フランケル単語

フランケル
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

フランケル(Frankel)とは、イギリスの元競走馬で、現在は種である。
マイル・中距離で圧倒的すぎる強さを見せ、現役時代は世界最強、または近代欧州競馬史上最強とも呼ばれていた

競走成績は14戦14勝、うちGI10勝
な勝ち:デューハーストS、英2000ギニー、英インターナショナルS、英チャンピオンSなど

名は、が懇意にしていたアメリカ調教師で、2009年に亡くなったロバート・フランケル調教師への献名。

概要

:Galileo(ガリレオ)
:Kind(カインド)
:Danehill(*デインヒル)

ガリレオは、2001年英ダービーを制したスターホースで、凱旋門賞*アーバンシー。種としてもフランケルが誕生した2008年に初の英リーディンサイアーとなり、奇しくもこの年種引退した偉大なサドラーズウェルズの後継たるトップサイアーの地位を築き始めていた。
カインドは短距離リステッド競走を2つ勝ち、半ジャパンカップにも出走したGⅠ2勝*パワーズコートがいる。フランケルの前に既にダービートライアル(GIII)を勝ったブレットトレインを産んでおり、フランケルの3歳から引退にかけてはこのブレットトレインペースメーカーを務めている。
デインヒルは現役時代短距離GⅠを1勝。種としては英それぞれでリーディングを獲得するなど前の大活躍を収めた。また、ガリレオデインヒル産駒の間に生まれた子どもたちは、フランケルを筆頭に2010年代欧州競馬シーン全に支配するほどの活躍を見せていく。

この配合の背景には、イギリスアイルランドを代表する競走馬生産者であるジュドモンファームとクールモアグループの提携の一環で、ジュドモンファームの選りすぐり繁殖10頭にクールモアの種を種付けし、生まれた子どもを折半して保有し合うというプログラムあった。
そして、ジュドモント側が選択した中にこのがいて、代表であるサウジアラビアのハーリド・ビン・アブドゥッラー王子の所有馬となったという経緯がある。

デビュー、新馬戦~

4頭の英ダービーなどを手掛けたイギリスの名門サー・ヘンリーセシル厩舎に入厩し2010年に2歳でデビュー。そのデビュー戦では、後にキングジョージエクリプスステークスを勝つナサニエル対決した。レースではナサニエルが卓越した勝負根性でぎりぎりまで食い下がるも、最後はスピードの差で半身差でねじ伏せ(3着以下は5身以上後方)、初陣を飾る。

そして次走、条件戦に臨んだが周りとスピードが違いすぎ、持ったまま13ぶっちぎり圧勝。続くロイヤルロッジS(GII)もやっぱりスピード任せに10ぶっちぎり、レーシングポストの短評ではGIでも中々おにかかれない「very impressive」という表現が登場した。

続けてイギリスの2歳王者決定戦となるデューハーストS(GI)へ向かう。ここには3戦3勝でGIを取った後の出走取消大王ドリームヘッドなどメンツが強化されておりどんな競馬を見せるか注されたが、周りがモタモタする中を楽に抜け出し2身1/4差快勝

これで4戦4勝とし、圧倒的すぎる強さからカルティエ賞最優秀2歳を受賞。タイムフォーム社のレーティングも2歳としては13年ぶりに130ポンドをえる133ポンという破格の数字がついた。

3歳時

2000ギニーの前戦となるグリーナムS(GIII)から始動し。4身ちぎって圧勝。
ちなみにこのレースの2着は、後にフランケルにさんざん辛をなめさせられるエクセレブレーションであった。

そして英2000ギニー(1マイル1600m)。ここでももちろん1番人気であったが、前向きすぎる気性から距離への不安も抱かれており、営もペースメーカーを用意してフランケルのために備えた。
しかしフランケル上のトム・クウィリー騎手、包まれる方が怖かったのか圧倒的すぎるスピードペースメーカーを置いていく異常ハイペースでの大逃げ。これは潰れるんじゃないかと思われたが、そのまま先頭で突っ切って6身差圧勝
単勝1.5倍は20世紀以降では最低の配当であり、この勝利ダンシングブレーヴあたりとべられる怪物という評価になった。

次走は英ダービー(12ハロン2400m)も検討され、実際に前売り1番人気にもなったが、スピード武器にしているであることと、気性がしいことから理であると判断し回避。マイル戦線を選択し、セントジェームズパレスS(GI)に向かった。
ここでは3番手に控えると3コーナーからのロングスパートというめいた戦法を取り、ゴール前ではバテバテになったが3/4身差で辛くも勝利
フランケルにとって初めての辛勝となったので、メッキが剥がれたという見方もあったが、騎手の騎乗ミスという評価が大勢であった。
ちなみに日本からNHKマイルCグランプリボスも遠征していたが、馬場適性や、タフさを要されるコースとの相性の悪さもあり手も足も出ずに8着仕方ないね。また、メールミュルヘンスレネン(ドイツ2000ギニー)を勝ってここに臨んだエクセレブレーションは3着になっている。

