラグクラッシャーてか、色々なフラグクラッシャーを別の言葉に言い変えたのが異能生存体なんだろうな
主人公補正異能生存体フラグクラッシャー

クォヴレーさん、あなたの出演フラグクラッシャーは何時になったら消えますか、ライバル恋愛死亡フラグ壊したは良いけど出演まで壊すなよ
116 ななしのよっしん
2014/11/04(火) 09:22:47 ID: 0J2QR6XhQt
>>106
エレンはどちらかというと 1 なんでないの。
ミサカが自分のことが好きで、大切に思ってることは自覚してるが、
あくまでそれは家族だからという認識で恋愛感情があるという可性に
思い至ってない様子だから。
117 ななしのよっしん
2014/11/10(月) 08:41:23 ID: pt6MOSGejA
>>112
いっきり当てはまってるじゃん
何回も死亡フラグ出撃や発言を繰り返し、マネキンとの恋愛フラグでブースト掛けてんのに生き残ってるからな
118 ななしのよっしん
2014/11/12(水) 03:20:05 ID: Szjo3AVl5N
コーラTVシリーズでは自分でフラグを立てて自分でへし折っていたが劇場版に関してはへし折ったのは刹那だな
119 ななしのよっしん
2014/11/23(日) 04:08:50 ID: UFhfWO+Nbk
どこぞの経験値泥棒のような別の意味でのフラグクラッシャーはどういう扱いなんだ
120 ななしのよっしん
2014/12/02(火) 21:54:29 ID: InpVenctkX
ギャルゲーだと寧ろ折って頂けるとか思うのだが…
121 ななしのよっしん
2018/01/19(金) 12:47:47 ID: Y0iJDsKmDc
ディープブルーのコックのフラグクラッシャーもやばい、死亡フラグどころか数々のフラグクラッシュしてる。
死亡フラグ立てまくりで犠牲者第一号かと思いきや返り討ちにして初撃破。
しかし存在そのものが死亡フラグなのでしぶとく生き残るもラスボスサメ戦前に食いつかれて中に引きずりこまれて、全に詰みの状況で今度こそ死亡フラグ回収してしまうかと思いきや片を潰して脱出。
おまけとばかりにラスボスにとどめを差してしまう、終わってみればもしかして脇役と思ってたけどこいつ主人公だったの・・・?と思うほど
122 ななしのよっしん
2018/01/22(月) 19:00:32 ID: Y0iJDsKmDc
>>95
気付いたら5作が出てたが、まあこの男はもうにも止められん・・・。
現在ではもはやバートを襲うグラボラス側の方に死亡フラグが立つ。
しかしミゲルのほうが殺されたのは意外だった
123 ななしのよっしん
2018/05/20(日) 12:54:45 ID: bsNbU4AyDX
>>121
やっぱこいつだよな
死亡フラグを絵に描いたような存在かと思いきや…