フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト単語

フリッツヨーゼフビッテンフェルト
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトとは、銀河英雄伝説の登場人物で、銀河帝国軍に所属する艦隊の一人である。

CV.野田圭一石黒監督OVA)、稲田徹Die Neue These

作中のビッテンフェルト

ビッテンフェルト
Fritz Joseph Bittenfeld
(R.C. 458 - N.R.C. ?)

銀河帝国ローエンラム営における提督の一人で、後の「獅子のの七元帥」の一人である。帝国458年2月29日生まれ。ビッテンフェルト揮下の艦隊は黒色騎兵艦隊(シュワルツ・ランツェンレイター)と呼ばれ黒色に統一されているのが特徴。猛将としての名が高く、ラインハルト勝利に貢献していった。座乗艦は王虎(ケーニヒス・ティーゲル)。

中本編では原作一巻、ラインハルト元帥府を開設した時に登用され初登場となった。作品の時系列では外伝の第六次イゼルローン要塞攻防戦・前戦 が初登場である。この戦闘において1隻で2隻を破壊する巧妙な手腕でラインハルトの注を引き指揮官として登用された。またこのときラインハルトは「突猛進に見えるが、じつにいいタイミングで、いいポイントを衝く」と賞賛していた。

アムリッツァ星域会戦リップシュタット戦役、ランテマリオ域会戦、マル・アデッタ域会戦、回廊の戦い、第二次ランテマリオ会戦、シヴァ域会戦など作中の要な戦闘に参加し終戦まで戦い抜いている。終戦後、皇帝ラインハルトの遺言で摂政皇太后ヒルガルドヒルダ)によって他の上級大将6名とともに元帥に叙せられる。

ビッテンフェルト及び黒色槍騎兵艦隊の作戦指揮能力と特徴

ビッテンフェルトは元々猛攻指揮官でその破壊、攻撃には定評があった。それ故、戦局終盤のとどめ役になることが多かった。その破壊から 「帝国軍の呼吸する破壊衝動」とまで言われた。しかしその反面、守勢に脆い傾向があり最初の攻勢が防がれ持久戦になると後が続かない事や猛将らしい攻撃的な性格が災いして敵の挑発に乗りやすいなどの弱点も挙げられる。具体的な例を挙げるとアムリッツァ星域会戦で第13艦隊に包囲網を破られ同盟軍の撤退を許す原因を作ったり回廊の戦いでアッテンボローの挑発に乗り結果的にファーレンハイトを戦死させてしまうなど。

上記のような弱点が挙げられるがそれ以上に功績も大きい。特にビッテンフェルトは作中で最も敵提督を葬った事実がある。これは戦局終盤に参加する特徴から純な功績ではないとも言えるが、同盟の名将たるウランフアップルトンビュコック、ヤン艦隊ではフィッシャーメルカッツなどの諸提督を葬ってきた(特にヤン艦隊の運用を下支えしていたフィッシャーが戦死した事により、ヤン艦隊の士気が相当低下した)。その為同盟軍及びヤン艦隊に最もダメージを負わせたのもビッテンフェルトであると言える。敵味方双方に多大な被害を与えるのも特徴のひとつかもしれない。OVA版では甚大な損を被るシーンが幾度となく描写されたため誤解を生みやすいが、被害が戦果を上回ったのはアムリッツァ星域会戦回廊の戦いの2回だけである。寧ろ回廊の戦いでは撤退したものの、上述のとおりフィッシャーを戦死させ、あと一歩でヤン艦隊を撃破する寸前まで追い込んだ。

ランテマリオ域会戦以降、帝国軍全体で病院船の重要性が見直されたが、これは意外にもビッテンフェルトが影を与えている。同会戦においてビッテンフェルトは前衛部隊の活躍ではなく病院船が最大の功績をもたらしたことをラインハルトに報告したのがきっかけであった。このことに関しては僚友達も驚き、 ビッテンフェルトの別の一面を認識させられることとなった。猛攻だけに、それを支える後方支援の重要性を知り尽くしていた為と思われる。これらの事実もあり、指揮官を勤めるだけあってただの脳筋ではない事が解かる。

武者と喩されるビッテンフェルト揮下の黒色騎兵艦隊は、作中で最も精強な艦隊で宇宙最強との名も得ているほどである。指揮官の性格に染まっているせいか、副参謀長オイゲン少将を除く部下たちも武者のような性格の者が多い。その為か、部下からの信頼が厚く中には、艦隊副ハルバーシュタッ ト大将のようにビッテンフェルトが軍務尚書とのトラブルが原因で拘禁された際に、ビッテンフェルトが不当な処罰を受けるなら自分は兵士に対し、それを甘受するよう説得はできないと上級大将相手に脅迫するほどの人物もいるくらいである(この件に関してハルバーシュタットは非礼であったことをワーレンに謝した)。

ビッテンフェルトの性格、人柄

基本的には「粗にして野だが卑にあらず」を地で行く性格であり、口が悪いが悪意はなく、その為か僚友と部下などからも慕われている。

訓にしてモットーである「人を褒めるときは大きなで、悪口を言うときにはより大きなで」は作中の名言として有名である。

僚友とは意見の相違から口論になることもしばしばだが、中でも軍務尚書オーベルシュタイン元帥に対しては毛嫌いしていて関係は非常に悪い。戦略構想の相違、皇帝批判などに対してのしかかり襟首を締め上げるという前代未聞の行動をとり謹慎を受けた程である。

ローエンラム営の幕僚会議、僚友との会話では戦論や強攻策を唱え僚友に論破されることが多いが決して戦略眼は曇っておらず進言が一部修正または全面的に取り入れることが多い。同盟への再侵攻をラインハルトに決断させたのもビッテンフェルトの進言であった。