初の古戦となったサセックスS(GI)は回避が相次ぎわずか4頭立てとなったが、前走でGI最多勝の欧州記録を保持していた女王ゴルディコヴァを倒してGⅠ5連勝を達成していた最強マイラー・キャンフォードクリフが出走してきた。
レースは「Duel on the Downs (芝生決闘)」という前評判通り実質的なマッチレースになったが、ハナを切って二の脚で一気に加速し大差を付ける圧巻のレースで、キャンフォードクリフスに5身差圧勝。
レース後キャンフォードクリフスは脚を故障して引退となってしまった。

その後は充実の3歳シーズンの締めくくりとして、古相手のマイルGI・クイーンエリザベス2世Sに出走。フランスで古に混ざってGⅠを勝って来た同世代のエクセレブレーションモータルヴァーを負かして4身差で圧勝し、2011年を5戦5勝、通算成績を9戦9勝とし休養入り。

カルティエ賞では当然のように年度代表と最優秀3歳を獲得。公式レーティングもこの年の総合1位となる136ポンドを与えられ、タイムフォーム社のレーティングではシーバードブリガディアジェラードテューダーミンストレルに次ぐ歴代4位となる143ポンドの数値を獲得した。

4歳時

欧州最強と評されたにしてはしく古になっても現役続行。4月には調教中に外傷を負い、それが原因で引退という誤報が出てが撤回するなどドタバタしたが、結局予定通り5月マイルGI・ロッキンジSに登場し、調教のように流して5身差圧勝。フランケルさえいなければ最強マイラー間違いなしだったエクセレブレーションはここでも2着に終わった。

そしてエリザベス女王即位60周年記念開催となったロイヤルアスコットのGI・クイーンアンSでも、先行して抜け出す競馬残り1ハロン地点で落しながら11身差をつけて圧勝。この時の圧勝は生涯最高のパフォーマンスと評され、もっとも古い民間レーティング付けを行っているタイムフォーム社のレーティングでは過去最高だったシーバード(145)を上回る147と同社史上最高の評価となり、公式レーティングでも140を与えられて、凱旋門賞伝説的な末脚で勝ったダンシングブレーヴの141に次ぐ歴代2位の評価となった。レーシングポストの短評には「extremely impressive(究極的に印的)」という凄まじい表現が踊っている。
なお、5回の対戦となったエクセレブレーションはフランケルをがっちりマークし先に仕掛けて出し抜こうと必死に走ったが、フランケルもスパートを仕掛けると一前に立つことすら許されず突き放され、対フランケル5連敗となった。
エクセレブレーションも一流ではある。フランケルさえいなければすでにGI3勝していたはずである……。

おこ勝利により、が出走できるイギリスマイルGⅠは2歳限定戦のレーシングポストトロフィー以外はすべて勝利マイルの実績だけなら、かつてのイギリス英雄ブリガディアジェラード以上の存在となった。

この後はサセックスS(1マイル)→インターナショナルS(10f56y≒2063m)→チャンピオンS(9f211y≒2004m)というローテで決定し、マイルG1としては最後となる連覇を賭けたサセックスSに出走。
レースはわずか4頭立てで、ライバルらしいはソーユーシンクやナサニエル相手に連続して3着、2着と好走を続けたゴドルフィンの秘蔵っ子ファールだけ。当然のように軽く仕掛けただけで6身差圧勝、連覇達成。さらにGI7連勝。もうマイルではやることがほぼなくなってしまった。あるとすればブリーダーズカップとか日本とか香港に遠征するくらいである。

ちなみにサセックスSがわずか4頭立てになったぶん、11日後のジャック・ル・マロワ賞(G1)はメンバーとなりました。その結果は……。

着順 着差 当年のな勝ち
1着 Excelebration
エクセレブレーション
2着 Cityscape
ティスケープ
1身1/4 バイデューティーフリー(GI)
3着 Elusive Kate
イルーシヴケイト
クビ ロートシルト賞(GI)
4着 Moonlight Cloud
ムーンライトクラウド
タマ モーリス・ド・ゲスト賞(GI)
※前年からの連覇
5着 Caspar Netscher
カスパルネッチェル
短首 メールミュルヘンスレネン(GII)
ドイツ2000ギニーに当たる

その他、7着ゴールデンリラ(イスパーン賞)、10着フォールンフォーユー(コロネーションS)、11着モスインプルーヴド(セントジェームズパレスS)と、上半期の欧州要なマイル近辺のGIを勝ったはほとんど出たと言っていいレースで、エクセレブレーション勝した。
もしフランケルさえいなければ、エクセレブレーションは歴代屈マイル王になっていたかもしれない。

