フラッグ単語

フラッグ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フラッグ(flag)とは、以下のものをす名称である。

  1. 「旗」を意味する英語参照→『フラグ
  2. 日本企業株式会社フラッグ」。
  3. 鉄のラインバレル』に登場する兵器のこと。
  4. 機動戦士ガンダム00』に登場するモビルスーツMS)。本稿ではこちらについて解説する。

概要

SVMS-01 ユニオンフラッグ

正式名称は「ユニオンフラッグ」であり、式番号はSVMS-01。SVMSはSolresived Viliable Mobile Suitの意。

リアルドの後継機として正式採用されたMSであり、換装作業を行わなくとも自での変形が可となっている。ただし、失速の恐れがある等の理由から、中での変形は想定していない。もっとも、中変形は『想定していない』というだけであって、パイロット量によっては可であり、この技は初の成功者であるグラハム・エーカーの名前から「グラハム・スペシャル」と呼ばれる。ちなみに命名者はビリー・カタギリ
その適応性の高さから、後述のように多くの生機体が生まれることとなる。ただしフラッグ自体はMSWADを始めとする精鋭部隊に優先的に配備されたため、生産数は少ない。また、疑似太陽炉搭載機が一般化したことにより生産が終了したため、TV第2期以降、カタロンは言うに及ばず、連邦軍においても希少な機体となっている。

パイロットグラハム・エーカー、ハワードメイスン、ダリルダッジ等。なお、最新鋭機である本機のパイロットである彼らは、畏敬の念を込めて『フラッグファイター』とも渾名される(現実においてF-15パイロットが『イーグルドライバー』と呼ばれるのに近い)。

武装

リニアライフル
弾丸を電磁で高速射出する火器。口径120mm。
命中率の高い連射と破壊の高い単射の2つのモードに切り替えられる。また、巡航形態では機首部分を構成する。
ソニックブレイドプラズマソード)
両腕内に1本ずつ格納されている近接格闘用のアサルトナイフを高周波振動させることで切断を上げている。
また、ビームサーベル開発の副産物として生まれた技術を利用し、身から発生したプラズマ状にして切り裂くプラズマソードとしても使用可で、ごく短時間であればGNビームサーベルと切り結ぶことも可
20mm機
コクピット付近に装備された固定武器ミサイル迎撃や対人戦闘などに使用される。
ミサイル
脚部に格納される内装式や付近や両脚部間に装備する外装式が存在する。
ディフェンスロッド
フラッグやイナクトといった、大重量の追加装甲を装備できない飛行MSに装備される防御用装備。回転させ、適切な度で弾を跳弾させると同時にプラズマフィールドを展開することで機体を守る仕組みになっている。

派生機

SVMS-01E
グラハム専用ユニオンフラッグカスタム(カスタムフラッグ)

ガンダムの機動性に対抗するために、フラッグの設計者であるレイフ・エイフマンが自ら強化改造を行い、たった1週間で完成させたグラハム専用の機体。

背部のフライユニットを大高出タイプに変更し、装甲や燃料をギリギリまで削ることで大幅に機動性が上がっているが、その分素のフラッグにべて脆くなっている。一応機体全身にはい対ビームコーティング塗装が施されてはいるが、気休め程度のものである。
エンジンのリミッターを解除することで、一般機とべて2倍以上の速度を出すことができるが、その間パイロットには最大12Gもの負荷がかかる。

パイロットグラハム・エーカー左利きである彼の適性に合わせて、武装は左腕で保持するように設定されている(これは後のグラハム搭乗機全てにおいて共通)。

武装

XLR-04
アイリス社製の試作リニアライフル。左右のフォアグリップと2連式のストックが特徴。従来のリニアライフルを強化したようなもので、単射モード時にはエクシアを吹き飛ばすほどの威を持つ。
このリニアライフルは後述のトライデントストライカー更新されるが、同一デザインの後継として、"MLR-04 クロスファイア"が存在する。こちらは宇宙用のオービットパッケージ用の装備となっている。
トライデントストライカー
XLR-04の制式仕様版。トライデントの名の通り、60mmの連射式口が2門、200mmの単射式口が1門の計3門の口を持つ。
ラハムの使用する物は隊長機識別用に身上面のカバー塗装されている。

