編集  

フランツ・ベッケンバウアー単語

フランツベッケンバウアー

フランツ・ベッケンバウアーFranz Anton Beckenbauer, 1945年9月11日 - )とは、ドイツサッカー選手サッカー導者である。通称は皇帝独:Der Kaiser)。サッカー史にその名を残す名選手。現在バイエルン・ミュンヘン会長

概要

リベロという戦術、ポジション確立したことで知られるディフェンダー。選手として監督としてワールドカップを制覇している。

1964年バイエルン・ミュンヘンプロとしてのキャリアスタート1972年からのブンデスリーガ3連覇、チャンピオンズリーグ3連覇に貢献し、ブンデスリーガ黄金時代を築き上げた。1983年アメリカニューヨークコスモス引退

西ドイツ代表には1965年に初選出。1966年1970年1974年ワールドカップに出場し、1974年西ドイツ大会では優勝している。1972年ヨーロッパ選手権でも優勝。

「強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ。」

1974年ワールドカップ優勝時にはこの有名な名言を残している。
この大会では、ヨハン・クライフを擁するオランダ麗かつ革新的なサッカーで旋を巻き起こしており、そのオランダを手堅いサッカーで破り優勝した西ドイツには、今で言えば「空気読め」的な批判があった。ベッケンバウアーの発言は、そうした批判に対する反論である。

引退後

1984年から西ドイツ代表の監督に就任。1986年ワールドカップでは準優勝、1990年ワールドカップでは優勝を果たす。

2006年ドイツワールドカップでは組織委員会会長を務めた。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC
ページ番号: 4195376 リビジョン番号: 1235607
読み:フランツベッケンバウアー
初版作成日: 09/11/01 14:40 ◆ 最終更新日: 11/07/23 01:57
編集内容についての説明/コメント: 名言の背景
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フランツ・ベッケンバウアーについて語るスレ

2 : ななしのよっしん :2011/01/04(火) 21:47:38 ID: K/mlMCeadS
三国志7の一騎打ちのときの台詞にあった
3 : ななしのよっしん :2011/03/09(水) 23:59:32 ID: V3JuN9LdhC
何はなくともカール・ハインツ・シュナイダーでしょ
4 : kkk :2011/09/23(金) 10:36:24 ID: 2+TY9G5AWe
SO3アルベルさんだな
5 : ななしのよっしん :2012/03/13(火) 20:58:51 ID: XKqjnk2JXf
>>sm415478

ベッケンバウアーといえばこれも忘れられない。
6 : ななしのよっしん :2012/06/03(日) 22:22:05 ID: jy7jilNvRp
なんでベッケンバウアーが居るんだよwww
7 : ななしのよっしん :2012/11/09(金) 22:29:11 ID: rMjBEOTUBy
ある意味ペレマラドーナメッシよりも有名な選手
8 : ななしのよっしん :2013/05/03(金) 17:13:20 ID: nAGrH/Wzr2
>>ブンデスリーガ黄金時代を築き上げた。

バイエルン・ミュンヘン黄金時代を築き上げた」の方が良い気がする。
9 : ななしのよっしん :2015/12/08(火) 17:29:42 ID: U/UZA/PgxH
こっちはジーコ、こっちはフィーゴ
じゃあこっちは?
10 : ななしのよっしん :2017/07/06(木) 22:50:04 ID: 13ZopITfw0
ミュラー・マイヤー・ブライトナーのような歴代最高レベルの英才が期せずして
旗下に終結するというのもいかにも「皇帝」の異名に相応しい
生まれついての勝利者にはこういう運の下にあるものなのだろうか
11 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 00:27:10 ID: cx5diszSRh
哲学サッカーの記事はここですか(難聴
ベッケンバウアーが出たのはメンバーの知り合いだったとか何とか
初めて見た時は「どうしてこの人だけユニホーム?」と思ったのが懐かしい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス