フランス書院単語

フランスショイン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

株式会社フランス書院とは、官小説で有名な日本の出版社である。

概要

1975年創業。日本では「小説と言えばフランス書院」というくらい有名な出版社・ブランド

三笠書房という日本の出版社の子会社(実質的には三笠書房内の官小説部門)であり、フランス企業というわけではない。なぜこういった名前になったかというと、創業当初は翻訳小説が中心の出版社だったからのようである。

当初は「フランス書院ノベルズ」という新書判のレーベル翻訳小説を出していた。1982年から、「フランス書院オリジナル」という新書判のレーベル日本人作家の書き下ろし官小説を出すようにる。1985年に、現在も刊行が続いている「フランス書院文庫」を創刊。以降は翻訳内にかかわらず文庫での官小説出版がメインとなっていった。

その後、フランス書院コミックレーベルを立ち上げ、コミック分野にも参戦。当初は「成人コミックと言えば」と言われるほどの人気であったが、競合他社の商品が乱立することで売り上げは徐々に低下。成人漫画に対する規制が厳しくなってきたこともあり、書店で見かけることもほぼなくなり、終了となった。

1997年には女性向け作品を扱うブランドとして「プランタン出版」を設立。ボーイズラブティーンズラブ作品はそちらのブランドで出版されている。

また余談であるが公式Twitterであるフランス書院文庫編集部exitは、自社の商品宣伝はそこそこにエロトリビアを高頻度でいているので必見である。

主なレーベル

フランス書院文庫(1985年-)
フランス書院の中核と言える官小説専門文庫レーベル。「官小説」と言われて日本人が想像するのはこのレーベルというぐらいに官小説の代表とも言える存在である。レーベルもいろいろあるが、2020年現在はよりハードな内容の作品を出すレーベルとして「フランス書院文庫X」(2015年-)がある。
フランス書院コミック文庫(1987年-1999年
成年向けコミックを収録する文庫レーベル。初期は劇画調の作品もあったが、やがて美少女コミックメインになった。他に同社のコミックスレーベルとして、「フランス書院Xコミックス」(1993年-2012年)や「Zコミックス」(2002年-2003年)があった。また雑誌として「COMICパピポ」(1991年-2007年)などがある。
ナポレオン文庫(1993年-1998年
ライトノベル的なイラストイラスト入りの官小説レーベルで、要するに美少女文庫のご先祖様。ここから雑破業デビューしたり、後の某SF作家別名義で書いていたりする。後に新書判の「ナポレオンXXノベルズ」(1998年-2003年)に引き継がれたが、美少女文庫の創刊とともに役を終えて終了した。
美少女文庫(2003年-)
現在バリバリ現役刊行中のジュブナイルポルノレーベルキルタイムコミュニケーション二次元ドリームマガジンとともに、ジュブナイルポルノを代表する存在である。

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%9B%B8%E9%99%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フランス書院

1 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 17:28:57 ID: +6Hlf2JHdB
フランスの出版社かと思っていた
2 ななしのよっしん
2020/04/19(日) 01:39:43 ID: yjLNB8m+uf
フランス国旗
タイトル:
Twitterで紹介する

3 ななしのよっしん
2020/05/10(日) 10:58:39 ID: 883Eo70yUq
まずっ先に官小説エロというのを明記すべき

カバー文字タイトルの特徴的な背表で本屋に並んでるのを見てビクッとする
ネットで本を買う世代には伝わらなくなったかな

おすすめトレンド