※通常機の武装も装備している。

SVMS-01O オーバーフラッグ

ラハム専用ユニオンフラッグカスタムを量産した機体。14機製造され、第8独立航空戦術飛行隊「オーバーフラッグス」に配備された。
ラハム機とほぼ同一仕様の機体だが、の相違は以下の通り。

パイロットはハワードメイスン、ダリルダッジジョシュア・エドワーズ等。

SVMS-01X
グラハム専用ユニオンフラッグカスタムⅡ(GNフラッグ)

ラハム機にGN-XGNドライヴを搭載した機体。『ガンダムをフラッグで倒す』という誓いを立てたグラハムの希望により開発された。

GNドライヴによる高機動性と格闘戦を得たが、急造品であることや理やりGNドライヴを取り付けたことで機体のバランスが大きく損なわれている。また、一の武装であるGNビームサーベルを使用するためには背部のGNドライヴを左肩に接続し、ケーブルによってドライヴサーベルを直結する必要がある。

パイロットグラハム・エーカー

武装

GNビームサーベル
スローネアインから鹵獲したもの。使用時には左肩に移動されたGNドライヴケーブルで直結される。
ディフェンスロッド
両脚部に1基ずつ装備される。防御用というよりは姿勢制御用のスラスターとして使用される。

SVMS-01AW
ユニオンフラッグ オービットパッケージ アストロワーク仕様

宇宙用フラッグ(通称オービットフラッグ)の中でも、コロニー作業仕様モデル。別名アストロワークフラッグ。

腕部を作業用マニピュレーターに換装している他、脚部は宇宙空間での作業用の大クローアームとなっている。このクローアームにはリニアスピアを装備するほか、他にも射撃武装を備えているため、ある程度の戦闘も可

武装

MLR-04 クロスファイア
ラハム専用ユニオンフラッグカスタムに装備されたリニアライフルの制式仕様
戦闘の他、物資輸送用のマスドライバーとしても用いられる。
内蔵リニアキャノン
胸部に2門装備。口径60mmであり、キャノンと名乗ってはいるが威自体はリニアライフルに劣る。
ソニックブレイド
通常のフラッグと同様の装備。
脚部クローアーム
物資搬送用の装備ではあるが、リニアスピアを装備するため戦闘にも利用可

SVMS-01AP
ユニオンフラッグ オービットパッケージ コロニーガード仕様

アストロワークフラッグをベース火力を強化したモデル。別名コロニーガードフラッグ。

アステロイドベルトでの的として開発されており、アストロワーク仕様較して重武装化が著しく、リニアキャノンロケットランチャーポッドを追加装備する。

CBNGN-003
ユニオンフラッグ ソレスタルビーイング仕様

アストロワークフラッグをベースに、ソレスタルビーイングが独自に修を施したモデル劇場版にS仕様刹那用)の機体が登場。

ガンダムによる大規模な紛争介入を控えたソレスタルビーイングが、宇宙での小規模な紛争への介入のために開発した機体。GNコンデンサーを備え、ビーム兵器の使用が可となっている。

通常較して性は強化されているものの、太陽炉搭載機に対して性上の不利は否めず、基本的な戦術は粒子撹乱を行ったうえでの奇襲がとなる。

武装

GNソード
ダブルオーガンダムのGNソードII太陽炉非搭載機である本機においても使用可にしたもの。GN粒子自体はソード搭載のGNコンデンサーから供給される。
リニアライフルに代えて装備されるものであり、巡航形態においては機首を構成する。

GNX-U02X マスラオ

サキガケをえる機体として、ダリルの形見であるオーバーフラッグを体として開発された機体。開発データはGNフラッグのものも使用されている。
サキガケと同様の鎧武の装甲とユニオンマークを模したGNコンデンサー接続機が特徴。