美術品及び芸術に全く関心がく、ラインハルト古典バレエ鑑賞に随行したときは明らかに退屈そうであった。ルビンスキーの火祭りが発生したとき 美術品そっちのけでラインハルトを救出したが後にメックリンガーにその功績を認められつつ重な絵画や彫刻がそれにより失われた事に対して念であったことを文章にて残している。

ちなみに作者田中芳樹)がポプランと共に殺し忘れた人物である。作者く、「死ぬ予定だったのに作者の魔の手を逃れて最後まで生き残った人物の一人」らしい。

ビッテン突破とは

ビッテン突破とはビッテンフェルトの称ビッテンとその破りな突撃ぶりから名づけられた造。ビッテンフェルトの突撃の際に直撃弾を弾き返すなどその恐るべき攻撃・突撃もビッテン突破と言われる所以なのかもしれない。また、ミュラー台詞の「一転突破を図る」が「ビッテン突破を図る!」に聞こえなくもい。

ちなみにPCゲーム銀河英雄伝説IVのビッテンフェルトの差別爆撃は地表をに帰すかの如くの破壊である。

ニコニコ動画におけるビッテンフェルト

ニコニコ動画内の銀河英雄伝説関連の動画ではパエッタなどに並びその性格やキャラ故かかなりの人気がある。動画にビッテンフェルトが登場すると「びってん!びってん!」とコメントが出てくるのも特徴である。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト

254 ななしのよっしん
2021/02/27(土) 09:39:33 ID: vcufOpbWte
暴言吐いた翌日にはオイゲンに一晩中お説教されて涙目ビッテンフェルト本人が被害者に謝罪してた、だからなんとか許してもらってた説に一票


つまりオイゲンが偉い
255 ななしのよっしん
2021/04/23(金) 23:41:01 ID: YCb7rxd1k0
アムリッツァで旗艦以下数隻にまで減らされたのに、
半年後のリップシュタット戦役では何事もなかったかのように黒色騎兵艦隊を率いてるんだよな。
艦は既存の艦を塗りなおせばまだいけるかもしれないが、どうやって突撃狂の兵士を短期間で大量育成したんだろう。

ファレンの残存艦隊も最初は反発してたけど直ぐに一体化したから、
ビッテンは配下の兵を速攻で洗脳する電波でもだしていたのかもしれない
256 ななしのよっしん
2021/04/24(土) 08:48:19 ID: kD9DOyeORU
「守勢に弱い」んで、実際には付け焼な育成で武名はハッタリ込な可性はけっこうある。ひとたび戦況がビッテンフェルトコントロールを離れれば、黒色騎兵艦隊など弱兵の群れでしかないのかも。
ビッテンフェルトの評価が下がるわけではなく、むしろ上がるが)
257 ななしのよっしん
2021/04/27(火) 20:25:03 ID: aQylcx2dT7
つまりビッテンは新兵にあれもこれもと詰め込めさせずに、確実に育成効果があげられるであろうと踏んで新兵に攻撃の訓練だけさせた上で運用し、戦果をきっちり挙げていたわけか。
かなり眼で有能なのでは。
258 ななしのよっしん
2021/05/01(土) 11:51:28 ID: wdxBzf+vpl
幕僚の性格的に、各部隊から武者を配下ごと抽出してそう
もともとの思考回路が似通ってる&そういう上に感化されてるなら、
良くも悪くも一体化は容易かと
259 ななしのよっしん
2021/05/07(金) 18:02:20 ID: VXSyQ/EMTM
>>258
黒色騎兵ラインハルト軍団帝国連合艦隊における決戦部隊と位置付けるなら、そういう編成もあり得そう。
というか、アムリッツァ後の艦隊再編時に、ラインハルトが明確にその位置付けをビッテンフェルトに与えたというところかな。
260 ななしのよっしん
2021/05/09(日) 19:17:32 ID: 5huR3bZZY+
高速戦艦を優先的に配備されてるし、専用の黒色塗装も許されてるという破格の扱いよね
キルヒアイスがかばってたこともラインハルトが気が付かないレベルで影あるのかもしれない
261 ななしのよっしん
2021/05/16(日) 00:00:57 ID: qGvZYWMZjb
>>258
あれは旗下の艦艇がすべて撃破されたわけでなく揮系統が大混乱を来して部隊として機を喪失していて、あの時点で旗艦の統率下にあったのが数隻しかいなかった、とう意味ととるべき。

幸い部のスタッフは健在であり戦闘終了後に生き残った人員を修理や他艦隊からの転籍、新規補充された艦艇に再配置したり負傷者の原隊復帰や新規の人員を補充して再編成しているのだから、軍事学的にみて部隊として組織的行動不可能になり再編成するまで戦とみなせなくなる全滅扱い(戦闘要員のおよそ3割を喪失、が相場)となる。
262 ななしのよっしん
2021/05/20(木) 19:22:48 ID: 5huR3bZZY+
>>261
銀英伝の他の描写を見るにボロディンの第11艦隊のように文字通り数隻以下までうち減らされてることもあれば
全戦かき集めて決戦したはずのランテマリオバーミリオンで1万隻以下にまで減ったはずの同盟軍がマル・アデッタで2万隻以上に回復してたりするからその辺の描写は介錯が分かれるところ
263 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 07:52:34 ID: kD9DOyeORU
まあ、一個艦隊が本当に数隻以下まで撃ち落されたんだったら、「ビッテンフェルトの罪は問わぬ」とは流石にいかんだろうな、とは思う。
最終局面直前まで、「キルヒアイスの動きに注意していればヤンの意図を察してその退路を効率的に絶つことができたかもしれない」くらいには戦残ってたし、ここからのヤンの攻撃も脱出が的であっていちいち殲滅図ったりはしないだろうし。

急上昇ワード改