フランス料理単語

フランスリョウリ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

フランス料理とは、フランスで発達した料理のこと。

概要

フランス料理は総合芸術といわれる手のこんだ料理だ。「英人は生きるために食い、フランス人は食うために生きている」といわれるほどに。

ルネッサンス時代にイタリアから影を受けながら形成されたのが原といわれ、のちに宮廷料理として発展。軽く食べられる「前菜」、料理野菜のつけあわせがついた「メイン」、最後に甘い「デザート」が一皿ずつ順番に出される構成が基本となる。高級な店になればメニューが追加されたり、一方の庶民的な店ではメインだけで済ませるなど店により出される料理の数も違う。

またテーブルマナー(食事作法)として、食事を順序に従って美しく楽しく食べるマナーがある。これは他人に不快感を与えず自分も楽しくなることを的としており、正に「食うために生きている」といえるだろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

「フランス料理」で検索exit_nicocommunity

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%96%99%E7%90%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フランス料理

3 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 16:31:22 ID: G9jEhw8wM3
ブイヨンてのがカギ
あれをまだ使ったことがないんだけども
4 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 20:06:03 ID: rb/fUdFmxW
フランス料理フランス料理たるゆえんはそのフォーマットの普遍性だよね。
イタリアロシア等、欧州料理エッセンスを幅広く取り入れて体系化し、欧州料理の集大成として誕生。そして、今なおアジアアフリカエッセンスをも吸収し発達つづけるのが今のフランス料理
現在際外交の場で『特段の事情』がなければフランス料理の形式にのっとって料理が供されると言うずば抜けた普遍性はフランス料理がその他の「各料理」とは一線を画すものだという事をまざまざと見せつけてくれる。
5 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 13:24:44 ID: STh4Lq8DIu
フランス料理だとパリを中心としたフルコースばかりにが行きがちだが、マルセイユリヨンのような地方部の素材の味を生かした郷土料理も見逃せない
肩肘らないで食べられるのがいい
6 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 15:26:11 ID: rb/fUdFmxW
肩肘らない近所のビストロブラッスリーで気軽にランチするのも楽しいけど、ジャケット着用程度のドレスコードありの店で非日常感を味わうのもいいんだよね。
この間、死ぬまでの標の一つと定めていた代官山ポール・ボキューズに行ってきたんだが、期待以上の時間を過ごせたわ。
同伴者と自分に渡されたメニューが別モノとか「そういう気配りもあるのか!」と驚いたよ。具体的に言うと同伴者に出されたメニューには値段が書いていなかった。
サービス料10パー取る店は全てが違うと思い知らされたし、いい経験になったわ。
7 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 15:29:51 ID: FaOAR+dw3/
海原雄山に酷評されがちな料理
8 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 15:43:13 ID: /S0Oy1nEXo
雄山からの扱いは、基本的に全否定されるアメリカよりはマシだろう。良いところがあるってのを明してやればちゃんと認めて謝罪するしね。
9 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 21:15:03 ID: Pw25VmzwZp
フランスが美食の中心と言われる事が多いのはフランスの土地は生産性が高いからなのも理由に挙げられそうだよね。
土地がまともなのにドイツポーランドについては食が地味扱いされてるし
10 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 21:22:06 ID: twF2fUbswt
>>6
>同伴者と自分に渡されたメニューが別モノとか「そういう気配りもあるのか!」と驚いたよ。具体的に言うと同伴者に出されたメニューには値段が書いていなかった。

異次元や…
まあ値段が書いてなくても気で注文できる同伴者ってのも恐ろしいがw
11 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 17:01:14 ID: rb/fUdFmxW
>>9
タイヴァンカレーム、エスコフィエなどの名だたる料理人たちの活躍も大きいが、国家ぐるみでの長年のブランド戦略の成果、ともいえる気がする。ワインチーズを筆頭に農産物をブランド化し、厳格に格付けして管理するっていうのを年以上前からやっているんだから。そういう積み重ねが経済の浮き沈みはあれど、欧州文化の中心はパリっていう自負や他者の評価に繋がるんだろう。(但し音楽は除く)
>>10
身内の誕生日のお祝いだったから、予約の時点で「家族での利用」とも伝えてあったし、そこら辺も関係してるんだと思う。
実際、かなり背伸びして普段使いのレストランとは価格帯も大分離れてたから、値段知られて変に遠慮されて楽しめないのも困るし、その時の自分には結構マッチしたんだよな。
12 ななしのよっしん
2019/11/13(水) 19:44:30 ID: ouZbUh89OK
人によっては歩行者を轢き殺してまでも食いたいものらしいね。