GNドライヴが2基搭載されており、圧倒的な機動性と二刀流による格闘戦を持ち味とする他、レイフ・エイフマンの資料を元にビリーが開発させたトランザムシステムを搭載している。

パイロットミスター・ブシドー

武装

GNビームサーベル
左右のサイドバインダーに1本ずつ装備されている。サキガケの物と同じように、日本刀のような形のビームを形成するがより高出
長さがそれぞれ異なっており、GNロングビームサーベルには「ハワード」、GNショートビームサーベルには「ダリル」の名が刻まれている。
ビームチャクラム
頭部のクラビカルアンテナにGN粒子を集め、リング状にしてから放つ試作兵器。劇中未使用。
レーザー
頭部に2門内蔵された火器。GN粒子を使用せずに高向性のレーザーを発射する。
GNバルカン
胸部に2門内蔵された火器。に牽制用だと思われる。
GNフィールド
両肩と肘にあるGNフィールド発生装置からGNフィールドを発生させる他、粒子を噴出させることで姿勢制御を行うためのバーニアとしても使用される。

GNX-Y901TW スサノオ

マスラオをさらに発展させた機体。カラーリングからカスタムフラッグ本来のに戻されている。

頭部クラビカルアンテナの大化による粒子制御上昇、GNコンデンサーの増設による稼働時間の増加など、基本スペックが増加している他、トラパニッシャーのような射撃武装が追加されている。

これはブシドーの意思によるものではなく、次期機としてのテスト用に装備されたもので、後にブレイヴへと引き継がれることになる。

パイロットミスター・ブシドー

武装

強化サーベル
フラッグに搭載されていたソニックブレイドと同じように、実体+ビームサーベルといったコンセプト制作されたコンビネーションソード。
GN粒子をまとわせることでビームサーベルとして使用できる。なおビーム発生機はマスラオの2本のビームサーベルの物をそのまま移植している。
の「シラヌイ」、短の「ウンリュウ」の2本で構成されており、連結することで「ソウテン」として使用できる。またその際には後頭部のケーブルが左肩に接続され、GN粒子を直接供給するというGNフラッグの設計を受け継いでいる。
トラパニッシャー
両肩と胸部の装甲を展開し、そこに増設された3つの口から中心に粒子を収束、圧縮して放つという試作兵器
この機体の場合、セラヴィーのハイパーバーストモード時のような巨大な球を放つ。
ガントレット
ソウテン」使用時にケーブルから送られる膨大な粒子による左腕の破損を防ぐために採用された装備。
単に防御用の籠手としても使用される。
GNクロー
サイドバインダーの先端部分を武装化したもの。直接GNドライヴから粒子を供給する。
展開して敵機を挟んだり、そのまま突き刺したたりと用途は多い。