そして8月、英インターナショナルSでついに距離延長に挑戦。クールモアが12ハロン路線のエースセントニコラアビーを投入し、ゴドルフィンが前走はフランケルに敗したとはいえマイルより中距離が向いてるはずのファールを再び送り込むなど有ったレースとなった。それでも距離延長がどう出るかわからないとはいえ一応1.1倍の一本かぶりとなった。

レースではスタート後、それまで逃げ・先行がだったが出負け気味となって後退。しかし、ペースメーカーブレットトレインがバテるとなりで後ろから上がって先頭に立ち、未知の距離となる最後の2ハロンも全く問題なく突き放す。結局最後はセントニコラアビーとのハナ差の2着争いを制したファーに7身差の圧勝を飾り、GI8連勝。ロックオブジブラルタルが持っていたGI7連勝の欧州記録を更新した。

そして引退レースとして、イギリス地の締めくくり・チャンピオンSに臨むこととなった。
かつて新戦で薄したナサニエルキングジョージエクリプスSを勝った一流となって参戦し、他にもセンゆえに凱旋門賞ではなくここを年内の大標とする前年の最優秀古シリュスデゼーグルら、なかなかのあるメンバーとなった。

レース開催前にはほぼ1週間にわたってが降り続き、当日は極悪の不良馬場となったこともあり、出走取消すら検討されたが結局出走。レースではいきなり出遅れてしまいファンや関係者をヒヤヒヤさせたが、ペースメーカーレースコントロールする中で持ったまま上がっていくとラスト1ハロンでも少し仕掛けられただけで重馬場シリュスデゼーグルを交わし、1身3/4差勝利2012年を5戦全勝で終えた。
圧勝ではなかったものの、2着にシリュスデゼーグル、3着にナサニエルと下評通りレベルの高いレースであった。

ちなみに、同じ日にマイルのGⅠクイーンエリザベス世ステークスに挑んだ「エクセレブレーション」も勝利
しかも内に閉じ込められて行き場をくしながらワープしたとも形容できる末脚で抜け出しての快勝。フランケルさえいなければ、マイルでは一流クラスの実を持つことを明した。

全戦績14戦14勝、うちGI10勝。パーフェクトな戦績のまま引退、種入りとなった。
論この年もカルティエ賞年度代表を受賞。2年連続の年度代表受賞は史上初の快挙となった(年度代表2回受賞自体は2004・06年の*ウィジャボードが初)。
また最優秀古も当然受賞し、更にはアブドゥッラー王子、クウィリー騎手セシル師、ブレットトレイン上を務めたイアン・モンガン騎手をはじめとする関係者全てに「チーム・フランケル」としてカルティエ賞功労賞が贈られた。

総評

結局、2400m挑戦や、英国外に出ることはなかった。
しかし、一線級で敗のままG1を2桁勝ち、さらにそのほとんどのレースを圧勝なんていう芸当は、歴代の名でもほとんどのが成しえなかった大偉業である。長い競馬史の中でも最強補の資格をもった名である。

2013年3月ワールドサラブレッドランキングレーティングが見直され、 歴代最強だったダンシングブレーヴレーティングが引き下げられたことで、レーティング上では史上最強となった。とはいえクラシックディスタンス外での出走がないということで賛否両論はあるのだが、同期にフランケルのいない4ヵマイル重賞をことごとく勝ちまくったエクセレブレーションを筆頭に戦った相手はほとんどが強な上にどのレースもほぼ圧勝なこともあり、賛否両論はともかく史上最強補の一頭であることだけは疑いようがない。

余談

フランケルを管理していたヘンリーセシル調教師は晩年に闘病生活を送っていたことで知られており、フランケル引退の翌年に亡くなっている。海外遠征がなかったのはセシル氏の体調に不安があったからではないかとも言われることもある。

また同期にも一流が多数いたことで知られているが、特にを隔てたアメリカに一つ上の世代に当たるがワイダン(セン31戦23勝・GⅠ10勝)がおり、このも芝のみに限れば16戦15勝、かつブリーダーズカップマイル連覇の戦績を残し、ダートオールウェザーが戦のアメリカでは芝の戦績があまり評価されないにもかかわらず、ダートにこれといって立った活躍がいなかったこともあって)2年連続で年度代表になっている。特に2013年ブリダースカップマイルではエクセレブレーションも参戦し不利があって4着に敗れたが、不利がなくてもこのレースは勝てなかったと言われている。得意とした条件もフランケルとワイダンは似通っており、その直接対決を見たかったと思う人もいるかもしれない。

産駒について

2016年より初年度産駒がデビュー
日本でも僅かながら産駒がデビューしており、初年度産駒から敗のまま阪神ジュベナイルフィリーズを勝って最優秀2歳に選ばれたソウルスターリングファンタジーSを勝ったミスエルテらを輩出。日本ではサドラーズウェルズ系は時に大物を出すものの、競走馬・種の双方でもあまり成功していないことを考えると、脅威の勝ち上がり率といえよう。