GNX-Y903VS ブレイヴ一般用試験機

ブレイヴ

GNX-Y903VW ブレイヴ指揮官用試験機

ブレイヴ

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フラッグ

47 ななしのよっしん
2018/04/15(日) 22:24:27 ID: JItLHOQYRC
ティエレンスローネもだけど
元々フラッグもコンペに提出されたガンダム
デザイン流用したものだからな
48 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 06:32:09 ID: L/XiM6LD25
ラハムにガンダムは似合わない
49 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 23:28:52 ID: 71wfYrs70G
>>48
終盤で撃破されたグラハムガダムの額が割れると、中からフラッグの顔が出てくる。
不足のソレスタルビーイングは、経費削減のためフラッグの頭にハリボテを着けることでごまかしていたのだ! とか
50 ななしのよっしん
2018/10/29(月) 08:54:13 ID: tTrohRJnck
プラズマソードって実際に太陽炉搭載機の装甲にダメージ入れた描写ないから、太陽炉搭載機にどこまで有効なのかわからん
設定でも最大稼働でやっとティエレンの装甲にダメージ入る程度ってなってるし、3分しかもたないのでエネルギー効率悪いかられるってのはわかるけど、そこんとこだわ
51 ななしのよっしん
2019/11/06(水) 23:46:49 ID: 1ZkQbD9P8X
プラズマソードは元々ビームサーベル開発過程で生まれた副産物的技術を、とりあえず使えるから装備したってレベルのモンだしね。
多分それなりの時間理矢理押し当て続ければガンダムの装甲でもれるんじゃない?やってる間に反撃喰らうだけだけど。
ティエレンに鷲掴みされたエクシアの頭部がこのままじゃ破損するぞと警告音鳴らしてた様に、高品質の装甲をGN粒子で強化してるから規格外の強度こそ持つけどガンダニュウム合程理不尽な硬さではないっぽいし…旧世代機からみれば十分理不尽だけど。
52 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 03:08:57 ID: JItLHOQYRC
劇場版フラッグソレスタルビーイング仕様
プラズマソードでジンクス叩ききってるからちゃんと切れるっぽい
53 ななしのよっしん
2019/12/29(日) 19:24:22 ID: 1ZkQbD9P8X
劇場版で一両断したとはいえ、GN-X量産機だし装甲材までガンダムクラスのEカーボン使ってるのかな?
ガンダムに使われてるのはコスト度外視の高品質品だから、1期で運用された大使提供した分はともかく正式量産仕様に使うのはキツイ気がする。
GN粒子だけでも装甲強化出来るから、旧世代機と同ランク品でも硬くなるし。
54 ななしのよっしん
2020/02/10(月) 00:16:20 ID: LOaiyrHvlS
プラズマソードはティエレンの装甲が薄い部分に当てても到底溶断できないレベルらしい
長時間当て続ければれるかもだけど…そんなの実戦向きじゃないし
だから対ガンダムとして開発されたオーバーフラッグにはプラズマソードの発展形でなく
リニアライフル魔改造したトレイデントストライカーを採用したんだろう

>>53
太陽炉搭載MSは装甲にGN粒子をまとわせてGNフィールドみたいなものを常時展開している
だから材質の割にガンダムの装甲はやたら硬い

ソースがないんであくまでどっかで聞きかじった話だけど
テロリストが使ってるGN-X太陽炉の出にリミッターがかけられていて
その分すべてのが既製品より愕然と下がっているって話
55 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 16:00:28 ID: 1ZkQbD9P8X
>>54
だからGN粒子による強化で十分な強度向上を見込めるから、量産機ガンダム使われるクラスの品質の装甲ではないのでは?と言ったのだが。
GN粒子による強化と同じく、ガンダムの装甲材が最高レベル一級品なのは公式設定やぞ。基本的に防御は装甲強度+GN粒子。

あとトライデントストライカーリニアライフルの新であって、副兵装であるプラズマソードはオーバーフラッグでも普通継続して装備してる。グラハムやハワードスローネ相手に使ってたろ。
そもそもプラズマソードは高周波振動ナイフソニックブレイドに、ビームサーベル研究過程の副産物を応用搭載した最大出モードに過ぎないし。

トライデントストライカーソニックブレイドの事、サーシェス専用イナクトの大ソニックブレイド一体リニアライフルと勘違いしてないか?
56 ななしのよっしん
2020/04/21(火) 20:55:07 ID: 6te2JndxG6
カーボンの品質は確かにCB製は優れてるがそれが防御や技術の大きな違いであるという表記は特になかったような 
ただ高品質ってだけでやろうと思えば地球連邦も同じEカーボンは作れるだろうからそのジンクスがどういう経緯でどの時期に作られたか次第じゃない? 最初期生産なら普通CBレベルじゃないかな

正直原子配列歪み全にくなってる全結晶なら確かにダンチの防御差だろうけど宇宙で作っただけでそんな仕上がりになる訳ないし誤差なんじゃないかね


映画ジンクス民間用に引き下げられたドライブだからリミッターが付いてたみたいな話はも聞いた事あるがどこソースだったっけかな・・・

急上昇ワード

おすすめトレンド