産駒の傾向としては、完成デビュー直後から連勝を続けるなど好調期には強い競馬を見せるが、一度落ち込むと回復しない。実際に初年度産駒のソウルスターリングミスエルテは成長を欠き、また海外でもセントジェームズパレスSを勝ったウィズアウトパロールも同じ傾向をたどった。一方で安田記念・フェブラリーSを勝ってJRA5頭の芝・ダートGIを制したモズアスコットや英ダービー惜敗後に本格化して欧州の3歳チャンピオンに選出されたクラックスマンのように3歳以降に本格化した産駒の方が信頼性や底は高い。

また、自身はマイルから中距離で実績を残したが、産駒には英オークスを勝ったアンナルナセントレジャーを勝ったロジシャンのように、3歳時からクラシックディスタンスや長距離路線で重賞を勝つも多い。中には4000mのGⅠカドラン賞を制したコールザウインドのような産駒も出てきている。

血統表

Galileo
1998 鹿
Sadler's Wells
1981 鹿
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Urban Sea
1989 
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka
Kind
2001 鹿
FNo.1-k
*デインヒル
1986 鹿
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
Rainbow Lake
1990 鹿
Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Rockfest Stage Door Johnny
Rock Garden

クロスNorthern Dancer 3×4、Natalma 4×5×5、Buckpasser 5×5

主な産駒

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フランケル

78 ななしのよっしん
2020/02/02(日) 16:17:49 ID: SVYUTN+jb8
モズアスコット根岸ステークススタートでは若干出遅れながら勝利
ダート適正も意外とあるのかもな
79 ななしのよっしん
2020/02/02(日) 16:36:06 ID: WWMIgM1GJG
モズアスコットが初ダート根岸ステークス制覇
まだまだ分からんね
80 ななしのよっしん
2020/02/03(月) 16:47:35 ID: RDsLH5LTqY
モズアスコットを見てると日本じゃダートとしてのもありそうだな
フランケル産の傾向としてとにかく日本の芝競馬では末足のキレが不足してるのが共通でとにかく押し切り一辺倒しかできないのが欠点だったが ダートならあのしぶとい末足がしっかり活かせることがわかった
81 ななしのよっしん
2020/02/04(火) 19:58:50 ID: 2yxy3nBgQk
日本で走ってるフランケル産駒で今の所ダート勝利してるのがモズアスコット以外はジャイアンツコーズウェイ
モズアスコットも含めるならストームキャット
フランケルかつ母親の方の血がアメリカダート血統な感じだとダート転用できるかもしれないって感じなのかもしれない
82 ななしのよっしん
2020/03/27(金) 08:53:08 ID: RDsLH5LTqY
モズアス含めヘネシーも結果を出してたし 側次第って所なのかもね 
少なくとも現状芝では勝てるフランケル産の法則が全く ソウルスターリングとかなんで好走してるんだアイツ
83 ななしのよっしん
2020/12/20(日) 15:50:22 ID: 6Ap64SOVrt
今日勝ったグレナディアガーズは系がハーリントンアンブライドルド×セレナソングの良血)×シルバーデピュティ×ボールドラッカスボールドルーラー)だからコッテコテアメリカンだな
成績が萎えるまでは芝で、萎えたらダートで試すって意味ではフランケル×アメリカ系がいいのかもね
84 ななしのよっしん
2020/12/20(日) 23:12:36 ID: SVYUTN+jb8
やはりフランケル産駒は親父や祖のと違って日本の芝に対応しているようだな(ドンキさんも次からガリレオじゃなくてこっちつけてほしい)
85 ななしのよっしん
2020/12/21(月) 22:50:17 ID: RDsLH5LTqY
フランケル欧州マイラーだからスタミナや祖よりスピード至上義の日本では上手くいくんだろうね 
そこにアメリカ系のスピードを上乗せする事でなんとか日本レースに対応してる印
問題はやっぱりキレの不足 どうにかも載せれる配合が見つかれば孫世代で爆発する可性は十分あるかも
86 ななしのよっしん
2021/01/06(水) 02:39:21 ID: M1lQTVAWbL
一回1~2年くらい日本で種リースしてみたい
短い期間でも結構実績残しそうな感じがあるんだよなフランケル
まぁまずありえんけど
87 ななしのよっしん
2021/04/03(土) 06:16:04 ID: RDsLH5LTqY
でも欧州じゃ最近やや不調なんよなフランケル 

ちなみにフランケルの全なら今年のシーズンから日本に導入されてるで ノールミッションが すでにG1アメリカで出してるし代用として悪くはない

急上昇ワード改

2021/04/20(火)05時00分 現在